生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年8月

イメージ

…不整脈、eczemaの処置を、助けるかもしれない栄養素

イメージ

Q Lフェニルアラニンは不況のためのdeprenylと取ることができるか。 deprenylは毛の抑制剤であるか。

Deprenylは古典的な毛の禁止の抗鬱剤が主に毛A.を抑制する一方、選択的なモノアミン酸化酵素(毛) Bの抑制剤である。 5 mgへの10 mgの毎日の線量では、deprenylを取るとき重要な毛Aの禁止効果がない。 神経Transm [ オーストリア、 1984年、59/1 81-87]の調査は、フェニルアラニンとdeprenylを結合することのantidepressive効力を示した。 この調査は155人の単極落ち込んだ患者を評価し、5 mgへの日日のフェニルアラニンに有効なantidepressive行為がある205 mgとdeprenylの10 mgとの結合された処置が頭脳のL phenylethylamineの蓄積に基づいていたことを結論した。

Q 私はCLAについての詳細を学びたいと思う。 結果を見るためにどの位取る私は必要があるか。 現在、私は2000年のmgを取る日。 私はのまたは突然それを分けられた線量取る必要があるか。 CLAが睡眠と干渉できるあらゆる徴候があるか。

イメージ

ある人間の減量の調査で使用されたCLAの量は他の調査がより高い適量を[Clin Sci (Lond) 12月2000日含んでいたが、純粋な CLAの3000 mgだった; 99(6): 511-6; J Nutr 12月2000日; 130(12): 2943-8]。 各カプセルが76% CLAをもたらす、従って各1000のmgのsoftgelはおよそ760に純粋なCLAのmgをもたらすことを心に留めておきなさい。 従って、CLAの3,000 mgを乗り越えるために少なくとも4つのsoftgelsを取る必要がある。 maximunの脂肪質損失の効果のために、何人かの人々5つから6つの1000 mgのsoftgelのカプセルを毎日早く取る。

1日の早い内にCLAを突然取るべきである。 CLAオイルが繊維およびあなたの血流に吸収されるかもしれないので繊維を持つCLAを取ってはいけない。 CLAは基底の代謝率を後押しするかもしれないので夕方のそれを1日の早い内に取ることが最善ないであり。

Q 最近またビタミンEことをのガンマのトコフェロールの一部分を得ないでアルファ トコフェロールを消費することは危ないかもしれないことを報告した。 後者は生命延長組合せを取るとき丁度1つが錠剤にするすることである。 組合せにガンマのトコフェロールを加えるか。

高潜在的能力のガンマのトコフェロールはオイルの基盤だけで利用できる。 そういうわけでそれはガンマEトコフェロール/Tocotrienolの方式のそれの提供に加えて生命延長ブスターに加えられた。 私達は生命延長組合せのような乾燥した粉プロダクトにオイルの基盤を入れることができない。 私達はあなたの毎日の養生法にガンマEの加えることを日1つのカプセルをか生命延長ブスター考慮することを提案する。

Q 私はNexium 80 mgおよびZocor 60 mgの日刊新聞を取っている心臓病患者である。 私は何に取るべきであるビタミンB12、B6および葉酸のこれらの薬物によって引き起こされる枯渇を補うために投薬するか。

Nexiumは酸生産を妨げる薬剤である。 Prilosecのように、NexiumはB12吸収を禁じることができる。 10 mcgに1日あたりの50 mcgのようなビタミンB12の少量を、持って行くことは薬剤によって引き起こされるビタミンの枯渇[アンのインターンMed 1994年から、保護する かもしれない; 120:211-5]。 ほとんどの人々は500 mcgに最適の利点のためのビタミンB12 (コバラミン)の1000のmcgを取る。 薬剤ZocorはCoQ10を減らすことができる従って少なくとも100に補酵素Q10の1日あたりのmgを取るべきである。 ビタミンEが血管の伸縮性のマーカーを単独でsimvastatinよりもっと改良したのでビタミンEを加えることを考慮したいと思うかもしれない[J AM Coll Cardiol 1998年; 32:711-6]。

Q 何をアミノ酸の「L」接頭辞は意味するか。

アミノ酸はL」か「D」「示すことができる。 専門用語はラテン系のlaevusから右側来、分子が回る方向を示す左右を、それぞれ意味する。 分子の「L」および「D」の形態は互いの構造鏡像である。 ボディによって利用される形態のベストは「L」形態である。


イメージ


雑誌のフォーラムに戻る