生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年8月

FDAの致命的な障害

だけでなく、FDAの方針は公認であることからの人命救助の薬剤を遅らせるが、頻繁に市場を離れて有効な薬物を永久に保つ! 高い臨床試験を完了できる前にGeronのような小会社がお金を使い果たすべきならワクチン接種の研究計画はゆっくり停止してもよい。

死ぬ癌患者に選択をGeronの新しいワクチンをすぐに試みるために与えることの自由主義的な方針とのこれを対比しなさい。 このシステムの下で、ワクチンが月の内に働いた現在FDAによって統治を委任された長年の期間に対してかどうか定めることは可能であることができる。 それが働いたら、何百万の癌患者の生命は救われる。 ワクチンが失敗したら、これらの末期症状の癌患者はとにかく持っているので、死んでしまう。

FDAに癌患者に実験療法へのアクセスを与える「情け深い使用」免除がある。 問題はこれらの癌患者が最初にいわゆる「証明された」療法を失敗することをFDAが統治を委任することである。 癌細胞が放射または化学療法のような「証明された」療法--にさらされるとき、それらが未来の療法に対して超抵抗力があるようになる方法で変異する。 従って患者の健康な細胞は有効であるのを(免疫組織のを含む樹木状の細胞)頻繁に真剣にこれら--にさらされたとき「証明された」療法を、療法を作る多分好むGeronのtelomeraseがワクチン接種損なわれ。

有望な卵巣癌の薬剤
卵巣癌は14,000人以上の女性を毎年殺す。 作る何が、病気が通常診断されたとき健康な高度の意味少数の早期警報の印があることである険悪なこのタイプの癌はそう。

2003年5月では、発表は卵巣癌の細胞の100%年に細胞死を引き起こした化学療法に対して抵抗力があるそれらの細胞を含むphenoxodiolと呼ばれた薬剤についてTaxol®およびcarboplatinのような薬剤を入れるなされた。 テストはエール大学の医科大学院のヒト細胞ラインで行なわれた。

Phenoxodiolは科学者がisoflavonoidの植物のエキスの抗癌性の特性を調査していたときに発見された。 それらはphenoxodiolを総合するためにこの研究から集められたデータを使用した。 この薬剤は防ぐ癌性細胞の信号の細道の変更によって働くapoptosis (プログラムされた細胞死)を経ることを。 これらの調査結果は薬剤が他の癌のタイプを同様に扱うことで巧妙であることができることを示す。 調査は2003年5月1日のがん遺伝子の問題に 出版された

先にこの記事で示されるように、FDA統治を委任された段階Iの調査は高度の癌患者に安全を確認するために新しい薬剤の低い線量を与えることを含む。 線量は通常薬剤が末期の癌犠牲者を治すことをできる見込みないほど小さい。 phenoxodiolの場合には、5つの段階Iの人間の試験は少数とあらゆる副作用完了した。 クリーブランド医院で行なわれた試験の予備の結果は実験薬剤でテストされた10人の患者の半分より多くが応答を示したことが分った。 これらの患者のそれぞれは化学療法に答えなかった異なったタイプの高度癌があった。

化学療法に対して抵抗力があるようになったら癌細胞を殺すことは非常に困難である。 それはchemoによって殺されない癌細胞がそれらを根絶すること非常に困難にさせる複数の存続のメカニズムを開発するのである。 エールの研究者はphenoxodiolはすべての卵巣癌の細胞を(実験室の設定で)殺したことだったことを驚いた何が、chemoの代理店への免除にもかかわらず。

phenoxodiolを使用して段階IIの試験はchemo抵抗力がある卵巣癌を持つ女性のためのエールで進行中である。 この段階IIの調査では、薬剤の治療上の線量は存続を改善するか、または完全な応答を達成する希望と与えられる。 研究者はまたマウスのphenoxodiolをテストし、毎日6日間20のmg/kgで投薬されたとき制御グループと比較された腫瘍固まりに三重の減少があったことが分った。 副作用は注意されなかった。

Phenoxodiolは複数の独特なメカニズムによってプログラムされた細胞死(apoptosis)を経るために癌細胞を引き起こすために作用する。 正常な細胞はapoptosisを制御された方法で経る従ってより健康な作用の細胞と取り替えることができる。 癌細胞に、一方では、防ぐ遺伝子の突然変異がある自動的に消滅することを。 癌療法の最終目的は制御から不明確に増殖するかわりにapoptosisを、経るために悪性の細胞を引き起こすことである。

今日の古めかしいシステムの下で、新しい薬剤は臨床試験で完全に調査されたまで販売することができない。 これらの試験は完了するために多くの年を取る場合がある。 これらの多数の試験の結果はFDAに新しい薬剤の塗布でそれから堤出される。 FDAは検討のための委員会にこれらの結果を送る。 委員会はより多くの調査を適用を拒絶するために頼むかもしれないまたは薬剤を推薦するために公認でであって下さい。 FDAはそして委員会のレポートを取り、かどうか安全および有効ように薬剤を承認するために決定する。 これはすぐに起こることができるかまたはFDAの規定するぬかるみで動きが取れなくなられるようになることができる。 FDAが最終的な評決に達するまで、マーケティングは起こることができない。 10の場合があるまたはFDAがそれを承認する位置にある前に有望な制癌剤が発見された後より多くの年かかる。 この長時間の遅延の1つの理由は発見されるように薬剤の後にそれである臨床調査に資金を供給するために、お金は上がらなければなり、調査の設計のための承認自体を得るためにFDAとの交渉は完了しなければならない。

毎月、1,000人以上の女性は卵巣癌に屈する。 Phenoxodiolは2002年4月に発見された。 この薬剤が部分的に有効であることをなれば癌犠牲者の手にそれを得ることの遅れによりたくさんの不必要な死を引き起こそう。

セービングの癌患者の生命
多量のお金は癌研究に使われた、けれどもこの研究からの調査結果は臨床腫瘍学の練習に組み込まれていない。 この問題の治療を助けるためには生命延長基礎は人命救助の議定書にこのデータを解釈し、編集するために同業者審査された科学文献を捜す。

イメージ

私達は完全に私達の参考書、病気の防止および処置を更新した。 この1,500ページ「建物」は多量の癌を扱う頻繁に腫瘍学者によって見落されるよりよい方法についての情報を含んでいる。 この本が多くの異なった無秩序についての新しい指導を提供する間、専用されている295ページが赦免の達成のチャンスを改善するか、または応答を完了するためにべきであるものをの知らせる癌患者にするある。

それは病気への潜在的解決能力が科学文献で既に出版されるとき何人癌患者がについて考えることは悲しい死ぬか。 新しい病気の防止および処置の参考書は御馳走をよくするために有効な療法が既に病気ある間、癌および他の生命にかかわる病気とのそれらが死ぬ無知の障壁を破壊する。

病気の防止および処置の2003年の版の研究、執筆および編集は百万ドル上のの費用で数万時間を消費した。 商業出版業者はこの種類の時間またはお金を使い健康の本を作り出す。 それは非常に広範囲のテキストを出版するように私達に動機を与えた私達のメンバーの健康上の問題のための解決を見つけることへ私達の強い献呈である。

長い生命のため、

イメージ

ウィリアムFaloon。

編集後記: 私達が押そうと思っていたようにFDAは新しい制癌剤の同一証明そして開発を促進するためにintitiativeのニュースを解放した。 きちんと公共事業の代表団を達成することをFDAがビザンチンの官僚主義の期限遅れの改良の始めの段階にあるようである。 私達はこのページで新聞発表を完全に印刷した。 読むので、FDAが提案する何を十分にほぼない。 FDAは、本質的に、ガーデン・ホースが付いている森林火災を消すことを試みている。


NCIおよびFDAは制癌剤の開発を流線形にするために共同プログラムを発表する

間の一致の下で食品医薬品局(FDA)および国立衛生研究所(NIH)の部分である国立癌研究所(NCI)、2つの代理店は新しい制癌剤の開発を促進し、患者に配達を促進するために知識および資源を共有する。

アンドリュー フォンEschenbach、M.D. McClellan、M.D.、Ph.D。、およびNCIディレクターMark FDA長官は、彼らが臨床研究の効率および新しい癌の薬物の科学的な評価を高めるマルチパートの省庁間の一致を確立すると今日言った。 今週のシカゴの臨床腫瘍学のアメリカの社会の会合で形式的に発表される計画された一致は、既存のプログラムを高め、NCIとFDA間のある近く協力的な関係に(HHS)保健社会福祉省の部分である新しい共同プログラムを加える。

「中央政府研究者および調整装置がもっと効果的に協力することを2つの主HHS代理店間のこの新しい共同」、は言ったトミー トムソンHHSの秘書を意味する。 「結果より統一されて、統合されて、余りにも多くの生命に影響を与える病気のための肝心な時のテクノロジー開発そして承認審査方式への有効なアプローチ」はとトムソン秘書は言った。

一致は癌と毎年診断される百万人以上のアメリカ人のための潜在的な利点を提供する。 「」、はFDA生命にかかわる病気の患者へできるだけすぐに安全で、有効な処置に得るよりよい方法を見つけることに努力しているMcClellanを言った。 「癌の重荷を減らす機会が大きい時、国立癌研究所の私達の同僚と用具および資源を共有することは私達がその代表団を達成するのを助ける」と彼は言った。

「癌療法のNCIとFDA間の努力すべての研究分野を渡って応用知らせ、結局べきであるプロトタイプ」は言ったエリアスA. Zerhouni NIHディレクターをである、M.D. 「McClellan先生および私は公衆に」利用できる私達の発見のフルーツを作るとより急速にに革新的な方法が見つけるために密接に働くNIHおよびFDAに託される。

「多くの新しい種類の抗癌性の代理店が準備中である時共同2つの代理店が」、は言ったフォンEschenbachを結合された知識ベースを充分に利用するのを助ける。 「分子的に薬剤および他の新しい代理店の提供の大きい約束を目標とした、しかしまた発見にかかわるそれらと開発間のより多くの共同を要求する新しい挑戦をと」、彼言った示す。

参照

1. Wang ZのRamin SA、Tsai Cの等根本的なprostatectomyの標本からの前立腺の六分儀の針の中心のTelomeraseの活動。 Urol Oncolの6:57 - 62 2001年。

2. 前に20年にわたる米国で発見される人命救助の薬剤は世界中で生命を…まだここに救っている。 生命延長雑誌、2001年、54-62 p. 7月。

  • ページ
  • 1
  • 2