生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年7月

イメージ

Theanineは化学療法を高める
そして副作用を減らす

イメージ

癌細胞はそれらを殺すように設計されている薬剤を取り払うことでよい。 それらはdoxorubicin (adriamycin)としてのようにそのようなしないことを排出するのに小さいポンプを、化学療法に使用する薬剤使用する。

数年のためにずっとdoxorubicinの機能を高める、日本の研究者は働く茶からのアミノ酸の潜在性を調査している。 theanineとして知られていて、この独特なサプリメントは既に健康の他の区域の貴重品を証明してしまった。 早い調査はtheanineがdoxorubicinの養生法に加えられれば、腫瘍の重量は単独で薬剤の効果と比較した2等分できることを示した。 実験は繰り返しtheanineがdoxorubicinの殺害容量を高めた度に、行われ。 すぐに発見される研究者なぜ。

Theanineは腫瘍に得る薬剤の量を増加する。 「dox」の入る癌細胞のレベルを増加する間、健康なティッシュのそれらのレベルを増加しないこと刺激的である何が、であるかけれども。 それはそのtheanineが選択式にだけ必要とした毒性を高めることを意味する。 これはtheanineを「複数の薬剤抵抗」を克服するのに現在使用される薬剤と別に作る。

それらの薬剤は癌細胞が化学療法に抵抗することを可能にする蛋白質の抑制によって働く。 問題は複数の抵抗の薬剤が毒性を引き起こすボディをくまなく蛋白質を抑制することである。 Theanineはこれをしない。 蛋白質を抑制するかわりに、theanineはプログラムに同調することをふりをし、細胞を書き入れ、そして次に仕事のモンキー レンチを投げる。 これらの効果を示す元の調査は蟹座の手紙および 毒物学の手紙で出版された

Theanineは健康な細胞を保護する

健康なティッシュに害を与えないで高めるdoxorubicinの癌殺害の効果のほかに、theanineはまた健康なティッシュからdoxorubicinを保つ。 これはdoxorubicinの欠点の1つが中心へ毒性であるので主要な加えられた利点である。

Dox誘発の心臓毒性は脂質の過酸化反応なしの基のハイ レベルと関連付けられる。 1996で出版される調査は心臓ティッシュでどのdoxorubicinにより倍増することを引き起こすかそのtheanineの逆の脂質の過酸化反応を示す。 齧歯動物の調査では、脂質の過酸化反応の完全な逆転はtheanineの100つのmg/kgと達成された。 補足の行為の1つはグルタチオンの過酸化酵素の損失、余分遊離基によって減る酵素を逆転させることである。

Doxorubicinは広がる癌の機能を抑制する。 theanineと結合されたとき、それはよりよい働かせる。 同じ研究者は卵巣の肉腫を持つマウスのレバー転移の抑制の調査を行なった。 転移はだけdoxとのより少数だった。

Theanineは化学療法の仕事を作る

イメージ

1999年に、研究者はidarubicinとして知られていたdoxorubicinと同じような薬剤と共に調査のテストのtheanineをした。 Idarubicinは薬物対抗性の白血病の細胞に対して試みられたが、により有毒な骨髄抑制を引き起こし、使用することができない。

研究者はtheanineが薬剤を働かせるかどうか見たいと思った。 最初の実験では、idarubicinの標準的な線量の約4分の1は使用された。 この線量で、薬剤は通常働かせないし、毒性を引き起こさない。 しかしtheanineと結合された場合毒性働なしのidarubicin。 腫瘍の重量は倍増した腫瘍の薬剤の49%および量減った。 次の実験では、theanineは通常の治療上の線量に加えられた。 Theanineは薬剤の有効性を高め、かなり通常の骨髄抑制を減した。 白血球の損失は57%から37%まで減った。

それはいかに働くか。

グルタミン酸塩は多面的なアミノ酸である。 仕事の1つはグルタチオン、重要なdetoxifier作成を助けることである。 グルタチオンは薬剤および化学薬品に対するレバーの第一線の防衛である。 また薬剤および化学薬品に対して事の癌細胞の使用の1時である。 癌細胞はdoxorubicinを解毒し、細胞から薬剤を護衛するのにグルタチオンを使用する。 Theanineはプロセスと干渉するので働く。

Theanineはグルタミン酸塩に構造的に類似しているアミノ酸である。 これは成功へキーである。 それはこのトロイの木馬の行為の中でそれを、しかし一度許可することに癌細胞をだませる非常に別様に。 Glutamaticの酸、かグルタミン酸塩は、グルタチオン、detoxifier薬剤の部品の1つである。 それがグルタミン酸のように見えるので、癌細胞はグルタチオンを作成するためにtheanineをと、間違って使用する。 しかしそれらがtheanineと作成するグルタチオンは自然なグルタチオンのように解毒しない。 その代り、このtheanineベースのグルタチオンは現われる
解毒する癌細胞の機能を妨げるため。

卵巣癌を使用している研究者はtheanineが癌細胞のグルタチオンの量を下げることを発見した。 この原料なしで、癌細胞は解毒システムを動かすことができない。 それらは解毒する機能を失いこうして、doxorubicinはそれらにより有毒になる。 二度そのdoxorubicinまでtheanineと扱われる癌細胞にとどまる。

癌細胞のグルタミン酸塩そしてこの解毒システムのこれらの調査結果は癌細胞の薬剤耐性のほとんどの研究が別のシステムに全体で焦点を合わせたので非常に重要である。 無毒な、すぐに利用できるサプリメントが癌細胞に得る化学療法の薬剤の量を高めることができることの提示によって、および同時に健康な細胞のそれを、日本の研究者した大きい跳躍を前方に減らしなさい。 Theanineはdoxorubicinの化学療法のための理想的なパートナーであるかもしれない。

注: doxorubicinが付いている化学療法のアジェバントとしてtheanineの人間の同等の線量は500から1,000のmg /dayである。 人間の調査が行なわれなかったことわかっていてであって下さい。


参照

Sadzuka Y、等1996年。 adriamycinのantitumor活動に対するtheanineの効果、新しく生化学的な変調器のような。 蟹座Lett 105:203-209。

Sadzuka Y、等2000年。 idarubicinの改善はtheanineによってantitumor活動および骨髄抑制、茶の部品を引き起こした。 蟹座Lett 158:119-24。

Sadzuka Y、等2001年。 グルタミン酸塩の運送者の阻止によるdoxorubicinの活動の強化。 毒物学Lett 123:159-67。

doxorubicinの茶部品のSadzuka Y、等Efficaciesはmultidrugの抵抗のantitumor活動そして逆転を引き起こした。 毒物学Lett 114:155-62。

Sugiyama T、等1998年。 M5076卵巣の肉腫に対するadriamycinのantitumor活動に対する緑茶の部品の効果を高めること。 蟹座Lett 133:19-26。

Sugiyama T、等1999年。 doxorubicinとのtheanineの組合せはM5076卵巣の肉腫の肝臓の転移を禁じる。 Clinの蟹座Res 5:413-16。


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る