生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年9月

イメージ

チオールの栄養素…
そしてアジェバント癌療法としてクルクミンの使用

Q クルクミン(2002年、p.26 7月)のあなたの最新の記事の端にノートでは、示した: 「これらの栄養素が積極的に成長癌でクルクミンのPKCの禁止効果と」は干渉するかもしれないのでクルクミンを使用している癌患者チオールの栄養素の…の大量服用を避けたいと思う場合もある。 私はアジェバント癌ずっと療法のためのクルクミンそしてチオールを両方取っている。 私は何をするべきであるか。

イメージ

チオールは細胞の中のグルタチオンのレベルを後押しするある特定の硫黄関連の混合物である。 チオールの補足の例はN acetylcysteineおよびlipoic酸である。 両方とも強力な酸化防止剤である。 クルクミン、ショウガそっくりの植物の根からの補足はまた、有効な酸化防止剤である。 さらに、それは多くの重要な抗癌性の効果を所有している。 クルクミンの’のsによって知られている分子特性の1つはPKC (C) [発癌1993年プロテイン キナーゼとして知られている酵素の妨害によって腫瘍の成長を 禁じている; 14:857-61]。

癌治療のためにクルクミンおよびチオールを一緒に取ることの問題はチオールがPKCを妨げるクルクミンの’ sの能力と干渉できることである。 但し、細胞の効果および干渉が起こるタイプの範囲は、未知数である。 さらに、PKCの多くの形態があり、PKCのクルクミンのどんな条件がの下で明確ではない形作る’ sおよび禁じる。 大事を取って、私達の推薦は癌のアジェバント療法のためのクルクミンを取るときチオールの“の大量服用の”を避けることである。 大量服用によって、私達はあらゆる1つのチオール[自由なRadic Biol Med 2001年のいろいろチオールや高より何あ示ラベルを取ることを 意味する; 31:670-8]。

問題がクルクミンに独特ではないかもしれないことが注意されるべきである。 Ellagic酸はPKCを禁じるもう一つの酸化防止剤である(果実から)。 南カリフォルニアの大学からの調査では、チオールおよびビタミンCは酵素の妨害を妨害した。 再度しかしこれはこれらの補足がより多くの研究がされなければならない癌細胞の—のあらゆる特定の種類の互いを妨害することを意味しない。 私達は可能性があることだけ人々をわかっているようにしたいと思う[Proc Annuの大会AM Assocの蟹座Res 1997年; 38: A1395]。

細胞の成長の促進に加えて、PKCによって送られる信号はapoptosisの—として知られている細胞死の開始に異常な細胞の破壊加わる。 しかしプロセスは非常に複雑であり、クルクミンの’ sの効果は完全に理解されない。 チオールもクルクミンの’ sのapoptotic効果を妨害するかもしれないことこの平均はか。 文献のそれのよい徴候は現時点でない。 さらにクルクミンによりPKC [Exp.の細胞Res 1999年を含まない新しい方法でapoptosisを引き起こすことが、最近 発見された; 249:299-307].

合計では、それはチオールの効果および多分クルクミンの’ sの抗癌性の効果の他の酸化防止剤の潜在的な弱まることが長い目で見れば重要であるかどうか明確ではない。 しかしアジェバント癌療法のために、私達は注意の側面で誤り、チオールの栄養素の高い取入口を避けることを推薦する。 防止のために、物語は異なっている。 ここでは、クルクミンはPKCに頼らない多くの異なったプロセスによって働く。

Q 私は何人かの友人を通してあなたの大きい構成に気づいた非常に健康な35歳の男性である。 あなたの雑誌および他の文献私が比較的若く、健康にとどまるのを助ける、私はプロダクトおよび潜在性をの多数読むことで魅了される。 私はいかにどんなプロダクトを私のボディが必要とするか定めるか。

イメージ

基礎’ sの 防止の議定書は ほしい健康な大人が年齢関連の病気を防ぐのを助けるのに使用することを考慮して場合もある上の12の補足のリストが含まれている。 更にあなたの補足の政体を微調整したいと思えば生命延長’ sの血液検査サービスによって提供される“の男性のパネルの”の血液検査のプロフィールはどんな補足があなたに助け提供であるかについての重要な情報をできる。 例えば、高いホモシステインのレベルは徴候を表わさなかったり、けれども心臓病にし向けることができる。 適切な血液検査だけあなたのレベルがであるか、ものまたは場合もあるホモシステイン低下補足のどの位定める必要とすることができる。 生命延長’ sの血のテスト サービスについて尋ねるため、呼出し1-800-208-3444。

Q 私はDHEAを取りたいと思ったが、私に慢性の疲労シンドローム(CFS)があるので私の医者はと、DHEA続かない私のボディの正しい細道に言うおよび吸収されて得ない。 それは正しいか。

DHEAは容易に特に食餌療法脂肪(か脂肪酸の補足)と取られたとき吸収されるが、個人によってわずかに異なるホルモン性の細道に続く。 何人かの人々では、DHEAは他はより高いテストステロンのレベルを見るが、エストロゲンのレベルを上げる。 DHEAがあなたの体でいかに作用するか確認する最もよい方法はDHEAの補足を始めた約6週後自由なテストステロン、estradiolおよびDHEAのためにあなたの血をテストすることである。 この血液検査はまたあなたのDHEAの適量を高めるか、または減らす必要があるかどうか示す。 各人はDHEAへの別のホルモンの応答がある間、私達はこの細道がある特定の病気か無秩序のために変わることを示すあらゆる調査に気づいていない。 DHEAの補足はCFSとのそれらに寄与するかもしれない。 調査はDHEA-Sのレベルが健康な人々[Jの影響Disord 7月1999日と比較されたCFSとのそれらでかなりより低かった ことを示す; 54 (1-2): 129-37]。 他の調査はCFSの患者のDHEA-Sの不足がまた神経精神病学の徴候[Int J Med Molの1月1998日と関連しているかもしれない ことを示す; 1(1): 143-6]。

Q どの位deprenylを私は生命延長のために毎日取るべきで、プロザックの日刊新聞の20 mgとそれを結合してもいいか。

大将は生命延長のdeprenylのための適量をである週に二度5 mg推薦した。 Deprenylはモノアミン酸化酵素B (MAO-B)の選択的な、不可逆抑制剤であり、プロザックはセロトニンの選択的なreuptakeの抑制剤(SSRI)である。 2つの薬剤を結合する前にあなたの医者に相談するべきである間、潜在的な生命延長(毎週10 mg)為に必要とされるdeprenylの非常に低い線量はプロザックと不利に相互に作用しないかもしれない。 5にmgに日deprenylの10 mgを持って行くパーキンソンの’ sの患者は潜在的で有害な相互作用のプロザック、ZoloftおよびPaxilのようなSSRIの薬剤を取れば警告された。 実際、deprenylのためのパッケージ挿入物はとりわけdeprenylを熟視している人々がdeprenylをことを始める前に少なくとも14日間SSRIを中断するべきであることを警告する。 しかしこの警告は5 mgへのdeprenylの10 mgの毎日の線量に生命延長為に使用されるdeprenylの線量が5だけmgへ週10 mgである一方、基づいている。 私達はプロザックのようなSSRIの薬剤と共に非常に低い線量のdeprenyl (10週mg)を取っている人々からのあらゆる不利なレポートに気づいていないがこの複雑な問題を扱う出版された調査がずっとない。

Q アセチルのlカルニチンとlカルニチンの違いは何であるか。

アセチルlカルニチンはアミノ酸のlカルニチンのアセチルのエステルである。 アセチルlカルニチンは血流にlカルニチンよりもっと効率的に吸収され、細胞膜をより容易に通り、そして細胞のmitochondriaでもっと効率的に利用される。

イメージ

Q 私はコーン シロップからの高果糖により動脈の堅くなることおよび皮の十字連結を引き起こすことができることを読んだ。 正確なこれはあるか。

高い glycemic食糧の消費過剰によりインシュリンの超過生産を引き起こし、慢性の発火およびglycationに貢献できる。 Glycationは損なわれた、非作用の構造の形成に終ってブドウ糖の分子へ蛋白質分子の結合である。 幹線硬化、激流および神経学的な減損のような多くの年齢関連の病気は少なくともglycationに部分的に帰することができる。 CarnosineまたはChronoforteのような補足を取ることはglycationを減らすのを助けることができる。 フルクトースのような高glycemic食糧の取入口が鋭いインシュリンのスパイクを引き起こし、慢性の高いインシュリンのレベル(hyperinsulinemia)が動脈の病気の高められた危険と関連付けられるので、「コーン シロップからの高果糖」を示す食糧の取入口を減らすことはよい考えである。 多くの人々は緩和の価値を見落としがちである。


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る