生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年1月

イメージ

世界貿易センター攻撃で殺される会員

ここに生命延長で、私達は私達の家族の一部としてメンバーを見なす。 そういうわけでそれは長い間の会員リンジーHerknessが世界貿易センターの9月11日のテロ攻撃の犠牲者だったことを私達が報告することができるようにとても悲しい。 リンジーは私達に彼の友人の多数を関係していた忠節なサポータだった。 私達が覚えている何をほとんどは老化およびFDAの専制政治に対して私達の同時戦いに私達に感謝するために彼が皆の動揺を手主張したリンジーの個人的な訪問だった。 生命延長の私達は特に彼を救うのに私達の技術的なノウーハウの使用からの私達を排除したように、リンジーの死の方法を悲しませる。 この記事では、私達は彼の生命中の彼を囲んだすべての中心そして心を捕獲した人としてリンジーHerknessに捧げ物を支払う。 リンジーは人命の特別な値を認めるすべて激しく逃される。

小枝Mowattによって

イメージ

世界貿易センターの仕事に9月11日の朝だった多数のように、リンジーは最初の乗っ取られた平面が北タワーに当った後彼が直面した危険を理解し始めることができなかった。 従って彼は彼がモルガン・スタンレーに上席副社長だったところにタワーII、貿易中心の21の床を占めた小売りのブローカー商社の第73床の彼の机に残るために選んだ。 友人への電話では公共事業の発表が人々をオフィスに残るようにせき立てていたことをアメリカン航空飛行11が最初のタワーを打った後、リンジーは報告した。 彼はその残骸がずっと天井からたたき、それが彼落ちていたがことを動揺が彼の椅子を離れて彼をうまくあったことを言った。 最終的に、彼はなかった。

最後の20年のあらゆる休暇の季節、彼のゴルフ友人からののリンジーHerkness軍隊、テニスおよび南瓜を楽しむ相棒は、彼の献身的なビジネス顧客へ、彼のオペラおよび劇場のもみ革、および彼の熱意を共有した人健康熱心に彼の年次クリスマス カードの到着を待った。 リンジーのカードはカスタマイズされ、悪名高かった。 彼はカードがキャプションのスイスのアルプス上の熱気の気球の彼を特色にした彼の旅行彼の1986の1から写真を選ぶかもしれ、「スイスの顧客で落ちる…. 熱気を使って!」 もっと最近、2人の警察によってバッキンガム宮殿から護衛されている彼の打撃は単語を運んだ資金を供給することだけを、「彼女がIRAの記述」に私は陛下に推薦した。

彼の巧績両方の実質を遊ばすことの上で想像されて遊んだカードがあり。 1つでは、彼は彼がニュージーランドの針そっくりの建物から跳ぶバンジーのようである別のものの彼のスキー競争の胸当ての斜面を離れて新しい、まだ。 年を渡る共通の主題は彼の自己軽視のウィットだった。 ウィットは1993年に表示、年の多く彼のバセット ハウンドBeauregardあったこと豪奢に安定した巨大な一流の隣でベッドで。 リンジーは彼の北欧トラックで解決し、彼の賞獲得ペットの方の敬服の念に満ちた一見を投げる背景で見られた。 キャプション年: 「ショーで最もよい」ありたいと思えば。

今では、たくさんのアメリカ人はこれらのカードを通してリンジーについての何かを同様に知っている。 それは彼の友人が彼らの記録的な好みを掘り、壁、街灯柱および車でそして世界貿易センターの9月11日の攻撃の結果としてニューヨーク シティ中現われた間に合わせの記念物で掲示するためにフォトコピーを作る彼らの戸棚およびファイル キャビネットを磨いたのである。 彼のイメージは、シェフの帽子とまた攻撃の犠牲者に捧げられるウェブサイトのいくつかで、広いにやにや笑いおよび卵を振り回すことオンラインで見られた払う。

これらはリンジーの最後の写真である。 そしてそれがカードはこの来ること過去の年それらの活気に満ちたイメージではないことを知るために彼を愛した人のためであると悲しい、今、慰めを含みなさい。 「彼は大きい生命を過した」、長年の友人ダグラスBraffを言った。 「彼に別の日を過してほしい当然、彼は58すばらしい年を過したが、たくさん」取消されて去らなかった。

友人および頻繁な混合ダブルスは、鐘エアーズが同じような感情を表現したSophie組む: 「彼は人生の彼を持っていた彼が」すべてのための伝染性の熱意を愛した。 スポーツから開始。

プロのように

リンジーの典型的な日は第63通りの分点に彼のヘルス クラブに旅行から4:30か5:00 AMに始まった。 そこに彼は彼が頻繁にマンハッタンの連合クラブで南瓜の彼の毎日のゲームの前に後仕事しかし繰り返す楕円ルーチンに40分を使う。 リンジーは両方で選抜し、倍増し、トーナメントをそしてあった勝利に彼の推進を助けた大物の倍パートナーを選ぶための特別な才能が競ったトップレベル南瓜プレーヤーだった。 リンジーを記念して年次混合ダブルスのトーナメントを示していたこと(発表される連合クラブ10月に。)

彼は頻繁に彼のアパートで訓練され、shiatsuの伸張との彼を助けるために個人的なトレーナーをほぼ毎日加えられて重くする。 彼はまたスキーをすることを愛し実際に険しい斜面に達するためにオーストリアのアルプスに頻繁にヘリコプターを運ぶ。 (彼は通常金曜日に去り、日曜日に戻った。) それからテニスがあり、後で生命新しい情熱はにゴルフのための来た。

実際、友人は彼の死、リンジーの前のちょうど幾日が豪雨の真っ只中にクラブ均一なロング アイランドの配管石で彼のゴルフ レッスンを見合わせることを断ったことを報告する。 それにもかかわらず傘の下に立って、彼は集中でき振動を取る前に球からの歩むためにプロ助言にもう2インチ続く。 彼は彼の新しいスタンスと彼がゴルフ練習場を離れて打撃を釘付けしていたまで最初は戦ったが、それで保った。 人々彼の熱意および彼の新しい支配微笑に巨大覚えている。

22年の彼の親愛なる友人、イザベルCardenは頻繁に彼の遊ぶことの彼に伴ったり遠出しかし通常彼に遅れずについていく悩みがあった。 彼らは最後の労働者の日の週末、2時間のゴルフ レッスン、そして速い昼食をつかむための最初作成回目リンクに一組か2をのテニスする先頭に立つ前に1日を一緒に過ごした。 (リンジーは遊んだ。 イザベルは見た。) イザベルがシャワーを取るために、リンジーが彼が付加的な試しのためのトレッドミルで夕方に向かう前に上ったダウンタイムの30分の見通しでとても愕然としたフリー タイムの間弁護した時。 「彼は想像がつくあらゆるタイプの活動と1日24時間詰め込まなければならなかった」と彼女は言う。 「彼は彼の日のいくつかを記述し、私は排出された彼の話をちょうど聞くことを」得る。

リンジーは彼が長時間睡眠の上で使用しなかったので彼の日にたくさん詰め込むことをどうにかして。 ダグはリンジーがまれに眠らなかった夜こと5時間以上覚え、20分の居眠りの完成によって彼のエネルギー準位を一日中維持することをどうにかして。

「組のローラー スケートが彼に遅れずについていくことを必要とした」とダグは言う。 「1つの事をすることがよかったら、そして2つの事をすることはよりよく、3つの事をすることはよりよかった」。

芸術および健康に

スポーツが彼の毎日の活動の重要な要素だったけれどもリストそれは決して唯一の記入項目ではなかった。 マンハッタンの甲革の東側の長い間の居住者、リンジーは都市の文化的な、料理用の供物を探検することを愛した。 彼はオペラもみ革でしたり、劇場および映画館を崇拝し、単一の夕方の3つの党多数に出席するために有名だった。 (ニューヨーク・タイムズのリンジーへのAの 捧げ物は 生活のために働いた少数の糖菓のvivantsの1つとして彼を示した。) 彼が町のまわりで新しいladyfriendsの護衛で喜んだ不断の独身だったけれども、献身的なメスの友人の彼の広範な名簿は典型的なプレーボーイのステレオタイプに挑んだ。 これは女性のための大きい点があった人だった。 実際に、2年間のイザベルとの深刻な交際後で、関係は生涯の友のそれに継ぎ目無く変形させた。

「彼は私の家族だった」と彼女は今言う。 「彼は人々に非常によく、常にそこに彼ののために友人彼はあなたが」想像できる忠実な友人だった。

そう忠節実際、そのリンジーは3つのオープン中心の外科によってイザベルを支えた人だった。 彼は彼女の滞在の持続期間のための集中治療の彼女を一日に三回訪問し、医者に対処し、そして彼女の回復の間に彼女の世帯の整理をすべて扱った。 それはイザベルの健康についての心配からことリンジーの最終的に同様に結合するべき彼女確信した生命延長基礎の長い間のメンバー、だった。 彼女はすぐにビタミンの取得によって彼のステップで続き始め、補足しかし彼の食習慣を複製することは難しいと少し思った。

「私が最初に彼に会ったときに、私は彼にキビをしなければなり、朝食のためのヤマイモはか米および野菜および彼文字通りそれに」、彼女リコールする掃除機をかけた。 「私は誰もそのように」食べることができなかったことを考えた。 彼女はリンジーが離れた沢山の亜麻仁、オートミールおよび魚を置いたこと、そして彼がかなり食べることについて鋭く深刻だったことを覚えている(大体マンハッタン21のクラブの臨時のステーキの夕食)。 彼はまたカリフォルニアの会社から一日置きに飛んだ新しい、有機性農産物を発注した。

会社とのその常時注文を取り消すためにダグが最近呼んだときに実際、所有者はニューヨーク シティに訪問のそれをしばらく前に述べる彼の忠実な顧客のための賞賛の完全だったリンジーは株式取引所床の旅行の彼そして彼の息子を取った。 (他の何人かの人々は特に親切彼が現れった子供にいかに行ったことがあるか彼らおよび彼らの家族が同じような旅行をリンジーからおよび注意された受け取るようにダグに言った。)

そしてビジネスマン、余りに

それはリンジーがよく知っていた領域だった。 彼は非常によい株式仲買人、であり議長のクラブ、最も高い実行者だけのために予約の会員に示される。 リンジーは遊航船の投資のセミナーを提供する最初の仲介商の1才であることによってビジネスの彼の開始を得た。 S.S.フランスのそしてLindbladの探険の彼の初期彼に投資家、そのうちのいくつかの忠節な続を含まれていた同じ家族の3匹の生成が得た。 末までに、彼はへずっと彼の賢人なしで彼らの節約を管理する以上1,000人が、そのほとんど方法上のパニックのイザベルに助言する連絡している投資の評議員だった。 「彼が年および年にそれらをそれほど助けたのでと、私に私を電話しているヒステリー」彼女言ったである人々がある。 「人のタイプだった彼はあった。 彼は皆を」大事にしたいと思った。

リンジーは彼のgodson、ダグラスBraff、Jr.のダグの4歳の子供とその責任を特に鋭く感じた。 彼があったこと確認された独身、リンジーは方法で少し経験がのあった子供しかしそれは試みることからの彼を保たなかった。 「彼はダグラスに非常に寛大だった。 彼はRADIO SHACKに入り、彼が子供についての感覚を持たなかったので、子供のためにおそらく10年より古い意味されたゲームを」、言うダグを買う。 「彼はこの巨大な努力をしたけれどもおよびそれはそうリンジー」だった。

すべての彼の友人に席を譲ること

彼が彼の友人を世話したもう一つの方法は彼の有名な年次カクテル パーティーを通ってあった。 リンジーがニューヨーク シティの標準2寝室のアパート広によるaに住んでいたけれども、彼は友人の彼の大群を同時に収容し始めることができなかった。 彼の解決は独創的彼ABC順に配列した最初の夜に名字AからMの彼の友人、および第2にNからZ誘うゲストのリストをだった。 証明された余りに大きい分けるこれが異なった時に彼更にリストを破壊したときに、同じような興味発言とのそれらを誘うより早い点および彼の単一の都市友人のための遅いスロットを救うことカップルのための郊外と結婚した。 「何によって夜および時をリンジーに行くように誘われたか人々」は言うダグを常に魅了された。

それらの人々のそう多数は10月末頃の彼の大きい挑戦が1時間に捧げ物を限る方法を見つけていたリンジーの告別式で話す要求のダグを包囲した。 フィリップPurcell、議長およびモルガン・スタンレーの経営最高責任者は、レッスンを読み、4他は10月30日にSt Bartholomewの教会で立て部屋だけ群集に(イザベル、リンジーの兄弟ウェイン、彼のよい友人フランク ハミルトンおよびロバートGardiner Dean Witterの元大統領)追悼を提供した。 「サービスが生命の祭典べきであるがすべての人々のリンジーのために、これ[あった]場合」、ことを常に聞くダグを言った。

イザベルに彼女の親友の死に続く週に同様に彼女の手が十分にあった。 だけでなく、彼女はガストン リンジーのBeauregardの猟犬の秘蔵されたバセット ハウンドそして息子、上のそう多くのクリスマス カードの主題を採用した年しかし彼女はまたダグがリンジーの荒廃させていた友人からのたくさんの電話、ノートおよび電子メールに答えるのを助けた。 「私は私が決してそれらののあらゆる1聞かなかった人々からの30の電子メールがあった特別なリンジーがそれらにいかにあったか言ってと」、彼女が言う。 「1人の女性は彼女がリンジーなしでしようとしていたものを彼女が知らなかったことすすり泣くことを、言呼出した。 真実は彼は私達から」ほしいと思おうものが私達がすべてそれそれと得なければちょうどならないことことである。

イメージ



雑誌のフォーラムに戻る