生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年1月

イメージ

FDAを法廷で戦う
弁護人の見通し

代理人のためにミハエルPasano、米国の食品医薬品局に対して上がることは特に満足である。 政府関係機関は普通実質の犠牲者との法律の明確な違反に基づいて刑事告発を始める。 FDAの場合には、それらは頻繁に代わりとなる健康情報を広める人に対して想像充満を持って来るために自身の法的定義を作成する。

イメージ
法廷で、ミハエルは政府の証明を攻撃して恐れていない積極的な訴訟当事者であり避けられない不一致および誤りを指摘する。 彼はハワイからのテキサスおよびプエルトリコに場合を、全国で試みた。

裁判官は頻繁に巨大で激しい行為を含む場合で司会する。 FDAの最初重荷はどうかしてこの同じ刑事部門に合う代替医療になぜかかわるそれら裁判官を確信させることである。 それはFDAの法的定義が真剣に傷が付いていることFDAの主張に答え、裁判官を説得するミハエルPasano仕事である。 その際に、ミハエルはFDAの自身の行ないを支配する規定するプロシージャの立法意思、事歴および迷路を文書化する巨大な時間を使う。 多くの場合、ミハエルはFDAが特定の行為が許されていたかどうかの決定ことをの自身の規則に続かなかったことを示す。

FDAの刑事責任で持って来られる防御の人々ではミハエルの最初仕事は罪が託されなかったこと裁判官に文書化するために細かいところまで法的動きを作成することである。 裁判官が場合を退去させ損えばミハエルの仕事は実際により容易になる。 それは実質の「罪」は起こったことFDAが陪審を確信させなければならないのである。 陪審員になると見込まれる人々が凶悪で激しい違反の日報を読む南フロリダでは、FDAは代わりとなる健康にかかわって深刻な重罪を構成する困難な時間の説得力をこめて陪審員があることができる。 「および納税者資源時間の無駄は」FDAの刑事告発によって坐る月を過ごした陪審員からの頻繁なコメントである「罪」は託されたこと陪審員が確信しなかったので被告を放免するためので。

「FDA」はミハエル説明する軽く扱われる決してべきではない。 FDA始められたテロリズムの欠乏のほとんどの犠牲者有効な防衛を取付ける資源。 FDAは頻繁に前提を空襲し、警告しないで会社資産を握ることによって最初に打つ。 熱心な代わりとなる健康の従業者は支えられた反攻を取付ける経済的な機能に欠けることができる。 FDAに処分で無制限の税ドルがある間、自然な健康の会社は頻繁にFDAに対して長年の戦いの費用をできることができない。

イメージ

「間違った人々で選ばれるFDA」こと起こった何がしかし最後の12年にわたってであるかミハエルを言う。 これらの会社はFDAが彼らの活動によって「詐取された」主張するまさに顧客からの正当防衛のお金を、頻繁に上げる組織の機能があった。 FDAはこれらの顧客の仮定によって代わりとなる健康の会社に対してそれ自身のためのそれ以上の問題を証明する作成した。 FDAの驚きに、これらの人々の多数は反抗的に有能であるために知っていたプロダクトのそれらを奪い取ることを試みることによって健康の欺瞞を託していたのはFDAだったことを考えたことを示した。

ミハエルPasanoに、連邦政府の広大な資源に対して上がることの挑戦は勝利をより甘く法廷でさせる。 罪が託されたことFDAが場合を行ない、確信させなくて陪審にもらう何百万のドルを使うのを見ることは最終的な勝利である。 「それはあなたが自慢している従事を感じることができる戦いである。 デイヴィッド対ゴリアテ少しである」、イェール大学ロースクールのこの50歳の卒業生を言う。

彼がFDAがすべてに対してないことをミハエルPasanoは強調する。 週間FDAの施行のレポートの検討で、ミハエルは「会社が」。人々を傷つけることができる行動で従事している明らかな状態があると言う 問題は、ミハエルに従って、代替医療にかかわるだれでも自動的に公衆に害を与えている、それはどうしても本当」。がではないこと「FDAふりをすることであり

多くの場合、ミハエルは彼の顧客の活動の彼らの意見が犯罪行為を構成しないことFDAの役人を使用それらを確信させるためにできる。 時々分類の変更は要求されるすべてである。 それ以外の場合、彼はFDAに対して代理店に彼の顧客のプロダクトの科学的で、法的妥当性を確認させる訴訟を準備する。

ミハエルはまた生命延長基礎のための広範な仕事をした(「FDA」、を生命延長雑誌 、1996年 9月上の勝利見なさい。) 彼および代理人はラーフの焼跡基礎役人に対してSaulケントおよびウィリアムFaloon 1991年にFDAによって持って来られた56の刑事責任に対する基礎の巧妙な防衛を扱った。 ひとつひとつの充満は最終的に退去した。

法廷で、ミハエルは政府の証明を攻撃して恐れていない積極的な訴訟当事者であり避けられない不一致および誤りを指摘する。 彼はハワイからのテキサスおよびプエルトリコに場合を、全国で試みた。

今日彼が無理しすぎている政府に対する進行中の戦いの非常に堪能な敵であるけれどもミハエルは塀のこの側面に常になかった。 彼はワシントンD.C.の、そして彼がマイアミの米国の代理人のオフィスの経済的な罪の単位を動かし、Fort LauderdaleおよびWest Palm Beachの部分の責任者として役立った南フロリダの中央政府遂行者として7年間、最初に働く司法省の彼のキャリアを始めた。 その間、ミハエルはFDAのような代理店のための打撃を、呼んでいた。

しかし1985年に、彼はずっと彼が一度支えていた政府関係機関の多数に対して法廷で直面することを結局彼自身を見つけるしっかりしたZuckerman、Spaeder、テイラー及びエバンズのパートナーに、なるために米国の代理人のオフィスを去った。 FDAに対する防御の人々の彼の焦点は口伝えの参照によって、ゆっくり始まった。 彼の早い場合普通ずっと公益にあると信じたプロダクトを販売していた人々の反体制文化の依頼人を含んだ(承認されたFDAはなかったが、)。 そのの真っ只中に、ミハエルはFDAに対する9年の戦いの生命延長チームへの一流の付加として推薦された。 米国の市民に利用できる健康の肯定的な影響があるすべてのプロダクトを作ると「それは頻繁に生命に戦いに彼の導入のよい事がその位計画ことをによって偶然起こることそう」、彼言う起こる。

イメージ
「FDAは間違った人々で」選んだこと起こった何がしかし最後の12年にわたってであるか

過ごされるそれらの時間にすべて彼の専門家としての生活の健康の要求を見直して彼の生活の影響が同様にあった。 「私は健康に非常に興味があり」、彼は、彼の妻、エヴァが代替医療に関してはカーブに先んじて、長くあってしまった、そして彼らが頻繁に彼の家の近くで健康食品の店に度々行くことを付け加える言い。 「私は取るビタミンのトンを」。 実際に、作用する彼の接合箇所および軟骨を保つために彼の毎日の工廠に含まれていて男性、またグルコサミンのための一般的なmultivitaminそしてmultivitaminはために練習のための彼の進行中の情熱の下を掘らないためにとりわけ。 ミハエルは彼が冷たい進展を感じれば一般的な健康のためのビタミンCの亜鉛、Echinaceaおよび「多くおよび多く」をおよび彼の免疫組織を後押しするために取る。 それから目の心配およびベータ カロチンの助けが臨時を述べるために自由根本的な損傷ないと関連付けられる退化的な病気を彼が「捕獲物私の目」。を言う他の補足防ぐ酸化防止剤のためのルテインがある

練習のため、ミハエルは自称のスポーツのナットである。 彼のより若い日では彼は仕事の後の週のソフトボール、バレーボール、バスケットボールおよびボーリングあらゆる夜チームを含む異なったスポーツで遊んだ。 そして週末に、彼はテニス、ゴルフのラウンドまたは臨時10k競争のゲームで合う時間を見つける。 彼が結婚したので、彼は彼のチーム スポーツの責任の下で彼がまだマイアミの彼の都心のオフィスからの通りを渡る体育館で彼の昼休みの積み込みのゲームをすることによってバスケットボールのための彼の情熱を満足させるけれども、少しある調子を与えた。 そして、彼はゴルフのラウンドで可能な限り働く。 「私はスポーツをすることが提供できる圧力救助をと」、彼言う強く信じる。 「しかし私をバスケットボール コートの子供のように」。行動しているとき古い人が従事できる近い戦いで始められて得てはいけない

ミハエルは彼の食事療法述べていることでより少なく熱狂的である。 「私はすべての間違った事を食べる」と彼は言う。

フリー タイムがまれな商品であるけれども、ミハエルは映画で取ると知られていたまたは2彼の好みは教父IおよびII.である。 彼はまた大きいGatsbyのような読書特定の 古典を、—愛し、フロリダのキー、山またはカリフォルニア ワインの国にエヴァと時々脱出することをどうにかして。 彼はまた第11回路弁護士の懲戒委員会および南フロリダの刑事裁判の行為委員会を含む何人か裁判所委員会で、役立つ。 彼は米国弁護士協会に頻繁なスピーカーであり、フロリダの弁護士協会の機能および彼は頻繁に現在の法律事務で記事を書く。

彼は述べるためにこれらの活動ないの多くで合える見つけるさらにケースワークで取るためより多くの時間を望む。 しかし彼は同じ問題に常に出会う: 「私の大きな挑戦」、彼は言う、1日に24時間だけ」。あることを「受け入れている

—小枝Mowatt

 


雑誌のフォーラムに戻る