生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2002年4月

イメージ

世界中でその缶の助けからの調査より長く住んでいる

今年の医学の更新にアクセスするために ここにかちりと鳴らしなさい

医学の更新のアーカイブにアクセスするために ここにかちりと鳴らしなさい

完全な科学的な概要にオンラインでアクセスするために ここに かちりと鳴らしなさい。


2002年4月の目録

  1. 目および頭脳の新陳代謝に対する酸化防止剤の効果
  2. GHの取り替え療法およびVLDLのコレステロール
  3. DHEASは免疫組織のoveractivityを減らす
  4. ブドウの種のエキスはアテローム性動脈硬化の開発を弱める
  5. ウイルスに対するセレニウム、ビタミンEおよび防衛
  6. 人間の老化の非常に低いGHの線量へのIGF-Iの応答

1. 糖尿病患者の高線量のビタミンEの補足

この調査は10年間以下のタイプ1の糖尿病の患者の網膜および腎臓機能の血の流れの正常化のビタミンEの処置の有効性を定めるように努めた。 この8ヶ月の試験は36タイプ1の糖尿病患者および9 nondiabeticsを評価した。 それらはビタミンE 1,800のIUの/日または偽薬与えられた。 処置の前、糖尿病性の忍耐強いベースライン網膜の血の流れ(29.1ピクセル(2)/sは)かなりnondiabetic主題(35.2ピクセル減った(2)/sのそれと比較されて)。 ビタミンEの処置の後、糖尿病性の忍耐強い網膜の血の流れ(34.5ピクセル(2)/sは)かなりnondiabetic主題のそれと対等増加し、だった。 さらに、ビタミンEの処置はかなり糖尿病性の患者の高いベースライン クレアチニンの整理を正常化した。 口頭ビタミンEの処置は網膜の血の異常を正常化し、glycemic (血の砂糖)制御の重要な変更を引き起こさないで短い病気の持続期間のタイプ1の糖尿病性の患者の腎臓機能を改善することで有効ようである。 これはビタミンEの補足が糖尿病性のretinopathyかネフロパシーをことを開発するために危険の減少の付加的な利益を提供するかもしれないことを提案する。

糖尿病CARE 1999年、Vol. 22、ISS 8、PP 1245-1251


2. Melatoninは練習誘発GHの分泌を高める

メカニズムが明白でないがmelatoninが下垂体の分泌のことを調整の役割を担うかもしれないという証拠がある。 成長ホルモン(GH)は視床下部の下の頭脳の下方部分にある脳下垂体によって分泌する。 視床下部は自律神経システムの機能と内分泌のメカニズムにかかわる頭脳の部分であり気分および動機上の状態の下にある神経のメカニズムの役割を担うようである。 この調査は練習誘発GHの分泌に対する口頭melatonin (5 mg)の単一の線量の効果を検査した。 7人の健康な男性は最高の作業負荷および酸素通風管(VO2max)を定めるために等級別にされた自転車のergometric練習の最初の期間を引き受けた。 彼らは2つのそれ以上の機会に続いて調査され、各調査の手始めのmelatoninか偽薬を受け取る。 自転車の練習はそれの70%に相当してVO2maxで達成された作業負荷の8分の間行われた。 血清GHおよびIGF結合蛋白質1 (IGFBP-1)の集中は練習の後で120分までの調査の手始めからの15分間隔で測定された。 血はまた血ブドウ糖、インシュリン、非エステル化された脂肪酸、IGFBP-3、melatoninおよびバソプレッシンの集中の測定のために見本抽出された。 結果は偽薬と比較されたより大きかったmelatoninの後でカーブの下で区域査定されるようにGHの集中の練習誘発の増加およびGHのレベルのピーク増加を示した。 練習がまた偽薬と比較されたかなりより大きい続くmelatoninだったが、カーブの下で区域グラフで測定されるように達しなかった後IGFBP-1レベルのピーク増加はかなり重大さのレベルに。 練習誘発GHの分泌はhypothalamic細道によって間接的に引き起こされると考えられるのでmelatoninがhypothalamicレベルでGHの分泌を促進することに多分ようである。

ENDROCRINOLOGY 1999年、Vol. 141、ISS 1、PPのヨーロッパ ジャーナル22-26


3. 老化のアセチルLカルニチンそして効果

この調査はエネルギーを提供するラットの中心の細胞のmitochondria (細胞細胞器官)のピルボン酸塩の輸送そして酸化に対するアセチルLカルニチンとの老化そして激しい処置の効果を見た。 ピルボン酸塩のキャリアの活動、またピルボン酸塩支えられた呼吸の率は、老化させたラット、生命の第2年の間に行われる主要な減少からの中心のmitochondriaの両方とも落ち込んでいた(およそ40%)。 但し、老化させたラットへのアセチルLカルニチンの管理は若い制御ラットのレベルにほとんど完全にこれらの新陳代謝機能の率を元通りにした。 アセチルLカルニチンのこの効果はピルボン酸塩のキャリアの分子の内容の変更が原因ではなかった。 ミトコンドリアの基質(酵素によって機能される物質)の輸送に必要な必要なリン脂質であるcardiolipinの中心のミトコンドリアの内容は老化させたラットで著しく(およそ40%)減った。 再度、アセチルLカルニチンを持つ老化させたラットの処置はcardiolipinの内容の年齢準の低下を逆転させた。 アセチルLカルニチンが正常なcardiolipinの内容のことを回復によってミトコンドリアのピルボン酸塩の新陳代謝の年齢関連の漸減を逆転させることが提案される。

FEBS LETTERS 1999年、Vol. 454、ISS 3、PP 207-209


4. DHEAは高いレバー ブドウ糖の活動を抑制する

酵素を新陳代謝させるレバーおよび筋肉ブドウ糖と血ブドウ糖に対するdehydroepiandrosterone (DHEA)の効果はインシュリン抵抗力がある糖尿病性のマウスで調査された。 結果は同じ条件の下のtroglitazoneの管理の後でそれらと比較された。 DHEAおよび5匹のマウスのそれぞれのグループへの15日間troglitazoneのdheaの食餌療法の管理各かなり減らされた血ブドウ糖。 アンドロステンジオン、DHEAの代謝物質が糖尿病性のマウスのこれらの酵素活性か血ブドウ糖の、やっと影響を与えたので、troglitazoneのそれらに類似しているDHEAの行為はDHEA自体によって引き起こされると推定される。 DHEAは糖尿病性のマウスのブドウ糖を作り出すレバー酵素の活動のための調整の代理店として考慮される。

DIABETES 1999年、Vol. 48、ISS 8、PP 1579-1585


5. 鉛の毒性に於いてのアルファlipoic酸の酸化防止役割

鉛の毒性のメカニズムとして酸化圧力の仮定は酸化防止剤が鉛中毒の処置の役割を担うかもしれないことを提案する。 この調査は鉛露出されたハムスターの卵巣の細胞の高められたprooxidant/酸化防止比率の調査した(これの)バランスをとり直すことのlipoic酸(LA)の効力を。 血の鉛のレベルおよび鉛扱われたラットのティッシュを減らすLAの能力はまた検査された。 LAの管理は増加するグルタチオン(内生酸化防止剤)のレベルおよび鉛露出された細胞および動物のmalondialdehydeのレベルを減らすことによって細胞のチオール容量の重要な改善で起因した。 これは鉛誘発の遊離基の強い酸化防止転位を示した。 これの細胞の文化へのLAの管理はかなり集中依存した方法の鉛の処置によって禁じられた細胞の存続を高めた。 但し、LAの管理は有名なchelator、管理水準にそれらを減らせたsuccimerと比較された減少した血またはティッシュの鉛のレベルで有能ではなかった。 従って、LAは総代理店としてよりもむしろ、chelatorを伴って、鉛中毒の治療上の介在のためのよい候補者のようである。

遊離基BIOLOGYおよびMEDICINE 1999年、Vol. 27、ISS 1-2、PP 75-81


6. 侵略的な菌類伝染の挑戦

全身の菌類伝染により白血病の患者で伝染関連の死のほぼ25%を引き起こす。 延長されたneutropenia (免疫細胞の減少)との特にそれらは批判的に病気の集中治療の患者と扱われるか、または固体腫瘍およびエイズのために移植を受け取った個人で危険な状態、また菌類が運ぶ病気現れるであるが。 白血病の出血の改良された管理を伴うエイズの広がりそしてより積極的な細胞毒素の化学療法そして細菌感染および他の癌患者はこれらの侵略的な菌類伝染の発生を促進した。 これらの生命にかかわる複雑化は悪い予想を診断し、扱い、従って運んで困難に残る。 長年にわたり、全身の伝染を扱う唯一の現実的な選択は管理が多数の悪影響と関連付けられるために知られていたamphotericin Bだった。 今度はamphotericinのより少なく有毒な公式は臨床使用、またある特定の菌類伝染の処置に有効で、より少なく有毒な代わりを提供するようである複数の新しいトリアゾールのために利用できるようになってしまった。

CHEMOTHERAPY 1999年、Vol. 45、Suppl。 1、PP 1-14



雑誌のフォーラムに戻る