生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年5月

イメージ

ビタミンEはどこかおかしくないですか。

カーリンGranstromヨルダン、M.D.著。

3の1ページ

イメージ

科学者のグループに酸化防止剤を示すように頼んだら最も危ない遊離基を禁じる混合物の古典的な例としてビタミンEを指す。

ビタミンEは遊離基を抑制することを多数の調査が示す間、商業ビタミンEの補足が十分な酸化防止保護を提供しない証拠がある。

ほとんどのビタミンEの補足はアルファ トコフェロールから主に成っている。 最近の調査はもっとたくさんアルファ トコフェロールより必要退化的な病気から保護するためにであることを示す。

ビタミンEからの最適の医療補助を、トコフェロール(アルファ、デルタおよびガンマ ベータ)の混合物得るためにはおよびtocotrienols (アルファ、デルタおよびガンマ ベータ)は要求される。 これらのビタミンEの一部分の機能のいくつかは他が全く異なっている間、類似している。 提供するために共働作用して一緒に取られた場合、これらのさまざまな形のビタミンEの仕事皆で 最高の利点。

この記事では、私達はトコフェロールおよびtocotrienolsを含んでいるビタミンEの完全なスペクトルの価値を支える科学的な調査結果を論議する。

イメージ

1995年に、生命延長はほとんどの生命延長会員が使用した補酵素Q10の補足にわずかtocotrienolsを加えた。 証拠はその当時tocotrienolsが自由な根本的誘発の病気から保護を助けることができることを示した。

最近の研究はtocotrienolsがビタミンE家族の最も重要なメンバーであるかもしれないことを示す。 老化の動物モデルでは、tocotrienolsは19%によって蛋白質のcarbonylation、老化を表した特に有毒な酸化プロセスを減らしている間寿命を拡張した。[1] だけでなく、アルファ トコフェロールと比較される優秀な酸化防止効果示されるtocotrienols (40-60はより有効時間を計り)、しかし従って臨床調査で逆のcarotid狭窄症(アテローム性動脈硬化による頸動脈の制限)に示され持っていて、打撃の危険を減らす。

Tocotrienolsはまたアテローム性動脈硬化および心循環器疾患のための重要な危険率であるapolipoprotein B減らすために示されていたおよびLDL (コレステロールの「悪い」形態)のレベルを。 癌細胞の成長を禁じるためになお、tocotrienolsは示されていた。 tocotrienolsがパーム油および米糠の高い濃度にある間、やし得られたtocotrienolsは研究によってよりよく支えられる。

トコフェロールとtocotrienolsの違いは事実上分子構造で微妙な相違によって引き起こされると信じられる。 Tocotrienolsにphytylの側鎖の代りにisoprenoidがある。 isoprenoidの側鎖の二重結合はtocotrienolsがtocotrienolsに遊離基をつかまえ、戦うより大きい機能を与えるトコフェロールより細胞膜の内で自由そしてもっと効率的に動くようにする。 この大きい移動性はまたtocotrienolsがアルファ トコフェロールよりもっとすぐにリサイクルするようにする。

アルファ対ガンマのトコフェロール

複数の大きい調査は心臓発作からの心循環器疾患そして死の減少で他は同じような結果を示さなかったが、ビタミンEの取入口の大きい利点を示した。[2-8] この矛盾はガンマ トコフェロールおよびtoco-trienolsは考慮されなかったが、アルファ トコフェロールだけ分離で調査されたという事実が原因であるかもしれない。

これはまた食糧に見られるようにビタミンEが心循環器疾患かからの死の減少のアルファ トコフェロールの補足より有効なぜであるか説明するかもしれない。[9-10] 食糧は慣習的な補足よりビタミンE家族の広いスペクトルを提供する。 例えば、典型的なアメリカの食事療法のビタミンEは一般にアルファ トコフェロールだけ含んでいる、またはビタミンE 家族のガンマ トコフェロール、tocotrienolsおよび他のメンバーの些細な量かなり含んでいる補足と対照をなしてアルファ トコフェロール[11]よりより多くのガンマ トコフェロールを。

さらに、調査は大量服用のアルファ トコフェロールの補足がかなりガンマ トコフェロールの吸収を減らし、tocotrienolsの効果を減らすことを示す。 科学者の1つグループは人間のボランティア(年齢30-60)が8週間総合的なアルファ トコフェロールの1,200のIUを毎日与えられたときに、血しょうガンマ トコフェロールは初期値の30-50%にすべての主題で減ったことを観察した。[12] これは釣り合ったビタミンEの取入口の重要性のもう一つの徴候である。

スウェーデンの調査は冠状心臓病の患者は健康な年齢一致させた主題よりガンマのトコフェロールそして高いアルファにガンマ比率の低レベルがあったことが分った。[13]

アルファ トコフェロールが重要な酸化防止剤として長く知られている間、研究は今完全なビタミンEのチームがはるかに有効であることを示してしまった。 異なったビタミンEの形態は遊離基の清掃動物として補足の効果をもたらす。 ともに彼らは単独でアルファ トコフェロールより遊離基の広い範囲を戦ってもいい。

1つの研究グループはガンマ トコフェロールが強力で、有害な酸化代理店のperoxynitriteのことを禁止のアルファ トコフェロールより有効であることが分った。[14] アルファ トコフェロールがある程度遊離基の生成を禁じることができる間、ガンマ トコフェロールはperoxynitriteのようなある遊離基、また非常に有毒な混合物を引っ掛け、取除ける。[15] 従ってガンマのトコフェロールは非常に有害な反応窒素種のmutagenicおよび発癌性の効果から細胞を保護できる(酸化防止セクションを見なさい)。

Tocotrienolsおよび寿命延長

最近の実験研究はtocotrienols、減らされた酸化損傷および増加された寿命間の関係を確認する。 やし得られたtocotrienolsは日本の生命科学の研究所の老化プロセスの調査のために選ばれた。[16] 調査は反老化の研究で一般的なモデル有機体C.のelegans (Caenorhabditisのelegans)として知られていた線虫で行なわれた。 みみずのこの種は持っている人間と同じような遺伝順序をある事実による基本的な生命科学の研究で広く利用されている。

調査はtocotrienols、ないアルファ トコフェロールが、かなり有機体の平均寿命のスパンを伸ばしたがことを示した。 tocotrienolによって富ませた(80ug/ml)成長媒体-- 19%にさらされた線虫は制御グループより長い住んでいた。 tocotrienolsのより低い集中(8ug/ml)は9%によって平均寿命を拡張した。 アルファ トコフェロールはtocotrienolsの代りにテストされたときに寿命に対する効果をもたらさなかった。 線虫および人間両方の老化の間に集まる蛋白質の酸化の有害なプロダクトである調査また検査されたcarbonylated蛋白質。 人間では蛋白質の約三番目は皮の例えばしわが寄ることを含んでいるボディの構造そして規制制度の深刻で退化的な変更をもたらす生命の後の三番目でcarbonylatedなる。 (蛋白質のcarbonylationのそれ以上の議論については、生命 延長雑誌 の1月2001日問題のページの24 Carnosineの記事を 見なさい)。

線虫の蛋白質のカルボニルの蓄積は若い動物の1.1nmol/mg蛋白質から「老齢期」の2.8nmol/mgに増加する彼らの存続のカーブの鏡像だった(15日)。 線虫では年齢で1.9nmol/mgだけにtocotrienolsと蛋白質のカルボニルが老化の間に半分についてその位上がった、15日扱った。

紫外線(線虫の紫外線B)照射は12%によって彼らの平均寿命のスパンを短くした。 但し、tocotrienolsが照射前に媒体に加えられたときに、照射された線虫は限り非照射された制御グループ住んでいた。 興味深いことに、寿命はtocotrienolsが照射の後ですぐに加えられた、超過されて非照射されたグループのそれときにであることを示し酸化防止剤を増加し、実際、既に起こってしまった損傷を修理することができる鎖壊すより多くさらに、tocotrienolsが。 アルファ トコフェロールは照射からの重要な保護を貸さなかった。

Tocotrienolsおよび心循環器疾患

tocotrienolの研究の最も顕著な発見の1つはそれらにかなり打撃の危険を減らす潜在性を与える頸動脈のatherosclerotic妨害(狭窄症)を取り除く機能である。 atherosclerotic沈殿物が上流に移動し、頭脳の部分に血液の供給を断ち切ると頻繁に起こるなでなさい。

イメージ
複数の大きい調査は心臓発作からの心循環器疾患そしてヒースの減少で他は同じような結果を示さなかったが、ビタミンEの取入口の大きい利点を示した。 この矛盾はガンマのトコフェロールおよびtocotrienolsは考慮されなかったが、アルファ トコフェロールだけ分離で調査されたという事実が原因であるかもしれない。

carotid狭窄症をただ進行を停止するために逆転させる機能のためにこの条件のための危険な外科への自然で、安全な代わりとしてTocotrienolsショーの約束。 これはcarotidアテローム性動脈硬化に対するtocotrienolsの効果をテストする臨床試験で示された。[17] この18ヶ月の試験の結果は驚くべきだった。

carotid狭窄症を用いる50人の患者は任意に偽薬としてだけパーム油、またはパーム油のアルファ トコフェロールの64 mgが付いているやしtocotrienols (ガンマおよびアルファ形態)の160 mgの日刊新聞を受け取るために割り当てられた。 6かの数か月後で処置のグループの適量はアルファ トコフェロールの96 mgが付いているtocotrienolsの240 mgに高められた。

調査の終わりに、頸動脈の超音波スキャンは10は状態(高められた狭窄症)の悪化を示したが制御グループの患者のどれも試験の間に改良しなかったことを示した。 しかしtocotrienolのグループではアテローム性動脈硬化は減り、頭脳への血の流れは25人の患者の7で条件は2人の患者だけで悪化したが、改良された。 不利な副作用はどちらのグループでも報告されなかった。

Tocotrienolsおよびstatinは酵素HMG CoAの還元酵素の活動の抑制によってより低いコレステロールに両方のlovastatinのようなが異なったメカニズムを通して薬剤を入れる。 statinsはtocotrienolsは酵素の低下を加速し、酵素のmRNA翻訳の効率を減らすが競争の阻止によって酵素に影響を与えると考えられる。[18] メカニズムのこの相違はtocotrienolsとの不利な副作用の不在の理由であるとstatinの薬剤の共通の副作用に反対に信じられる。

HMG CoA還元酵素はボディがmevalonateと呼ばれる前駆物質からの自身のコレステロールを総合することを可能にする酵素である。 mevalonateの細道は調整の細胞成長および拡散の大きい重要性をまたもつ。 従ってtocotrienolsの機能はこの細道を禁じるそれらが癌の成長を禁じることを可能にする(癌セクションの多くを見なさい)。

ある調査は高い血清の脂質を持つ患者に管理されるtocotrienolsが付いている合計そしてLDLのコレステロール両方の重要な減少を示した。 二重ブラインドでは、コレストロールが高いレベルを持つ25人の患者のクロスオーバーの調査は、処置のグループの患者制御グループはコーン オイルだけ受け取ったがパーム油と混合された50のmgのtocotrienolsの4つのカプセルの日刊新聞を与えられた。 8週間の試用期間の終わりに、総コレステロールおよびLDLのコレステロールはやしtocotrienolsがあった15の主題で(15%および8%)かなり減った。 制御グループに変更がなかった。[19]

tocotrienolsが別の二重盲目、より長続きがする試験(12週)の低脂肪、低いコレステロールの食事療法そしてアルコールなしの養生法に加えられたときに総コレステロールおよびLDLコレステロールはさらに減った(17%および24%それぞれ)。[20] 他の重要な心血管の危険率はtocotrienolsによって減った。 Apoli-poprotein Bおよび脂蛋白質(心循環器疾患[21-23]のa)、強い予言者、またトロンボキサンB2および血小板の要因4はかなりtocotrienol扱われたグループ(15%、17%、31%および14%下がったすべてそれぞれだった)で。

トロンボキサンB2はproinflammatory活動および血小板の集合によって心循環器疾患に貢献する。 それは親炎症性プロスタグランジンから炎症性およびneoplastic (癌性)病気の開発にかかわると知られている酵素のcyclooxygenase (COX-2)の機能による形作られる。 このtocotrienolの調査のトロンボキサンの重要な減少(31%)はB2興味深く、COX-2抑制剤のために知られているガンマ トコフェロールとの可能な類似を提案する。[24]

血小板の集合および遅れの血栓の形成を減らすためにアルファおよびガンマ トコフェロールが両方示されている間、ガンマ トコフェロールはラットの調査でより有効であるために示されていた。[25]

Tocotrienolsは別の調査のstatinの薬剤のlovastatinを伴って調査された。 この二重ブラインドの高いコレステロール値、クロスオーバー臨床試験を持つ28人の患者は処置を始める前のアメリカの中心連合のステップ1食事療法に置かれた。 食事療法の35日後で、それらは食事療法にとどまっている間lovastatinの低い線量を、tocotrienolsおよびアルファ トコフェロール(および35日の段階それぞれのこれらの代理店の組合せ)、与えられた。 lovastatin (10mg)およびやしtocotrienols (50mg)の組合せは同じ適量の単独でtocotrienolsかlovastatinはLDLコレステロール18%および15%をそれぞれ減らしたが、20-25%の脂質低下効果をもたらした。 副作用は調査の間に報告されなかった。 コレステロール低下薬剤の適量がこの予備の調査に基づいて減るべきではないことに注意することは重要である。[26]

6週間脂肪の食事療法の金持ちに与えられたラットに、またはアルファ トコフェロールを伴う補足は、だけガンマtocotrienolの合計およびLDLのコレステロール、トリグリセリドおよび反応酸化プロダクトの特にヒドロペルオキシドの重要な減少を示した。[27] tocotrienolsの強力な酸化防止効果はこの記事で後で論議される。


3の ページで 2続けられる



雑誌のフォーラムに戻る