生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年7月

イメージ

クルクミン

クルクミンおよびisoflavonoidsによる殺虫剤そして環境の化学薬品のestrogenic効果の阻止。

多くの環境の化学薬品および殺虫剤はestrogenicであるためにそしてエストロゲンの受容器肯定的な(えー肯定的な)人間の乳癌の細胞の成長を刺激するために示されているようにあった。 環境のエストロゲンへの人間の露出を避けることは困難であるので可能性としては重要な研究分野は環境のエストロゲンによって胸の腫瘍の刺激された成長を防ぐ食餌療法の作戦の開発である。 クルクミンのクルクミンそして組合せのこの文脈、抑制的な行為およびisoflavonoidsではえー肯定的な人間の乳癌の細胞(MCF-7およびT47D)および殺虫剤o、p' DDTおよび環境の汚染物質4-nonylphenolおよび4-octylphenolによって引き起こされたえー否定的なMDA-MB-231細胞で調査された。 48 hrか6日間の孵化時に測定されたときT47Dの細胞のクルクミンのための中央の抑制的な集中(IC50)は10 microMだった。 クルクミンのためのIC50価値は4-nonylphenol、4-octylphenolおよびoのp' DDTの10のmicroMの集中それぞれによって引き起こされたT47Dの細胞の成長を禁じるための8-10 microMの範囲の内にあった。 o、p' DDT、4-octylphenol、または4-nonylphenolの10 microMによって引き起こされたMCF-7細胞のクルクミンのためのIC50は9、39、および>50 microM、それぞれだった。 クルクミンおよびisoflavonoidsの組合せは95%までえー肯定的な細胞の引き起こされた成長を禁じられた。 MDA-MB-231細胞のために、クルクミンのためのIC50は25のmicroMのgenisteinの前で11 microMに減った17 microMだった。 クルクミンおよびgenisteinはえー肯定的で、えー否定的な細胞の形態学上の形の徹底的な変更を引き起こす。 ここに示されるデータはクルクミンおよびisoflavonoidsの混合物が人間胸の腫瘍の細胞の成長に対して最も有効な抑制剤であることを示す。 これらのデータは自然な植物の混合物の組合せは環境のエストロゲンによって引き起こされる胸の腫瘍の成長に対して予防および治療上の適用があるかもしれないことを提案する。

健康をPerspect 12月1998日囲みなさい; 106(12): 807-12

アリール族の炭化水素の受容器に対するクルクミンおよびMCF-7人間胸の癌腫の細胞のチトクロームP450 1A1の効果。

私達はMCF-7乳房の上皮性の癌腫の細胞のアリール族の炭化水素の受容器(AhR)によって仲介されて発癌物質の活発化の細道がクルクミン、食餌療法の要素およびchemopreventive混合物の相互作用を、検査した。 クルクミンによりタイムおよび集中依存した方法でチトクロームP450 1A1 (CYP1A1)の急速な蓄積mRNA、およびethoxyresorufin-O-deethylationによって測定されるように高められたCYP1A1 monooxygenaseの活動を引き起こした。 クルクミンは電気泳動移動性の転位の試金(EMSA)によって測定されるようにCYP1A1のxenobiotic敏感な要素のためのAhRのDNA結合容量を活動化させた。 クルクミンは隔離されたMCF-7 cytosolのAhRに不良部分のために受容器によって直接相互に作用していることを示す原型のAhRの配位子の2,3,7,8 tetrachlorodibenzo pダイオキシンと競えた。 クルクミンはAhRを単独で活動化できるがEMSAによって測定され、部分的に乳房の発癌物質のdimethylbenzanthracene (DMBA)によって引き起こされたCYP1A1 mRNAの蓄積減らされるように部分的にAhRの活発化を、禁じた。 クルクミンはDMBA扱われた細胞から競争的にDMBA扱われた細胞と隔離された微粒体のCYP1A1活動を禁じた。 クルクミンはまたDMBA-DNAのアダクトの形成によって測定されるようにDMBAの新陳代謝の活発化、および減らされたDMBA誘発の細胞毒性を禁じた。 これらの結果はクルクミンのchemopreventive効果がAhRおよびCYP1A1両方のためにアリール族の炭化水素と競う機能が、一部には、原因であるかもしれないことを提案する。 クルクミンはこうしてAhRの細道の自然な配位子そして基質であるかもしれない。

Biochem Pharmacol 7月1998日15日; 56(2): 197-206

Theanine

M5076卵巣の肉腫に対するadriamycinのantitumor活動に対する緑茶の部品の効果を高めること。

私達はadriamycinに低い感受性を表わすM5076卵巣の肉腫に対してadriamycinの緑茶の部品の結合された処置を調査した。 M5076腫瘍軸受けマウスでは、単独でadriamycinの注入はtheanineおよびadriamycinの組合せが管理水準の62%にかなり腫瘍の重量を減らした一方、腫瘍の成長を禁じなかった。 theanineと結合されたとき、adriamycinの有効なantitumor活動は適量の増加なしで観察された。 Theanineは2.7折目によってとりわけ腫瘍のadriamycinの集中を高めた。 それに対して、theanineは正常なティッシュのadriamycinの集中を減らした。 一方では、生体外の実験はtheanineが腫瘍の細胞からそのような腫瘍のadriamycinの集中のtheanine誘発の増加を生体内で提案するadriamycinの流出を禁じたと証明した。 なお、theanineまたは緑茶の経口投与は同様にadriamycinのantitumor活動を高めた。 結論として、adriamycinとのtheanineの組合せはM5076卵巣の肉腫のadriamycinの非有効な線量にもかかわらずantitumor効力を示した。 私達はtheanineの調整の行為が臨床癌の化学療法に有用であることが分った。

蟹座Lett 11月1998日13日; 133(1): 19-26

doxorubicinとのtheanineの組合せはM5076卵巣の肉腫の肝臓の転移を禁じる。

Theanineは緑の茶葉にあるdoxorubicinのantitumor活動を高めるために前に示された独特なアミノ酸である。 現在の調査では、M5076卵巣の肉腫の肝臓の転移に対するdoxorubicinとのtheanineの組合せの効果は調査された。 第一次腫瘍はM5076によって移植された(s.c。)マウスの結合された処置によってかなり減った。 制御マウスのレバー重量はM5076の肝臓の転移のために正常なレベルに二度増加した。 それに対して、単独でdoxorubicinの注入かdoxorubicinとtheanineはレバー重量の増加を抑制し、肝臓の転移を禁じた。 さらにtheanineがdoxorubicinによって引き起こされた肝臓の転移の阻止を高めたことを、レバー重量および転移のスコアは示した。 なお、生体外の実験はtheanineがM5076細胞に残るdoxorubicinの細胞内の集中を高めたことを示した。 この行為はtheanineが肝臓の転移のdoxorubicinの抑制の効力の強化を生体内で導くことを提案する。 従ってtheanineが第一次腫瘍のantitumor活動doxorubicinのまた転移抑制の効力をだけでなく、高めたことが、証明された。 antitumor代理店の効力に対するtheanineの効果は臨床癌の化学療法で適当であると期待される。

Clinの蟹座Res 2月1999日; 5(2): 413-6


4の ページで 2続けられる


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る