生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2003年8月

FDAの致命的な障害
ウィリアムFaloon

FDAは発見を窒息させ、それらを得ることの費用を作ることによる人命救助療法の供給は非常に高い承認した。 FDAは科学的な調査結果は療法に年齢関連の病気を回避する翻訳されることを防ぐ主要な障害である。

過去の40年にわたる他の技術の進歩と比較されて、薬は致命的な病気のための解決を見つけることまで最も遅いの進歩した。 医学の確立のこの主張を討論する明らかな事実はほとんどのタイプの癌のためのそれであり、神経疾患はずっと治療は言うまでもなく、そこに存続の少数の本質的な改善である。

イメージ

あなたのほとんどは癌から死んだ人の70年代に60年代の葬式に出席することを覚えている。 私が方法を考えたら、癌のための治療が2000年までに見つけられようことを確信していよう。 実際、癌の確立が解放する宣伝はその当時医者がほとんどの癌を根絶しようとしていたことだった。 (この間違っている楽天主義は主に前提に化学療法が解決だったこと基づいていた。)

老化を遅らせるか、または逆転させるように設計されている療法に関してはFDAはまだ病気プロセスとして公式に老化を確認しない。 反老化療法を販売するために会社が承認を得ることを試みるときそれ平均それは最初に老化することが全く致命的な病気であることFDAの教育のハードルを克服しなければならない。 新しい療法はそれから承認を保証するために十分な効力を示さなければならない。 これまでに、誰もFDAの反老化の薬剤を承認するように確信に成功しなかった。

科学技術の達成の常に拡大の今日の世界では、規定するぬかるみで動きが取れなくなる薬の残物が不名誉であるという事実。 6,000人以上のアメリカ人は毎日毎日死ぬ、けれどもFDA、州の統制機関、HMOsおよび無感情な医者が引き起こした革新の絞殺のためでなかったらこれらの死のほとんどは防がれてもよい。

生命延長雑誌の各問題では、私達は十分制御の調査で効力を覆いを取るように示した、まだ慣習的な医療行為に努める療法の翻訳されるように。 私達は1つが必要性の人間に否定される多くの人生の延長薬剤を見るとき氷山の一角だけあるか私達が提供する何を私達の努力が数万人の生命延長メンバーの生命を延ばした、けれどもことをわかっている。

Geronに有能な癌ワクチンがあるか。
Geron Corporationは最初に反老化の薬剤を開発するために確立された。 しかし研究は可能性としては有効な癌治療を発見するためにそれらを導いた。 2003年3月18日実験癌ワクチンがすべてのタイプの癌に対して有能であるかもしれないこと、Geronに調査の結果を解放した。 この大胆な発表はジャーナル蟹座の遺伝子療法(2003年3月) で出版された 調査に基づいていた。

公衆がFDAについて考える何を

2003年5月8日の生命延長開始は約400,000人の新しい訪問者が毎月あるウェブサイト(www.deathclock.com)のインターネットの投票を始めた。 この場所を訪問している人々はあらゆる反FDAのグループの部分ではない、反FDAの宣伝に露出したあった。 これらの人々は末期症状の癌患者は彼らの生命を救うかもしれないあらゆる薬剤に権利があるべきであるかどうかについて簡単な質問をされた。 22,506回の投票が表にされた後、結果はここにある:

末期症状の癌患者

生命を救うかもしれないあらゆる薬剤へのアクセスを持つべきである: 89%

FDAによって承認される薬剤へのアクセスを持つただべきである: 11%

私達は人々の願いがに付着するために仮定される体質性共和国に(他の権利で侵さない限り)住んでいる。 アメリカの公衆の89%が考えれば末期癌の患者は彼らの生命を救うことができるあらゆる薬剤へのアクセスがあるべきであるこれを許可するために変わらない法律の理由がない。 欺瞞で従事した会社は既にある消費者保護の法律の下で行なうことができる。 FDAは安全についてのポスト・イットの意見およびウェブサイト(www.fda.gov)の意味された癌療法の効力できた。 意識的ににせプロダクトを販売した会社への民事訴訟の危険は少数のアメリカ人が恐れている大規模で不快な活動を排除する。 より大きい恐れのアメリカ人の表面は癌と潜在的な治療が離れた余りにも多くの年生命を救うためにであることしか調べないために診断されている。

興味の癌患者が彼らの生命を救うかもしれないあらゆる薬剤へのアクセスがあることを可能にするために人々のどの98%が投票したかの生命延長のウェブサイトの同一の投票はあった。 これはFDAの方の意外ではない考慮の健康意識した人々の憎悪心ではない。

Geronのワクチンは比較的簡単な方法ではたらく。 それは酵素の明白なハイ レベルがtelomeraseと呼んだ攻撃の細胞に強力な樹木状の免疫細胞をプログラムする。 それはちょうどそう正常で健康な大人の細胞が非常に低くおよび/または一時的なtelomeraseのレベルを表現する一方人間の腫瘍の細胞の85%が過度にtelomerase1を表現すること起こる。 樹木状の細胞のためのターゲットとしてtelomeraseを使用して前立腺および腎臓の癌細胞、また胸、メラノーマおよび膀胱癌に対して大きい攻撃を誘発するために、Geronのワクチンは示されていた。

ほとんどの癌細胞はtelomeraseのハイ レベルを防ぐために必要とするapoptosis (プログラムされた細胞死)と呼ばれた健康な細胞取り外しプロセスを経ることを。 telomeraseの攻撃の細胞の概念は高くより少ないtelomeraseの作成によってこのワクチンから隠れることを試みれば癌細胞を特に傷つきやすく、のでさせる正常なapoptosisによって死ぬ。

次の12か月にわたる癌で死ぬ米国に558,000人がある。 殆んどは知っている死ぬためにが本当らしいことを。 私達はこれらの癌打たれた個人は目的けれども人文主義的で形式的な科学的な議定書の指針の下で可能性としては有効な療法にアクセスする権利があるべきであることを信じる。 Geronの新しいワクチンは癌を治すという保証の間、私達は熱烈にこれおよび他の潜在的な癌療法を差し控えるためにFDAに与えられる力に反対する。

癌の確立は注意深く管理された調査だけ安全および効力を確立できることを主張する。 これは適度に聞こえ、生命延長はこの概念と一致する。 しかし現実は可能性としては有効な薬剤がdenied.2の間、FDAの現在の臨床試験条件が悪い薬剤が3,4、承認されることを可能にした傷が付いたデータを作り出したことである

それはワクチンが利用できるようになったずっと前にGeronなら新しい薬剤はである有効新しい薬剤がFDAの承認審査方式によってそれを作ることができる、それ、このコラムを読んでいるほとんどの癌患者今日死ぬようにそう時間がかかる。 これの現実世界での事例は幼年期白血病によって呼ばれたVumon®のための抗癌性の代理店と行われた。 この薬剤は1972年に最初に調査されたが、1992年にFDAの承認だけを達成した。

私がGeronのtelomeraseワクチンの調査する段階はノースカロライナのデューク大学で前立腺癌を持つ患者で現在進行中である。 生命延長雑誌の前の問題に記述されているように、段階Iの調査の2つの基本的な問題がある。 まず、彼らは通常癌患者がすべての「証明された」療法を最初に失敗することを統治を委任する。 繰り返し出版された科学的な調査で示されていたように、いわゆる「証明された」癌療法は病気を治さない。 段階以来Iつは安全のためのテストだけ、抗癌性の代理店の非常に小さい線量使用される調査する。 これはある特定の死に段階Iの試験に加わるが、統治を委任する安全データをFDAに供給する末期癌の患者事実上全員を運命づける。 すなわち、忍耐強いの癌およびない新しい薬剤で死ぬ限り、抗癌性の薬剤の可能性としては有効な線量が与えることができる段階Iから段階からIIの調査を進むことは今許されている。

FDAが癌の伝染病をいかに永続させるか
官僚的なプロセスが生命にかかわる病気の処置で使用される抗癌性および他の療法の承認のために非常に長いことは明確である。 傷害に侮辱を加えるためには、非常に同じ承認審査方式に薬剤が既に調査され、見直され、そして受け入れられる国から少数のマイルであるかもしれない1ヶ国で重大な薬剤の承認のための不人情で、受け入れられない遅れを作成する地理的な境界がある。

例えば、Taxotere、最終的に扱うことを使用された最も印象的な抗癌性の代理店の者のための年米国の利益FDAの承認に胸および前立腺癌を、かかった。 これはヨーロッパの文献で出版された効力を支えるFDAに受諾可能ではなかった何百もの調査にもかかわらず起こった。

Taxotereが米国のmetastatic前立腺癌の処置のためのFDAの承認を得たので皮肉にも、ドイツのような国はこの主題の出版されたペーパーがドイツから出なかったので前立腺癌の処置の使用を可能にしない。 これはTaxotereの開拓の研究はドイツの隣家の人フランスから出たことを1つが意識するときさらにもっと信じなくなる。 ここのFDAのような外国の承認代理店および同等は官僚的な自我および多分経済学が、生命のセービングと干渉するようにしている。 これについて考えなさい! アメリカおよびドイツの医者および科学者は共通の敵(癌)に対する戦いで生きていセービング薬剤か療法にまたは「いいえ」「はい」言うために間、薬剤を使用を承認する各国の使用国境のそれぞれの統制機関(それら)従事していない。 これはいわゆる文明化された社会内の人権侵害である。 世界からの人々はそのような残虐行為に抗議で結合するべきである。

2の ページで 2続けられる

  • ページ
  • 1
  • 2