生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年5月

イメージ

ビタミンEをする
乳癌を防ぎなさいか。

3の1ページ

イメージ

乳癌を開発するために8人の女性毎にからの1人が予定されるので[1この 共通のキラーを防ぐ方法を発見するために]大量の研究は引き受けられた。 乳癌を防ぐことに於いての役割のために広く調査された1つの混合物はビタミンEである。

今までしかし誰もビタミンEおよび乳癌についての出版されたデータの大きい容積を編集しないし、分析した。 航跡の森林大学医科大学院の研究者はこの巨大な仕事で取り、彼女の広範囲の仕事は栄養の生物化学のジャーナルでちょうど出版された。[2]

ビタミンEの補足を取れば、この目を見張るようなレポートは女性が寄与して本当らしく、ある特定の避ける女性がべきであるビタミンEの形態ビタミンEのどんな形態が有効かもしれないかについての衝撃的な調査結果を明らかにする。

この記事へのプレリュードとして、読者はビタミンがボディでいかにについての作用するか出現の証拠が質問前に保持された概念に呼んでいることを知るべきである。 先に引用されてしまったものがこの出版物でこの新しい情報は確証する間、それにもかかわらず現在の調査結果に遅れずについていく必要性を読者に思い出させることは重大である。 乳癌について心配する女性のためにビタミンEの適切な形態が消費されればそこに今危険を減らす認可された方法のようである。

先生によってミケーレMorrowの板ホームドクターを証明した

イメージ

ビタミンEがひどく不十分な女性が乳癌のずっと高い比率に苦しむことを示すレポートのために乳癌の危険を減らすことを何人かの人々信じる。

例えば複数の調査は最低必要条件を満たすことの近くに来る女性と比較される乳癌を引き締めるためにビタミンEの非常に低い取入口を持つpremenopausal女性が二度同様に本当らしいことを示す。 しかしこの統計量は7以下mgを消費した日のは女性だったので比較的無用である乳癌を引き締める50%より大きい危険にあった。[3-7] 他の調査はビタミンEの8以上mgを得ている日女性の危険の減少を示さない。[8,9]

補足のユーザーが400にmgをまたはより多くのビタミンEの日取るので、皆は乳癌の発生のどの位減少がとき400 mgの潜在的能力(400のIU)期待することができ、大いに消費されるか知りたいと思う。

総ビタミンEの取入口の調査は家系歴を60%の危険の減少を得てもらわない女性一方乳癌の家系歴の女性が80%の危険の減少を得るかもしれないことを示す。[5] しかし危険の減少は女性の異なったグループの中で一貫していない。 このデータのそれに続く分析が行なわれたときに、より限定的な情報は得られた。[5] 上部の権利の図表は女性の異なった部門およびビタミンEで高い食糧からの特定の危険の減少の効果を示す。

アルファ トコフェロールの管理された調査

看護婦の健康の調査は83,234人の女性をベースラインでそして14年のフォローアップの間に乳癌の発生を査定するように努めた調査した。 この調査は最も高い量のビタミンEを消費した家系歴のpremenopausal女性が乳癌の家系歴なしで女性のための16%の危険の減少だけと比較された乳癌の発生の43%の減少を楽しんだことを示した。[11] この調査に基づいて、ビタミンEは遺伝の走りがちな乳癌のよくより環境誘発の乳癌から保護するようである。 (インドール3 carbinolのような栄養素が環境胸の発癌物質からとりわけ保護するかもしれないノート。)

複数の調査は独自で取られた標準的なビタミンEプロダクト(アルファ トコフェロールのアセテート)の効果を見直した。 結果はこれらのアルファ トコフェロールの補足の大量服用が消費される時でさえ保護利点を示さない。[7,11-15] これは食糧で見つけられるビタミンEの他の形態が(ガンマのトコフェロールおよびtocotrienolsのような)総ビタミンEの取入口を評価する調査で示されている乳癌に対して劇的な保護効果を提供するために責任があるかもしれないことを示す。

忍耐強い部門 ビタミンEの取入口の低水準と最も高いの比較することに基づく乳癌の発生
乳癌の家系歴のPremenopausal女性 90%の危険の減少
乳癌の家系歴のないPremenopausal女性 50%の危険の減少
乳癌の家系歴のPostmenopausal女性 30%の危険の減少
乳癌の家系歴のないPostmenopausal女性 50%の危険の減少
上の統計量が総ビタミンEの取入口に基づいていることに注目しなさい。 食糧得られたビタミンEは主にガンマのトコフェロールをそれ程ではないにせよ、tocotrienols含み。[10]

ビタミンEの潜在的な利点を確認するのに科学者が使用したもう一つの方法はビタミンEの凍らせていた血レベルを測定し、次に何人女性が続いて乳癌を開発するか見るために追うことである。 postmenopausal女性の1つの調査は最も低いのと比較された血清のビタミンE (アルファ トコフェロール)の最も高い四分位数で乳癌の危険の適度な20%の減少を示した。[16] 貯えられた血血清からのアルファ トコフェロールの測定に基づく他の調査は保護効果を示さない。[17,18]

何人かの医者はビタミンEの状態を定める最もよい方法が最近診断された乳癌患者に対して健康な制御のビタミンEの集中のために胸の脂肪質の(脂肪質の)ティッシュをテストすることであることを信じる。 1つの強制的な調査は最近診断された乳癌患者が乳癌なしで女性と比較された彼らの胸のティッシュで6倍より少ないビタミンEを食べたことを示した。[19] この調査への主要な欠陥は他の混同の要因がを説明されなかったより乳癌患者制御グループが平均すると9年より若かったことであり。 乳癌患者のビタミンEの脂肪質の集中を査定するように努める他の調査は決定的でない。 [20,21]

一緒に取られて、示される調査の結果は食糧重要な保護効果で見つけられるある特定のビタミンEの一部分が相談するがこと、商業アルファ トコフェロールのアセテートの補足がほとんどの女性のための乳癌の発生を減らさないことを示す。 90% (大いに)データはビタミンEの食餌療法取入口のレベルが測定されるとき食糧の他のビタミンEの部品が乳癌の発生の劇的な減少を説明するかもしれないことを示す。

(ノート: ビタミンEの琥珀酸塩の400 mgはビタミンEのアセテートの400 mgが普通ビタミンEの活動の200のIUを提供する一方ビタミンEの活動の400のIUを提供する。)


3の ページで 2続けられる



雑誌のフォーラムに戻る