生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年7月

イメージ

アルギニンおよび魚油は化学療法を経ている癌患者を助けるかもしれない

イメージ

丘ペット栄養物の人々が癌を持つ犬を助ける食事療法を捜すことを行ったときに、知らなかった方式を思い付くために10年かかることを。 ついに、彼らは2つの事が重要な違いを寛解するおよび生存期間生じることが分った: アルギニンおよび魚油。 それの後ろの食事療法そして研究の細部は蟹座の13ページのレポート、アメリカの癌協会のジャーナルとして出版された。

アメリカの癌協会のレポートは癌(lymphoblasticリンパ腫この場合)を持つ犬に血で乳酸およびインシュリンの上昇値があることを示す。 これらの異常な高度は再発に減るシンドロームを生存期間および減らされた時間無駄にすることに同調する。 アルギニンおよび魚油が付いているレベルの正常化によって、研究者はこれらの傾向を逆転できかなり生存期間を増加する。 (段階のための生存期間IIIは補われた食事療法の700日対規則的な食事療法のための400だった; 補われた食事療法の犬のための再発への時間は補足なしに425日対275日だった)。

調査のすべての関係者は所有者が癌治療のためにそれらを持って来たペットだった。 すべては保証されたらdoxorubicinの標準的な化学療法、および他の薬剤を与えられた。 実験食事療法の犬に与えられたアルギニンの量は倍について通常量だった; 魚油は140 g EPAおよび動物の重量の1キログラムあたり120 g DHAだった。 魚油についての重要な点は食事療法のn-6脂肪酸に関連する比率が(ベニバナ油のような植物油から)絶対量より重要であることである。

乳酸およびインシュリンの低下と共に、アルギニンおよび魚油はまた発火を促進するcytokinesのレベルを下げた。 Cytokinesは癌の成長を助け、広がることを可能にすることができる。 オメガ6オイルはこれらのcytokinesの生産を高め、成長を可能にするので有害である。 オメガ3オイルは、魚油のような、反対それら妨げる癌の成長をする。 オメガ3の脂肪酸はまたdoxorubicinに癌細胞に感光性を与えることができる。

イメージ
魚油についての重要な点は食事療法のn-6脂肪酸に関連する比率が(ベニバナ油のような植物油から)絶対量より重要であることである。

アルギニンは免除を助ける

ここ十年間、ペンシルバニア大学の外科腫瘍学者はずっと癌に対してアルギニンの効果を調査している。 アルギニンは2つの違った方法変えられるアミノ酸である: それはLオルニチンになることができるまたはそれは一酸化窒素になることができる。 それぞれに癌に関して異なった行為がある。 一酸化窒素に変えたら、癌を攻撃する免疫細胞のタイプを助ける。 但し、腫瘍はこの応答を促進するタイプであるなる、すなわち、反腫瘍の抗体の生産を誘発する抗原がなければならない。 Lオルニチンに変えたら、育つために癌を助けることができる(副題を、「アルギニン持っているある癌に対する効果の反対に」見なさい)。

癌を持つほとんどの人々に種類の外科がある。 後操作中の免疫の抑制はよくとり上げられる。 1992年に、ペンシルバニアの研究者はアルギニンが癌患者の免除に対する有利な効果をもたらすことを報告した。 上部の胃腸敵意のための外科を経た人々は彼らの免除の重大な面をだけある特定のアルギニンなら、RNAおよびオメガ3の脂肪酸回復する; さもなければ、ある特定の免疫反応は落ち込んでいるとどまる。 彼らは3つの補足が「かなり主要な選挙外科」を経ていた上部の胃腸敵意の患者の免疫学、新陳代謝の、および臨床結果を改善したことを結論を出した。 大腸癌を持つ患者の別の調査では、外科の前の3日間日Lアルギニンの30グラムにより腫瘍はより多くの抗原があった(的を搾るべき免疫細胞のために)。

化学療法を経ている乳癌患者はまたアルギニンから寄与した。 アバディーンの大学からの調査では、各chemoの処置前の3日間30グラム/取った女性は日をより強い免除があった。

アルギニンおよび癌の成長

アルギニンがある種の癌細胞の成長を停止できることが50年代以来知られていた。 癌細胞の成長を不具にするためにアミノ酸の「不均衡」を作成する考えは1958年に出版された。 正常な細胞のような癌細胞は、ちょうど成長のためのある特定のアミノ酸に、頼る。 によってほしくない、および物のそれらを飢えさせて、その後癌治療へ実行可能なアプローチであると証明していたアミノ酸と癌細胞に積み過ぎる考え。

ある癌は余分なアルギニンによって妨げられる。 日本の研究者はラットにアルギニンの注入を与えた同時に吉田の肉腫と植え付けられ、アルギニンは初期でこの癌を遅らせることで非常に有利証明した。 それはまた転移を禁じた。 アルギニンを受け取っているレバーに動物の50%転移が対それを受け取らないそれらのための100%あった。 同様に、75%に肺転移が対100%あった。 アルギニン注ぎこまれた動物では、転移はより小さくより集中させて。 さらに、窒素のバランスを維持するのを助けられ、免疫細胞の活動増加するアルギニン。 蟹座によりアミノ酸の自然なバランスで変化を引き起こす: アルギニンはこれを防げた。

他の調査では、人間の乳癌の細胞(MCF-7)の成長は補足のアルギニンと生体外で遅れた。 アルギニンはまた齧歯動物の乳房の腫瘍の成長を妨げることができる。

アルギニンはある癌に対する効果の反対に持っている

アルギニンは癌の成長を常に停止しない。 それは反対をすることができる。 アルギニン誘発の成長は研究者がある特定の化学療法の薬剤によってもっと容易に殺されるS段階により多くの癌細胞を置くことを試みていた実験でよい効果に実際に使用された。 (しかし通常の状況で成長を高めることは明らかに好ましくない。)

研究は少なくとも1つの膵臓癌の細胞ラインがアルギニン依存していることを示す。 そして他の調査はアルギニンが癌の開発のある特定の段階に与えられれば、よりもむしろ成長、ブロック促進、できることを示す。

イメージ
人間の癌細胞

アルギニンが癌によって、別様に機能できるという理由はarginaseとして知られている酵素とおそらくしなければならない。 癌が多くの酵素を作成すれば、Lオルニチンことをにそれを変えることによって成長を促進するのにアルギニンを使用するようである。 癌が多くのarginaseを作成しなければ、一酸化窒素におそらくアルギニンを代りに変える。 一酸化窒素は戦い癌への免疫細胞によって使用される。 癌細胞がarginaseのためにテストされないので、効果のアルギニンに細胞の成長であるものが言うことは不可能である。 その理由で、現時点でアルギニンの役割は魚油と共に従来の癌治療の間に免疫の興奮剤として潜在的な使用に、限られる。


参照

Brittenden J、等1994年。 multimodalityの処置を受け取る乳癌(>4 cm)を持つ患者のLアルギニンとの食餌療法の補足: 実現可能性検討のレポート。 Br Jの蟹座 69:918-21。

Brittenden J、等1994年。 neoadjuvant化学療法を受け取っている乳癌患者の自然な細胞毒性: Lアルギニン補足の効果。 Eur J Surg Oncol 20:467-72。

ChoチョンYS、等1980年。 Lアルギニンによる生体内で乳房の腫瘍の成長の阻止: adenylateのcyclaseのNAD依存した活発化の刺激。 Biochem Biophys Res Commun 95:1306-13。

Daly JM、等1992年。 操作の後の患者の補足のアルギニン、RNAおよびオメガ3の脂肪酸とのEnteral栄養物: 免疫学、新陳代謝の、および臨床結果[コメントを見なさい]。 外科 112:56-67。

ハープ奏者AE。 1958年。 アミノ酸のバランスそして不均衡。 アンNY Acad Sci 69:1025-41。

Heys SD、等1997年。 Lアルギニンとの食餌療法のsuppplementation: 大腸癌を持つ患者の腫瘍浸透のリンパ球の調節。 Br J Surg 84:238-41。

徴税のHM、等1954年。 ラットの腫瘍の成長に対するアルギニンの効果。 蟹座Res 14:198-200。

Ma Q、等1999年。 大腸癌のL-arginineonのクリプトの細胞のhyperproliferationの効果。 J Surg Res 81:181-88。

Ogilvie GK、等2000年。 魚油、アルギニンおよび赦免に対するdoxorubicinの化学療法およびリンパ腫の犬のための生存期間の効果。 蟹座 88:1916-28。

錘JA、等1993年。 cisplatinかdoxorubicinに対して抵抗力がある人間の腫瘍の細胞のllinesの薬剤の感受性に対するpolyunsaturated脂肪酸の効果。 Br Jの蟹座 67:728-33。

Singh R、等2000年。 人間の乳癌の細胞のArginaseの活動は並ぶ: NTヒドロキシLアルギニンは選択式に細胞増殖を禁じ、MDA-MB-468細胞のapoptosisを引き起こす。 蟹座Res 60:3305-12。

Swaffar DS、等1994年。 アルギニン代謝拮抗物質のL canavanineによる人間の膵臓癌の細胞の成長の阻止[コメントを見なさい]。 蟹座Res 54:6045-48。

橘町K、等1985年。 腫瘍の成長に対するアルギニン富ませたアミノ酸の解決の効果の評価。 J非経口的なEnt Nutr 9:428-34。


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る