生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年9月

イメージ

生命のスパイス
クルクミンの力の鍵を開けること

3の1ページ

イメージ

病気の防止へのキーがあなたの台所棚近くあったかどうか想像しなさい。 それは誰かのないプロダクト想像、医学研究の年のプロダクトでありではない。 科学者は病気、特に癌に対して有効で新しい予防療法として有名なスパイスに注目し始めている。

ジョンC.マーティン著

蟹座は5,000,000日に1,500人以上aの生命をその後取ったり1990および米国の第2一流の死因である。(1)

それらの統計量が驚くほどの間、医学界は新しい病気および発見それの処理の可能性としては有効な方法の後ろのメカニズムの焦点を維持している。 同じような重点は遺伝のレベルの防止にますます科学者が「発癌の後ろのミステリーの覆いを取るように試みると同時に」特に置かれる。

医学の腫瘍学者の注意を引き、研究者がこのごろクルクミンとして知られている物質である何がショウガの植物家族の部分であるスパイスのウコンで見つけられる自然発生する黄色い顔料。 ウコンはスパイスとして、いろいろな病気の処置のための薬として生産国で広くだけでなく、消費される。 それはインドの従業者間の炎症抑制としてずっと昔に使用された。(2)

今日、クルクミンは大いにより広い潜在性を示している。 だけでなく、エキスは酸化防止としておよび炎症抑制働くが、細胞レベルで癌に焦点を合わせる過去の4年の一連の調査はある刺激的な調査結果を明らかにする。 一つには、研究は死でクルクミンがapoptosisをことを引き起こすことによって癌性細胞増殖を遅らせる強力な発癌性の抑制剤であることを前処理プログラムを作成された一組のその細胞内のプロセス起因する発見している。

クルクミンは癌拡散を目標とする

酸化防止剤としてクルクミン

クルクミン、共通の世帯のスパイスで見つけられるエキスはもはや共通ではない。 それはずっと酸化防止および炎症抑制の質のための医療専門家のここ数年間間の注意をますます引いている。

ボディが肉体的なけがに答えるとき、一連の変更はを通ってどの遊離基が解放されるか起こる。 これらの遊離基、か「オキシダント伝染のような外国の侵入から」、はボディを、保護する。 但し、殺害の侵入の細菌の過程において、オキシダントはまた私達の細胞に害を与えることができる。 そのようなオキシダントはスーパーオキシド、過酸化水素、水酸ラジカルおよび脂質の過酸化物を含むことができる。 やがて私達の細胞がこれらの遊離基によって影響され続けるまたはオキシダント、器官退化し始めなさいように。 結果は癌をもたらす慢性の発火、心臓病、老化する加速および無秩序の細胞の成長のような病気および条件のどれである場合もある。

ボディに遊離基の損傷からそれ自身を保護する作り付けの防衛メカニズムがあるが結局、老化することおよび病気はオキシダントを追い詰められた保つボディの機能を減らす。 調査はクルクミンが禁じることができる示したりまたは掃除しか、または遊離基を中和し、そしてそれに続く酸化連鎖反応を壊すことによって多分このプロセスをことを逆転させる。

1995年には早くも研究はクルクミンを含んでいる食事療法がこの酸化圧力を制限できることを示した。 インドの科学者はクルクミンによって禁じられた脂質の過酸化反応、スーパーオキシドおよび水酸ラジカルを見つけた。

2つの最近の調査は昨年出版された。 最初の分析では、科学者は牛のような大動脈のendothelial細胞へのクルクミンによる長期暴露が「酸化損傷への高められた細胞抵抗で」。起因したことが分った

別の調査の医者はクルクミンがマウスのレバーのトリクロエチレンによって引き起こされた酸化圧力を抑制したことを発見した。 研究者はクルクミンの利点がperoxisomeの細胞レベルの増加を禁じる機能から得られるようであることを細胞の酸素の利用と関連付けられた部品結論を出した。

LDLの酸化、「悪い」コレステロール、演劇アテローム性動脈硬化の開発に於いての重要な役割。 その知識に基づいて、医学の研究者はまたLDL酸化および血しょう脂質レベルに対するクルクミンの効果を検査した。 1つの調査では、スペインの医者は18匹のウサギにアテローム性動脈硬化を引き起こすためにコレストロールが高い食事療法に与えた。 ウサギは3グループに分けられた; 1つグループは体重の1キログラムあたりクルクミンの1.66ミリグラムを与えられた、第2グループは3.2 mgを与えられ、第3グループは制御に指名された。 7週後で、調査官はグループがより低い脂質の過酸化反応へのクルクミン適量に減らされたLDLの感受性与えた、適量のグループは両方ともより低いコレステロール値があったことが分り。

Motterlini R、Foresti R、Bassi R、緑CJ。 クルクミン、酸化防止および炎症抑制の代理店は、ヘムのオキシゲナーゼ1を引き起こし、酸化圧力からendothelial細胞を保護する。 自由なRadic Biol Med 4月2000日15日; 28(8): 1303-12。

ウコンのエキスのラミレス トルトサMCの等経口投与はLDLの酸化を禁じ、実験アテローム性動脈硬化のウサギでhypocholesterolemic効果をもたらす。 アテローム性動脈硬化。 12月1999日; 147(2): 371-8。

自然なcurcuminoidsのルビー色のAJ等反腫瘍そして酸化防止活動。 蟹座Lett 7月1995日20日; 94(1): 79-83。

渡辺Sのtrichlorothylene誘発の酸化圧力に対するクルクミンの福井T. Suppressiveの効果。 J Nutr Sci Vitaminol 10月2000日; 46(5): 230-4。

2つの最近の調査では、ニューヨークのコロンビア大学の科学者は前立腺癌に対してクルクミンの治療上の潜在性を研究した。 昨年1つの場合では、科学者はクルクミンにapoptosisを引き起こし、普通成長プロセスを始める細胞の蛋白質シグナリング細道ことをとの干渉によって前立腺の細胞増殖を生体外で禁じる強力な機能があったことを発見した。(3) ちょうど最近、研究者は動物モデルの同じような結果を達成できるかどうか定めるためにそれらの調査結果を拡張した。(4) 彼らの最も最近の調査で、研究者は6週間2%のクルクミンの食事療法に与えられた、マウスにsubcutaneously注入された前立腺癌の細胞が、広く成長してなかった分り、重要なapoptosisをことが経た。 「かなり前立腺癌の成長を…禁じ、ホルモンの処理し難い州にこの癌の進行を防ぐ潜在性があるように完了されたクルクミン」は調査の著者可能性としては治療上の抗癌性の代理店であることができる。

けれども前立腺癌はクルクミンの唯一のターゲットではない。 他の癌の調査はこの陰謀的な物質についての同様に強力な結論を出した。

調査はウェインの州立大学のこの過去のばね実験室のある特定の胃腸および結腸癌に対するクルクミンの効果を調査した。(5) 複数のimmunoblotの分析はクルクミンが細胞増殖を妨げた示し、胃腸および結腸癌の細胞ラインのapoptosisをことを引き起こした。

中国の調査はクルクミンが文化または繊維芽細胞大きいマウスの胚結合組織で見つけられた繊維の形成で固有平らな楕円形の細胞のある特定の皮、コロン、腎臓および肝臓癌の細胞に、導入されるときより早い見つけられたapoptosis 5年のである結果出版した。(6)

齧歯動物を使用して他の調査は物質が(7)または口頭で0.2%か1%の集中で原則的に加えられるときクルクミンが皮の発火を減らすこと、細胞液体の浮腫の異常な蓄積の形成を、に終って 禁じること膨張および皮腫瘍をことを禁じることで有効であることを見つけた。(8)

クルクミンは他のタイプの癌に対する同じような効果をもたらした。 ポーランドの研究者が昨年apoptosisが生じたリンパ節から成り立つティッシュで見つけられたリンパ性細胞それらののエキスの潜在的能力を査定したときに、apoptoticが徴候はテストされたさまざまな細胞報告された科学者で独特に異なっていた。(9)

目の無秩序の処理

クルクミンは外見上あなたの典型的な台所スパイスより多くである。 ショウガに黄色がかった色を与える、ある特定の眼疾患および状態の処置で関係したのは物質であり。 それらの1つは慢性の前方のuveitis (CAU)として、目の管の層、アイリスから成り立つ特に区域の炎症性状態知られている。 1つの小さい調査では、クルクミンは2グループに分けられた32人の慢性の前方のuveitisの患者に口頭で与えられた。 最初のグループは第2グループがクルクミンおよびantitubercular処置の組合せを受け取った一方、単独でクルクミンを受け取った。 非常に、患者全員はだけクルクミンと改良した、組合せ療法を受け取るそれらの中の86%の回答比率と比較されて扱った。 研究者はクルクミンが副腎皮質ホルモン療法同じように有効だったことを、それを加える慢性の前方のuveitisのための唯一の利用できる標準的な処置現在結論を出した「クルクミンとの副作用の欠乏の副腎皮質ホルモンと比較される最も大きい利点」。が

ラットおよびウサギを使用して同じような研究は非常に低い食餌療法のレベルでことがクルクミンの効果的に禁じられた化学的に引き起こされた激流の形成、分った。 同じ調査はまたこのタイプの引き起こされた激流が目の上皮細胞のapoptosisと一緒に伴われるかもしれないこと、そしてクルクミンがapoptotic効果を減すかもしれないこと、はじめて見つけた。

潜在的な激流療法としてクルクミンを検査する最も早い調査の1つでは研究者はコーン オイルを含んでいた、または14日間クルクミンそしてコーン オイルの組合せに与えたラットの食事療法の2グループ。 その後、レンズは脂質の過酸化反応の存在のために取除かれ、検査された。 科学者は「クルクミン扱われたラットからのレンズ…引き起こされたopacificationに対してはるかに抵抗力があったことを発見したよりだった対照動物からのレンズが」。が

Awasthi Sの等クルクミンはラット レンズの4ヒドロキシ2 TRANS nonenal誘発の激流の形成から保護する。 AM J Clin Nutr 11月1996日; 64(5): 761-6。

慢性の前方のuveitisの管理のクルクミンのLal Bの等効力。 Phytother Res 6月1999日; 13(4): 318-22。

Pandya Uの等食餌療法のクルクミンはラットのナフタリンの目の毒性を防ぐ。 Toxicol Lett 6月2000日5日; 115(3): 195-204。

ちょうど定めることを有効なクルクミンはanticarcinogenic代理店としてあるかもしれないかいかに人間の口頭squamous癌腫の戦いの他の混合物そして植物のエキスと比較された。(10) 細胞ラインは72時間生体外で育った、拡散および成長を定めるためにそして細胞の数は数えられた。 研究者は植物のphenolicsとこのタイプの癌のことを禁止のgenisteinそしてケルセチンを比較されたクルクミンが「かなりより有効」だったことが分った。 cisplatinだけ、また調査でテストされたより有効であるとプラチナ ベースの物質見つけられた。

まだより多くの研究は肺線維症の開発に対するクルクミンの効果に齧歯動物のグループのテストによって焦点を合わせた。次に (11)インドの科学者はそれらにクルクミンの適量を実験中の10日前にそして与えている間毎日ラットの肺無秩序を引き起こした。 非常に、クルクミンは調査された各ラットの強力な炎症抑制および反fibrotic効果を示した。

乳癌は外見上露出に環境のestrogenslike化学薬品および殺虫剤への起因する胸の腫瘍の成長を禁じるこのエキスの力を避けることができない、isoflavonoidsを伴って使用されたとき。 科学者はクルクミンの組合せが95%までエストロゲンの試験管の受容器肯定的な癌細胞の成長を禁じたことを見つけた。(12)

およびwhyがいかにあるか

そのような多数の癌の進行を妨害するクルクミンの能力の後ろのメカニズムは何丁度であるか。 数年のために、癌の原因に焦点を合わせる医学研究はangiogenesisの概念、転移に伴う自然な血管の成長に集中した。 新しい血管はボディ中の新しく、成長する腫瘍に文字通り栄養物および生活維持を提供する。 それはクルクミンの効力のために医学の研究者争う、1つの基礎であるかもしれない。 1998年に、ハーバード研究者はendothelial細胞の成長を禁じる機能のために物質をテストした; 血管の内部を並べるそれら、またマウスの角膜の新しい血管の成長。

「クルクミン効果的に線量依存した方法のendothelial細胞増殖を」、はそれら書いた禁じた。 「クルクミンおよび派生物は[また]…マウスのcorneal neovascularizationの重要な阻止を示したクルクミンに直接antiangiogenic活動が生体外でそして生体内であったことを…これらの結果が示す。 皮およびコロンのような多様な器官の禁止の発癌のクルクミンの活動はangiogenesisの阻止による部分で仲介されるかもしれない」。(13)

他人は前に台湾の科学者によって1つのような、4年、検査したクルクミンの後ろの分子メカニズムを調査する。 彼らはマウスの繊維芽細胞の細胞に対するクルクミンの効果を、癌細胞の成長のプロセスを進水させる遺伝の突然変異、とりわけ調査した後直接核がん遺伝子の表現を抑制すること、完了した。(14) 他の調査はクルクミンの後ろのメカニズムが特定のオキシダントの活動を妨げる機能にあるかもしれない検査し最初の腫瘍の成長プロセスの間に細胞間の信号のtransductionの細道を停止させるという可能性を。(15)


3の ページで 2続けられる


雑誌のフォーラムに戻る