生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年12月

イメージ

ホルモン

心循環器疾患のPostmenopausalエストロゲンおよびプロゲスチンの使用そして危険。

背景: postmenopausal女性のエストロゲン療法は心臓病の減らされた危険と関連付けられた。 しかし心循環器疾患の危険に対する結合されたエストロゲンおよびプロゲスチン療法の効果についての少し情報がある。 方法: 私達は16年間までのベース ラインに30から55年齢だった看護婦の’の健康の調査からの59,337人の女性のフォローアップの間に心循環器疾患とpostmenopausalホルモン療法間の関係を検査した。 ホルモンの使用の情報は2年ごとのアンケートと確認された。 1976年から1992年から、私達は770このグループおよび572回の打撃の冠状病気からの心筋梗塞または死の場合を文書化した。 比例危険モデルが混同の変数ができるように調節された相対的な危険および95%の信頼区間を計算するのに使用された。 結果: 私達はプロゲスチン(多変数の調節された相対的な危険、0.39が付いているエストロゲンを取った女性間の主要な冠状心臓病の危険のマーク付きの減少を観察した; 95%の信頼区間、0.19への 0.78) または単独でエストロゲン(相対的な危険、0.60; 95%の信頼区間、0.43への 0.83)、ホルモンを使用しなかった女性と比較して[訂正される]。 但し、結合されたホルモン(多変数の調節された相対的な危険1.09の打撃と使用間に重要な連合がなかった; 95%の信頼区間、0.66への 1.80) または単独でエストロゲン(相対的な危険1.27; 95%の信頼区間、0.95への 1.69)。 結論: プロゲスチンの付加はpostmenopausalエストロゲン療法のcardioprotective効果を減少させないようではない。

NイギリスJ Med 8月1996日15日; 335(7): 453-61

Postmenopausalエストロゲン療法および心循環器疾患。 看護婦の’の健康の調査からの10年のフォローアップ。

背景。 心循環器疾患の危険に対するpostmenopausalエストロゲン療法の効果は議論を呼び続ける。 ジャーナルの私達の1985レポートは、4年間のフォローアップに基づいて、エストロゲン療法が冠状心臓病の危険を減らしたが、レポートは危険は高められたことを調査が提案したFraminghamから同時に出版したことを提案した。 さらに、打撃に対するエストロゲンの効果の調査は矛盾した結果をもたらした。 方法。 私達は48,470人のpostmenopausal女性、看護婦の’の健康の調査の関係者だった、ベース ラインで癌または心循環器疾患の歴史がなかったし30から63歳に続いた。 10年間までのフォローアップ(337,854人年)の間に、私達は224主要な冠状病気の打撃、405の場合(冠状原因からの重大でない心筋梗塞か死)、およびすべての原因からの1,263の死を文書化した。 結果。 年齢および他の危険率のための調節の後で、現在エストロゲンを取っている女性の主要な冠状病気の全面的で相対的な危険は0.56だった(95%の信頼区間、0.40から0.80); 危険は自然なか外科月経閉止期を持つ女性間でかなり減った。 私達は年齢のエストロゲンの使用独立者の持続期間の効果を観察しなかった。 調査結果は最近彼女達の医者(相対的な危険、0.45を訪問してしまった女性に限られた分析で類似していた; 95%の信頼区間、0.31への 0.66) そして現在の喫煙を報告している女性を除いた危険度が低いグループ第90百分位数(相対的な危険、0.53の上の糖尿病、高血圧、高脂血症、またはQueteletの索引で; 95%の信頼区間、0.31への 0.91)。 決してそれを使用したあらないことは人と比較したエストロゲンの現在および前のユーザーのための相対的な危険は総死亡率のための0.89 (95%の信頼区間、0.78から1.00)および心循環器疾患からの死亡率のための0.72 (95%の信頼区間、0.55から0.95)だった。 現在のユーザーが決してエストロゲンを使用したあらないことは人と比較されたときに打撃の相対的な危険はタイプの打撃に従ってマーク付きの相違無しに0.97 (95%の信頼区間、0.65から1.45)、だった。 結論。 現在のエストロゲンの使用は冠状心臓病の発生の、また心循環器疾患からの死亡率の減少と関連付けられるが、打撃の危険のあらゆる変更と関連付けられない。

NイギリスJ Med 9月1991日12日; 325(11): 756-62

心血管のでき事および癌のpostmenopausalホルモン療法の影響: 臨床試験からの分かち合われたデータ。

目的: 心循環器疾患の発生および心循環器疾患の発生を減らし、ホルモンの扶養家族癌の発生を高めるかもしれないことをある調査が提案したようにpostmenopausalホルモン療法の他の結果を調査した出版された臨床試験からの癌を検査するため。 設計: 偽薬とホルモン療法、postmenopausal女性の対等なグループの療法、またはビタミンおよび鉱物比較しなかったし、心血管または癌の結果を報告した試験は文献から捜された。 主題: 4,124人の女性との22の試験は識別された。 各グループでは、心血管および癌のでき事の女性の数は最初にグループに割振られた女性の数で総計され、分けられた。 結果: 心血管のでき事および癌のデータは通常調査を途中でやめるための理由としてまたは悪影響のリストで、付帯的に与えられた。 ホルモンを対ホルモンを取らないそれら肺のembolusおよび深い静脈の血栓症なしに取っている女性のための計算された確率の比率は心血管のでき事のための1.39 (95%の信頼区間0.48に3.95)およびそれらとの1.64 (0.55から4.18)だった。 本当の確率の比率が0.7以下そのような結果が行われようことはまずない。 癌のために、報告されたでき事の数は有用な結論のために余りに低かった。 結論: これらの分かち合われたデータの結果はpostmenopausalホルモン療法が心血管のでき事を防ぐこと概念を支えない。

BMJ 7月1997日19日; 315(7101): 149-53

postmenopausal女性の冠状心臓病の二次防止のためのプロゲスチンとエストロゲンのランダム化された試験。 中心およびエストロゲン/プロゲスチンの取り替えは(彼女の物の)研究グループを調査する。

文脈: 観測の調査はが、この潜在的な利点は臨床試験で確認されなかった女性のよりエストロゲンを取るpostmenopausal女性の冠状心臓病(CHD)のより低い率を見つけた。 目的: プロゲスチン療法とエストロゲンが確立された冠状病気のpostmenopausal女性のCHDのでき事のための危険を変えるかどうか定めるため。 設計: ランダム化された、盲目にされた、偽薬制御の二次防止の試験。 配置: 20の米国の臨床中心の外来患者およびコミュニティ設定。 関係者: 合計冠状病気の2,763人の女性、そのままな子宮と若くより80年およびpostmenopausal。 平均年齢は66.7年だった。 介在: 毎日1つのタブレットのmedroxyprogesteroneのアセテートの2.5 mgと活用された馬のエストロゲンの0.625 mg (n = 1380)または同一の出現の偽薬(n = 1383)。 フォローアップは4.1年を平均した; ホルモン治療に割り当てられたそれらの82%それを、および3年の終わりに75%は1年の終わりに取っていた。 主要な結果は測定する: 第一次結果は重大でない心筋梗塞(MI)またはCHDの死の発生だった。 二次心血管の結果は冠状revascularization、不安定なアンギーナ、鬱血性心不全、生き返らせた心拍停止、打撃または一過性脳虚血発作および周辺幹線病気含んでいた。 全原因の死亡率はまた考慮された。 結果: 全体的にみて、第一次結果または二次心血管の結果の何れかのグループ間に重要な相違がなかった: ホルモンの172人の女性は分かれ、偽薬のグループの176人の女性はMIまたはCHDの死(相対的な危険[RH]、0.99があった; 95%の信頼区間[CI]、0.80-1.22)。 全面的な効果の欠乏は偽薬のグループ(各P<.001)と比較されたホルモンのグループの純より低い低密度脂蛋白質のコレステロール値および10%のより高い高密度脂蛋白質のコレステロール値11%にもかかわらず起こった。 全面的なブランクの効果の中では、年の年1およびそれ以下の偽薬のグループのよりホルモンのグループのより多くのCHDのでき事の統計的に重要な時間傾向が、4および5あった。 ホルモンのより多くの女性は偽薬のグループによって経験される静脈のthromboembolicでき事(12でより対34分かれる; RH、2.89; 95% CIの1.50-5.58)および胆嚢の病気(62対84; RH 1.38; 95% CI 1.00-1.92)。 力が、ひびを含んで、限られていた癌、および総死亡率(123の死対131なかった複数のもう一方の端ポイントに重要な相違が; RH 1.08; 95% CI、0.84-1.38)。 結論: 4.1年の平均フォローアップの間に、medroxyprogesteroneのアセテートと口頭活用された馬のエストロゲンとの処置は確立された冠状病気のpostmenopausal女性のCHDのでき事の全面的な率を減らさなかった。 処置はthromboembolicでき事および胆嚢の病気の率を高めた。 全面的な心血管の利点の見つけることおよびCHDのでき事の危険の早い増加のパターンに基づいて、私達はCHDの二次防止の為にこの処置を始めることを推薦しない。 但し、CHDのでき事の好ましいパターンを療法の数年後に与えられて、それは続くために既にこの処置を受け取っている女性のために適切であることができる。

JAMA 8月1998日19日; 280(7): 605-13

健康なpostmenopausal女性のプロゲスチンとエストロゲンの危険そして利点: 校長は女性の’ sの健康の率先によってランダム化される制御された試験に起因する。

文脈: 集められた観測の証拠の十年にもかかわらず、危険のバランスおよび健康なpostmenopausal女性のホルモンの使用のための利点ははっきりしない。 目的: 米国の最も一般的な結合されたホルモンの準備の主要な医療補助そして危険を査定するため。 設計: 女性の’ sの健康の率先のプロゲスチンの部品とエストロゲンは、ランダム化された管理された第一次防止の試験(計画された持続期間、8.5年) 1993年から1998年に40の米国の臨床中心によって16,608人のpostmenopausal女性が老化したベースラインのそのままな子宮を搭載する50から79年募集された。 介在: 受け取られた関係者は馬のエストロゲン、0.625 mg/dを、1つのタブレット(n = 8506)または偽薬のmedroxyprogesteroneのアセテート、2.5 mg/dと、活用した(n = 8102)。 主要な結果は測定する: 第一次結果は第一次不利な結果として侵略的な乳癌との冠状心臓病(CHD) (重大でない心筋梗塞およびCHDの死)、だった。 危険および利点のバランスを要約する全体的な索引は打撃、肺塞栓症(PE)、endometrial癌、他による大腸癌、情報通のひびおよび死と2第一次結果が原因含まれていた。 結果: 2002年5月31日、5.2年間のフォローアップ、データおよび安全監視台の平均プロゲスチンとエストロゲンの試験を対偽薬停止することを推薦した後この悪影響のための停止の境界におよび侵略的な乳癌のための検定統計量が超過したので全体的な索引の統計量は利点を超過する危険を支えた。 このレポートは2002年4月30日によって主要な臨床結果のデータが含まれている。 次の通り推定危険の比率(HRs) ([シス形]体言95%の信頼区間)あった: CHD 286の場合との1.29 (1.02-1.63); 乳癌290の場合との1.26 (1.00-1.59); 打撃212の場合との1.41 (1.07-1.85); PE、101の場合との2.13 (1.39-3.25); 大腸癌、112の場合との0.63 (0.43-0.92); endometrial癌、47の場合との0.83 (0.47-1.47); 情報通のひび、106の場合との0.66 (0.45-0.98); そして他の原因による死331の場合との0.92 (0.74-1.14)。 合成の結果のための対応するHRs (シス形体言95%)は総心循環器疾患(幹線および静脈の病気)のための1.22 (1.09-1.36)、総癌のための1.03 (0.90-1.17)、結合されたひびのための0.76 (0.69-0.85)、総死亡率のための0.98 (0.82-1.18)、および全体的な索引のための1.15 (1.03-1.28)だった。 プロゲスチンとエストロゲンに1 10,000人年あたり絶対余分な危険は帰することができる1 10,000人年あたり絶対危険の減少は6少数の大腸癌および5少数のヒップのひびだったが、7つのより多くのCHDのでき事、8回のより多くの打撃、8より多くのPEs、および8つのより侵略的な乳癌だった。 全体的な索引に含まれていたでき事の絶対余分な危険は1 10の000人年あたり19だった。 結論: 全面的な健康を損う危険性は健康なpostmenopausal米国の女性間の平均5.2年のフォローアップのためのプロゲスチンと結合されたエストロゲンの使用からの利点を超過した。 全原因の死亡率は試験の間に影響を受けていなかった。 この試験で見つけられる危険利点のプロフィールは慢性疾患の第一次防止の実行可能な介在のための条件に一貫していないし、この養生法がCHDの第一次防止のために始められるか、または続くべきではないことを結果は示す。

JAMA 7月2002日17日; 288(3): 321-33


4の ページで 2続けられる


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る