生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 7月 2002

イメージ

劇的な証拠はオメガ3に脂肪酸を示す
心臓発作の危険を減らしなさい

イメージ

研究の成長するボディはある特定のタイプの魚および魚油の補足で見つけられるオメガ3の脂肪酸が中心関連の原因による心臓病および急死の危険を減らすかもしれないことを示す。

循環の2002 4月9日、問題で出版された 調査は 魚油の濃縮物の1000のmgが前の3か月内の心臓発作に苦しんだ患者の45%中心関連の原因からの急死の危険を減らしたことが日分った。 16年の期間にわたる1週あたりの魚の最低5つのサービングを消費した 女性が下げた三番目より多く冠状心臓病(CHD)の彼女達の危険をことを明らかにされたJAMAの4月10日、2002問題で出版された第2調査は半分によって致命的な心臓発作の彼女達の危険を減らし。 1から3時ただ魚を1ヶ月あたりの消費した主題は20%によって彼らの危険を下げた。 ニューイングランドの医療ジャーナルの2002 4月11日、問題で報告された第3調査はオメガ3の脂肪酸の血レベルが他のタイプの血の脂肪酸の年齢、煙る習慣または量にもかかわらず高かったときに心臓病のない人が致命的な不整脈(不規則な心拍)による急死を経験する多分81%才だったことを定めた。

これらの報酬を収獲する方法を一致にもかかわらずオメガ3の脂肪酸が中心関連の原因による心臓病および急死を減らすことができること医療専門家は最もよくの矛盾したメッセージを報告する。 生命延長は長く人々が魚、亜麻またはエゴマ オイルからのオメガ3の脂肪酸との冷た水魚そして補足を食べることを支持してしまった。

—エリザベスHeubeck


パーキンソン病のための幹細胞療法

幹細胞の研究の出現以来この神経伝達物質を作るsubstantiaのnigraの’ sの生まれつきの能力を更新することを望む患者の頭脳にドーパミン産出の細胞を作成し、植え付けるために、パーキンソンの’ sの研究者は働いた。 モントリオール、ケベックのCelMedの生物科学の調査チームは首尾よく劇的にパーキンソンの’ s.の徴候を減らすためにこの幹細胞の人間工学を用いた。 それらはシカゴ、イリノイの神経学的な外科医(AANS)のアメリカ連合の年次総会で研究を示した。

イメージ

マイケルLevesque、M.D.、医学出来事のCelMedの’ sの副大統領、およびToomas Neuman、M.D.のNeurodifferentiationのCelMedの’ sの番組編成者神経外科医は、パーキンソンの’ sの病気の患者の頭脳からの幹細胞を収穫した。 これらの細胞はそれから20%がドーパミンを作り出した複数の百万個の細胞をもたらすために培養された。 1999年3月では、これらの細胞は6つの位置の忍耐強い’ sの頭脳にmicroinjected。

忍耐強い’ sの徴候の評価はわかっていなかった神経学者によってプロシージャに続く3か、6かの、9かそして12か月に患者は幹細胞の移植を受け取ったこと行われた。 まだパーキンソンの’ sの薬物、37%および年の後移植によって改良された忍耐強い’ sの運動能力のスコアでオーバーオールはパーキンソンを統一する間、’ sの病気の評価尺度(UPDRS)が薬物なしで83%の改善を示した。

3か月および1年に行われたペット(陽電子の電子伝達)スキャンは調査の’ sの端による前注入のレベルへのドーパミンの通風管のリターンに先行しているドーパミンの通風管の55.6%改善を明らかにした。 療法の’ sの利点は高められたドーパミンの通風管以外要因の結果であることをドーパミンの通風管の継続的だった低下にもかかわらず改善される徴候の測定が提案する事実。 Levesque先生は植え付けられた細胞で現在の他の要素がこの患者で見られる劇的な改善に責任があるかもしれないことを信じる。

忍耐強い’ sからの幹細胞がボディを所有するAutologous幹細胞療法は、である、若年性糖尿病および脊髄の傷害を含んで、現在不治、また打撃および脳腫瘍によってできている神経学的な損傷である他の無秩序のための非常に有望な研究の道得られ、培養され、そして再植え付けられる。 拒絶および伝染の—の患者、共通の問題、またES細胞の—の使用で固有倫理的な、法的心配から引かれる幹細胞の使用によって避けることができる。 幹細胞の研究は画一的な細胞の使用をもはや必要な機能を行うことができない特定のタイプの体細胞を育てる含む。

—のMelissaのブロック


心拍停止のための低体温症

ニューイングランドの医療ジャーナルの2002 2月21日、問題 で現われる2つの調査は 心拍停止を経験している患者の低体温症の使用のための好ましい結果を示した。 5年の期間にわたる複数の中心で心拍停止の研究グループの後で低体温症によって行なわれる最初の調査では心拍停止がおよそ_d時間制の暖め直す期間に先行している24時間32から34の摂氏温度の体温に冷却された後生き返った136人の患者。 このグループは心臓蘇生の後で標準的な心配を受け取った138人の患者の制御グループと比較された。 低体温症のグループでは、患者の59%は45%がそれを受け取っていないグループに残った一方、6かの数か月後に生きていた。 低体温症の処置を受け取っているグループの55%は処置を受け取らなかったグループの39%と比較された好ましく神経学的な結果を経験した。

第2調査では冷却を参加の病院に是認されて受け取るか、またはすぐ冷却しないで処置を受け取るために、病院からの心拍停止の昏睡状態の生存者はランダム化されたら。 グループの低体温症、存続した49%と扱い、家またはリハビリテーション施設に排出された。 低体温症を受け取っていないグループの26%だけは同じような結果を経験した。

イメージ

ジャーナルの同じ問題の社説は治療上の低体温症がずっと50年代以来使用中であることに注意する。 90年代では、低体温症は10から12分の血の流れの欠乏を経験している犬に肯定的な成果を提供した。 新しい治療上のアプローチのための心拍停止呼出し、”および彼らが“心拍停止のそして少なくとも12時間生存者の穏やかな低体温症の使用をできるだけ早く推薦した後社説担当記者、ピーターJ. Safar、M.D.およびパトリックM. Kochanek、M.D.は、“陰気な結果書いた。”の生命延長基礎は資金の低体温症の研究の最前線にあり、この技術が人命を救うことこれらの新しい調査は立証する。

—のDaynaの染料


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る