生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年10月

イメージ

項目痛みの軽減
新しい炎症抑制の代理店を使用して

イメージ

関節炎および他のrheumatic条件に苦しむ推定43,000,000人のアメリカ人は慢性および時々不具になる苦痛および発火に耐える。 この破壊的な共同病気は2020年までに推定60百万人を苦しませる。[1]

関節炎および準の条件の全国的な経済的な影響は、エドワードYelinに従って、適当な後退とPh.D。、サンフランシスコ カリフォルニア大学の研究者比較された。

ここ十年間、慢性の発火の根本的な原因を説明する知識の驚くべき量は蓄積した。 この記事では、私達は初期の炎症性滝を禁じる発見をもたらす。

すばらしい大または関節炎のような慢性の炎症性無秩序にかかわるメカニズムの理解の方になされた。 1人の被告人はプロスタグランジンE2、leukotrienesおよびトロンボキサンのような親炎症性代理店に滝のように落ちるアラキドン酸の余分な蓄積である。

Celebrexのような薬剤はプロスタグランジンE2の分割からアラキドン酸を禁じるCOX-2酵素を抑制する。 問題は均等に有害なleukotrienesおよびトロンボキサンを作り出すためにアラキドン酸が他の細道によって滝のように落ちることができることである。 プロスタグランジンE2の形成を、leukotrienesおよびトロンボキサン妨げるためのアラキドン酸のレベルを減らすことは重大である。

食餌療法の要因はどの位アラキドン酸がボディで作り出されるか影響を及ぼすことができる。 アラキドン酸に食餌療法の要因を変えるために必要の酵素はホスホリパーゼA2 (PLA2)である。 関節炎の苦痛および発火は「アラキドン酸滝として」の知られている細道の最終結果である。

PLA2の妨害

2つの共通のタイプ
関節炎の

骨関節炎は大抵高齢者達を目標とする共通の形態である。 それは軟骨、接合箇所を構成する骨の端をカバーする滑り易いティッシュを攻撃する。 やがて、健康な軟骨の表面層は身に着けていて、苦痛、限られた動きおよび接合箇所の膨張に終って、一緒に摩擦するように骨が下にする。 やがて、osteophytesとして知られている骨の拍車は接合箇所の端で成長するかもしれない。 その結果、骨のビットは共同スペースを打ち切り、侵入するかもしれさらに苦痛およびswelling.*をもたらす

慢性関節リウマチはこの衰弱させる病気の2番目に新し共通の形態であるが、接合箇所に加えて他の体の部位に影響を与える。 それは普通先にそれ自身を骨関節炎より明示し、犠牲者およびfeverish.*を病気、疲れている感じさせる時々ことができる

関節炎およびMusculoskeletalおよび皮膚病の*Nationalの協会。 健康のハンドアウト。 骨関節炎。

ずっと研究者はボディで作り出されるアラキドン酸の量を減らすためにPLA2酵素を妨げる代理店を追求している。 PLA2酵素活性の抑制によって、アラキドン レベルは発生させるleukotrienes、トロンボキサンおよびプロスタグランジンE2のような親炎症性混合物と共に、減る。 PLA2酵素活性を抑制することはそう多くの年齢関連の病気で見られる慢性の苦痛およびティッシュの破壊に責任があるアラキドン酸の滝と干渉する。 PLA2酵素活性のハイ レベルは接合箇所のsynovialティッシュにあり、科学者は慢性関節リウマチと関連付けられる活動に血清PLA2の上昇値をつないだ。[2] 実際、PLA2はいろいろ人間のティッシュに、血小板を含んで、chondrocytesとして、胎盤知られている、軟骨の細胞軟骨、腹膜の細胞および腹膜の液体および脾臓あった。[3]

科学的な調査はその発火を伴う関節炎は酵素の行為に直接つながる示した。 すなわち、PLA2酵素は酵素の行為(COX-2のlipooxygenase、COX-1)によってプロスタグランジンE2、leukotrienesおよびトロンボキサンに変えられるアラキドン酸を増加する。 実際、証拠は細胞外PLA2の余分な集中が始め、発火を広げ、細胞損害を与えるかもしれないことを示した。 PLA2の高い活動は慢性関節リウマチおよび骨関節炎を含む複数の炎症性病気で、識別された。[2]

PLA2のような酵素が関節炎と関連付けられる慢性の苦痛と直接関連していること暴露は慢性の発火のこれらの根本的な原因を目標とするように独特に設計されている項目処置の開発をもたらした。

Inflacin™の開発

PLA2抑制剤のための彼らの探求では、BioZone Laboratories、Inc.の科学者はInflacin™と呼ばれる混合物の新しいグループを発見した。 テストされたとき、これらの原則的に応用混合物は関節炎と関連付けられた苦痛を軽減し、共同移動性を高めた。

炎症性滝

この図表はホスホリパーゼによりA2食餌療法の要因は親炎症性プロスタグランジンE2およびleukotriene B4にCOX-2および5ロックスによって変えられるアラキドン酸に滝のように落ちるいかにか描写する。 従ってホスホリパーゼA2の酵素活性を妨げることはCOX-2および5ロックス両方からアラキドン酸に転換を禁じ、親炎症性要因の形成を減らす。 COX-2禁止の薬剤はプロスタグランジンE2に加えてアラキドン酸の抑制がleukotriene B4の形成を妨げる一方だけプロスタグランジンE2の形成を抑制する。


イメージ

二重ブラインドでは鎮痛性の利点を評価するために、項目クリームを剛さ、痛みおよび苦痛によって影響されたボディの区域に加えるとき、30人の関係者ランダム化された、患者Inflacin™を登録する偽薬制御のクロスオーバーの臨床試験はテストされた。 下記のものを含まれているこれら: 首、腕、足および背部の手、フィート、膝および肩および筋肉。 測定に使用される査定用具は苦痛で変わり、柄の強さは(ヴァシュ県)苦痛のレベルを記録した、および柄の強さの変更を評価した油圧手の力量計を含んでいた視覚アナログ スケールを。 視覚アナログ スケールは正確にゼロから10までスケールに記録されるランキングに基づいて苦痛および剛さを評価する共通の査定用具である; 苦痛無し、および10であるのゼロ非常に激痛。 調査の各査定はこの方法を使用して3回行なわれ、3つのランキングの平均はその時間ポイントのための価値として記録された。

1つの適用の後の苦痛の減少 イメージ
図1

油圧手の力量計を使用して査定は腕の長さの装置を縦に握ることによって3回各手を搭載する、記録された。 最初の査定の後で、盲目にされた調査官は影響を受けた区域にInflacin™または偽薬の測定された量を適用した。 それに続く査定は5分、60分および120分の間隔にそれから記録された。 調査の結果はInflacin™が2グラムのちょうど1つの適用の後でかなり苦痛および剛さを減らしたことを示した。 平均して、Inflacin™は45%適用の最初の60分の1つの線量の後で苦痛を(偽薬のグループの15%と比べて)減らした。 複数の被験者では、研究者は苦痛の劇的な減少を記録した。 いくつかでは、苦痛の完全な絶滅および剛さのほとんど総損失は起こった。 次の60分にわたって、Inflacin™のグループの主題は苦痛および剛さの減少を経験し続けたが、苦痛および剛さは偽薬のグループのそれらの中で戻った。 さらに、Inflacin™のグループの主題は両方の手の10%の握力の平均増加を経験した; 握力は偽薬を使用する主題で改良しなかった(図1)を見なさい。

Inflacin™著PLA-2阻止 イメージ

72%大いに臨床テストでは、Inflacin™は統計的に苦痛および剛さを減らす即時の効果を(5分以内に)示した(によって、1つの主題の偽薬のための15%と比較されて)。 Inflacin™はまた同じ改善が偽薬を使用してそれらの中で示されなかった一方5分以内の柄の強さを改善するために示されていた。

データは必ずで5試験ので指しなさいこと、30を示した、60のそして120分Inflacin™は苦痛のスコアを改良し、減少した苦痛で偽薬よりよく行った。

調査から出される全面的な結論は原則的に適用されたとき苦痛を緩和する穏やかの主題のInflacin™が苦痛および剛さを減らし、握力を改善するための有効な混合物であることを示す。 偽薬のグループのそれらの中の最初の60分の内に注意されたおよび剛さ痛みの軽減にもかかわらず徴候は最終的に戻り始めた。 さらに、偽薬のクリームを使用した主題は柄の強さの改善を報告しなかった。[4]

Inflacin™がなぜ働くか

BioZone Laboratories、Inc.は、ピッツバーグの、カリフォルニア、Inflacin™として技術および混合物登録商標ホスホリパーゼA2およびCyclooxygenase 2. BioZoneの阻止のための混合物そして方法とそして資格を与えられた米国のパテントを許可された。 関節炎に加えて、BioZoneのパテントは余分なホスホリパーゼA2によって引き起こされる他の病気に演説する。 パテントで参照される例は下記に記載されている:

乾癬 Fibromyalgia
鉄片 痛風
膵臓炎 敗血症および衝撃
Eczema 腹膜炎
コラーゲンの血管疾患

有効成分および独特な伝達システムのInflacin's™の組合せはそれに有効な炎症抑制の項目鎮痛剤をする。 Inflacin™を作るのに使用されるBioZoneの実験室の開発者がとりわけいろいろ生理学的な応答を仲介するある特定の酵素システムを禁じる苦痛、熱、発火および他の機能の促進を助ける生化学的な反作用の滝を含むパテント未決の原料。 生じる炎症抑制の行為は行為の反対の刺激性モードがあるが、でしたり苦痛を隠すことで限界近く有効ただである他の販売された項目プロダクトで使用されるそれよりはるかに有効。

PLA2活動を目標とするInflacin's™の有効な炎症抑制の原料に加えてプロダクトの独特なQuSome™の伝達システム苦痛および発火に対する強い効果を保障する。 この独特な炎症抑制療法は軽減の筋肉の、共同および骨格苦痛に現在の商業形態でそれしか使用することができない、しかし原則的に管理することができる。 静脈内版は膵臓炎、腹膜炎、敗血症および他の内部炎症性無秩序を扱うために開発されている。

市場が原則的に有効成分を含んでいるプロダクトとあふれるが項目配達の車は残った過去の200年にわたって比較的不変に持っている。 そういうわけでBioZoneの実験室のQuSomes™の出現、項目プロダクトを再公式化する方法は、非常に刺激的な開発である。

イメージ

Inflacin™は多相システム内のQuSome™のliposomes (水様の中心との水様の層分かれている膜そっくりの脂質のbilayersで構成される顕微鏡の小胞)を含んでいる。 毎段階は有効成分を含んでいる。 多くはである何、それにより配達を高め、製品性能を改善するこれらの有効成分は、内部に閉じ込められる。

なぜカプセル封入のこの独特な形態はとても有効であるか。 時間の長い期間にわたって解放することができる皮のより低い層に吸収されるまで氾濫か皮を衝撃することおよび苛立ちを引き起こすことよりもむしろ、カプセル封入が有効成分を保護するのに役立つので。

liposomesは有効成分を含んでいる泡そっくりの「包み」を形作る。 薬剤は保護され、皮のより低い層に解放されるまで皮の上部の層によってこれらの薬剤を運ぶのを助けるliposomesの中で保護されて、先生を説明するSangita Ghosh、BioZoneの実験室の主な科学者。

他の鎮痛剤上のQuSome Inflacin™の利点

QuSome Inflacin™は「自由で活動的な」topicals上の複数の利点を提供する(原料が内部に閉じ込められない)それら。 Liposomalカプセル封入は有効成分の浸透を高める。 皮の上部の層を通ると同時にそれらが内部に閉じ込められるので、QuSomes™は苛立ちを除去し、適量のレベルを最大限に活用する。 表皮および皮膚のすばらしい集中そして滞在時間は延長された解放を可能にする。 カプセル封入はまた新陳代謝の低下から薬剤を保護する。 そして最終的に、配達のこのモードは全身の吸収を減らす。

発火を減らし、関節炎および関連条件が原因で苦しめるように設計されている鎮痛性の薬剤に関してはtopicalsは唯一の選択ではない。 内部鎮痛剤はまた利用できる。 そして皮の上部の層を苛立たせないが、多くのユーザーは胃に苛立ちの不平を言う。 それが項目であるので、Inflacin™に胃を苛立たせる危険がない。

要するに、Inflacin™は穏やかに関節炎および関連の条件による適当な苦痛および発火に苦しむ人に部分的な解決を提供する。 それは胃を苛立たせない長続きがし、速い痛みの軽減を、持っていないし、攻撃的な臭気を皮に残さない油が多い残余を提供する。


参照

1. 、サンフランシスコ カリフォルニア大学。 国民の関節炎の活動計画: 公衆衛生Strategy 1999年。

2. 人間のsynovial液体の余分細胞ホスホリパーゼA2のVades Pの等1985年の性格描写。 生命Sciの 36:579。

3. Vades Pの等人間の病理学の1990年の溶けるホスホリパーゼA2: 臨床実験室インターフェイス。 ホスホリパーゼA2および規定する要因の生物化学、分子生物学および生理学。 エド。 AB Mukherjeeの充満出版物、ニューヨーク。

4. Keller、関節炎の臨床調査2002年のためのブライアンC. Topical Treatment。


雑誌のフォーラムに戻る