生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年10月

イメージ

4の2ページ

アルツハイマー病

アルツハイマー病は共通の大人手始めの痴呆である。 近年研究者は病気にかかわるメカニズムの多数を発見してしまった私達はこの複雑な病理学の効果からまだはっきり原因を分けることができない。 私達が論議する理論は必ずしもかなり推測的である。

イメージ

脳組織に対するアルツハイマー病の主効果は老年性のプラクと呼ばれる広範なニューロン損失および不溶解性の繊維状の沈殿物およびneurofibrillaryもつれである。 プラクの中心はアミロイド ベータ複数の前部の細胞を攻撃する有毒な蛋白質である。 アミロイド ベータ酸化圧力、損傷ミトコンドリアDNAを発生させ、細胞バイオエナージェティックスを損ない、そしてneurofibrillaryもつれを形作るために蛋白質を変える。

いくつかの最近の調査はアルツハイマー病の患者の不能のある程度が頭脳のエネルギー新陳代謝の減損に関連することが分った。 実際、新しい調査は細胞エネルギー生産がアルツハイマー病の厳格の老年性のプラクよりよい表示器であるかもしれないことを提案する。 療養所のAlzheimerの患者のこの調査は細胞呼吸にかかわったミトコンドリアの異常に関連した彼らの程度の臨床不能が老年性のプラクの密度に関連しなかったがことが分った。

アミロイド ベータとともに、peroxynitriteと呼ばれる有効な遊離基は神経の膜の脂質を酸化させる。 これはアルツハイマー病の頭脳の多重領域の超過分にある非常に有毒な副産物HNEを発生させる。 HNEはそれらをexcitotoxicityにより傷つきやすくさせることによって脳細胞を間接的に直接、そしてまた殺す。 私達が見たように、共同酸化防止剤coQ10およびビタミンEは脂質の過酸化反応から細胞膜を保護し、血流のperoxynitriteの損傷そしてHNEの形成を減らすためにcoQ10はあった。

私達はアルツハイマー病が単一の根本的な原因から起こるかどうか知らない。 興味深い多数要因理論はジャーナル老人病学(Ying W 1997年)で出版された。 この理論に従って、アルツハイマー病は4つの原因から成長する: APP (アミロイドの前駆物質蛋白質)の不均衡およびカルシウム、酸化損傷および生物エネルギーの欠損。 著者は要因のそれぞれが他の要因のそれぞれによって補強し、補強されることを示す調査を引用する。 著者がそれを呼ぶのでこの「有害なネットワーク」、可能性としてはcoQ10の治療上のプロフィールに合う。 但し、coQ10はずっとアルツハイマー病のための臨床試験に決して含まれていない。 これの理由はこの記事の端に論議されるように科学的な物、ではないかもしれない。

coQ10にアルツハイマー病防止か療法で場所があるかどうか私達がまだ知らない間、idebedoneと電話されるcoQ10家族の総合的なアナログはアルツハイマー病および他の痴呆のための複数のヨーロッパおよび日本臨床試験の印象的な結果をもたらした。 薬剤のドイツの調査の著者に従って、idebedoneは「頭脳で大脳のエネルギー供給を高めることと脂質の過酸化反応に対して細胞膜を保護することによって」機能する(等Weyer G、1997年)。 この調査はアルツハイマー病を緩和するために穏やかに苦しんでいる患者のidebedoneの2適量をテストした。 合計247人の患者はうまく設計された6ヵ月の長い臨床試験を完了した。

Ischemic滝

打撃の間の血の流れ(虚血)の減少は誘発する「ischemic滝は呼ばれる出来事の順序を」。 この滝はある程度まではリバーシブルですが、細胞死を最終的にもたらす。 滝が十分に理解されないし、異なった状況の下で別様に開くかもしれない間、次のでき事は一般に観察される。

滝は細胞呼吸および細胞エネルギー店の枯渇をもたらす関連ATPの生産の失敗によって動きで置かれる。 これは細胞ナトリウム/カリウム ポンプを遅らせ、次に停止する。 細胞膜は電気極性を失う。 カルシウム規則が失敗すると同時に、mitochondriaはカルシウムと積み過ぎられるようになる。 グルタミン酸塩のレベルは上がり、excitotoxicityを誘発する。 これは細胞構造を破壊する酵素システムを活動化させる細胞にそれからカルシウム流入を加重する。

ischemic滝の間に脳細胞は虚血の間に細胞酸化防止防衛システム(芝地、またはスーパーオキシドのディスムターゼ)の一部分以来の酸化攻撃に特に傷つきやすい妥協される。 神経毒のperoxynitriteを形作るために結合する酸化圧力の多くのもとがスーパーオキシドおよび一酸化窒素の高められた生産を含む打撃の間に、ある。

血および酸素の終局のリターンはまだ酸化ストレス度をより高く上げ、二次生物エネルギーの失敗に導くかもしれない。 免疫および炎症性細胞は遅らせられた酸化圧力に貢献する。 精力的に緊張した細胞ではカルシウムと開いたミトコンドリアのmegachannelsに積み過ぎ細胞死に導く。

大脳の虚血のCoQ10に少数の調査のこれまでに間、中心に保護効果は心筋の虚血およびreperfusionの多くの調査で示された(中心への血の流れの中断そしてリターン)。 これらの調査はCoQ10が虚血およびreperfusionによって引き起こされる中心構造および機能の変更から保護することを提案する。 虚血前のCoQ10前処理はATPの細胞呼吸によって作り出されるエネルギーを貯える分子の枯渇を減らすカルシウム積み過ぎを防いでいる間。

方法の1つはクレアチンのキナーゼと呼ばれる酵素を通って助けがischemic中心の生物エネルギー機能を維持するCoQ10のある。 この酵素はエネルギー新陳代謝に重大ですが、酸化圧力に絶妙に敏感である。 クレアチンのキナーゼは頻繁にreperfusionの間に遊離基、虚血の後の血の退潮によって不活性になる。 CoQ10助けはreperfusionの間にCoQ10の酸化防止行為が細胞エネルギー生産をいかにの支えるかクレアチンのキナーゼ、例を保護する。

患者は国際的なアルツハイマー病の査定のスケール(ADAS)で評価された。 平均して、idebedoneの大量服用を取っている患者は処置の結果として120ポイント・スケールの2.3ポイント改良した。 病気が調査より厳しかったら、より多くのの始めに患者改良される、平均すると。 4.1ポイントを平均する利益を示されている少なくとも20ポイントのADASのスコアから調査を始めたそれらの患者は偽薬と比較した。 最も大きい利益は大量服用を取る最も厳しい病気(少なくとも50ポイントの総ADASのスコア)と患者の50ポイントADAS認識スケールの偽薬と比較された6.9ポイントに達する認識仕事にあった。 当然この調査の結果はcoQ10に移動可能ではない。 薬剤のidebedoneは米国で利用できない。

次のセクションでは私達は慢性のneurodegenerative病気からの緩くcerebrovascular病気で見られる打撃と呼ばれる突然の攻撃に私達の注意を、回す。

打撃

頭脳を通した血の循環は脳細胞に酸素、ブドウ糖および栄養素の一定した供給を渡す。 血塊または出血新陳代謝からの終えように脳組織の部分を通る安定した血の流れが脳細胞に急速に失敗する時。 血のない数分後で、ニューロンは不可逆傷害に苦しむ(サイド・バーを「Ischemic滝」見なさい)。

但し、打撃は血液の供給を均一に断ち切らない。 むしろ、循環はほとんど血が流れるかもしれない影響を受けた区域の中心の方に下る。 中心の細胞は壊死によってすぐに死にがちである。 これらの細胞は近くのティッシュに離れて壊れ、内容をこぼす。 打撃のミステリーは周囲時間か幾日の細胞がなぜ後で死ぬかいかに、そしてである。 遅れるか、または二次これは悩障害今可能性としては予防可能考慮される。 研究の成長するボディはことをmitochondriaの第一次および二次打撃損傷および潜在性の打撃の療法うその焦点提案する。

頭脳がボディの循環(14%)および酸素(20%)の不釣合いな分け前を消費する間、エネルギー予備は頭脳の異常なエネルギー需要を考えると非常に小さい、特に。 高エネルギーの他の細胞は、筋肉細胞のような、大いにより設備が整っている貯えられたブドウ糖からのエネルギーを発生させるために要求する。 頭脳のエネルギー店は約1分だけのための新陳代謝を支えることができる。 それ故にニューロンは細胞呼吸が虚血(減らされた血の流れ)の間に失敗するとき特に傷つきやすい。 当然mitochondriaが頭脳のischemic傷害の「細胞レベル下ターゲット」として考慮される。 1つの研究報告(等Veitch K、1992年)に要約されて:

実際に、リバーシブルからの不可逆虚血への転移は酸化新陳代謝[エネルギー生産の細胞呼吸プロセス]のmitochondriaの…復帰の機能状態によって決まるために定める機能回復を提案された。


減らされた血の流れへの特別な感受性の頭脳のmitochondriaは、虚血の間に、脳損傷の最初の印を表わす。 大脳の血の流れの適当な減少は大幅に細胞呼吸の活動を損なう。 打撃の最中および後のmitochondriaへの傷害は多様な結果を持って来る。 これらはプログラムされた細胞死の新陳代謝の失敗、酸化圧力、カルシウムdysregulation、増加されたexcitotoxicityおよび昇進を含んでいる。 ミトコンドリアの減損の効果により打撃(等Fiskum G発生させるそれ以上のミトコンドリアの減損を1999年)の影響で「細胞レベル下の傷害および異常な細胞内の条件の悪循環」を引き起こす。

Mitochondriaは完全に停止するとき血の流れがより減るとき実際により大きい傷害に苦しむかもしれない。 これは血の流れの完全な停止がまた酸素の供給を断ち切ったのであり、それにより酸化圧力を減らす。 血の流れがただ減るとき、酸素は流れ続け打撃損なわれた細胞呼吸によって吹き出される遊離基をそれらの上に発生させる。 これらの基はミトコンドリアの脂質、DNA、および呼吸のチェーン部品攻撃する。 影響を受けた区域への血および酸素のリターンは完全な締切りの後のより血の流れの減少の後で細胞呼吸の鎖に同様に大きい傷害をする。

打撃によって引き起こされるまた遅らせられた神経の死と呼ばれる二次悩障害に神経学的な減損の規模は、左右される。 研究は血の流れが再開した後二次悩障害が二次ミトコンドリアおよび生物エネルギーの失敗から続くことを提案する。

二次悩障害が内部壊死によってかプログラムされた細胞死または何かその間起こるかどうか質問はの—医学研究の今日最も熱く討論された問題の1つである。 大いに最近の証拠は遅らせられた神経の死の重要要因としてプログラムされた細胞死を指す。 この細胞自殺プログラムが端正な、整然とした方法で細胞を捨る間、打撃はそれを偶然誘発するかもしれない。 虚血の最中および後のミトコンドリアの条件は別の方法で実行可能な細胞の自殺プログラムを引き起こすようである。 細胞死のモード、細胞エネルギー失敗の同じようなプロセス、ミトコンドリアのmegachannelの必然的なカルシウム積み過ぎおよびexcitotoxicity、酸化圧力および開始がかもしれないものは何でも開く。

保護している間酸化防止防衛そしてexcitotoxic損傷およびプログラムされた細胞死に対する細胞エネルギー生産を支える手段はこのティッシュの保護を助けるかもしれない。 CoQ10の特性はこれに彼ら自身を貸したようでCoQ10の動物実検はこの仮説を支える。 日本の科学者は人間の打撃の標準的な動物モデルのCoQ10をテストした。 それらは頸動脈の妨害によってモンゴルのスナネズミの打撃を引き起こした。 打撃の徴候を開発したスナネズミは左の未処理、または2つの薬剤のCoQ10または1つのsubcutaneous餌と4時間後に扱われてだった。 未処理のスナネズミは17時間平均すると住み、すべては28時間後に死んでいた。 これと対照をなして、スナネズミのほぼ半分(45%)は実験の終わりまで後で存続したCoQ10と4週扱った。 テストされた2つの薬剤は打撃の後でスナネズミの生命の延長のCoQ10よりずっとより少なく巧妙だった。

生物エネルギーの老化のモデル

老化の生物エネルギー理論は1989年にオーストラリアの科学者によってアンソニーLinnane最初に提案された(「」、を2001年、24p. 2月のための生物エネルギー療法老化すること見なさい)。 この理論に従って、突然変異は細胞エネルギー生産の低下をもたらす年齢のミトコンドリアDNAで集まる。 この生物エネルギーの低下は退化的な病気および老齢期のもろさで起因する。

ミトコンドリアDNAおよび細胞呼吸はそれから付加的な酸化圧力を発生させる酸化損傷に非常に敏感である。 CoQ10は酸化損傷からミトコンドリアDNAおよび細胞呼吸の鎖の保護を助けている間細胞エネルギー生産を高める。

イメージ 

ミトコンドリアの悪化が老化および退化をいかに急がせることができるか一連のLinnane著提案されるショーの下の箱。 Mitochondriaは他の要因を補強する酸化圧力に非常に敏感である。


4の ページで 3続けられる
ページの 4参照


 


雑誌のフォーラムに戻る