生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年11月

イメージ

4の3ページ

Irritiableの腸シンドローム

過敏性腸症候群の処置の腸上塗を施してあるペパーミント オイルのカプセル: 将来の、ランダム化された試験。

腸上塗を施してあるペパーミント オイルの公式(Colpermin)の効力そして許容範囲を定めるためには、私達は110人の外来患者(66人のmen/44女性の将来の、ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の臨床調査を行なった; 過敏性腸症候群の徴候の18から70年齢)。 患者は食事の前に1つのカプセルを(Colperminか偽薬) 1月間毎日3から4回、15-30分、取った。 偽薬のColperminそして49の52人の患者は調査を完了した。 Colpermin (79%)の四十一人の患者は腹部の苦痛の厳格の緩和を経験した(29は苦痛なしだった); 43に(83%)より少ない腹部のdistension、43が(83%)減らした腰掛けの頻度、38 (73%)持っていた少数borborygmiを、および41を(79%)より少ない鼓腸あった。 偽薬のグループのための対応する図は次のとおりだった: 減らされた苦痛(4つは苦痛なしだった)、減らされたdistensionとの14 (29%)、減らされた腰掛けの頻度との16 (32%)、少数との15 (31%) borborygmi、およびより少ない鼓腸との11の21人の患者(43%) (22%)。 Colperminの後の徴候の改善は偽薬の後でよりかなりよかった(P < 0.05; マン ウィットニーUテスト)。 Colperminの1人の患者は(カプセルをかみ砕くこと)のために胸焼けを経験し、1は穏やかで一時的な皮膚発疹を開発した。 レバー機能試験結果に重要な変更がなかった。 従って、この試験に、Colperminは有効、よく容認されただった。

J Gastroenterol 12月1997日; 32(6): 765-8

過敏性腸症候群のための圧力管理: 管理された試験。

過敏性腸症候群の35人の患者はantispasmodic Colperminが含まれていた慣習的な療法または圧力管理プログラムの処置を受け取るためにランダム化された。 圧力管理プログラムは患者が彼らの徴候の性質を理解するのを助けられた物理療法家と6つの40分の会議圧力への彼らの関係の中間数を含み、弛緩の練習を教えられた。 圧力管理プログラムのそれらの3分の2はプログラムを徴候の除去で有効見つけ、より少ない厳格の少数の攻撃を経験した。 この利点は少なくとも12か月間維持された。 それらの少数にある特定の慣習的な管理利点があった。 圧力管理プログラムは過敏性腸症候群の患者のための価値であることをようであろう。

消化力1991年; 50(1): 36-42

spasticコロン シンドロームのための遅らせられた解放のペパーミント オイルのカプセル(Colpermin): pharmacokinetic調査。

Colperminに含まれていた2つの柔らかいゼラチン カプセルに含まれていたオイルと口頭で摂取されたペパーミント オイルからのメントールの排泄物は(glucuronideとして)比較された。 メントールの合計24 hの尿の排泄物は健康なボランティアの2つの公式で類似していたが、Colperminと遅れたピークのメントールの排泄物のレベルはより低く、排泄物だった。 メントールの排泄物はColperminを取り、unmetabolizedメントールの適当な量がileostomyの流水から回復されたileostomyの患者で減った。 これはペパーミント オイルの遅らせ解放の形態であるColperminに一貫している。

Br J Clin Pharmacol 10月1984日; 18(4): 638-40

過敏性腸症候群(IBS)の患者の高繊維の食事療法の補足: ムギぬかの食事療法間の多中心の、ランダム化された、公開裁判の比較および部分的に加水分解されたグアー ガム(PHGG)。

高繊維の食事療法の補足は複数の管理問題を提起するが、IBSで一般的である。 部分的に加水分解されたグアー ガム(PHGG)は動物および人間の調査で有利な効果、IBSの徴候の救助に於いての潜在的な役割をまだ評価されていない示したが。 私達はPHGGをIBSの患者のそして比較されたムギぬかの食事療法とそれ調査した。 腹部の苦痛、腸の習慣および主観的な総合評価は12週間188人の大人IBSの患者(139人の女性および49人)で縦方向に評価された。 患者は割り当てられた下痢優勢で、便秘優勢なまたは可変性の腸の習慣を分類され、繊維(ムギぬかの30 g/day)またはPHGG (5 g/day)を受け取っているグループに任意に持っているとして。 4週後で、患者が彼らの徴候の彼らの主観的な評価によってグループを、転換することは許された。 かなり多くの患者は繊維からPHGGからのより繊維(10.9%)にPHGG (49.9%)に4週に転換した。 プロトコル分析ごとにだったが、相違は2グループことをの間で繊維およびPHGGが両方苦痛および腸の習慣の改善で有効見つけられなかったことを示した。 逆に、意思に御馳走分析は繊維のグループ(40%)のよりPHGGのグループ(60%)でかなりより大きい成功を示した。 さらに、PHGGのグループのかなり多くの患者は繊維のグループのそれらより大きく主観的な改善を報告した。 結論として、中心IBSの徴候の改善はぬかより成功の高い確率および所定の養生法を断念している高繊維の食事療法の補足のために考慮するためにそれに有効な選択をするIBSの繊維の取入口から得る利点を高めることができることを提案する患者のより低い確率を明らかにしている患者によってぬかおよびPHGG、後者両方と(腹部の苦痛および腸の習慣)よく容認され、好まれた観察されたが。

発掘Dis Sci 8月2002日; 47(8): 1697-704

子供の過敏性腸症候群の処置のための腸上塗を施してある、pH依存したペパーミント オイルのカプセル。

ランダム化された、二重盲目の管理された試験では、過敏性腸症候群(IBS)の42人の子供はpH依存した、腸上塗を施してあるペパーミント オイルのカプセルか偽薬を与えられた。 2週後で、ペパーミント オイルを受け取るそれらの75%はIBSと関連付けられた苦痛の厳格を減らした。 ペパーミント オイルはIBSの徴候段階の間に治療上の代理店として使用されるかもしれない。

J Pediatr 1月2001日; 138(1): 125-8

過敏性腸症候群のためのペパーミント オイル: 重大な検討およびmetaanalysis。

目的: ペパーミント オイルは過敏性腸症候群(IBS)の徴候のための複数の店頭治療の主要な要素である。 IBSの病因学が知られないおよび処置は徴候であるので、そのようなプロダクトのための準備ができた市場がある。 但し、使用を支える証拠は希薄である。 この調査の目標はIBSのための徴候の処置としてペパーミント(ハッカXのpiperita L.)のエキスの臨床試験を見直すことだった。 方法: コンピュータ化された文献調査はIBSのためのペパーミント オイルのすべてのランダム化された管理された試験を識別するために行われた。 データベースはMedline、Embase、ビオス、CISCOMおよびCochraneの図書館を含んでいた。 出版物の言語に制限がなかった。 データは両方の著者によって標準化された、あらかじめ定義された方法で、独自に得られた。 5つの二重盲目の、ランダム化された、制御された試験はmetaanalysisに書き入れられた。 結果: ランダム化された8つは管理された試験見つけられた。 一まとめにそれらはペパーミント オイルがIBSの徴候の救助のために効果があることができることを示す。 偽薬制御5のmetaanalysis倍の盲目の試験はこの概念を支えるようである。 ほとんどの調査と関連付けられる方法論的な欠陥の点から見て効力についての限定的な判断は与えることができない。 結論: IBSの徴候の処置に於いてのペパーミント オイルの役割は合理的疑いを越えてこれまでのところ確立されなかった。 うまく設計された、注意深く実行された調査は必要問題を明白にするためにである。

AM J Gastroenterol 7月1998日; 93(7): 1131-5

ペパーミントのオイル キャラウェー オイルは非潰瘍の消化不良の組合せを固定した--腸準備の効果の比較。

非潰瘍の消化不良(過敏性腸症候群を伴うdysmotilityのタイプ消化不良または必要な/独特の消化不良、また)の200人の23人の患者は将来に、ペパーミント オイルおよびキャラウェー オイルの固定組合せの2つの準備を比較するためにランダム化されて、参照および二重盲目の管理された多中心の試験含まれていた。 試験の目標はこれら二つの準備の効力そして許容範囲の同値を評価することだった。 テスト公式は90 mgのペパーミント オイルを含んでいる腸上塗を施してあるカプセルの薬剤の組合せから36 mgのペパーミント オイルを含んでいる腸溶ける公式は参照としておよび20 mgのキャラウェー オイル使用されたが、および50 mgのキャラウェー オイル成っていた。 定義された主要なターゲット項目は療法、視覚アナログ スケール(0 =苦痛無し、10 =非常に強い苦痛)の患者が測定した”の始めと終わり間の苦痛の強度の“の相違だった。 テスト準備のグループの6.1ポイントおよび参照の5.9ポイントの中間の苦痛の強度ベースライン測定を用いる213人の患者で(n =テスト準備の108、n =参照の準備の105)苦痛の強度の統計的に重要な低下を観察された2グループ(- 3.6 resPで分けなさい。 -3.3ポイント; p < 0.001; 両面1サンプルtテスト)。 両方の準備の同等の効力は示された(p < 0.001; 同値のための1面tテスト)。 付随の変数に関して、両方のグループの結果はまた類似していた。 “の苦痛の頻度に関して、”はテスト準備の効力かなりよりよかった(p = 0.04; 相違のための両面tテスト)。 準備は両方ともよく容認された。 大量服用にもかかわらず、ペパーミントの好みの”との不利なでき事の“のeructationは腸上塗を施してあるカプセルの準備によるテスト公式と扱われたグループでより少なく頻繁だった。

Pharmazie 3月1999日; 54(3): 210-5

ホルモン

自己免疫の甲状腺剤の機能障害および不況は関連付けられるか。

この調査の目的はperimenopausal女性の自己免疫の甲状腺疾患と不況間の関係を検査することだった。 甲状腺剤機能[TSH、自由なT4および甲状腺剤の過酸化酵素の抗体(TPO Ab)] そして不況は不況の他の決定要因とともに(エジンバラの不況のスケールを使用して)横断面に査定された。 主題は6,846人の女性のコミュニティ グループからの583人の任意に指定perimenopausal女性(47から54 yr老化する)だった。 主要な結果の手段はエジンバラの不況のスケールに従って甲状腺剤の機能障害の発生(TPO Abの異常で自由なT4やTSHまたは上昇値)および不況の付随の存在だった。 生化学的ではない甲状腺剤の機能障害もmenopausal状態も不況と関連していなかった。 複数の心理社会的な決定要因(発生、前のエピソード、または不況の主要な生活上の出来事の財政問題)から離れて、TPO Abの上昇値は不況(確率の比率、3.0、95%の信頼区間、1.3-6.8)と(>または= 100 U/mL)かなり関連付けられた。 私達はpostmenopausal状態が不況の危険性を高めない一方高いTPO Abレベルを持つ女性が不況に特に傷つきやすいことを結論を出す。

J Clin Endocrinol Metab 9月1998日; 83(9): 3194-7

‘の高正常な’ TSHのレベルを持つ人の高い血清コレステロール レベル: 1つは潜在性の甲状腺機能低下症の定義を拡張するべきであるか。

目的: 確立された甲状腺機能低下症とコレストロールが高いレベル間の連合は有名である。 現在の調査の目標は正常範囲(‘の低正常な’ TSHと比較される‘の高正常な’ TSH)内のTSHのレベルが付いているhypercholesterolemic主題のコレステロール値に対するチロキシン(T4)の管理の効果を調査することだった。 設計および方法: 私達は高脂血症(血清コレステロール>7.5 mmol/l)のために参照された110人の連続した患者のTSHのレベルを定めた。 ‘の高正常な’ TSH (2.0-4.0 microU/ml)とのそれら、また‘の低正常な’ TSH (0.40-1.99 microU/ml)とのそれらは任意に2か月間毎日25か50 microg T4を受け取るために割り当てられた。 従って、グループAおよびB (低正常なTSH)はそれぞれ25および50 microg T4を受け取り、Cを分け、D (高正常なTSH)はそれぞれ25および50 microg T4を受け取った。 血清T4、三iodothyronine (T3)、TSH、自由なチロキシンの索引、樹脂T3の通風管および甲状腺剤のautoantibodies (ThAab)、また総コレステロール、高低密度の脂蛋白質のコレステロール(HDL、LDL)、およびトリグリセリドは2ヶ月の処置の期間の終わりの前にそしてに断固としただった。 結果: TSHのレベルはすべてのグループで減った。 最も顕著な効果はグループD (前にTSHのレベルで観察された: 2.77+/-0.55、後: 1.41+/-0.85 microU/ml、P < 0.01)。 グループCおよびDの主題に肯定的なThAabsを持っていることのより高い確率があった。 グループD.のだけ総コレステロール(P < 0.01)およびLDLの重要な減少は(P < 0.01)処置の後で観察された。 ThAabの陰性のグループDのそれらの主題では、コレステロール値に対するチロキシンの重要な効果がなかった。 結論: ThAabsと結合される高正常なTSHのレベルが付いている主題は、実際高いコレステロール値と示す潜在性の甲状腺機能低下症があるかもしれない。 これらの患者がチロキシンの管理から寄与するかもしれないことは可能である。

Eur J Endocrinol 2月1998日; 138(2): 141-5

高いTSHの価値の女性の中の低い頭痛の流行。

この大きい横断面の人口ベースの調査の目標は甲状腺剤の機能障害と頭痛間の可能で肯定的か否定的な連合を検査することだった。 1995年と1997年間で、ノルウェーのNord-Trondelag郡のすべての92,566人の大人は健康の調査に加わるように誘われた。 51,383の合計は甲状腺剤刺激的なホルモン(TSH)が28,058人の個人で測定された頭痛のアンケートに(56%)答えた。 これらは40年齢の上の15,465人の女性および8,019人、20そして40年齢間の1,767人の任意に指定個人、そして甲状腺剤の機能障害との2,807を(97%)含んでいた。 甲状腺剤の機能障害と頭痛間の連合は95%の信頼区間の流行の確率の比率を(または)査定された(シス形)推定する多変量解析で。 高いTSHの価値は頭痛の低い流行と関連付けられた。 これは甲状腺剤の機能障害の歴史無しで女性の中で最も明白だった。 これらの中で、頭痛はより少なくありそう(OR=0.5、95% CI 0.3-0.7) TSHなら>または=正常なTSH (0.2-4 mU/l)の女性のより10 mU/lだった。 40のそして80年間のすべての年齢別グループでは、TSHは頭痛の不平なしで頭痛の被害者、それらのより特にmigraineursの中で低かった。

Eur J Neurol 11月2001日; 8(6): 693-9


4の ページで 4続けられる


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る