生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年5月

イメージ

3の2ページ

Tocotrienolsおよび乳癌の細胞の成長

イメージ
細胞培養では、tamoxifenは75%によって、50%の細胞の阻止を引き起こすために必要なtamoxifenの線量下がった50%.Whenやしオイルによって得られるtocotrienolsによる肯定的な乳癌の細胞増殖がtamoxifenと加えられるエストロゲンの受容器を減らすことができる。

私達は今ほとんどの商業準備(アルファ トコフェロールのアセテート)で使用されるビタミンEの形態が人間の乳癌から保護するために示されていなかったことがわかる。 より高い補足で見つけられるビタミンEによって呼ばれるアルファtocopherylの琥珀酸塩の自然な形態は保護を提供するかもしれない。 試験管では、ビタミンEのアルファtocopherylの琥珀酸塩の形態乳癌の細胞の成長を禁じるために示されていた調査する。 [22-35]

しかしだけでなく、乳癌の発生を減らす最も重要な潜在性を示したまた既存の乳癌の細胞の伝播を禁じるためにであるのはtocotrienols。

Tocotrienolsは文化の50%大いにエストロゲンの受容器の肯定的な乳癌の細胞の成長を禁じるために示されていた。[36-39] それに対して、多くの調査はアルファ トコフェロールが拡散に影響を及ぼさないことが分った。[36,38-40] アルファ トコフェロールがある乳癌の細胞ラインに対して有効示されていた調査に、50%の成長の阻止に必要な量はtocotrienolsの成長の抑制的な集中の高く20倍以上だった。[37]

多数の調査の比較は乳癌の細胞に対するtocotrienolsの成長の抑制的な効果は維持されるか、または露出 の持続期間と増加することを限られたデータが提案する一方アルファ トコフェロールの成長の抑制的な効果が身に着けていること、[41を]示す(文化で)。[39,42]

Tamoxifenは複数のメカニズムによって乳癌の細胞増殖と細胞膜の表面のエストロゲンの受容器の場所の妨害によってエストロゲンが超拡散に燃料を供給することができないように、とりわけ干渉する。 Tamoxifenは薬剤の原因の副作用、2番から5番の年知られている(またはより長い)のためにそれを使用するために文書化された有効性を引き起こすように多くの乳癌患者。

細胞培養では、tamoxifenは50%エストロゲンの受容器の肯定的な乳癌の細胞増殖を減らすことができる。 やしオイルによって得られるtocotrienolsがtamoxifenと加えられるとき、50%の細胞の阻止を引き起こすために必要なtamoxifenの線量は75%によって下がった。[37]

エストロゲンの受容器の否定的な癌細胞ラインでは、tamoxifenは50%によって、大いに高い濃度で拡散を禁じることができる。 tocotrienolsが加えられるとき、癌細胞拡散を禁じるために必要なtamoxifenの線量は95%として多く減る![37] アルファ トコフェロールはこれらの乳癌の細胞培養に加えられるとき、成長を禁じることを必要なtamoxifenの量を増加する。[37]

これらの細胞培養は調査し、示すエストロゲンの両方受容器の陽性およびエストロゲンの受容器の否定的な乳癌患者のtocotrienolsそしてtamoxifenの組合せをテストする欲求をtocotrienolsが劇的にtamoxifenの効果を増強することを示す。

アルファ トコフェロールが細胞の阻止を引き起こすために必要なtamoxifenの量を増加すること調査の提示はtamoxifenを使用している乳癌患者がアルファ トコフェロールの高い潜在的能力を消費することを避けたいと思う場合もあることを意味する。

(ノート: 生命延長雑誌は前に乳癌の細胞の伝播を禁じるためにビタミンD3およびmelatoninがtamoxifenを共働作用して使用することを報告してしまった。)

Tocotrienolsは乳癌の細胞死を引き起こす

あらゆる癌療法の目的はプログラムされた細胞死(apoptosis)を促進する方法で区別するために癌細胞を引き起こすことである。 複数の調査はtocotrienolsが乳癌の細胞のapoptosisを引き起こすことを示す。[41-43]

異なった種類の生きている乳癌の細胞がメスのマウスの乳房のティッシュに注入されたときに、tocotrienolsは成長であるとテストされた各乳癌の細胞ラインで抑制的見つけられた。 apoptosisが達成できるが50%のapoptosisを引き起こすのに必要とされたtocotrienolの線量は50%の成長の阻止を引き起こすために必要なtocotrienolの線量の高く2-4倍だった。[42]

健康な細胞が主として変化しなく残るようにapoptosisの成長の阻止そして昇進が胸の癌性部品に優先的に起こることに注意することは興味深い。[42]

女性は十分なtocotrienolsを得ることができる
乳癌の危険を減らすためか。

乳癌の危険を減らすのにtocotrienolsを使用するように努めるそれらのために最適の毎日の線量の量を示すことは必要である。 tocotrienolの補足を消費していない人間では平均血しょう集中は血の1リットルあたり1マイクログラムよりより少しである。[45-47] 4週、血しょうtocotrienolのレベル間tocotrienolsの約78ミリグラムを含んでいる血(8倍の増加)の1リットルあたり8.14マイクログラムにやしオイルの濃縮物との補足が増加した後。[47]

Tocotrienolsは食糧と取られるべきである

吸収されるべきオイル溶けるビタミンEのためにある種の食糧と取られるべきである。 人々が空の胃のオイル ベースのビタミンEの準備を取るとき、少しだけ血流に方法を作る。

オイルの形態が付いているtocotrienolsを取ることは特に重要または脂肪質含んでいる食糧である。 1つの調査はtocotrienolsが空の胃で取られるとき、吸収は64%.44の平均減ったことを示した

食事または脂肪酸のカプセルとのそれらを取るためにガンマのトコフェロールやtocotrienolのビタミンEの補足を取るとき、試みは魚油(EPA-DHA)、GLA、CLA等を好む。
イメージ

tocotrienolの8.14ug/lのこの血しょう集中はエストロゲンの受容器の肯定的な乳癌の細胞の拡散に対する抑制的な効果を生体外で達成するのに50%によって使用される量に類似している。 50%によってapoptosisを生体外で促進するtocotrienolの量はこの調査に従っておよそ24ug/literである。[2]

ボディが胸の脂肪組織に自然にtocotrienolsを集中することに注意することは興味深い。 tocotrienolsの胸の脂肪組織のレベルが血しょうより大きい5から10倍ことはこれまでにできている調査に基づいて本当らしい。[48-50] これは文化の乳癌の細胞増殖そして引き起こされたapoptosisを禁じたtocotrienolsの量の胸の脂肪組織を飽和させるためにより低いtocotrienolの補足が十分であるかもしれないことを示す。

有望tamoxifenの抗癌性の効果をまた文書化する同じような細胞の抑制的な特性があるために生体外のテストがtocotrienolsを示すことを知るためにである。 しかしtamoxifenと比較されてtocotrienolsは安全である。 人間の調査は16か月間tocotrienolsの240までmgの毎日の線量が悪影響を作り出さないことを示した。[47,51,52] それ以上の調査は補足からのtocotrienolの彼らの胸の脂肪組織を飽和させる人間が乳癌の減らされた発生を達成するかどうか定める。 のはやしオイルのtocotrienolsおよび主にこれらの抗癌性の効果を示したない米ぬかのtocotrienolsであることに(注目しなさい。)

調査結果の概要

すべての出版された証拠を見直すとき、アルファ トコフェロールのビタミンEが保護効果乳癌に対して相談するようではない。 90%大いにけれども調査はビタミンEの他の形態の食糧を大いに消費する女性が大幅に乳癌を引き締める彼女達の危険を減らすことを示す(によって)。

胸の腫瘍の基本的な特徴は急速に細胞を増殖している。 エストロゲンの薬剤は超拡散を促進し、これらの薬剤が乳癌の発生をなぜ四倍にするかもしれないかこれは1つの理由である。 [53]

文化の乳癌の細胞の調査はtocotrienolsが禁止拡散で有効な効果を引き起こすapoptosis (癌細胞の死)もたらすことを示し。 これらの調査はアルファ トコフェロールにこの同じ利点がないことを示す。

アルファ トコフェロールのアセテートはであり大きい人間の調査で観察される乳癌の発生の劇的な減少に責任があるとしてビタミンEの他の形態へビタミンEの共通の補足の形態、けれども証拠ポイント。

私達は今細胞機能に対する効果に関連していると同時に個々のトコフェロールにおよびtocotrienolsに異なった生物活動があることがわかる。 例えばガンマのトコフェロールはアルファ トコフェロールと比較される重要な癌防止の効果を示した。

ガンマのトコフェロールおよび補うビタミンEのこれらの独特な形態と女性が乳癌を引き締める彼女達の危険を減らすことができればかどうか定めるtocotrienolsの利点の積極的な人間の臨床研究の潜在的な抗癌性の効果。 乳癌患者のそれ以上の研究はtamoxifenへのtocotrienolsの付加が長期残存率を改善するかどうか見るために行なわれるべきである。

すべての出版されたデータの検討に基づいて、私達は標準的な(アルファ トコフェロールの)ビタミンEの補足が乳癌の発生を減らすことを示すと有力な証拠が見つけることができない。 アルファ トコフェロールは他の病気の広い範囲から保護するために示されている間、[54-70] tocotrienolsがとりわけ乳癌の危険を減らすビタミンEの理想的な形態であるようであろう。

乳癌を防ぎ、扱う新しいアジェバント方法についてのその他の情報に関しては、 乳癌の処置議定書を 参照しなさい。

3の ページで 3続けられる



雑誌のフォーラムに戻る