生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年3月

イメージ

世界中でその缶の助けからの調査より長く住んでいる

今年の医学の更新にアクセスするために ここにかちりと鳴らしなさい

医学の更新のアーカイブにアクセスするために ここにかちりと鳴らしなさい

完全な科学的な概要にオンラインでアクセスするために ここに かちりと鳴らしなさい。


2002年3月の目録

  1. 目および頭脳の新陳代謝に対する酸化防止剤の効果
  2. GHの取り替え療法およびVLDLのコレステロール
  3. DHEASは免疫組織のoveractivityを減らす
  4. ブドウの種のエキスはアテローム性動脈硬化の開発を弱める
  5. ウイルスに対するセレニウム、ビタミンEおよび防衛
  6. 人間の老化の非常に低いGHの線量へのIGF-Iの応答
  7. pregnenoloneの硫酸塩による長期不況の防止か逆転
  8. 前立腺癌の互いに作用し合う阻止

1. 目および頭脳の新陳代謝に対する酸化防止剤の効果

目の網膜と頭脳の大脳皮質で観察された新陳代謝の異常は糖尿病性のラットで比較された。 持続期間2か月のの糖尿病は網膜のthiobarbituric酸の反応物質(破損)の高度によって示されているようにかなり網膜の酸化圧力を、高めた、が酸化防止防御酵素の正常な活動より下がったり、大脳皮質でそのような効果をもたらさなかった。 他の酵素活性は網膜の、また大脳皮質の常態の下にあった。 それに対して、プロテイン キナーゼC (PKC)の活動は網膜でない同じhyperglycemicラットの大脳皮質で上がった。 酸化防止混合物との補足は(ビタミンC、Trolox、ビタミンEのアセテート、Nアセチルのシステイン、ベータ カロチンおよびセレニウムを含んでいる)網膜に遊離基の圧力の糖尿病誘発の高度を防いだ。 大脳皮質では、酸化防止食事療法の管理はまたさまざまな酵素の糖尿病誘発の減少を防いだが、破損に対する効果および酸化防止防衛酵素の活動がなかった。 結果はことこれらの酸化防止剤との補足が多数のhyperglycemia誘発の網膜の新陳代謝の異常を禁じる手段を提供することを大脳皮質が糖尿病誘発の酸化圧力に網膜より抵抗力がある、そして示す。

遊離基BIOLOGYおよびMEDICINE 1999年、Vol. 26、ISS 3-4、PP 371-378


2. GHの取り替え療法およびVLDLのコレステロール

大人GHの不足とのそれらは頻繁にdyslipidemic、心循環器疾患の高められた危険を持つかもしれない。 非常に低密度の脂蛋白質(VLDL)の分泌そして整理は血の脂質の(脂肪質の)集中の重要な原因である。 この調査はVLDLの新陳代謝に対するGHの取り替え療法の効果を検査した。 VLDLの動力学はGH 3か月のの前後にGHの不足の14人の大人の患者でか偽薬の処置定められた。 GHの取り替え療法は血のインシュリンそっくりの成長因子Iの(IGF-1)集中の2.9折目、絶食のインシュリンの集中の1.8折目およびヘモグロビンA (1C) 5.0%に5.3%をから増加した。 それは3.4 kg脂肪質の固まりを減らし、3.5 kg細いボディ固まりを高めた。 総コレステロールの集中、低密度脂蛋白質(LDL)のコレステロールの集中およびVLDL cholesterol/VLDLの比率は減った。 GH療法はかなりVLDLのプール・サイズを変えなかったが、9.2から25.9 mg/kg日にVLDLの分泌率をおよび11.5からの20.3 ml/min.にMCR高めた。 偽薬のグループの重要な変更は観察されなかった。 この調査はGHの取り替え療法がVLDLことをの取り外しを高めることによって脂質のプロフィールを改善することを提案する。 GH療法が実際にVLDLの分泌を刺激するが、VLDLのこの増加は研究者の仮定が低密度の脂蛋白質(LDL)の受容器を増加し、VLDLの構成を変更することの効果が原因であるVLDLの整理率の増加によって最終的に減る。

臨床ENDOCRINOLOGYのジャーナルおよびMETABOLISM 1999年、Vol. 84、ISS 1、PP 307-316


3. DHEASは免疫組織のoveractivityを減らす

Dehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)は細胞免除の規則にかかわった。 この調査の目標はDHEASの年齢依存した減少が健康な年配の主題とAlzheimerのタイプ(SDAT)の老人性痴呆症(SD)と患者の自然なキラー(NK)免疫機能の変更と関連付けられたかどうか評価することだった。

DHEASは健康な年配者の主題でかなりSD = 2.3 mu mol/l減り、) SDAT (1.6 mu mol/l)の患者は健康で若い主題(6.7 mu mol/l)と比較した; 重要な相違はまた健康な年配の主題およびSDATの患者が比較されたときに見つけられた。 年齢とDHEASのレベル間の連合の反対の重要のSDATおよび健康な年配の主題で示された。 若い年齢の健常者のより健康な年配の従がうグループの24時間DHEASの分泌の減少はDHEASとへの高いNKの細胞毒素の応答関連付けられた。 高められたNKの細胞の活動は健康な年配の主題と比べてSDATの患者で見つけられた。 その一方で、SDATの患者のNKの細胞の細胞毒素の応答はDHEASがIL-2とcoincubated時DHEASの露出の間により少なく顕著であり。 これらのデータは生理学的な老化およびSDATに於いてのNKの機能活動の免疫組織に於いてのDHEASの役割を提案する。 従って、DHEASはcytokinesの露出の間に自然なキラー免疫細胞のoveractivityに対する減少の効果をもたらす。 DHEASのこの効果は関連のneuroimmuneの部品の妨害によって病気の病因そして進行を停止するかもしれない。

痴呆および老人の認識DISORDERS 1999年、Vol. 10、ISS 1、PP 21-27


4. ブドウの種のエキスはアテローム性動脈硬化の開発を弱める

この調査の目標はコレステロール与えられたウサギのブドウの種からのproanthocyanidinが豊富なエキスのantiatherosclerotic効果を評価することだった。 ウサギへの供給のproanthocyanidinが豊富なエキスは(食事療法の0.1そして1%)かなり大動脈の厳しいアテローム性動脈硬化を減らした。 Immunohistochemical分析はウサギの大動脈のatherosclerotic損害の酸化させたLDL肯定的な大食細胞得られた泡の細胞の数の減少を与えたproanthocyanidinが豊富なエキスに明らかにした。 proanthocyanidinが豊富なエキスがラットに口頭で管理されたときに、proanthocyanidinは血しょうで検出された。 人の血液を使用して生体外の実験では、血に加えられたproanthocyanidinが豊富なエキスはLDLの酸化を禁じた。 これらの結果はproanthocyanidins、赤ワインの主要なポリフェノールが、それによりLDLの酸化を禁じ、antiatherosclerotic活動を示す幹線壁の血そして間質性の液体の遊離基を引っ掛けるかもしれないことを提案した。

ATHEROSCLEROSIS 1999年、Vol. 142、ISS 1、PP 139-149


5. ウイルスに対するセレニウム、ビタミンEおよび防衛

免疫組織がウイルスの病気と栄養物間の連合によって影響されることが考えられた。 理論は栄養不良状態のために、免疫組織が妥協される、ウイルス感染への高められた感受性があることを提案し。 但し、ウイルス自体はまた栄養の状態によって影響されるかもしれない。 調査は普通温和なウィルス株がセレニウム不十分なまたはビタミンのE不十分なマウスで劇毒性に(危ない)なることを示した。 抑制される不十分な動物の免疫組織に加えてウイルス自体はまた変わる。 不十分なマウスで複製した、正常な栄養物を用いるマウスは病気に敏感になったウイルスの変更はこれらの突然変異が起こったら見つけられ。 従って、個人の悪い栄養の状態はウイルスの遺伝の変更による劇毒性の1に非劇毒性のウイルスを変形できた。 これらの遺伝の変更の根本的な原因は遊離基からの共通の圧力であるかもしれない。 調査は個人の観点から、ウイルスの観点からウイルスの病気の間に個々の栄養物の重要性を、だけでなく、同様に示す。

栄養物SOCIETY 1999年、Vol. 58、ISS 3、PPの進行707-711


6. 人間の老化の非常に低いGHの線量へのIGF-Iの応答

成長ホルモン(GH) /IGF-Iの軸線の活動は生命の間に変わり、年配者で減る。 実際、高齢者達のGHおよびIGF-IのレベルはGHの不足の患者で観察されるそれらに類似している。 前進年齢のGH/IGF-Iの軸線の低下の活動はボディ構成、構造、機能および新陳代謝の変更に貢献するかもしれない。 実際、GHの病理学の線量との処置は血しょうIGF-Iレベル、高められた細いボディ固まりおよび筋肉強さを間、健康な年配の主題の減らされた脂肪質の(脂肪質の)ティッシュ固まり元通りにする。 両方の効果を確認するために向けられるこの調査は線量(グループ1を選抜する: 20のmu g/kg)および27の正常な年配の主題のIGF-Iのレベルの非常に低いGHの線量(4日間5つのmu g/kg)との短期処置。 正常で若い大人(年齢21)は制御として調査された。 開始IGF-Iのレベルは若いグループ(230.4 mu g/l対123.1)のより年配のグループで低かった。 グループ1では、20のmu g/kg GHの単一の管理は若い(256.0 mu g/l対318.0)および年配者(100.4の9.5 mu g/l対187.2)の重要なIGF-Iの上昇を引き起こした。 GHが若い(23.9%人の)主題のより年配者(91.6%)でより高かった後年配者のGHが若者でそれらより低く主張した後IGF-Iのレベル、しかしパーセントIGF-Iの増加。 グループ2では、IGF-Iのレベルはかなり12時間年配(138.3 mu g/l対166.6)および若者(230.4 mu g/l対272.2)の5つのmu g/kg GHの最初の管理の後の増加した。 最後のGHの管理の後の12時間、IGF-Iのレベルは年配者(208.7 mu g/lに)と若者で更に増加した(301.7 mu g/lに)。 年配者のIGF-Iのレベルはいつもの若者のそれらが指すより低く主張した; 但し年配者および若者のGHが類似していた後、パーセントIGF-Iの増加(最初の管理の後で: 21.7%対22.4%; 最後の管理の後: 52.9%対 39.5%)。 データは老化のIGF-Iのレベルが減るが、GHへの周辺感受性が維持されることを示す。 実際、老化させた主題にパーセントGH誘発IGF-Iの増加は類似しているまた更に若い制御のそれより高く。 調査結果はまた若い範囲にIGF-Iのレベルを元通りにするために非常に低いGHの線量が老化させた主題で必要とされることを示す。

臨床ENDOCRINOLOGY 1998年、Vol. 49、ISS 6、PP 757-763


7. pregnenoloneの硫酸塩による長期不況の防止か逆転

現在の調査は長期不況および精神安定剤/ベンゾジアゼピン誘発の記憶喪失症間の可能な関係を調査し、長期不況に対するpregnenoloneの硫酸塩の可能な効果を定めるように試みた。 結果は長期不況が集中(M) 10 muのpregnenoloneの硫酸塩によって妨げられるか、または逆転したことを示した。 結果はこのタイプのベンゾジアゼピンおよび精神安定剤による長期不況の応答がこれらの薬剤、記憶喪失症および認識減損の主要な悪影響を説明できることを提案する。 従って、このタイプのpregnenoloneの硫酸塩による長期不況の防止か逆転は、記憶喪失症または痴呆の管理のこの代理店の臨床応用を提案するかもしれない。

病理学のRESEARCH 1998年、Vol. 38、ISS 6、PP 441-448


8. 前立腺癌の互いに作用し合う阻止

Retinoic酸およびビタミンD3は多くの固体腫瘍の拡散を生体外で制御する重要な容量を示した。 これら二つによる協力的な相助効果は報告された。 従ってこれらの混合物が一緒に管理されたらすばらしい治療上の効果が達成できることは可能である。 制御の癌細胞拡散に於いてのretinoid依存した蛋白質1の役割は重要なようである。 研究者は前立腺癌の細胞のパネルに対して低く、生理学的により安全な線量でretinoidおよび有効なビタミンD3のアナログを一緒に利用した。 細胞ラインは組合せによって栄養系成長で共働作用してretinoic酸のだけ本質的に不活性だった一方、禁じられた。 癌細胞はretinoic酸およびビタミンD3の前でapoptosisを経た。 データは細胞増殖、中断する、変形の間にこの組合せが男性ホルモン独立した前立腺癌の処置のための基礎を形作りプロセスを制御するためにretinoidおよびビタミンD3のアナログが自然に共働作用して機能するかもしれないことを提案する。

CANCER 1999年、Vol. 79、ISS 1、PPのイギリス ジャーナル101-107



雑誌のフォーラムに戻る