生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年10月

イメージ

4の2ページ

ホスホリパーゼA2は大人の人間のarticular軟骨のマトリックス蛋白質の塩摘出可能なプールの主要コンポーネントである。

大人の人間のarticular軟骨は高いイオン強さの緩衝と摘出可能である16 kdの明白な分子量が付いている部品を含んでいる。 、リゾチームに加えて、大人の軟骨の塩のエキスの最も顕著な部品の1つであるこの蛋白質は新生児からの軟骨で探索可能ではない。 私達は蛋白質を識別するためにNターミナル順序の分析を行った。 最初の20残余のために得られたアミノ酸順序は人間の胎盤および人間のsynovial細胞からのホスホリパーゼA2 (PLA2)のために報告されたそれと同一だった。 摘出可能なPLA2は活発であると見つけられた。 ナトリウムのdodecyl硫酸塩ポリアクリルアミドのゲルの電気泳動の分析によって観察されたこれらの準備で探索可能なPLA2活動の非常に低水準によって新生の軟骨からの塩のエキスのPLA2の欠乏は確認された。 PLA2は蓄積が青年の成長の期間の間にいずれ始まることを提案している18歳の主題および19歳の主題からはっきり軟骨のエキスにあった。 酵素は正常な生理学的な条件の下で軟骨のマトリックスから解放されないようではなく骨格成長の終了と関連付けられる減らされたマトリックスの転換の結果であることを軟骨の成熟のPLA2の蓄積がことは可能である。 PLA2は軟骨のマトリックスで活発であるかどうか、あるchondrocytesに対する精密な局在化および効果は定められることを残る。

関節炎のRheum 9月1991日; 34(9): 1106-15

齧歯動物に口頭でそして原則的に管理されるorpanoxinの炎症抑制の活動。

Orpanoxinはラットの足のcarrageenin誘発の浮腫の試金の口頭活動のための6つの参照NSAIDsとラットで、治療上の線量の胃のulcerogenic効果に欠けているnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAID)、比較された及ぶ。 テストされたNSAIDsは口頭mg/kg ED50の価値に基づいてランク付けされた: piroxicam、0.55; orpanoxin、35.6; 、59.6 diflunisal; 、非常により300 benoxaprofen; tolmetinナトリウム、300以上; そしてsulindac、300以上。 Zomepiracナトリウムは不活性だった。 3つの最も有効な混合物だけ浮腫の60%以上阻止を作り出した。 阻止は一般にすべての混合物のための6つのhのポストのcarrageeninでより4時hで大きかった。 orpanoxinの口頭活動はまたモルモットのu.v.誘発の紅斑モデルで示された(ED50 = 24.2 mg/kgのP.O。 1つのhは照射の前に)そしてヤナギタンポポのcrotonオイルで与えられたとき浮腫テストを(ED50価値= 131のmg/kgのP.O.)引き起こした。 orpanoxinの項目活動はモルモットおよびマウス モデル両方で査定された。 モルモットのu.v.誘発の紅斑モデルでは、1、5、および10% (w/v)のorpanoxinの適用(u.vの後の1つのh。)は(10%の尿素を含んでいる)かなり禁じられた紅斑をクリーム状にし2時、3時、および照射後4時hで。 1%としてOrpanoxin、mefenamic酸およびindomethacinは禁じられた総紅斑スコア70、92および74%を、それぞれクリーム状にする。 ヤナギタンポポの試金の項目活動のための証拠はまたジエチル エーテルまたは10%の尿素のクリームの、ないジメチルスルホキシドのorpanoxinのために得られた。 orpanoxinに対等な炎症抑制の活動がNSAIDsをラットの足の浮腫テストで参照するためにあることが、でラット、マウスおよびモルモット モデルで口頭で活発、モルモットおよびマウスで示す項目活動を完了された。

代理店の行為7月1985日; 16(5): 369-76

苦痛な関節炎のPercutaneous療法。

大きい体重負荷の接合箇所のosteoarthrosisの苦痛はperiarticular靭帯、腱、看板、筋肉、decompensationの—の印としてbursaeの—のperi関節症または浸出の有無にかかわらず反応synovitisから得られる。 組識的に管理されるNSAIDsは物理療法とともに最初上等の薬物としてこれまでのところ考慮された。 NSAIDs (イブプロフェン、diclofenac、indomethacin、etofenamateおよびpiroxicamのためのあるサリチル酸塩およびそれほどではないにせよ)の項目、percutaneous適用の新しいpharmacokineticデータは柔らかいティッシュのリューマチの全身のもの上のpercutaneousルートの関連した利点を示した。 クリーム上記される、局部的に管理されるNSAIDsゲルまたはスプレーがsubcutisの適用、範囲の高く有効な集中、看板、腱、靭帯および筋肉の場所で皮のcorneal層によって、すぐに突き通るように、接合箇所カプセルのより少しおよび-流動指摘の直接浸透。 項目NSAIDsの血レベルは全身の副作用、特に胃の毒性無しで極端に低くない; 但し、ローカル皮膚のかぶれは観察される(1から2%)。 これと対照をなして、多くの少し集中の—への高い血レベルによるNSAIDsの全身の(口頭)鉛主に副作用の高い発生の10分の1の—だけの特に柔らかいティッシュ。 結論としてある特定のNSAIDsのpercutaneous適用は苦痛なosteoarthrosisと柔らかいティッシュの構造の他のすべての炎症性退化的な、posttraumatic変化の確立した治療上の養生法になった。

Ther Umsch 1月1991日; 48(1): 42-5

人間および犬の膝関節の口頭14Cアスピリンそして項目triethanolamineの14Cサリチル酸塩の比較ティッシュの吸収。

口頭および項目サリチル酸塩のローカル、articular、および全身の吸収は放射性同位体の技術を使用している犬および人間で調査された。 項目triethanolamineの14Cサリチル酸塩は膝関節および周囲のティッシュにpercutaneous吸収が可能見つけられた。 犬では、項目サリチル酸塩の塗布はより低い血レベルにもかかわらずいくつかのティッシュの口頭アスピリンより高いサリチル酸塩の集中で、起因した。 慢性関節リウマチの患者では、triethanolamineの14Cサリチル酸塩のクリームが口頭アスピリンと得られたそれらの60%だった後intraarticular 14Cサリチル酸塩のレベル。 6人の患者の4つは口頭および項目サリチル酸塩の後でローカル不快の等しい改善を報告した。 集中させたrheumatic無秩序の処置に於いての項目サリチル酸塩のクリームのための潜在的な役割は提案される。

J Clin Pharmacol 1月1982日; 22(1): 42-8

手の苦痛な骨関節炎の療法の項目カプサイシンの効果。

項目カプサイシン0.075%は慢性関節リウマチ(RA)の苦痛な接合箇所の処置のために評価され、4週間の二重ブラインド、偽薬の骨関節炎(OA)はランダム化された試験を制御した。 21人の患者は選ばれた、すべてはどちらかのRAがあった(n =手の苦痛な介入を用いる7)またはOA (n = 14)。 苦痛(視覚アナログ スケール)、機能容量、朝の剛さ、握力、共同膨張および柔軟性(dolorimeter)の査定は無作為化の前に行われた。 処置は各々の苦痛な手の接合箇所に4回記入項目の後の1、2のそして4週の再査定と毎日適用された。 1つの主題は調査を完了しなかった。 カプサイシンは偽薬と比較してOAと、ないRAを関連付けられた柔軟性(pより少なくより0.02)および苦痛(pより少なくより0.02)減らした。 ローカル焼けるような感じは注意された唯一の悪影響だった。 これらの調査結果は項目カプサイシンが手の苦痛なOAの処置のための安全で、役に立ちそうな薬剤であることを提案する。

J Rheumatol 4月1992日; 19(4): 604-7

両方のdoxepinの塩酸塩、カプサイシンおよび組合せの項目適用は慢性の人間のneuropathic苦痛のanalgesiaを作り出す: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査。

目標: 人間の慢性のneuropathic苦痛の3. 3%のdoxepinそして0.025%カプサイシンの3.3% doxepinの塩酸塩、0.025%カプサイシンおよび組合せの項目管理の鎮痛性の効力を査定するため。 方法: 200人の承諾年齢の成人の患者のランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査。 患者は4週間偽薬、doxepin、カプサイシンまたはdoxepin/カプサイシンのクリームの日刊新聞を加えた。 患者はクリーム色の適用(ベースライン レベル)前のそして4週間の調査の期間の週の間に0-10視覚アナログ スケールを使用して全面的な苦痛、射撃、焼却、paraesthesiaおよびしびれを毎日記録した。 副作用および欲求はまた処置を続ける記録された。 結果: 全面的な苦痛は同じような範囲にdoxepin、カプサイシンおよびdoxepin/カプサイシンによってかなり減った。 doxepin/カプサイシンとのanalgesiaはより急速な手始めだった。 カプサイシンはかなり感受性および射撃の苦痛を減らした。 非常に熱い苦痛はdoxepinとカプサイシンおよびそれ程ではないにせよdoxepin/カプサイシンによって高められた。 副作用はマイナーだった。 偽薬のクリーム、クリーム色17 doxepin 13カプサイシンを続けるように要求される1人の患者および9 doxepinおよびカプサイシンの組合せ。 結論: 3.3% doxepin、0.025%カプサイシンおよび3.3% doxepin/0の項目適用。 025%のカプサイシンは同じような大きさのanalgesiaを作り出す。 組合せはより急速なanalgesiaを作り出す。

Br J Clin Pharmacol 6月2000日; 49(6): 574-9

慢性の首苦痛のための項目カプサイシン。 パイロット・スタディ。

物質PはタイプCの感覚ニューロンのnociceptive衝動の主義の神経伝達物質であると考えられる。 カプサイシンのクリームの延長された繰り返された適用は物質P.の感覚的なC繊維を減らす。 オープン分類された将来のパイロット・スタディでは、慢性の首苦痛(非常により3 mo)の23人の患者は調査を完了した。 患者は首および肩帯の苦痛な区域に項目カプサイシンの(0.025%)クリームを日5週処置の期間の4回加えた。 1人の患者は耐え難い焼却のために脱落した。 統計的に重要な改善は2つの第一次結果の変数、視覚アナログの苦痛スケール(P = 0.00013)および痛みの軽減のスケールで得られた(P = 0.002)。 組み合わせられたtテストはMcGillの苦痛のアンケートで重要な改善を示さなかった。 この調査は原則的に応用カプサイシンのクリームが主観的な首苦痛を減らすかもしれないことを示した。 二重盲目の、偽薬制御の試験は必要この処置の効果を確認するためにである。

AM J Phys Med Rehabil 1995日1月2月; 74(1): 39-44

項目カプサイシンとの苦痛な糖尿病性のニューロパシーの処置。 多中心、二重盲目の、車制御の調査。 カプサイシンの研究グループ。

多中心の調査は糖尿病性のニューロパシーと関連付けられた苦痛の除去に項目0.075%カプサイシンのクリームの効力を確立するために行なわれた。 カプサイシンまたは車のクリームは苦痛な区域に4回任意に2グループの1つに割り当てられた患者の8週間1日あたりの加えられた。 苦痛の強度および救助は医者の’ sの全体的な評価および視覚アナログ スケールを使用して2週間間隔に記録された。 次のための車によって比較されたカプサイシンを支持している252人の患者のための最終的な訪問の分析は統計的な重大さを示した: 医者の’ sの全体的な評価のスケールによる53.4%の苦痛の改善対69.5%、苦痛の強度の27.4%減少対38.1%、および痛みの軽減の45.3%改善対58.4%。 くしゃみをし、咳をする一時的な焼却を除いてカプサイシンはよく容認された。 調査の結果は項目カプサイシンのクリームが苦痛な糖尿病性のニューロパシーのことを処理で安全、有効であることを提案する。

アーチのインターンMed 11月1991日; 151(11): 2225-9

pruritic乾癬の項目カプサイシンの二重盲目の評価。

背景: 物質Pのundecapeptideの神経伝達物質は乾癬およびpruritusのpathophysiologyで、関係した。 目的: 項目カプサイシン、有効な物質Pのdepletorの安全そして効力はpruritic乾癬の患者で、評価された。 方法: 患者はカプサイシンを0.025%クリーム(n = 98)または車(n = 99)日この二重盲目の調査の6週間4回加えた。 効力はスケーリング、厚さ、紅斑およびpruritusを含む医者の’ sの全体的な評価そして結合された乾癬の厳格のスコアに基づいていた。 結果: カプサイシン扱われた患者は全体的な評価(p = 4週後の0.024およびp = 6週後の0.030)とpruritusの救助のかなりより大きい改善(p = 0.002およびp = 0.060、それぞれ)、また結合された乾癬の厳格のスコアのかなりより大きい減少を示した(p = 0.030およびp = 0.036、それぞれ)。 両方の処置のグループの最も頻繁に報告された副作用は適用場所に一時的な焼けるような感じだった。 結論: 原則的に応用カプサイシンは効果的にpruritic分乾癬、この無秩序に於いての物質Pのための役割を支えることが分ることを扱う。

J AM Acad Dermatol 9月1993日; 29(3): 438-42

ガンマのトコフェロール

ガンマのトコフェロール、米国の食事療法のビタミンEの主要な形態は、もっと注意に値する。

ガンマのトコフェロールは多くの植物の種と米国の食事療法のビタミンEの主要な形態ですが、アルファ トコフェロールと比較される少し注意ティッシュのビタミンEの優勢な用紙および補足の第一次用紙を引いた。 但し、最近の調査はガンマのトコフェロールが人間の健康にとって重要かもしれないこと、そしてアルファ トコフェロールとそれを区別する独特な特徴を所有していることを示す。 ガンマのトコフェロールはアルファ トコフェロールがあるより親脂性のelectrophilesのためのより有効なトラップのようである。 ガンマのトコフェロールはよく吸収され、ある人間のティッシュの重要な程度に集まる; それは尿で主に排泄される2,7,8 trimethyl2 (ベータcarboxyethyl) -しかし6-hydroxychroman (ガンマCEHC)に主として新陳代謝する。 ガンマCEHCに、しかしアルファ トコフェロールから得られるない対応する代謝物質は生理学的な重要性をもつかもしれないnatriuretic活動がある。 ガンマのトコフェロールおよびガンマCEHC、しかしアルファ トコフェロールは両方、cyclooxygenaseの活動を禁じ、従って炎症抑制の特性を所有している。 ある人間および動物実験はガンマのトコフェロールの血しょう集中が心循環器疾患および前立腺癌の発生と逆に関連付けられることを示す。 ガンマのトコフェロールおよび代謝物質のこれらの区別の特徴はガンマのトコフェロールが前に確認されない方法で人間の健康にかなり貢献するかもしれないことを提案する。 この可能性は特にアルファ トコフェロールの大量服用が両方とも増加するガンマのトコフェロールとの補足に対して血しょうおよびティッシュのガンマのトコフェロールを、減らすと考慮する更に評価されるべきで。 私達はガンマのトコフェロールおよび心循環器疾患および癌間の関係に関するガンマのトコフェロールの生物学的利用能、新陳代謝、化学およびnonantioxidant活動および疫学的なデータの現在の情報を見直す。

AM J Clin Nutr 12月2001日; 74(6): 714-22

アルファ トコフェロール、ガンマのトコフェロール、セレニウムおよびそれに続く前立腺癌間の連合。

背景: セレニウムおよびアルファのトコフェロール、補足のビタミンEの主要な形態は、前立腺癌に対して保護効果をもたらすようである。 但し、ガンマのトコフェロールの可能な役割、米国の食事療法のビタミンEの主要コンポーネントおよび人間の血清の2番目に新し共通のトコフェロールに少し注意は払われた。 入り込まれた場合制御の調査は事件の前立腺癌が付いているアルファ トコフェロール、ガンマのトコフェロールおよびセレニウムの連合を検査するために行なわれた。 方法: 1989年に、ワシントン郡の10,456人のオスの居住者の合計、MDは、標本銀行のための血を寄付した。 前立腺癌を開発したおよび233制御主題に持っていたセレニウム、アルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロールの試金のために利用できる足指の爪および血しょうサンプルを一致させた145人の117の合計は。 前立腺癌の微量栄養の集中と開発間の連合は条件付き記号論理学の回帰分析によって査定された。 すべての統計的なテストは両面だった。 結果: 前立腺癌の危険はアルファ トコフェロール(確率の比率(最も高く最も低い第5対)の増加する集中と、= 0.65直線に低下した; 95%の信頼区間= 0.32--1.32; P (傾向) =.28)。 ガンマのトコフェロールのために、配分の最も高い五番目の人は最も低い五番目(Pで人より前立腺癌を開発する危険の5重の減少があった: (傾向) =.002)。 セレニウムと前立腺癌の危険間の連合は個人と比較された最下の第5で前立腺癌の減らされた危険を持っている配分の最初の5分の4の個人との保護方向にあった(P (傾向) =.27)。 セレニウムおよびアルファのトコフェロールのハイ レベルのための統計的に重要な保護連合はガンマのトコフェロールの集中が高かったときにだけ観察された。 結論: 結合されたアルファおよびガンマのトコフェロールの補足の使用はアルファ トコフェロール、ガンマのトコフェロールおよびセレニウム間の観察された相互作用がある次の前立腺癌の防止の試験で考慮されるべきである。

Jの国民の蟹座Inst 12月2000日20日; 92(24): 2018-23年

proliferative温和な胸の病気および乳癌のカロチノイド、retinolおよびビタミンEおよび危険。

私達はretinolの血清のレベル間の関係を、ボストンのpostmenopausal女性の場合制御の調査、MA (米国)区域の乳癌そしてproliferative温和な胸の病気(BBD)のretinolのベータ カロチン、アルファ カロチン、リコピン、アルファ トコフェロールおよびガンマのトコフェロール、また取入口、カロチンおよびビタミンEおよび危険調査した。 血清の栄養データは最近診断された段階IまたはIIを持つ377人の女性のために利用できたproliferative BBDを持つ乳癌そして173人の女性。 制御はでしたり胸のバイオプシーを要求しなかった評価されたが、または同じ施設でバイオプシーがnonproliferative BBDを明らかにした403人の女性。 私達はこれらの微量栄養の血清のレベルとproliferative BBDまたは乳癌の危険間の重要な連合を観察しなかった。 乳癌の危険は食糧源だけからのビタミンEの取入口の最も高いquintileの女性間で減った(最も高いquintile = 0.4の95%信頼区間[CI]のための確率の比率[または] = 0.2-0.9; Pのquintilesを渡る傾向= 0.02) しかし補足を含む総ビタミンEの取入口のためのそうより少し(または= 0.7、CI = 0.4-1.3; Pの傾向= 0.07)。

蟹座により制御を11月1992日引き起こす; 3(6): 503-12


4の ページで 3続けられる


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る