生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年9月

イメージ

3の2ページ

叩くクルクミンの力

筋肉再生

修理が現在知られている何でもよりよく押し進むことそれをまたはない、クルクミン持っているそれで何かを信じなさい。 スパイスのウコンから得られて、クルクミンは注入か副作用なしで回復を促進する。 データは予備であるが、クルクミンが口頭で取られるとき、傷つけられた筋肉に的を搾る機能があるようである。 そこに、それが赤ん坊の筋肉細胞の生物化学を変えれば、一緒により速く育つためにおよび群生をより速く新しいティッシュを作成するためにそれらもたらす。 調査に従って、それらが通常速くクルクミン二度一緒に溶けるべき引き起こされた筋肉細胞。

それはクルクミンがいかに働くか丁度知られない。 しかし研究者はクルクミンが成長因子に影響を及ぼす要因を抑制すること知っている。 この要因、NF B (核要因Κ B)、演劇免除に於いての大きな役割および細胞の成長。 筋肉傷害の直後に、免疫組織は区域に細胞を急派する。 仕事は古いティッシュを破壊し、新建設を始めることである。 NF Bは事を終らせる免疫細胞の使用通信回線の1つである。 NF Bに影響を及ぼすことによって、クルクミンは修理プロセスを調整する。

筋肉の再生は複雑な現象である。 クルクミンは部分でcytokinesとして知られている化学メッセンジャーの到着時間そして状態の変更によってはたらく。 Cytokinesは場面に前もって現われ、それらは発火および細胞の成長に対する強力な効果をもたらす。 IL-6 (interleukin6)として、知られているcytokineは例えば筋肉細胞を増加させる。 もう1つは呼ばれたTNF (腫瘍壊死要因)育つことからの細胞を保ち、成長する。 1つを抑制し、他を高めることによって、クルクミンは事を促進できる。

調査の著者はクルクミンがおそらく成長因子を含むが、これはまだ証明されていない他のメカニズムによって働くことを信じる。 筋肉を作る他の試みでは再生しなさい、研究者はある程度の成功とmyoblastsすべての総合的な成長因子か移植を注入することを試みた。 クルクミンは初期の最少処置でより有効大いにより安全ようである。 クルクミンの効果はボディが最初に修理分隊を送り出すとき傷害の後で早くオン右に感じられる。 従って筋肉再生のためのクルクミンを試みたいと思ったら傷害が起こるとすぐそれを取るために確かめなさい。 調査の著者はクルクミンが偶然の傷害かスポーツのためにだけでなく、有用である、外科損傷の修理をまた助けるためにことを予測する。

Thaloor D、等1999年。 NF- Bの抑制剤のクルクミンの全身の管理は外傷性の傷害の後で筋肉再生を刺激する。 AM J Physiol 277 (2つのpt 1): C320-29.

そこにこの表面上は奇跡的な物質のための他の有望な含意のようである。 研究はかなり脂質の過酸化反応を逆転させ、頭脳の酸化防止剤を促進することによってエタノール誘発の脳損傷に続くクルクミンのneuroprotective利点を示した。(16) 科学者はまた齧歯動物で証明されたようにずっとレバー癌のへ前駆物質である場合もある増殖異常な細胞の成長および化学誘発の発火の抑制で成功している。(17)

最も新しい調査のいくつかはエイズのウイルスの進行の抑制剤としてクルクミンの潜在性を指している。(18) クルクミンがHIVウイルス(HIV)の開発のintegraseの活動をいかに禁じるか分析される国立癌研究所の研究者。 Integraseは細胞の正常なDNAにHIVの遺伝子を挿入する酵素である。 彼らの観察に基づいて、政府の研究者はHIVの開発のintegraseの有効な抑制剤としてクルクミンを指す新しい反エイズの作戦が開発されなければならないかもしれないことを提案した。

大いに先に調査はウイルスの開発の過程においてプロテアーゼの行為を、別の酵素禁じる機能のようなクルクミンの反HIVの活動のための他の原因を、検査してしまった。(19)

もっと最近、科学者はクルクミンがHIVと関連付けられるエプスタイン・バール・ウイルス(EPV)の形成をいかに妨げるか検査した。 ウイルスにより伝染性単核球症およびnasopharyngeal癌腫のような病気を引き起こすことができる。 1つの調査では、(20) 科学者は類似したapoptosisをあったものがにクルクミンとEPV感染させた癌研究にリンパ性細胞を扱うことが増加したことを発見した。 「この効果のより詳しい調査防止に有用かもしれ、immunodeficient患者のB細胞のリンパ腫の療法は」、は研究者書いた。

イメージ

医者はクルクミンが、他の共通のスパイス間で、エシェリヒア属大腸菌のような細菌が照射によって破壊されることを防ぐことができることが分った。(21) インドからの調査で達される調査結果は放射線療法を経ている人々の健康なティッシュを保護するのにクルクミン使用および他のスパイスのエキスができる含意を運ぶ。 それはこと調査赤いチリ パウダー、黒胡椒で使用されるスパイス信じられ、放射能漏れからの細菌のDNAの妨害によって保護効果をウコン提供した。 研究者は普通プロセスによって準備される食糧に使用される照射の線量が十分に高くエシェリヒア属大腸菌を殺すことであるので心配する必要はない付け加えた。

検討

過去5年間にわたる調査がクルクミンの利点を示した後調査はウコンで、物質見つけた。 疾患の範囲のための処置としてインド人そして他の文化による前に6,000年、医療専門家がもっと最近未開発の潜在性を発見し始めている限り使用される。

加速された治療

傷の処置はクルクミン、それによってなる高められるかもしれない。 クルクミン扱われた未処理のラットおよびモルモットのグループを使用して実験では、研究者は彼らの未処理の同等と比較された扱われた動物の「より速い傷の閉鎖」を発見した。 傷のそれに続くバイオプシーはmyofibroblastsのような傷の場所に表皮細胞の再開発、他のいろいろな細胞の高められた移動、血管の繊維芽細胞および大食細胞および広範な再生示した。

調査へのフォローアップとして、科学者は損なわれた治療を経験した糖尿病性の齧歯動物間の同じような結果に達した。 見つけられた研究者は傷の場所に血管の形成、高められた細胞移動、およびコラーゲン、結合組織で見つけられた繊維状蛋白質骨および軟骨のハイ レベルを改良した。

動物のクルクミンによって直る傷のSidhu GSの等強化。 傷修理Regen 1998日3月4月; 6(2): 167-77。

Sidhu GSの等クルクミンはstreptozotocinによって引き起こされる糖尿病性のラットおよび遺伝的に糖尿病性のマウスで直る傷を高める。 傷修理Regen 1999日9月10月; 7(5): 362-74。

医学はapoptosisとして知られているプログラムされた細胞死を引き起こし、転移を禁じることによって癌の腫瘍の形成そして成長を戦うクルクミンの能力の印を見つけた。 クルクミンはまた遊離基の炎症抑制、清掃動物、激流のようなある特定の眼疾患そして条件のための処置、エタノール誘発の悩障害、増殖に対する有効な療法とHIVウイルスの抑制剤として関係した。 大いにより長くの前に、クルクミンが医学の回転をスパークできることを考えることはもっともらしいかもしれない。


3の ページで 3続けられる

 

 

 


 


 


雑誌のフォーラムに戻る