生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年3月

イメージ

4の1ページ

Melatonin

人間の中心の体温に対するmelatoninのcircadian効果対Homeostatic。

動物で得られる証拠は中心の体温(CBT)の規則の松果体そしてホルモンのmelatoninのリンクを提案した。 考慮される種によってmelatoninは毎日の無気力および冬眠の季節的なリズムの、熱圧力の許容発生、およびCBTをセット・ポイント置くことに介入する。 人間では、melatoninの日周期はCBTのそれ、逆にmelatoninの上昇と関連しているCBTの夜の低下と厳しく関連付けられる。 CBTの低下はmelatoninのリリースを、逆に促すかもしれないという提案のための矛盾した証拠がある一方厳しいデータはmelatoninがCBTを減らすことを示す。 普通分泌しないとき、melatoninの管理は日中ほぼ同じ位の大きさ約0.3から0.4の摂氏温度CBT、および夜にmelatoninの抑制を高めるCBTを減らす。 したがって、melatoninの夜の上昇はCBTのcircadian広さに貢献する。 melatoninの減少CBTが明白でないメカニズム。 melatoninが損失熱を高める、熱生産の減少は除くことができないことが知られている。 損失熱を支持することを向けられる周辺容器の行為のほかにCBTを減らすmelatoninの効果がthermoregulatory中心が見つけられる視床下部で主に出ることは本当らしい。 最近の観察はmelatoninおよび明るいライトによって引き起こされる激しいthermoregulatory効果がcircadian段階転移の効果の独立者であることを示した。 melatoninの効果は最終的にエネルギーのセービングを持って来、少なくとも2つの生理学的な状態で減る: 老化することおよびluteal menstrual段階。 両方の条件では、melatoninはCBT低下効果を出さない。 老女でこの効果が年齢関連の変化を表すかもしれない一方luteal段階にこの修正はよりよい胚の注入および存続を促進するためにCBTを夜により高い保つことのメカニズムを表すかもしれない。

J Biolのリズム12月1997日; 12(6): 509-17

人間のMelatoninそして睡眠。

melatoninの生理学的な効果の早い調査は普通催眠性の「副作用を」報告した。 とりわけ確実に標準的なpolysomnographyを使用して催眠性の効果を複製されなくてこの行為に演説するより遅い調査。 この相違はより慣習的な催眠薬と比較されるmelatoninの基本的な生理学的な行為の相違と関連しているかもしれない。 melatoninがthermoregulatoryメカニズムを通して催眠性の効果を出すことが提案される。 中心の体温の低下によって、melatoninはarousalを減らし、睡眠傾向を高める。 従って、人間に、melatoninの1つの役割はライト暗い周期を変換し、睡眠傾向が高められる窓の機会を定義することである。 そのように、melatoninは低い循環のmelatoninのレベルによる高温と関連付けられる睡眠の中断のための有効な催眠性の代理店であるために本当らしい。 melatoninの結合されたcircadianおよび催眠性の効果は睡眠およびwakefulnessの不適当なタイミングと関連している睡眠障害の処置の互いに作用し合う行為を提案する。 アジェバントmelatoninはまた正常なmelatoninの生産を変えるために知られている薬剤によって引き起こされる睡眠の中断を改善するかもしれない(例えば、ベータ遮断薬およびベンゾジアゼピン)。 melatoninが巧妙な臨床処置として成長するべきなら外因性の管理および正常な内生リズムに続く病理学のプロフィール間の相違は最小になるべきである。 有用な臨床用具として継続的だった開発は外因性のmelatoninの脈拍の広さそして持続期間両方の制御を要求する。 8から10 hrの持続期間のための生理学的なレベルで確実にmelatoninの正方形波の脈拍を作り出すことができる新しい薬剤の伝達システム開発する必要性がある。

J Pineal Res 8月1993日; 15(1): 1-12

高度の人間の悪性黒色腫のMelatonin療法。

私達は高度のメラノーマを持つ患者の口頭で管理されたmelatoninの治療上の潜在性を調査するために調査を引き受けた。 42人の患者は5 mg/m2/dayから4つの分けられた線量の700 mg/m2/dayまで及ぶ線量のmelatoninを受け取った。 2つは分析から除かれた。 5週の中央のフォローアップに、6人の患者部分的な応答があった後、6人の付加的な患者は安定した病気があった。 応答の場所は中枢神経系、subcutaneousティッシュおよび肺を含んでいた。 中央の応答持続期間は部分的な応答機のための33週だった。 用量反応関係の提案があった。 見つけられた毒性は40人の患者の17の疲労から最低そして成っていて主に。 Melatoninはまた小胞刺激的なホルモン(FSH)の基底のレベルを減らしたようである。 luteinizingホルモン(LH)または甲状腺剤の刺激的なホルモン(TSH)の血清のレベルの重要な変更は見つけられなかった。 私達はmetastaticメラノーマの役に立ちそうな代理店としてmelatoninのそれ以上の調査が保証されることを結論を出す。

メラノーマRes 1991日11月12月; 1(4): 237-43

人工生命延長。 後成のアプローチ。

(根本的な遺伝)よりもむしろ後成のアプローチは直接原因から始まる。 最低限の知識が老化の下にあると現在信じられる「遺伝のプログラミング」で集まった前に老化することへの後成のアプローチに成功の少しチャンスがある。 2つの最近の前進、1経験的なおよび理論的な1は共同で見通しを明るくする。 経験的な1つはほ乳類の老化制御のホルモンとして発見そのmelatonin機能である。 1979年に、後で示したと同時に、Dilmanおよび協力者はmelatoninの生産を刺激するラットの生物学的に活動的なpinealエキス(epithalamin)を隔離した。 マウスへの1987年の直接管理されたmelatoninのPierpaoliそして協力者。 グループは両方とも延期された老衰と共に寿命の意外な25パーセントの増加を観察した。 同じような効果はまたPierpaoliのグループ古いマウスの胸腺に若いpinealティッシュのengraftmentと達成された。 人間のepithalaminの有利な効果はDilmanのグループ報告された。 第2前進は1988年に発見される老化することへ演繹的で進化理論的なアプローチである。 固定収容量とニッチに住んでいる人口では個人は単一の後継者によって長い目で見れば取り替えられる。 それは合計が単一性に残ることなら、祖先の生命時間の機能として同性のアプローチの単一性の大人の子孫の期待された累積数として、後者の残存可能性がゼロに近づかなければならないこと続く。 生理学的な予言は続く: 「沈降プロセス」のような中心にされた物理化学的な時計はすべての細胞に達する分泌された物質を制御する有機体にどこかになければならない。 このように、pineal coacervatesおよびpinealホルモン性プロダクトmelatoninは独立したルートで再度着かれた。 薬剤としてmelatoninが長年に渡って人間のボランティアで使用される間、反老化の効果はまだ証明されることを持っている。 異なった年齢別グループのそして異なった生活様式の下の詳しいホルモンのプロフィールは行われなければならない。 Hayflickの変更された生体外の実験はまたmelatoninが細胞ではたらくメカニズムを明瞭にするために必要とされる。

アンN Y Acad Sci 5月1994日31日; 719:474-82

pinealホルモンのmelatoninとのランダム化された調査対cisplatinを含んでいる第一線の化学療法に対して抵抗力がある高度のnonsmallの細胞の肺癌の単独で支える心配。

現在、cisplatinを含んでいる第一線の化学療法の下で進歩したmetastatic nonsmallの細胞(NSC)の肺癌の患者に有効な医学療法がない。 最近のデータがpinealホルモンのmelatonin (MLT)の毒性の抗腫瘍性の特性そして欠乏を示したのでcisplatinを含んでいる第一線の化学療法に答えなかったmetastatic NSCの肺癌の患者のグループの単独で支える心配に関して化学療法の下で進行からの1年に生存期間のMLTの処置(口頭で10のmg /day 7.00に)の影響を評価するように、ランダム化された調査は設計されていた。 調査は単独でMLT (n = 31)または支える心配を受け取るためにランダム化された63人の連続したmetastatic NSCの肺癌の患者を含んでいる、(n = 32)。 病気の両方の安定および1年の存続のパーセントはより支える心配とだけ扱われたそれらのMLTと扱われた患者でかなり高かった。 薬物関連の毒性は、これに対して、性能の状態で重要な改善を示したMLTと扱われた患者で見られなかった。 このランダム化された調査は他の有効な療法が今まで利用できないcisplatinの第一線の化学療法の下で進歩したmetastatic NSCの肺癌の患者の生存期間を延長するためにpinealホルモンMLTが首尾よく管理されるかもしれないことを示す。

腫瘍学1992年; 49(5): 336-9

悪い臨床状態のmetastatic固体腫瘍の患者のpinealホルモンのmelatoninを使用して癌の化学療法の減らされた毒性そして高められた効力。

Melatonin (MLT)は妨害し、そう化学療法の細胞毒性を高める癌細胞のapoptosisを酸化防止代理店として機能によって化学療法の毒性を、促進すると証明された。 この調査の目標はおよび悪い臨床状態の高度の癌患者の複数の化学療法の組合せの効力毒性に対する付随MLTの管理の効果を評価することだった。 調査は250人のmetastatic固体腫瘍の患者(肺癌、104を含んでいた; 乳癌、77; 消化器の新生物、42; 頭頸部癌、 27)、化学療法とMLT (毎日口頭で20のmg /day)を受け取るためにランダム化されたまたは単独で化学療法。 化学療法はetoposideと単独でcisplatin (CDDP)または単独で肺癌、doxorubicin、mitoxantrone頭頸部癌のためのCDDPと胃腸腫瘍のためのfolinic酸と単独でまたは乳癌の単独でpaclitaxel、5-FUおよび5-FUのためのgemcitabineから成っていた。 1年の残存率および客観的な腫瘍退化率は付随して化学療法(CT)を単独で受け取った人のよりMLTと扱われた患者でかなり高かった(腫瘍の回答比率: 42/124 CT + MLT対19/126 CTだけ、P < 0.001; 1年の存続: 63/124 CT + MLT対29/126 CTだけ、P < 0.001)。 さらに、MLTの付随の管理はかなり血小板減少症、neurotoxicity、cardiotoxicity、口内炎およびastheniaの頻度を減らした。 この調査はpinealホルモンMLTが化学療法の効力を高め、毒性を減らすかもしれないことを少なくとも示す悪い臨床状態の高度の癌患者で。

Eur Jの蟹座11月1999日; 35(12): 1688-92

etoposide対cisplatinのchemoendocrine療法、悪い臨床状態の高度の非小さい細胞の肺癌の患者の第一線の処置としてetoposideおよびpinealホルモンのmelatoninとcisplatinの化学療法のランダム化された調査。

最近の調査はpinealホルモンのmelatoninが化学療法誘発の免疫および骨髄の損傷を減らすかもしれないことを提案する。 さらに、melatoninは刺激的なホストの抗癌性の免疫の防衛または腫瘍の成長因子の生産の禁止によって潜在的なoncostatic効果を出すことができる。 この基礎で、私達は高度の非小さい細胞の肺癌の患者(NSCLC)で悪い臨床状態とmelatoninと化学療法対単独で化学療法のランダム化された調査を行った。 調査はcisplatin (20 mg/m2/day i.vの単独で化学療法を受け取るためにランダム化された70人の連続した高度NSCLCの患者を含んでいた。 3日)およびetoposide (100 mg/m2/day i.vのため。 3日)かmelatonin (口頭で20のmg /day夕方で)と化学療法のため。 周期は21日間隔で繰り返された。 臨床応答および毒性は世界保健機構の規準に従って評価された。 完全な応答(CR)は付随してmelatoninと扱われた患者1/34のと単独で化学療法を受け取っている患者のどれもで達成されなかった。 部分的な応答(PR)は10/34とmelatoninの有無にかかわらず扱われた患者6/36のにそれぞれ起こった。 従ってしかし、腫瘍の回答比率はmelatonin (6/35対11/34)を受け取っている患者でより高かった外に統計的に重要な相違。 1年の存続のパーセントは単独で化学療法を受け取った人のより化学療法とmelatoninと扱われた患者でかなり高かった(7/36、P対15/34 < 0.05)。 最後に、化学療法はmelatoninを受け取っている患者でよく容認され特に骨髄圧迫、ニューロパシーおよび悪液質の頻度はmelatoninのグループでかなりより低かった。 この調査はmelatoninの付随の管理が生存期間の点では化学療法の効力を、主に改善するかもしれ悪い臨床状態の患者の高度NSCLCの化学療法の毒性を、少なくとも減らすことを示す。

J Pineal Res 8月1997日; 23(1): 15-9


4の ページで 2続けられる



雑誌のフォーラムに戻る