生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年3月

イメージ

2の2ページ

大人の幹細胞の研究

イメージ
二、三年前にまで、骨髄の幹細胞からしか血球を作ることができないことが皮の幹細胞からの皮等信じられた。 大人の幹細胞が中枢神経系のような複数のソースから得ることができることが今日中心、骨格筋、脂肪からの膵臓、確認される。 さらに、科学者は大人の幹細胞を容易に隔離し、培養より前に考えたずっと可能できる。

治療上のクローニング研究に対して使用されるもう一つの議論はそれが不必要であることである。 この眺めに従って、クローンとして作られたティッシュの両立性を他の手段によって達成することができるが薬のための幹細胞の約束を大人の幹細胞の研究によってよりよく達成することができる。 「呼ばれる組織は害をしない: 研究倫理のためのアメリカ人の連合は」この位置を取り、それを支えるために大人の幹細胞の研究のレポートを出す。

ずっと大人の幹細胞の研究の最近の前進は全く印象的である。 二、三年前にまで、勝つ教義は幹細胞がから取られた同じタイプのティッシュを開発するためにだけ大人の幹細胞が使用できることだった。 従って骨髄の幹細胞からしか血球を作ることができないことが、皮の幹細胞からの皮等信じられた。 大人の幹細胞が極めて限られ源からしか得ることができないと、そして大人の幹細胞がティッシュ文化で隔離しにくく、育ちにくいことまた考えられていた。

大人の幹細胞が中枢神経系のような複数のソースから得ることができることが今日中心、骨格筋、脂肪からの膵臓、確認される。 さらに、科学者は大人の幹細胞を容易に隔離し、培養より前に考えたずっと可能できる。 実際、フレッドGage先生およびSalkの協会のLa Jolla、カリフォルニアの遺伝学の実験室の同僚は死んだ患者から取られる人間の死後の頭脳のさまざまな地域から大人の幹細胞を得、育てられた。[2]

大人の幹細胞の研究の最近の前進:

最近の調査は骨髄の幹細胞が他のタイプの血球よりティッシュに変形させることができること、そしていろいろな条件の処置のための潜在性があることを示した。

1つの調査では、致命的に照射されたマウスの骨髄への大人の供給のマウスからの薬によって移植される浄化された骨髄の幹細胞のBaylorの大学の研究者。 移植された細胞は受け手のhematopoieticシステムを再生し、次に冠状動脈の閉塞およびreperfusionによって与えられたischemic損害に苦しんでいた中心の再生を助けた心臓myofibersに移住した。[3] ニューヨークの医科大学の別の調査では、科学者は虚血によって傷ついた感受性があるマウスの中心の引き締まる壁に供給のマウスからの骨髄の細胞を注入した。 9日後で、彼らはinfarctsの68%の新興の中心のティッシュを見つけた。[4]

フランスでは、医者は取られた患者に再び彼が心臓発作に苦しんだ後骨格筋の幹細胞を植え付けた。 彼らは8か月のフォローアップの後で患者の状態の有望な改善を見つけた。[5] 臨床試験はヨーロッパおよび米国で進行中心臓病のための療法のこの新型の価値を定めるためにである。

ドイツのフンボルト大学で、科学者はマウスの移植された骨髄の細胞が頭脳のPurkinje完全に開発された、機能ニューロンを発生できることが分った。[6] Purkinjeの細胞は動きにかかわる頭脳の小脳、区域および調整の神経伝達物質GABAを分泌する大きいニューロンである。

エール大学の医科大学院の科学者は単一の移植された骨髄の幹細胞から複数のタイプのマウスの体細胞を得た。 発生したタイプの間でGIの地域、肺および皮の細胞はあった。 それは得られた細胞がこれらの場所から要因によって分泌する傷害の場所に「呼び出される」かもしれないことを推測された。[7]

大人対ES細胞

幹細胞の研究の最近の前進は非常に刺激的である。 分野のそれ以上の研究は薬の大きな進展をもたらすことができる。 しかしES細胞に生物学および薬のほとんどの一流の科学者によって確認された大人の細胞にある今でも基本的な利点がある。 ES細胞の研究(およびESCsを発生させる方法としてクローニング)のサポータの間で国立衛生研究所(NIH)、(NAS)国家科学院、実験生物学(FASEB)のためのアメリカの社会の連合および多くのノーベル賞受賞者はある。

人間のES細胞は医学研究の歴史で独特である。 薬で必要とされるタイプの細胞を形作るために平均が進化の木の基盤の近くに立ち、分岐できるそれらはtotipotent (またはpluripotent)である。 それに対して、大人の幹細胞はただmultipotentである。 それらはそれらだけが細胞のタイプの限られた数を形作ることを可能にする木の枝でそれ以上に立つ。

次の通りノーベル賞受賞者デビッド・ボルティモアはそれを総計した:

「大人のティッシュが幹細胞の代替ソースを提供するかもしれないことが提案された。 これは単に偽である。 大人のティッシュはすべての体の部位に似合う潜在性の細胞があるために知られていない。 大人では、ある特定のティッシュ(例えば皮、血および頭脳)は胚から」得られるそれらと専門にされたタイプの幹細胞、ではない同じ特性が付いている一般的ではない幹細胞含むが。

ES細胞のもう一つの利点はそれらが大人の細胞より容易に変更することができることである。 1つのタイプの修正は「目標とする遺伝子である」「直す」病気を引き起こし、老化することに貢献する遺伝子の突然変異をこれらの細胞を可能にすることができる。 茎細胞仲介された遺伝子療法の他の潜在的な適用はchemoおよび放射線療法への抵抗を提供し、腫瘍への免疫反応を高め、他の種からのティッシュそして器官の移植へ許容を引き起こすことであることができる。[8]

イメージ

ES細胞の第3利点はそれらがティッシュ文化で大人の細胞よりはるかに容易に増加することである。 神経疾患の国民の協会のロナルドMcKay先生は、胚細胞のproliferative力のために、臨床薬の使用のための多数の細胞を作り出すのにそれらが多分使用されることを指摘する。 Johns Hopkinsの医療センターのジョンGearhart先生は胚細胞の機能が実験室で分かれるそれらに細胞がいかに区別するか生物学の主要な質問の1つである 学ぶための 重大な用具をする付け加える、[9]。 細胞分化への洞察力は糸口を私達が古くなぜ育つ、そしていかにについての与える私達がプロセスを逆転させてもいいか私達にことができる。

クローンとして作られた胚から得られるES細胞は大人の細胞上の別の重要な利点を提供する。 クローンとして作られた幹細胞から発生した細胞、ティッシュおよび器官は胚が作成された提供者の細胞と免疫学的にほとんど同一である。 これは医者が拒絶問題なしで提供者にそれらを移植することを可能にするべきである。

今日の移植は通常cyclosporineのような有毒で、高い薬剤の終生の管理が移植されるティッシュか器官の拒絶から受け手を停止するように要求する。 拒絶なしでこれらの患者に移植できる特定の患者から得られる大人の幹細胞からのティッシュを育てることは可能になるかもしれないがこれは働くためにが本当らしくない、またクローンとして作られたES細胞と。 ボストンのBioTransplantのような会社は「外国の」移植の受諾に免疫組織をトリックする方法に取り組んでいる、この区域の成功は年であるかもしれない。 さらに、トリックを使用して決してクローンとして作られたES細胞から開発される移植はのようなティッシュとして有効あるように。

革命家は薬で進む

ES細胞との研究は大人の幹細胞の研究の後ろの約十年である。 ES細胞の分離は先生によってジェームスA.トムソン最初に報告され、1998年にウィスコンシン大学の同僚、[10] および高度の細胞の技術の科学者はただ今クローンとして作られたヒト胚からの幹細胞の分離で閉まり始めている。 しかし、既に薬の革命的な前進を約束するES細胞の研究に主要な進歩がずっとある。

マウスのES細胞はhematopoietic細胞、中心の細胞に引き起こされ、脊髄の傷害の後で頭脳の開発および回復を援助した膵臓の細胞および神経の祖先の細胞をインシュリン分泌する成長するために。 最近、エルサレムのHadassah大学の科学者は成長したニューロン、アストロサイトおよび希突起膠細胞に(生体外)成長するために引き起こされた人間のES細胞からの神経の祖先を開発した。 これらの細胞が新生のマウスの頭脳に移植されたときに正常な進化の手掛りに応じてさまざまな頭脳の地域に移住した。[11]

イメージ

ウィスコンシン大学のトムソンが、等22匹の新生のマウスの頭脳に人間のES細胞からの神経の前駆物質を移植したときに、新しい成長したニューロンおよびグリア細胞がマウスの19のさまざまな頭脳の地域に組み込まれたこと、週1に4、後で見つけた。 新しいヒト細胞は受け手の細胞から形態学的に識別不可能だった。 それらは人間特定のマーカーの使用によってしか検出できない。[12]

エルサレムのヘブライ大学の科学者はそのretinoic酸(ビタミンAのアナログ)およびベータ神経の成長因子が両方ES細胞から生体外のニューロンの成長を引き起こしたことを見つけた。 それらはまたretinoic酸が神経伝達物質ドーパミンおよびセロトニンのための受容器を搭載する成長したニューロンの成長を促進したことを示した。 この調査の結果は外傷か退化から人間の中枢神経系に失われるニューロンの可能な取り替えのための文化の多数のニューロンの生産のための新しい方法を提案する。[13]

これらの前進は薬の回転の最初の波を表す。 実験室で育った多用性がある細胞、ティッシュおよび器官の開発は結局私達が若く、健康な細胞と私達の体のほとんどあらゆる病気にかかった、傷つけられたまたは老化の細胞を取り替えることを可能にする。 取り替え可能の唯一の細胞は取り替えられるよりもむしろ活性化しなければならない、私達のアイデンティティを定める脳細胞である。 主脳細胞、または全体として有機体のための若返りの1つの可能な方法は、老化および退化的な病気にかかわった遺伝子の表現を上げるか、または下げる療法のための幹細胞の使用である。

実際、新しい調査は非常に若い細胞であるクローンとして作られたES細胞が彼らの年代年齢より若いかもしれないことを提案する。 トロッコのクローニングの後で、トロッコがより彼女あるべきである彼女が生物学的に古いかもしれないことを提案する彼女の核提供者(6歳の雌ヒツジ)の短くされたtelomeresを受継ぐかもしれないことがヒツジ、報告された。[14] (Telomeresはより短く時細胞の境界なる)染色体の端にDNAの区分である。 しかし最近の調査はクローンとして作られた動物についての反対の結論に来た。

1つの調査は老化させた、13歳のメスの乳牛から作成された10匹のクローンのtelomereの長さが供給動物で見つけられたそれらに類似していたことを示した。[15] 別の調査はtelomereの長さは供給動物のよりクローンで 長かったことが2他人が、牛[17] と分られるマウスで、[ 18]調査する一方クローンとして作られた牛の同じような調査結果を作り出した、[16]。

何人かの研究者は研究をクローンとして作ることが進むのでクローンとして作られた動物が改良している異常、ずっと結果でありがちであるが、ことを警告した。 高度の細胞の技術の科学者は最近年クローンとして作られた例えば、one-tofour後30頭のクローンとして作られた牛の24が生き、健康だったこと、報告した。[19] ES細胞の高いproliferative容量が癌性になるかもしれない異常な細胞を作成するかもしれないことがまた提案された。 但し、2に、[ESの細胞がニューロンに変形した調査の11,12] これは起こらなかった。

爆発する約胚細胞の研究

ES細胞の研究は薬の前例のない前進をもたらすためにが本当らしい爆発間際にある。 大人の細胞との研究が約束を示すが、胚細胞の研究は21世紀な薬のロゼッタ石であることができる。 これらの早段階の細胞が皮、中心、頭脳および他の器官にいかにの変形するか学習によって、私達は私達が古くなぜの育つ動き、死にか学習に近い方に、プロセスを逆転させるために同時に間、療法を開発する。

クローニングは医学の目的のためのES細胞を作成する最もよい方法である。 それは拒絶なしでこれらの細胞から作成されるティッシュの移植を可能にし処置を必要とする患者以外あらゆる源からのESの細胞を使用することを不必要にする。 治療上のクローニングを禁止する手形が上院を渡せば、家をしたように、前例のない割合の罪である。

この記事の端に上院のメンバーに影響を及ぼす、私達は(S.790)クローンとして作ることを禁止するためにそれがいかにされるかもしれないか説明するためにサンプル手紙を含むために手形に対して投票するように方法についての情報を示す。

衝動の上院議員To OpposeビルToの禁止のクローン人間の作成


参照

1. Cibelli JB、Kiessling AA、Cunniff Kの等人間の体細胞の核移動: 核兵器支持派および早い萌芽期の開発。 E Biomed: 再生薬、2:25 -31のジャーナル(2001年)。

2. Palmer TD、Schwartz PH、Taupin Pの等死の後の人間の脳からの祖先の細胞。 性質、411:42-43 (2001年) 5月3日。

3. ジャクソンのKA、Majka SM、Wang H、等ischemic心臓筋肉の再生および大人の幹細胞による管の内皮。 臨床調査、107:11のジャーナル: 1395-1402型の、(2001年) 6月。

4. Orlic D、Kajstura J、Chimenti Sの等骨髄の細胞はinfarcted心筋層を再生する。 性質、410:701-705、(2001年) 4月5日。

5. El OakleyのRM、等心臓修理のためのMyocyteの移植: 少数のよい細胞は失恋を修理できる。 胸部の外科、71:1724-1733の史料(2001年)。

6. Priller Jの人DA、生体内で遺伝子マーク付きの骨髄の細胞からのcerebellar purkinjeニューロンのKlett FF、等Neogenesis。 細胞生物学、155:5のジャーナル: 733-738、(2001年) 11月26日。

7. Krause DS、Thelse NDのコレクターMI、等Multiorganの単一の骨による複数の血統のengraftmentは幹細胞を髄得た。 細胞、105:369-377 5月4日(2001年)。

8. Stanworth SJおよびNewland ACの幹細胞: 臨床設定の方の研究そしてエッジングの進歩。 臨床薬、1:5: 378-382、(2001年) 9月/10月。

9. Vogel G、大人の幹細胞は足りることができるか。 科学、292:1820-1822 6月8日(2001年)。

10. トムソンJAの等ES細胞ラインは人間のblastocystsから得た。 科学 282:1145-1147 (1998年)。

11. Reubinoffは、Itsykson P、Turetsky Tの等人間のES細胞からの神経の祖先ある。 Nat. Biotecholの19:12: 1134-1140型の、(2001年) 12月。

12. チャンS-C、Wernig M、ダンカンIDの等人間のES細胞からの移植が可能な神経の前駆物質の生体外の微分。 Nat. Biotecholの19:12: 1129-1133型の、(2001年) 12月。

13. Schuldiner M、Eiges R、エデンAの等引き起こされた人間のES細胞の神経の微分。 頭脳の研究、913:2: 201-205、(2001年) 9月21日。

14. Shiels Pの親切なAJ、クローンとして作られたヒツジのtelomereの長さのキャンベルKHSの等分析。 性質、399:316-317 (1999年)。

15. telomeraseの活動のBetts DH、Bordignon V、丘ジュニア、等プログラムし直すことおよびクローンとして作られた牛のtelomereの長さの再建。 Proc。 国民。 Acad Sci 米国、98:1077-1082 (2001年)。

16. Tian X、Xu Jおよびヤンはクローンとして作られた牛でX、正常なtelomereの長さ見つけた。 性質の遺伝学、26:272-273 (2000年)。

17. Lanza RP、Cibelli JB、Blackwell C、等senescent体細胞からクローンとして作られる動物の細胞の寿命およびtelomereの長さの延長。 科学、288:665-669 (2000年)。

18. 和歌山T、Shinkai Y、6匹の生成へのマウスのTamashiro KLKの等クローンとして作ること。 性質、407:318-319 (2000年)。

19. Lanza RP、Cebelli JB、フェーバーDは、等クローンとして作られた牛健康、正常である場合もある。 科学、294(5548): 1893-1894、(2001年) 11月30日。

衝動の上院議員To OpposeビルToの禁止のクローン人間の作成

 



雑誌のフォーラムに戻る

  • ページ
  • 1
  • 2