生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年7月

イメージ

ウィリアムHaseltine、創設者、重役会長およびCEOのヒト ゲノム科学

イメージ
再生薬、老化および人間の不滅のウィリアムHaseltine先生

それは何無制限の人命のスパンを設計ことはできるために取るか。 だれも確かに知らないが、人体のすべての分子ブロックの完全な「部品表」を処理できることは引くべき素晴らしい資源である。 ヒト ゲノム科学は薬剤としてそれらを使用するために何かにこと試験管のほとんどあらゆる人間の遺伝子のコピー、および機能があるように非常に近く要求する。 ウィリアムA. Haseltine先生は創設者、重役会長およびヒト ゲノム科学、要求90,000の人間の遺伝子に発見し、最も有用な物の多数のファイルされた特許出願を持つため発電所のバイオ企業の経営最高責任者(CEO)である。 ヒト ゲノム科学(チッカー記号、HGSI)は遺伝子ベースのプロダクトが多くの薬剤を取り替える特定、無毒な、非アレルギー性の薬として使用される薬で新しい時代を作成することを向ける。 次にこれらのラインに沿って、Haseltine先生は言葉「再生薬」、および、彼の意見で人間の不滅を、もたらすことができる期待された医学の回転を記述するためにより新しい言葉を、「rejuvenative薬」、鋳造した。 Haseltine先生は行なわれたグレゴリーM. Fahy、2001年9月10日にPh.Dによる独占インタビューの私達に話した。

生命延長基礎(LEF): どの程度ヒト ゲノム科学があるか私達に言うことができるか。

ウィリアムHaseltine (WH): 私達に約1,000人の従業員がある。 私達に製造業スペースの約350,000平方フィートを含んでいる約450,000平方フィートがある。 私達に臨床試験で6つのプロダクトがある。 私達の収入はトランザクションからの約25,000,000ドルである年。 私達に1年ごとの約100,000,000ドルの興味からの収入がある。 私達に現金資産で約17億ドルがある。 私達は非常によく大文字で書かれている。

LEF: いかにヒト ゲノム科学の創設者になることを起こったか。

WH: 私は1993年までの1975年からのハーバード衛生学校に教授だった。 その間私は、本質的に、私が創設した2つの部門の議長だった、: 癌治療で動作した生化学的な薬理学の実験室、; そしてエイズの研究を行なった人間のRetrovirologyの部分。 約1980年から、私はバイオ企業を作成し始めた。 第1はケンブリッジの生物科学だった。 私は今7つのバイオ企業、ヒト ゲノム科学である最新の1を創設してしまった。 さらに、ヘルスケアの投機に助言を与えることは私の助力で器械作成するもう一人の20人の会社をだった。

1992年に、私は時間が医学の回転を発生できるヒト ゲノム プロジェクトのために開発された技術をひとつにまとめて右だったことを意識した。 私は10から15年のヒト ゲノムの配列を完了してよりもむしろ、1つが2から3年の有用な形態のほとんどの人間の遺伝子の働きコピーを得ることができることを意識した。 これは、遺伝子自身のよりもむしろ遺伝子の活動的なプロダクト、メッセンジャーRNAs (mRNAs)に焦点を合わせることによってすることができる。 人間のmRNAsについての情報が薬剤として人間の遺伝子、蛋白質および抗体の使用に基づいて新しい薬品会社を始めるのに使用できる。 それは私達がヒト ゲノム科学としたことである。

LEF: 従って方法は実験室でmRNAsをヒト細胞から得、次に蛋白質に翻訳することを含む。 それは基本的アイデアであるか。

WH: はい。 このアプローチはいくつかの利点がある。 最初に、それは百折目より多く遺伝子を見つけることの複雑さを減らす方法行う。 ゲノムの1 1第百だけメッセンジャーRNAsをもたらす。

2番目に細胞がゲノムの対応する部分を転写したことを伝令RNAがあれば、意味する[実際に活動的なmRNAを作る遺伝子使用される; サイド・バー エドに。]会い、使用可能蛋白質を作るそれである。 すなわち、おそらく伝令RNAの情報が細胞に関連していることがある。

3番目にので私達が特定のティッシュからのメッセンジャーRNAsを隔離してもいい私達は考えをボディでいく、それらのどんなの得ても条件をの下でメッセンジャーRNAsが使用されているか。 それは私達にそれらがボディで担うかもしれない役割についての糸口を与える。

イメージ

4番目に、私達はDNAに特定の伝令RNAを[それによりコピー エドであるmRNAと同じ情報量があるcDNA作る、か「補足DNAを」。]コピーしても従っておよび、普通作り出す蛋白質のより多くのコピーそれから元のmRNAのより多くのコピーを撮るために細胞をプログラムするのにそのDNAを使用してもいい。

1つは単独でゲノム情報からのそれをすることができない。 私達は1992年に遺伝子が直接の方法のゲノムから読むことができないのでゲノム情報が全遺伝子に容易に導かないことを知っていた。

1993年と1995間で私達は私達があるとすべての人間の遺伝子の95%以上信じるものがの少なくとも1枚のコピーを隔離した。 遺伝子の人間にあるか何をめぐる今でも論争がある。 私達は100,000に近くがあり、私達が実際に90,000の独特な遺伝子を隔離したことを考える。 約60,000の遺伝子はヒト ゲノムを分析する他の人々見つけられることを残る。

LEF: 大人のティッシュからのそれらの遺伝子をすべて隔離したか。

WH: 私達はまた胎児のティッシュ、萌芽期ティッシュ、腫瘍のティッシュおよび他の病気にかかったティッシュを見た。 私達は1000以上の第一次人間のティッシュを見た。

LEF: いかに本当にあなたがであるリサイクルされているより大きいmRNAsの本格的なRNAsおよびちょうど片または部分隔離したRNAsことであることができるか。 蛋白質に無意味な片を翻訳するかもしれないが細胞で実際になされる蛋白質ではないかもしれない。

WH: 私達はこと可能性のたくさんの時テストした。 通常、私達は私達のコレクションの最も長い伝令RNAを見たり、そして分析する。 場合のほとんどでは私達は十分に機能的な蛋白質を、細胞およびティッシュで見つけられたそれらと同じように作れた。

LEF: 異なった対立遺伝子[茶色および青のようなある特定の遺伝子の変化、ように目色の遺伝子の変形]についての何か。 それは問題であるか。 これらすべてを得るか。

WH: ほとんどの場合、私達はallelic変化を無視する。 対立遺伝子は通常機能のマイナーな変化を表す。 私達に頻繁に取るべき対立遺伝子選択がある。 私達は通常優勢なallelicタイプから蛋白質を作る。

LEF: 蛋白質のその版を作らなかった患者に治療上の代理店として蛋白質のその支配的な版を与えるべきなら、アレルギーの応答のチャンスか外国蛋白質の攻撃あるか。

WH: 通常、いいえそういうわけでインシュリンはほとんどの人々のために働く。 そういうわけで人間の成長ホルモン、g CSF、GM CSF [骨髄の関連蛋白質]および他の多くの蛋白質のほとんどの人々のための仕事。 人間は非自己のallelic変形の蛋白質を容認する。 私達が私達他の対立遺伝子を容認することを止める時はもはや同じ種のメンバーではない。

人間の抗体は薬剤として使用することができる。 抗体は特定の一組の状況に応じて個人によって作成される。 今日それらの抗体は試験管で作成することができる。 容認されるボディに注入されたときそれらは非常に健康である。 1つはボディが注入された抗体に対して抗体を作ると期待するかもしれないがこれは起こらないようではない。

LEF: 知っているように、私達が一般にこのごろ聞く何を、90,000から100,000 30,000から40,000の人間の遺伝子ただあることではない。

WH: 最初のヒト ゲノム書の1つは26,000の遺伝子があったことを言った。 そして別の出版物は30,000の遺伝子があるかもしれないことを言った。 それからペーパー(ゲノムの生物学 2001年2(7): それらの出版物で参照された遺伝子のほとんどが同じではなかったことを報告される研究0025.1-0025.18)。 新しいペーパーは65,000から75,000の人間の遺伝子があることを推定した。 そこに信じるべき私達はである26,000の遺伝子従ってあるか。 または70,000の遺伝子か。 異なったグループによる遺伝子の異なった数の検出はちょうど貧乏人が染色体DNAからの遺伝子を識別する方法実際にあるかいかに示す。

LEF: 私は[使用の違った方法]各遺伝子の3つのスプライスの変形の平均があるかもしれないおよびそれは遺伝子の総有効な数を増幅するかもしれないと言ったことを聞いた。

イメージ
私達は外的なシグナリング細道を制御する遺伝子に焦点を合わせている。 それらの細道は1つ以上を行うように私達の細胞に、外側から、指示する
複数の簡単な行為の。

WH: そのような分析は考慮しないほとんどすべてのスプライスの変形に同じ機能があると。 それは1つの遺伝子が1機能に対応することそれがまだ通常本当であることを意味する。 ほとんどの場合覚えるために人間の遺伝子に基づいて、なぜなら薬剤規則は今でも1つの遺伝子、1蛋白質、1の薬剤である。

LEF: ヒト ゲノム科学の代表団を個人的に担当するか。 会社はあなたの夢を達成しているか。

WH: 私は形成および方向を形づけた人である。

私達の元の代表団は(まだある)患者と前に扱うことができなかった御馳走病気にいろいろ新製品を持って来ることによって人間の健康を改善することであり。 具体的には、私達は販売するために新しい蛋白質および抗体の薬剤を持って来るように努める。 私達の目的は独立した全体的なbiopharmaceutical会社に似合うことである。 最初から、私達は4つの特定の目的を確立した。

最初に、有用な(すなわち、cDNAで)形態のほとんどの人間の遺伝子を見つけることの第1であるため。 私達は1995年半ばのその目的を達成した。

2番目に、医学的用途に新しい遺伝子の知識を回す組織的平均を作成するため。 私達は私達自身、従って私達のために新しい人間蛋白質および抗体の薬剤を作成できるおよび私達のパートナーしたく、従って私達のためにことそれらが新しい小型分子の薬剤を作成することを可能にしてもいい。

3番目に、私達の新しく得た知識を私達がした大きい薬剤パートナーと共有するため。

私達はGlaxo-SmithKlineによって導かれた薬品会社のグループとの7年関係があった。 その期間の間に、私達のパートナーは約460の薬剤の発見プログラムを始めるのに私達の技術を使用した。 これらの最先端はGlaxo-SmithKlineが心臓病を扱うように試みるのに使用していること人間の試験、薬剤を書き入れるためにゲノミクスによって開発される最初の小型分子の薬剤である。 薬剤は血管で炎症性反作用を作成するPLA2と呼ばれる酵素を禁じる。

第3目的の部分は開発された後私達の自身の研究を支えるために、またプロダクトの販売に加わるために薬品会社からの相当な支払を得ることだった。 ヒト ゲノム科学は私達のパートナーが開発する薬剤の販売の相当な部分に資格を与えられる。

最終的な目的は発見し、私達の自身の人間の治療上の蛋白質および抗体の薬剤を販売するために持って来るのに必要な下部組織を造ることだった。 私達はその道に元気でいる。 従って私達は私達の元の目的をすべて達成するために計画を実行した。

LEF: 私はあなたが特許を取ることのために特に興味深い考慮する遺伝子のサブセットを選抜したことを理解する。

WH: 私達は外的なシグナリング細道を制御する遺伝子に焦点を合わせている。 それらの細道は複数の簡単な行為の1つ以上を行うように私達の細胞に、外側から、指示する。

シグナリング蛋白質は細胞の表面である場合もあったりまたは細胞の表面を残し、循環できる。 そのような蛋白質は「信号の使用を配列する」含む共通の細道によって細胞から一般に輸出される。 信号順序の蛋白質を作る機能がある私達は隔離集団にその共通の細道を(cDNAの形態で)約10,000人の人間のメッセンジャーRNAs使用した。 私達はこの10,000の人間蛋白質が薬剤として有用である蛋白質でほとんどを構成することを信じる。

これらの蛋白質は育つか、または残るか静的に、区別するまたは残るかunspecialized、住むまたは死ぬか、とどまる静止しているまたは動くために細胞に信号を送る。 それらは細胞が行う基本的な機能である。

蛋白質のこのセットはまたほとんどの抗体の薬剤のターゲットを含んでいる。 従って抗体は内部の細胞の外側で、ない動作し、血か他の体液にある、またはならない細胞の表面の構造を確認しなければ。 抗体のターゲットほとんどすべてである場合もある蛋白質に信号順序がある。

そういうわけで私達は約10,000の遺伝子のこのサブセットに焦点を合わせた。 cDNAの形態ではそれらは安定して、私達は蛋白質を作るのにそれらを使用してもいい。 私達は生物的実験によって組織的に彼らの機能を分析している。

LEF: 手に入れること進むのに一種のロボティック システムを使用するべきである機能がであるものについてのに元の蛋白質を単に見つけることから情報をしたことを私が理解する事の1つ。 そう多くの可能な機能があるときいかにこれをすることができるか。

WH: 私達は1つの病気のための分析を一度にする。 1つの場合では、私達は免疫があるのの刺激によってシステムどちらかの細胞仲介されたまたは抗体の免疫反応扱うことができる病気に興味があった。 私達は10,000の蛋白質の私達のセットの機能をそれらのプロセスに影響を及ぼす検査した。 私達は候補者の薬剤になった、免疫組織機能に影響を及ぼす複数の蛋白質を見つけた。 1つの例は私達が抗体を作る細胞を刺激する、Bリンパ球の刺激物を呼ぶ薬剤である。 私達はそれらをいろいろな伝染に敏感残す深刻な免疫学無秩序の患者の2つの安全試験を始めた。 1つグループは厳しい結合された免疫不全の病気に苦しむ; もう一人のグループは免疫グロブリンAの不足がある。 Bリンパ球の刺激物はエイズを持つ患者で有利である方法で免疫組織を後押しするかもしれない。 私達は進行中の伝染を戦い、ワクチン接種の活動を増強する免疫組織の機能を後押しするこの蛋白質に機能があることを信じる。 それはボディが持っている抗体の生産の最も有効な刺激物のようである。

LEF: 従ってさまざまな前もって決定された仕事を達成するための最もよい物を見つけるまで蛋白質を単に捜すか。

WH: はい。 私達は医学の必要性に合う活動の物質に集中する。

LEF: 以前また薬剤として遺伝子の使用述べていた。 いかに治療上のプロダクトに遺伝子を作るか。

WH: 私達は蛋白質のための専門にされた配達車として遺伝子を見る。 遺伝子は、細胞に注入されたとき、蛋白質を作り出すためにそれらの細胞を引き起こすことができる。 1つが長期の間主張するために蛋白質を望めば1はティッシュにその蛋白質のための遺伝子を注入するかもしれない。 これまでに、働く唯一のティッシュは筋肉である。 通常、筋肉細胞は数週のための蛋白質を作り出す。 最終的に、注入された遺伝子は低下するか、または他では不活性になり、蛋白質の生産は停止する。

私達はVascular Genetics、Inc.と電話された会社に1つのそのような遺伝子を認可した。 会社はその筋肉にDNAの直接噴射によって心筋でマイクロvasculatureを作成するように試みた。 予備の実験では、遺伝子は約100人の患者で心循環器疾患に対する有利な効果をもたらすようである。 この薬剤の使用と関連付けられる深刻な副作用がないことをようではない。

LEF: 永久的な遺伝子の移動が万一に備えて何かうまくいかないよりもむしろ一時的な使用であるか。

WH: いいえ。 1つは必ずしも蛋白質が長いののために主張することを必要としない
時間。 新しいmicrovasculatureが形作ったら、そこの蛋白質を持っている目的は消える。 私達の血管は必要である限り彼ら自身をのための維持するようである。

LEF: また遺伝子の永久的な挿入に取り組んでいるか。

WH: 私達はその作戦を追求していない。 私達はそれをさまざまな理由で考える、私達の目的は薬剤として蛋白質および抗体に焦点を合わせることによって最もよく機能される。 私の考えでは遺伝子療法のための技術そして方法はまだ十分に、開発されなかった。

LEF: 治療上の蛋白質にあなた自身を限って、10,000の蛋白質はパテントの20年の生命の内に実際に開発することができるか。

WH: その数はコンサートではたらく全体の薬剤および人間工学工業によって達成可能ではない均一行わない。 しかし私達に既に遺伝子に基づいて460の薬剤を開発している大きい薬品会社のための典型的な薬剤の販売は今日$500から1年ごとの$700,000,000であるパートナーがあり。


2の ページで 2続けられる


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る

  • ページ
  • 1
  • 2