生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年5月

イメージ

FDAを改良する必要性

2の1ページ

一連のやかましい権利の乱用では、食品医薬品局は無意識のうちに即時の改良の公共のやむを得ない事情を提供する。 行為はFDAにおよび数十億のドルの製薬産業に公有地で1つの目的があることを示す: 増加は処方薬の販売から利益を得る。

イメージ
FDAの専門委員会のメンバーの50%上のすべての安全装置にもかかわらず、直接財政のタイを持つ人々は製薬産業にある。

だけでなく、FDAは、麻薬王は公平さおよび正直者を保障するように設計されている法律および規則に点なしで斬新にアメリカの消費者のポケットを略奪するために、彼らそうする。 比較として、想像し、法廷であることを訴える大きい会社(呼出しそれMegabig Corporation。)を 証拠は陪審員のあなたの好意、法廷に達するとき、半分にMegabigのために働くはっきりあるが! さらに、裁判官はMegabigの大統領である! だれが勝つか推測か。 不公平か。 違憲か。 非民主的か。 はい、しかしそれFDAが規定の薬物についての決定をするとき今日ある状態は丁度ある。

FDAは18人の「専門委員会を通して力に」、薬剤のさまざまなクラスを検査するのに必要とされる経験の科学者より構成されていて運動させる。 これらのパネルは何百万、それら輸入されるか、または変更される十億の発明した薬剤の家へのドルの価値がある薬物に関する行為を評価し、推薦する。 パネルによるどの1つの決定でもすぐに製薬会社の在庫を上下に動かすことができ、委員は彼らの選択の重大さよくに気づいている。 明らかに、麻薬王は各パネルが彼らのキャリアおよび集合的な幸運にいかにに関して影響を及ぼすことができるかまた知識がある。 これらの要因のために、偏りのあるまた更に不正なパネル・メンバーからアメリカの公衆を保護する政府規制がある。 規則は彼はまたは彼女は明らかな利害衝突があれば人が支配がその人の重要な財政の影響を作ることができる状態と定義される委員会で置かれることができないことを示す。 これは比較的公平な意思決定過程を保証するようではないが決してどん欲な株式会社および不正な政府関係機関の力を過少見積りしない。

FDAの専門委員会のメンバーの50%上のすべての安全装置にもかかわらず、直接財政のタイを持つ人々は製薬産業にある。 連邦規制のためのこの驚異的な無視は2000年9月25日にUSAトゥディで最初に覆いを取られ、出版された。 調査報告はすべての54%にそれらFDA委員会のサービング自身の決定の直接金利があることを示した。 これらの対立は直接料金を製薬会社から受け取ること、在庫を所有すること、配偶者に検討のために会社によって雇ってもらうことまたは研究を薬剤を評価している同じ会社によって資金を供給してもらうことを含んでいる。 参加の「消費者代表」は麻薬王の支払名簿であると見つけられた。

FDAはいかに行動をラーフが」非道な公民の健康の研究グループ呼出しを「ネーダー創設したことにうまく免れるか。 それらは「放棄許可の寛大な練習によって達成するこの現代ハイウェーの強盗を」。の 専門家の価値が潜在的な財政の対立を上回ればFDAが規則利害衝突を放棄することは可能になる。 これは803の放棄は1998年に始まる2年の期間に許可されたことを学ぶまで適度に聞こえる。 実際、レポートは159のFDAの諮問会合の146に財政の対立がこの時間の間にあったことを定めた。

イメージこれらの親近相姦関係のためのFDAの理論的根拠は彼らの委員会のための最も修飾された専門家がその薬剤の研究をし、テストしている製薬会社内のそれらの人々であることである。 これは明らかにばかばかしい。 適度な人はそれらを除いて利用できる他の修飾された化学者、薬剤の製造業者に義務づけられる生物学者、薬剤師、心臓学医または他の専門家がないことを信じない。 しかしFDAは、横柄で、公衆が言うものは何でも信じると期待する。 場合はFDAの専門家が丁度そのような重要な位置に置かれるべき間違った人々であること作ることができる。 子供は鶏小屋を守るために孤を雇わないことを学ぶ。

残念ながら、この堕落は根深く、直接議会の行為なしで変わってがまずない。 居心地のよい、もうかるシステムを損なうかもしれない付加的な公表FDAの計画を「個人のプライバシーの名で委員会の財政の対立を明らかにすることを止めるように防ぐため」。

FDAは注意深く安全および効力のための新しい薬剤を調査することをふりをする。 現実はFDAの承認を推薦するために責任があるそれらに頻繁に独自に評価するために仮定されるまさに薬剤の金利があることである。 薬剤がFDA 「安全な」殺害を以上,000人のアメリカ人毎年宣言することそれは驚異であるか。

薬剤が「有効であるかどうかの偏りのある決定をする決定に関しては」、これは製薬会社の部内者(だれがFDA委員会で置かれるか)に絶好の機会を提供する。 これはより有効な薬物が時々決して米国で販売されない注意するが悪い薬剤が右の関係とのそれらによって公認に得ることができることを意味する。

どんな新しい薬剤がFDAの承認と洗礼を施されるべきであるか決定で科学的な客観性は大きい薬品会社の経済的な影響と取替えられる。 消費者はこうして大きい製薬会社は人々でFDAの承認を得る薬剤の重要な金利がある構成されるFDA委員会に彼らのプロダクトを押通すことができるがバイオテクノロジーのより小さい会社が提供する革新的な薬物へのアクセスを否定される。

米国の薬剤の承認システムは平凡な薬物の膨脹させた価格を支払うアメリカ人は堕落によりと吟味される。 消費者が苦しむこの経済的な略奪にもかかわらず公衆は残ったこの乱用の薬剤の承認審査方式に意外にも無感情に持っている。 この記事の端に、私達はアメリカ人が不必要にヘルスケアの世界の最高価格を支払わせる間悪い薬がもとで苦しみ、死ぬこの不面目なシステムを改良する複数の方法を提案する。

FDAは公平な市場の価格設定に反対する

消費者番犬として公共の役割と対照をなして、FDAはより高く、より高い薬剤の価格を支えること可能なすべてをし製薬産業のための記録的な利益を保障する。 家の商業委員会は最近薬物を購入する行政機関年次天文1十億ドルおよびアメリカの公衆が(医療保障およびメディケイド)払い過ぎていることを推定した。 これのいくつかはまた乱用を誘うこの同じ家委員会に従ってシステムを購入する「深く傷が付いた」HCFA (ヘルスケア財政の管理)の結果である。

価格によってが断固としたである方法で主要な修正がなければならなければどの医療保障の規定の計画でも法律になれば、確かに。 しかし第一次問題はFDAの反消費者スタンスに残っている。 方針はヘルスケアの費用で急騰の薬剤の価格で、年次15-20%の後ろの原動力増加する起因した。 ポールWellstone (D.、ミネソタ)上院議員は消費者の悲惨さそして病気で巨大な利益を作るために製薬業が「」。ただ見ることを示した この悲惨さは実際の苦闘をはるかに越えて重大な薬物をできるために達する。 薬剤の価格の拡大によって、健康の計画は病気の患者を落とすか、または倒産する、ますます人々は保険なしで行き、従業員福祉の高められた費用をできることができないので小企業は消える。 ニューヨーク・タイムズは 基本的な健康保険の報酬が国のある特定の地域の30%多く上げることができることを報告する。

FDAは処方薬のフリー マーケットの再輸入、全面的な薬剤出費が下がるかもしれない1つの方法に熱狂的な反対を示した。 (「再輸入」は外国の薬学からの正当な薬剤の消費者購入を示す。 薬物はそのような大きいグループの実体の購買力のために他の国への低価格の米国の製造業者によって販売される。) FDAはカナダおよびイギリスのような私達のものと、等しい標準の国家を含むこれらの国からのそのより安い価格で薬物を、買い戻す米国の市民権利を妨げる理由を見つける。 それらは出荷された前日に薬剤が米国で販売されると丁度同じで、も、同じ会社によって作られ、そしてFDAによって承認された反対される。 それらは再輸入に対して投票するように代表をせき立てている議会に11人の前のFDA長官を持っていることの極端に書く個人的な手紙を行った。 幸いにも、議会はこれらの努力を見通し、再輸入を支えた。 何人かの家のメンバーは彼らの要素をカナダに旅することを規定の購入をするために準備した。 それに答えて、FDAはそのような場合がなかったけれども可能な「偽造」またはだめにされた薬剤についての公衆に警告する媒体のキャンペーンを行った。 FDAをだめにされるの証拠を見つけてもらったまたは劣った薬物、彼らはニュース彼らの壊れやすい位置をささえるトランペットを吹こう。

アメリカ人を2000年の最後の最後で海外源からの低価格の処方薬を、ドーナShalalaは購入することを許可するために投票する議会の両方の家にもかかわらず拔け穴を使用し、彼女がこの新しい法律を実行することを断るか、または$23百万議会のために予算の正当化を堤出することは使用できるようにとりわけこのためにしたことを発表した。 これはFDAが実行不能な法律を宣言することを可能にし、効果的にそう支えられた家、上院およびアメリカの公衆によって圧倒だった立法を殺した。 製薬会社はFDAが議会が可決した法律を実行することを断ったので彼らの方法を得た。 これはアメリカの消費者が世界ことをの最も高い処方薬の価格を支払わなければならないことによって強姦され続けることを意味する。 (憤慨したものが見るためにこの記事の最後のページを参照しなさい国会議員はこの問題についてしている)。

FDAは他の国からの薬剤がどうかして「危ない」。こと論争し続ける(証拠の提供なしで) 吟見する事は本当の危険がFDAの無視そして無能力自体にあることを明らかにする。 代理店は公認の薬剤の製造で使用される未加工原料の純度そして安全の保障と満たされる。 これらの原料は頻繁に外国の源から来、FDAによって点検されるために仮定される。 衝撃的に、 ウォールストリート・ジャーナルは 少なくとも57人の独立した会社がアメリカの薬剤の製造業者に「misbranded」原料を出荷したこと2000年9月12日にレポートを提示出版した。 Bliley (R.、VA、)がFDAの努力を「非効果的」呼び、「限った代表トマスは」。 すなわち、FDAはアメリカ人FDAショーがカナダの薬学で販売される終了する薬品を得ることは「危ない」アメリカの薬学で販売される高い薬剤で終わる米国に輸入される「misbranded」原料との少し心配がことを言う。 従ってそれらが外国の源からの薬物の購入の危険についての公衆を驚かしている間、FDAは仕事で間違った原料が「安全な」アメリカの薬剤の製造で使用されるようにすることによって落ちていた。

明らかである何がアメリカの公衆についてのFDAの心配が空世辞単にであることである。 本当の薬剤の安全の無視、より安い薬剤の価格に対する一般向けキャンペーンおよび感染した専門委員会は本当優先順位を自身の官僚主義を維持し、製薬業の同盟国を保護することを示す。

製薬会社の下水管の医療保障の資金

イメージ
「彼は私達の人々を悩ませ、彼らの物質」を食べるために多数の新しいオフィスを建て、役人のこちらの群れを送った。

アメリカの実質の麻薬王は私達の政府の古めかしい購入システムを乱用する薬品会社である。 それらはこれらの価格が任意、膨脹させておよび完全に架空であるにもかかわらず医療保障およびHCFAの自発性をたくさんの高い薬剤の公に発表された価格を受け入れる利用する。 医者がこれらの薬物を購入するとき、頻繁に薬品会社にこの発表された価格の50%以下支払う。 医者は医療保障かメディケイドにそれから偽りの「平均卸売価格」を満たし、大きい利益を作る。 麻薬王は比較的安価の代理上のそれらの薬物を選ぶために医者を導く医者の利益を膨脹させるために彼らの発表された価格をちょうど引き上げるようにあった。 、ウォールストリート・ジャーナルで報告されたように2000年9月27日のこれらの価格上昇のほとんどに家の商業委員会の調査結果に基づいて材料、マーケティングまたはスタッフのサラリーの高められた費用で基礎を持ってはいけない。 目的だけ医療保障を犠牲にして規定の医者のための刺激を、加えることである。

作る何が悲しいこの状態はさらにもっとレポートの薬物のほとんどがエイズおよび癌患者のために設計されていることである。 医療保障はこれらのの薬物のためにだけ極端、腫瘍学者のオフィスで管理される化学療法のような医者管理された場合を、支払う。 これらの練習が訂正されなければ完全な医療保障の規定の計画を待つ大きい乱用を見ることは容易である。

私達は、それら繁栄する支払う

FDAの結合された努力および麻薬王は巨大な賞目指す。 薬物のための出費は国家の底なし穴になった。 20タブレットの1本のアレルギー治療薬Claritinは米国のヨーロッパの$8.75、$44.00を要するがとき、薬剤の価格設定のための実際の費用基礎がないこと非常に明らかになる。 確かに、麻薬王はヨーロッパのより安い価格でお金を失ったら販売しない。 米国はなぜ製薬産業の「現金牛」であるか。 悲しい答えは彼らが知っていることである行為がFDAによって絶縁され、保護されることを。

製薬会社はより多くの研究資金を必要とすることの主張によって彼らの不公平な価格設定を守る。 これは死および老化の私達の恐れで遊ぶ試みである。 新しい開発する途方もない財政の刺激がより有効で、より安全な薬剤常にある。 それは容易、けれども、Claritinのような薬剤の切れる特許権を、製造業者のための巨大なプロフィット・センター拡張するように、試みるためにより研究開発を心配するためにである。 幸いにも、薬剤の友人のための非常に不公平な利点を達成するためのFDAの努力はますます注意深い議会によって妨害された。 但し、薬剤のためのパテントは多数の部品を含む複雑な問題である。 その結果、製薬会社は不明確な一定期間の多くの有益なパテントの満了を遅らせられる。

食品安全性を保護しないことを

一般会計のオフィス(GAO)は2001年2月13日に議会にレポートをFDAが可能性としては致命的な細菌汚染があるかどうか十分にシーフードを点検していなかったことを示す出し。 このレポートに従って、シーフードの会社半分のより多くは食品安全性の標準に続いていないそしてFDAの検査官はこれらの違反を厳しく取り締まっていない。

FDAの検査官が深刻な違反を見つけた時でさえ会社を作るために、訂正する問題をすぐに動き損った。 輸入されたプロダクトまで、FDAは外国のシーフードの会社で問題を見つけるとき、自動的にこれらから米国の港に同じ会社非常に入っている食糧を点検しない。 FDAは9人の外国会社からの輸入からブロックの食糧にGAOの調査官が問題を上げた後やっと移った。 議会へのGAOのレポートはそれを示した関連付けられる、「これらの違反と潜在的な健康を損う危険性である重要」。は

アメリカ人は推定114,000シーフードの中毒に毎年苦しみ、FDAは半分のこの数を切るために仮定された1997年に発表した食品検査プログラムに従っていない。

食品安全性の点検のFDAの実績は毎年よりぞっとするように育つ。 FDAの記録によると1981年に、しかし1996年までに21,000の食品検査が、5,000だけに落ちた数あった。 食品安全性の点検のこの76%の減少はFDAが是認する時の間にもっとたくさん点検するべき食糧があることを行われた。

FDAは十分に「予算の制約に食糧を点検する失敗を帰因させる」けれども代理店は何百万の年消費者への情報の自由な流れを抑制する無益な試みの訴訟の費用のドルを浪費している。 FDAが連邦政府裁判所の別のものの後で1つの敗北に苦しむ間、9,000人のアメリカ人はFDAの点検が防ぐために仮定される食中毒がもとで毎年死ぬ。

FDAを改良する時期は今ある

薬の骨が折れる費用によって医療保障の規定の乱用の潜在性のとFDA/pharmaceuticalの会社のジレンマを解決できる危機に瀕している多くの市民のまさに生命によって私達のヘルスケア・システムを、破壊することを脅すことで今始まらなければならない。 製薬会社の「泥棒男爵」の練習を維持し、支えるのでどの改良でもFDAから始まらなければならない。 政府関係機関として、それは議会およびさまざまな委員会に対して責任がある保持されることが可能でありまたそうあるべきである。 改善する複数の可能な方法がFDAを単に廃止するべきであるかどれがの状態、最も厳しいのをある。 廃止のための最もよい議論はこの記事で記述されている完全で、根が深い堕落である。 これは存在のFDAの必要の調査をよいよりより多くの害をするかどうか、もたらし。 他の代理店がFDAのより有利な機能を仮定できることは可能である。

第2可能性はこれが可能ならそれが、現在を与えられて、十分強固な構造頼まれるかもしれないけれども、FDAの改良である。 FDAがある確かに倫理的な指針を実施するために定期的に覆いを取られている消費者は乱用の完全な調査、また新しく、評判が良い長官を要求しなければならない。 これは長く、高いプロセスで、さらにもっと不相当の利益を絞るたくさんの時間現在の政体および友人を許可するかもしれない。

第3選択はずっとより簡単、大いに比較的安価である: FDAに自発的な組織をしなさい。 自由市場経済が情報調査所にFDAを変えることによって繁栄するようにしなさい。 承認のFDAのスタンプを望んでいるそれらの人々はそのような承認を受け取るそれらの薬物だけ購入することを選ぶことができる。 他の人々はこの国および評判が良い外国の規定および市販の製造者からの他の源を探し出すことができる。 消費者が重量を量ることができるように代わりとなる教育健康の声明を提供する同じ薬剤の異なった評価を提供するために他の組織が起こることが期待される。 これは薬以外ほとんどすべてを購入するために見るとき消費者が彼ら自身をの見つけること同じ状態である。 FDA公認の薬剤と関連付けられる死の数を考えると非常に民主的な薬剤の市場の陰性を見ることは困難である。 消費者はFDAが考えるよりスマートである。 それらは健康および生命を制御する不正なFDAなしでしかよくしてもいくない。

することができるものを 調べることによって続けなさい (2)ページ

  

雑誌のフォーラムに戻る



  • ページ
  • 1
  • 2