生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年9月

イメージ

女性の性機能障害のための可能な処置

イメージ

新しい調査結果は最近催されたアメリカの泌尿器科連合の年次総会、アナハイム、カリフォルニアでDHEA (dehydroepiandrosterone)が悩みが減らされるから生じるかもしれない女性の性機能障害を扱って有用であるかもしれないことを、提案する示したこのホルモンの水平になる。 調査は衰退の性欲と32人の女性を含んだ、またarousalおよびオルガスム問題は、全部50ミリグラム約5か月間DHEAの1日あたりの管理された。 フォローアップ、被験者の大半は自発性報告した、arousalおよびより高い性の興味への短い時間の顕著な増加を。 さらに、女性の80%に彼女達のテストステロンがあり、DHEAのレベルは常態に戻る。

調査は両方の人および女性の男性ホルモンのレベルが性の、精神および身体的健康に非常に影響を与えることを示した。 特に、エストロゲンのDHEA、前駆物質およびテストステロンに成長する興味がずっとある。 証拠は反老化の効果の点ではDHEAの潜在性をこれまでに指し、Alzheimer、関節炎、ループス、不況、癌および性機能障害に関連して調査されている。 残念ながら、DHEAの後でレベルは20年代に最高になり、30年代、その後落ち始める。 そして何人かの人々で、underactive副腎は思春期からのあくまで低水準に前にくずれる。

女性の性機能障害の調査に遅らされた後ろ男性集中させた研究がある間、男性ホルモンが女性、また人に影響を与えるという知識は女性の調査で拍車をかけた。 1994年に、マサチューセッツ男性の老化の調査はDHEAの血清のレベルが勃起不全[Reiter WJの等泌尿器科学3月1999日の発生と逆に 関連していた ことを示した; 53(3):590-4; 議論594-5]。 その調査は40人、20および偽薬を取る6か月間DHEAの日刊新聞の50ミリグラムを受け取っているそれらの残りの半分を見た。 それから1999調査は悩んだ何が男性のリビドーは女性を同様に助けるかもしれないことを示した。 ドイツの研究者は50ミリグラムDHEAが毎日4か月間「副腎の不十分」の女性の不況そして心配の徴候を(とりわけDHEA)減らしたり改善した、またかなり彼らの性の健康および全面的な福利を[Wiebke A、等NEJM 9月 1999日 30日341(14)日ことが分った: 1013-1020]。 -アンジェラPirisi



にんじん、トマトは肺癌を離れた保つ

イメージ

ハーバード研究者は消費する大人はいろいろなカロチノイドその位消費しない人より成長の肺癌のかなり危険度が低いのがあることを提案する大きい調査の結果を出版した[AJCN 2000年; 72:990-997]。 カロチノイドは別の方法で遊離基の活動およびそれが作成する酸化圧力によって与えられるDNAおよび細胞膜の損害を妨げる酸化防止剤である。 すなわち、人々の食餌療法の習慣を調査し、それら後で10から12年との追った後、調査はおよびアルファ カロチン(にんじんで見つけられる混合物)ことを食事療法がリコピンの多くを(含んでいた個人がトマトで見つけられるカロチノイド)最も大きい予防の利点を経験したことが分った。 その間、ほとんどのアルファ カロチンを消費した禁煙家の危険の63%の減少は注意された。 喫煙者は、一方では、リコピンから、ない他のカロチノイドから主に寄与した。

他の研究者は前にいくつかのカロチノイドが異なった野菜の異なった集中にあるので、いろいろな野菜を消費することは有利であることを指摘してしまった。 例えば野菜(ベータ カロチン、アルファ カロチンおよびルテイン)で見つけられた3カロチノイドの高い中央の取入口があった主題は肺癌[蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev 1993日5月6月の最も危険度が低いのがあったことが、健康な制御を用いる肺癌と人および女性を比較した分られるハワイ大学の調査官によるより早い調査癌研究の中心 、; 2(3):183-187]. 研究者はそれ、彼らの前の調査結果に一貫したコメントした、「この分析ある特定のカロチノイドの保護効果と特定のカロチノイドで豊富な食糧だけと比較されるいろいろな野菜の消費によってできられるより大きい保護に肺癌に対して提供するそれ以上の証拠を」。は

より早い研究はまた平均以下の消費[胸郭1999年と比較されたとき果物と野菜の高い取入口、また全穀物が、肺の機能を一般に改善するようであることを示した ; 54:1021-1026]。 データは3000人(年齢40に調査が始まったときに59)にからフィンランド、イタリアおよびネザーランドの60年代の間に、集められた。 結果は研究者をビタミンCおよびEおよびベータ カロチンが航空路の損傷を戦うために責任があったことを結論するために導いた。

イメージ

、その間カロチノイドが癌の異なった形態のための防止の手段であることを専ら提案するために、多くの証拠は肺癌浮上した。 考慮しなさい、例えば、ウルグアイからの2年の調査が(ベータ カロチンから変えられる)そのビタミンA報告したこと、アルファ カロチンおよびリコピンは胃癌[Eur Jの蟹座Prev 10月2000日への強い反対関係と 関連付けられた; 9(5): 329-334]。 食事療法の役割に関連して360の制御と確認された胃癌の120の場合を比較した分られる調査、またことが胃癌のはっきりと減らされた危険に翻訳されるアルファ カロチンおよびビタミンCの接合箇所の取入口。

ハーバード研究者はコメントするが、より多くのにんじんかトマトを食べるそれは肺癌を防ぐことの手段として煙らないことと比較しない。 — AP



記憶ビタミン

覚えることができない誰かを知っていればそれらはビタミンを必要とする場合もある。 房大学研究者はだれが血のより少ないfolateがあるべきを覚えることができないか60の年齢にわたるその人々を報告する。 リンクはまたホモシステインの悪い記憶とレベルの間で見つけられた。 ホモシステインはメチオニンの可能性としては有毒な副産物、蛋白質補足のfolateと下げることができる動物で豊富に見つけられるアミノ酸である。

調査は認識機能、ホモシステインおよびビタミンのシリーズの最新である。 ビタミンB6、B12は記憶をfolate改良し。 ビタミンB12が考える心理的な健康および機能のために重大であることが長く知られてしまった。 ビタミンB6はのよりよい記憶と1996の房調査する接続され、認知をよくするためにfolateは一貫して結ばれた。 ビタミンはメチル化を高めるので、頭脳機能に必要なプロセス働くかもしれない。 代わりとなるシナリオはfolateおよびB12がだけでなく、メチル化を妨害するが、減らしたり自体をニューロンに有毒であるホモシステインことである。

イメージ

最も最近の調査では、リコールできる人々のホモシステインのレベルは10.6 µmol/L.以下物語の6つの要素入った。 の物語の概念覚えることができなかった人々は11.3から14.8 µmol/L.でテストした。 相違が微量、ホモシステインに関しては、小さく間、最も大きい違いを生じることができる。 ホモシステインおよび心臓病の調査では、血のリットルの1つのmicromoleの相違は重要証明した。

調査の関係者すべては60歳にあった。 年齢とまた覚えられない間の関係は現れた。 60の年齢に近い方の人々は70に近い方の人々より単語の記憶でたくさんよくした。 残念ながらしかしそれはホモシステインにすべて責任にすることができない。 単語および概念はより古かったことを覚えているつらい時を過したホモシステインにもかかわらず人々は、水平になる。 但し、調査で演説しなかった重大な事の1つはB12状態だった。 FolateおよびビタミンB12は認知を高めるために協力する。 単語のうちのどれかがだったか覚えることができなかった高齢者達の何不十分なB12は知られない。 B12不足は(明白テストにであるかどうか)、高齢者達の頻繁な不足であり、補足B12は増加の語学力に示されていた。 Framinghamの中心の調査の分析に従って、高齢者は彼らが補足を取らないか、または強化された穀物を食べれば不十分なB12であるために本当らしい。 より古い関係者の食事療法そして健康は調査で演説しなかった。

アイルランドの研究者はホモシステインについて興味深い何かを非常に報告し、老化する。 彼らはことが人々70に89より90一般に持たれていた低いホモシステイン上の人々分った。 遺伝子かビタミンを含んでこれのための明白な説明が、なかった。 しかし8 µmol/Lのまわりのホモシステインを持つこれらの高齢者達は(89歳への70のための9.8と比較される)偉大な人をしていた。


Eastley R、等2000年。 痴呆および認識減損のビタミンB12の不足: neuropsychological機能に対する処置の効果。 Int J Geriatrの精神医学 15:226-33。

McCaddon A、等1998年。 Alzheimerのタイプの老人性痴呆症の総血清のホモシステイン。 Int J Geriatrの精神医学 13:235-9。

Morris MS、等2001年。 Hyperhomocysteinemiaは第3国民の健康および栄養物の検査の調査の貧乏人のリコールと関連付けた。 AM J Clin Nutr 73:927-33。

Rea IM、等2000年。 北アイルランドのコミュニティ生存nonaganariansにより低い血しょうホモシステイン同じようなmethylenetetrahydrofolateの還元酵素の70-89歳の主題と比較されるthermolabile遺伝子型の流行がある。 Athersclerosis 149:207-14。

Riggs KM、等1996年。 ビタミンB-12、ビタミンB-6、標準老化の認識性能へのfolateおよびホモシステインの関係は調査する。 AM J Clin Nutr 63:306-14。

Tucker KL、等2000年。 血しょうビタミンB-12の集中はFraminghamの子孫の調査の取入口の源に関連している。 AM J Clin Nutr 71:514-22。



雑誌のフォーラムに戻る