生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年7月

イメージ

クルクミンのレポート
抗癌性の効果

Terri Mitchell著

スマートな自然な物質がそうそれ癌細胞と正常な細胞の違いをわかることを想像しなさい; そう強力それはトラックの化学薬品を停止できる; そしてそう強いそれは事実上DNAが無傷の放射の致死量を切り抜けることを可能にすることができる。 薬剤版を作るために製薬会社が急いでいるほどクルクミンに有利な癌に対して力がある。 クルクミンはすべてこれおよび多くである。

ウコンのlongaは 熱帯地域で育つショウガそっくりの植物である。 根はクルクミンおよび他のcurcuminoidsを含んでいる明るく黄色い物質(ウコン)を含んでいる。 ウコンはAyurvedicおよび中国薬で何世紀にもわたって使用されてしまった。 しかしそれは過去数年間の内にだけ癌に対するクルクミンの異常な行為が科学的に文書化されたことである。 その多くの利点の間で、クルクミンに癌と干渉する少なくともダースつの別々の方法がある。

クルクミンは化学薬品をまねるエストロゲンを妨げる

禁止された殺虫剤
あなたの食糧にあることができる

クロルデンは50の化学薬品にで構成される殺虫剤である。 エストロゲンをまねる塩素の化学薬品、クロルデンは前に50年にわたる米国で禁止された。 それにもかかわらず、それは脂肪で地球のほとんどあらゆる人間持っているクロルデンを米国で製造され、有毒物質および病気の登録のための代理店に従って米国に戻って輸出された食用作物で吹きかかったメキシコに出荷され続けた。 ボディからそれを抜き出す方法がない。 負けた重量は残りの脂肪の化学薬品を単に集中する。

アメリカのトウモロコシの噴霧のほかにシロアリを殺すために、禁止された前にクロルデンの百万トンは家の基礎に地面に巻付けられた。 半減期の
土のクロルデンは(平均が少なくとも40年間それ低下させない) 22年である。 それはあなたのディナー用大皿のクロルデンの大きい線量であなたの家の隣で菜園を植えればそれを、終るかもしれない意味する。

米国の農産物のランダム サンプルをテストするコネチカットの研究者は20年間クロルデンと扱われなかった土で育った野菜のクロルデンを見つけた。 従って彼らは実験をすることにした。 それらは何が起こったか見るために前にクロルデンと扱われた土の野菜を育てた。 それらが使用した土はどれだけうまく働いたか見るために1960年にクロルデンと吹きかかった自身の施設の芝生の下にあった。

2000年5月では、それらは農業および食糧化学( アメリカ化学会の ジャーナル)のジャーナルの調査結果を出版した。 それらが土によって吹きかけられた十年の先に含まれていたクロルデンで育てたすべての12個の野菜。 ポテト、にんじんおよびビートによって吸収されたクロルデン全身それは直接だった。 ズッキーニはそれのためのスポンジのように機能した。 それはまた豆、ナス、レタス、タンポポおよびほうれんそうで終わった。

調査結果が公共になされた後、主執筆者はメアリー・ジェーンIncorvia Mattina先生発言として引用された、「主要な推薦はあなたが食べようとしている食糧を洗浄しクロルデンと扱われたかもしれない家の基礎の近くで植わらないことである。 これらの注意を取れば、不安の原因が」あるべきではない。 私達によって尋ねられたとき1つが野菜からクロルデンをいかに洗浄するか、彼女はそれが不可能であることを是認した。

メキシコはまだ1997年に米国から次第に殺虫剤(また2007年までにDDTを停止することを計画する)を使用することをやめるようにプログラムを設けたときに、クロルデンの45トンを輸入していた。 (都会のシロアリを殺すのため米国の市場のための野菜を育てる)のクロルデンの唯一の公式の使用はメキシコである。

他のほとんどの抗癌性の補足(例外であるI3C)から離れてクルクミンを置く事の1つは、このフェノールが実際に中の細胞を得ることからの化学薬品を妨げることができることである。 重要なのは、クルクミンは模擬エストロゲン殺虫剤と干渉できる。 これらはDDTおよびダイオキシンのアメリカの水および食糧を汚染する2つの非常に有毒な化学薬品を含んでいる。 (ダイオキシンはそれの少数のオンスがニューヨーク シティの全人口を一掃できるほど)有毒である。 クルクミンにアリール族の炭化水素の受容器として知られている細胞戸口を通って合う独特な機能がある。 これはエストロゲンとエストロゲンまねる化学薬品共有する業績であり。 それが同じ戸口のために競うことができるのでクルクミンに細胞へのアクセスを妨げ、エストロゲンのmimickersから保護する力がある。

化学薬品をエストロゲンまねるエストロゲンのように乳癌の成長を促進しなさい。 人間の乳癌の細胞の調査では、クルクミンは98%による17b-estradiolによって引き起こされた成長を逆転させた。 乳癌に対するDDTの成長高める効果はクルクミンによって75%について妨げられた。

2他のエストロゲンのmimickersは乳癌を高める機能のためにテストされた。 クロルデンおよびendosulfaneは一緒に乳癌の細胞に約同様に多くのas17b-estradiolを育てさせる。 クルクミンは90%についてのその成長を逆転できる。 、genisteinによりphytochemical加えて、大豆を100%の成長停止を引き起こす。

他の化学薬品を妨げるクルクミンの能力は文書化された。 それはパラコート(除草剤)、ニトロサミン(調理された肉および「昼食」肉で)および四塩化炭素(ニスおよび他のプロダクトの溶媒)に対してテストされた。 いずれの場合も、クルクミンは化学薬品の効果を妨げられる。 有利な効果はマウスがdiethylnitrosamineと扱われた調査で明白である。 この化学薬品と扱われたすべてのマウスは通常肝臓癌を開発する。 但し、クルクミンと扱われたとき、癌を100%から38%開発している動物のパーセントは行きから、腫瘍の数は81%によって落ちた。

製薬会社は総合的な版を作るために急ぐ

腫瘍学の薬剤の開発の高放射能区域の1つはキナーゼ抑制剤の区域にある。 キナーゼは癌細胞に電話回線の等量である。 2000年の知られていたプロテイン キナーゼに、または電話回線ある。 これらのラインはDNAの司令部に細胞の外部から動く。 それらはメッセージを伝える。 これらのラインを切れば、効果的にある種の癌細胞の成長を停止できる。

クルクミンは効果的にラインのいくつかを妨げる。 信号を妨げられる細胞に達することから「確かなクルクミンと扱われる細胞では育てなさい」。

クルクミンによって妨げられる最も十分調査された成長因子はcytokinesとして知られている化学メッセンジャーによって核要因k B. NF kb活動化させるである。 Cytokinesの助け免疫組織、しかしそれらはまた細胞を増加するように知らせる信号を育つ活動化させる。 それらの信号との干渉によって、クルクミンはキナーゼ細道によって効果的に癌細胞の成長を停止する。 クルクミンが癌を引き起こすことからの潰瘍(Helicobacterの幽門)を引き起こす虫を防ぐことができることが、例えば示された。 H.の幽門は NF kbを活動化させるcytokine (IL-8)のレベルを増加する。 クルクミンはプロセスを妨げる。

製薬会社はどんなクルクミンがキナーゼを禁じるかする化学薬品の特許を取るために急いでいる。 AstraZenecaは「Iressa」と呼ばれる地面を離れて1つを得た。 Iressaはプロテイン キナーゼC (PKC)、癌の重要な役割を担うキナーゼを禁じる。 PKCは「表皮の成長因子(EGF)の受容器」からの信号を送信する。 EGFによる信号伝達を断ち切ることはかなり育て神経膠腫、胸、前立腺、皮および肺癌にこの要因を使用するあらゆる癌の成長を遅らせる。

クルクミンは皮膚癌を防ぐ機能のために長く知られてしまった。 1993年に、台湾の研究者はクルクミンがPKCを禁じることを報告した。 クルクミンは90%までEGF信号を妨げ、成長を停止することが報告された翌年。

それはクルクミンの構造はそれが多数のキナーゼを禁じることを可能にすることなる。 この能力はsilymarin、アピゲニンおよびhypericinを含む他のphytochemicalsと共有される。 製薬会社がこの構造の安全で、特許可能な、化学版を作り直すことを試みるために急ぐ間、クルクミンは使用のための準備ができたそして利用できる坐らせる。 しかしキナーゼを妨げることはクルクミンの抗癌性の効果の1つだけである。

発火: クルクミンはロックスおよびコックスを抑制する

Squamous細胞癌腫は気管支管、口または皮に影響を与えることができる。 ミズーリの大学の研究者がクルクミンと口頭squamous細胞癌腫の細胞を扱ったときに、により重要な成長の阻止を引き起こした。

クルクミンはまた結腸癌に対して特に有効である。 発火はこのタイプの癌の促進の重要な役割を担うようである。 クルクミンは炎症抑制の行為のために長く知られてしまった。 もっと最近、それはクルクミンがcyclooxygenase (コックス)およびlipoxygenase (ロックス)を禁じること、発火を促進する2つの酵素を示されていた。 発火はnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAIDs)を、アスピリンを含んで取る人々が結腸癌に対して、思いがけない保護を持っている発見のためにライムライトにこのごろある。 発火は、結局癌の開始そして昇進の重要で、多様な役割を担う。 酸化圧力の助けはPKCを、例えば活動化させる。 PKC信号を妨げるクルクミンの能力の一部分は強力な酸化防止活動が原因である。

クルクミンはそれを癌防止のために有用にさせる他の複数の抗癌性の利点を所有している。 最も確認された特徴の1つは酸化防止行為である。 ウコンはクルクミンを含んでいるスパイスである。 それはもっともな理由のために食糧防腐剤として伝統的に使用された: それは行く臭酸化からの食糧を保存する。 そしてちょうど回転肉からの酸素を臭い保つので、それは遊離基の損傷から私達の自身の体を保護する。 遊離基はDNAを傷つけ、遺伝子を活動化させることによって癌を促進する。

遊離基を通した部分的の照射損傷DNA。 最近の調査では、実験室の状態の下で、クルクミンが放射の致死量から細菌をほとんど完全に保護できることが示された。 細菌DNAは事実上そのまま現れた。

クルクミンは癌細胞を殺す

クルクミン、遊離基およびメチル化

DNAのメチル化は癌なしの状態を維持するために重大である。 すなわち、メチル化され、非メチル化されたDNAのある特定のパターンは癌の遺伝子消して、およびつく腫瘍のサプレッサー遺伝子をおく。 Khing Lertratanangkoon先生はレバーのグルタチオンを減らす化学薬品、原因DNAのメチル化の中断研究の提示をした。 すなわち、維持のグルタチオンはDNAのメチル化を維持するために重要である。

グルタチオンはレバーの自然な酸化防止剤である。 (すべてレバーによって処理される)化学薬品はグルタチオンを減らす。 クルクミンは保護する
化学薬品の前のグルタチオン(を含むアルコール)。

Lertratanangkoon先生はそれにグルタチオン減少を示した
化学薬品はDNAのメチル化を破壊できる。 しかしクルクミンが、同時に与えられればメチル化およびグルタチオンは両方維持される。 要点: クルクミンはまたDNAのメチル化パターン、別の抗癌性の利点を救うかもしれない。

イメージ

クルクミンは探索可能であるずっと前に初期の癌を停止できる。 それは細胞のレベルで働く。 事の1つは自動的に消滅するように損なわれた細胞を言うことである従って増加し続けない。 プロセスは「apoptosis」と呼ばれ、それはボディの癌性になることができる異常な細胞を破壊する方法である。 癌細胞はプロセスを避けることができるがクルクミンはそれらを打ち消すことができ、信号を「送るために自動的に消滅させなさい多くの異なったタイプの癌細胞に」。 クルクミンは健康な細胞、癌性物だけのapoptosisを引き起こさない。 それは異常な化学によって癌細胞を識別する。 残念ながら、それはすべてのタイプの癌ではたらかない、インドの研究者はなぜ把握するかもしれない。 生物化学のジャーナルで出版される調査結果は癌のほとんどのタイプ方法をクルクミンの効果に敏感にもたらすかもしれない。

apoptosisが引き起こされる前に、クルクミンは増加から癌細胞を停止する。 癌研究では、これは「知られていて細胞周期」を中断するように。 細胞周期は複数の異なったポイントで中断することができる。 これは1人でさまざまな化学療法による治療を使用することの後ろの理論的根拠である。 1つの薬剤は成長の1の段階にあるとき細胞を停止する; 別のものは別の段階でそれらを停止する。 停止するいろいろな薬剤を使用して異なった段階の成長はすべての癌細胞の殺害のチャンスを高める。 クルクミンはG2段階の癌細胞の成長を阻止する。

他のphytochemicalsは他の段階で細胞周期を停止する。 GenisteinのphytochemicalクルクミンのようなG2で大豆は成長を、阻止する。 しかし緑茶、G1段階の阻止の癌細胞の成長からのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)。 クルクミンとEGCGを結合することはより多くの細胞の殺害の確率を高める。 Sloan-Ketteringの蟹座の中心の研究者はEGCGおよびクルクミンが癌防止のために一緒に使用されることを提案した。

クルクミンは免除を高める

クルクミンはまたある細胞の脱出のapoptosisがもしボディが癌を戦うのを助けることができる。 研究者がクルクミンの摂取の後で腸のライニングを見たときに、CD4+のT助手およびBのタイプ免疫細胞が総計でより大きかったことが分った。 この集中させた免疫の刺激に加えて、クルクミンはまた免除を一般に高める。 インドの研究者はクルクミンがあるマウスの増加された抗体そして免疫の行為を文書化した。

クルクミンはangiogenesisを停止する

それに探索可能になるチャンスがある前にクルクミン停止癌の上記の行為すべて。 それは探索可能な腫瘍であることに癌がポイントになれば、クルクミンはまだ効果をもたらすことができる。

ある特定の酵素は腫瘍が彼ら自身のための血液の供給を作成することを可能にする。 「angiogenesisとして知られていて」、この現象は腫瘍が周囲のティッシュに侵入し、広がるようにする。 (angiogenesisが視野のための大きい問題を作成するかところに)、研究者は房大学で目の血管を使用してcurcuminoidsの使用によって血管の形成を禁じられた。 クルクミンはangiogenesisを高めるAP-1を妨げる。

クルクミンはまた血管の成長を促進する酵素によって使用される金属のキレート環を作ることによってangiogenesisを禁じることができる。 angiogenesisを促進する酵素のいくつかは「metalloproteinases」として知られている。 Metalloproteinasesは金属が働くように要求する。 クルクミンはどの助けのmetalloproteinasesがの銅両方腫瘍のための新しい血管を作成するか鉄のおそらくキレート環を作り。 人間の肝臓癌の非常に侵略的な形態の調査では、クルクミンはmetalloproteinase9の抑制によって転移70%を禁じた。 クルクミンは肝臓癌に対して非常に保護のようである。 最近の調査では、肝臓癌の発生はクルクミンに発癌性の化学薬品の前の4日があったマウスの81%によって62%減る腫瘍の数との、切られた。

イメージ

クルクミンはそれをほとんどあらゆるタイプの癌に対して癌の予防の代理店として非常に効果的にさせる他の複数の抗癌性の利点を所有している。 特徴話についてのほとんどの1つは酸化防止行為である。

クルクミンの癌の予防の効果は強力、証明される。 クルクミンは損傷(I3Cと共有する)を特性干渉するするエストロゲンまね、他の化学薬品の能力と。 遺伝子発現を変え、細胞周期を停止し、健康な物に影響を与えないで癌細胞の自滅を引き起こすことができるのは強力な酸化防止剤である。 キナーゼとして知られている妨害信号によってクルクミンは癌細胞が育つことを可能にする信号を中断する。 さらに、クルクミンは免除を高め、腫瘍の侵入そして転移を妨げる。 クルクミンは化学暴露の後でかなり癌の危険を減らし、コロンおよび肝臓癌に対して特に有利なようである。 クルクミンの行為は癌研究の主要な会合に提示の主語、およびずっと世界の研究者の最高で著名な大学によって調査の目的語である。 クルクミンが薬剤、発明された最もよい万能の制癌剤の1つとして呼ばれる。 それはあるので、それの後ろの使用年数の非のうちどころがない信任状、たくさん、および非常に小さい値段とのphytochemicalである。 当然製薬会社の多くはそれを模倣したいと思う。

注: 活動的な癌とのそれらがクルクミンの多数の潜在的な利点をいかにに利用するかもしれないかまだ科学的な一致がない。 ほとんどの癌患者はずっとクルクミンの1800から3600 mgを取っている日。 生命延長はことをクルクミン可能な悪影響を示した1つの動物実験のために化学療法の薬剤Camptosarと(irinotecan)結合されないために推薦した。 クルクミンは他の化学療法の薬剤と十分にテストされなかったので、化学療法がクルクミンを始める前に完了するまで待っていることは安全であるかもしれない。 クルクミンを使用している癌患者はこれらの栄養素が積極的に成長癌でクルクミンのPKCの禁止効果と干渉するかもしれないのでシステイン、同じlipoic酸およびグルタチオンのような「チオール」の栄養素の大量服用を避けたいと思う場合もある。 チオールの混合物が極めて重要な反老化の栄養素であるので、癌患者はクルクミンの大量服用を消費している間6ヶ月間に3のためのチオールの栄養素を避けるか、または減らすことを考慮するかもしれない(特定の抗癌性の効果を示した)大豆、緑茶のエキス、I3Cおよび他の栄養素と共に。 癌患者のための提案された栄養投薬のスケジュールの広範囲のレポートはこの雑誌の未来の版で出版される。


参照

有毒物質および病気の登録、公衆衛生の声明のための代理店。 クロルデン。

匿名。 1997. クルクミンのAntiproliferative効果および(-) -正常な、premalignant人間の口頭上皮細胞のepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG) (概要に会う)。 Proc Annuの大会AM Assocの蟹座Res 38: A1755.

アントニーS、等1999年。 クルクミンの免疫調節の活動。 Immunolは28:291-303を 投資する。

Anto RJ、等2000年。 ectopically表現された実質を隠すL-929細胞はクルクミン誘発のapoptosisに抵抗する。 J Biol Chem 275(21): 15601-4。

クロルデンは食糧十年に後殺虫剤の使用見つけた。 アメリカ化学会2000年5月2日の新聞発表。

Chuang SE、等2000年。 食事療法をクルクミン含んでいることはdiethylnitrosamine誘発のネズミ科のhepatocarcinogenesisを禁じる。 発癌 21:331-35。

Churchill M、等2000年。 クルクミンによる腸の腫瘍の阻止は腸の免疫細胞のプロフィールの変更と関連付けられる。 J Surg Res 89:169-75。

Ciolino HP、等1998年。 アリール族の炭化水素の受容器に対するクルクミンおよびMCF-7人間胸の癌腫の細胞のチトクロームp450 1A1の効果。 Biochem Pharmacol 56:197-06。

ダウのブランドのダイオキシン: ダウは毒偉大な人の事を作る。 J WeinbergのED。 グリーンピースのレポート。

Elattar TM、等2000年。 口頭癌細胞の成長に対するクルクミン、genistein、ケルセチンおよびcisplatinの抑制的な効果生体外で。 抗癌性Res 20 (3A): 1733-38。

Incorvia Mattina MJ、等2000年。 食用作物のクロルデンの通風管そして転置。 J Agricの食糧Chem 48:1909-15。

Jobin C、等1999年。 クルクミンは抑制的な要因私Κ Bのキナーゼ活動の禁止によってcytokine仲介されたNF Κ Bの活発化およびproinflammatory遺伝子発現を妨げる。 J Immunol 163:3474-83。

Kawamori T、等1999年。 クルクミン、結腸癌の昇進/進行の段階の間の自然発生する炎症抑制の代理店のChemopreventiveの効果。 蟹座Res 59:597-601。

Korutla L、等1995年。 クルクミンによる表皮の成長因子の受容器のチロシンのリン酸化の配位子誘発の活発化の阻止。 発癌 16:1741-5。

Lertratanangkoon K、等1997年。 グルタチオン減少の代理店によるゲノムDNAのCpGのunmethylated場所の増加(概要に会う)。 Proc Annuの大会AM Assocの蟹座Res 38: A1205.

Lertratanangkoon K、等1999年。 proppargylglycineのグルタチオンの統合の阻止はbromobenzene扱われたシリアのハムスターのN-acetylmethionineの保護そしてメチル化を高める。 J Nutr 129:649-56。

林李、等1998年。 クルクミンはSK詳しい1 hepatocellular癌腫の細胞の侵入を生体外で禁じ、マトリックスのmetalloproteinase9の分泌を抑制する。 腫瘍学 55:349-53。

劉JY、等1993年。 NIH 3Tdの細胞の12 O tetradecanoyl phorbol 13アセテートによって引き起こされるプロテイン キナーゼCの活動に対するクルクミンの抑制的な効果。 発癌 14:857-61。

メキシコはDDTおよびクロルデンを停止するために動く。 1997. Envの健康Persp 105(8)。

Mohan R、等2000年。 Curcuminoidsはマトリックスのmetalloproteinaseのgelatinase B.J Biol Chem 275(14)の表現を含む繊維芽細胞の成長の要因2によって、 刺激されるangiogenic応答を 禁じる: 10405-12。

Munzenmaier A、等1997年。 Helicobacterの幽門の分泌された/取除かれたプロダクトはトランスクリプション要因核要因Κ B. J Immunolを159:6140-47 活動化させる。

公園EJ、等2000年。 四塩化炭素によって引き起こされるラットのレバー傷害のクルクミンの保護効果。 J Pharm Pharmacol 52:437-40。

Pendurthi UR、等1997年。 クルクミンによる培養されたendothelial細胞のティッシュの要因遺伝子の活発化の阻止。 トランスクリプションの活発化の抑制はEgr1、AP-1およびNF ΚのB. Arterioscler Thromb Vasc Biol 17:3406-13を 考慮する。

Sharma A、等2000年。 線量変更としてスパイスのエキスは細菌の放射の不活性化で考慮する。 J Agricの食糧Chem 48:1340-44。

サイモンA、等1998年。 MCF-7細胞増殖および構造活動関係に対するcurcuminoidsの抑制的な効果。 蟹座Lett 129:111-16。

Venkatesan N. 2000年。 パラコートの毒性に対するクルクミンの肺の保護効果。 生命Sci 66(2): PL21-28.

Verma SP、等1997年。 クルクミンおよびgenisteinは、天然産物、estrogenic殺虫剤によって引き起こされる人間の乳癌MCF-7の細胞の成長に対するショーの互いに作用し合う抑制的な効果を植える。 Biochem Biphy Res Comm 233:692-96。

Verma SP、等1998年。 クルクミンおよびisoflavonoidsによる殺虫剤そして環境の化学薬品のestrogenic効果の阻止。 健康Perpect 106:807-12を 囲みなさい。


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る