生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年3月

イメージ

非常に果実-およびブドウも!
利点は富む: ブルーベリー、Bilberryのエキス、クランベリーのエキスおよびブドウの種のエキスの更新

2の1ページ

私の祖母は民俗治療師だった。 彼女はハーブについてたくさん知っていた。 しかし彼女の好みの薬効がある一服は彼女が彼女自身準備した手製のワインだった。 彼女はクロ スグリ、ニワトコおよびブラックベリーのワインを支持した。 鋭いチェリーおよび小さく、暗く海軍青いブドウはまた受諾可能だったが、クロ スグリおよびニワトコはより大きい予防および治療力と信じられた。 「説明される強い中心および長い生命のために」、私の祖母。

現代科学は暗色の果実および赤く、紫色および濃紺のブドウが健康的の宝庫および多分proanthocyanidins、アントシアニンおよびケルセチンを含む人生の延長フェノール混合物、であることを確認した。 そして手製のワインの日がそうかもしれない間、私達に今果実およびブドウの活動的なポリフェノールの標準化された線量を提供する優秀なエキスがある。 Bilberryのエキスおよびブドウの種のエキスは最も最もよく知られている; クランベリーのエキスおよびニワトコのエキスは特別な治療上の使用のためにまた利用できる。

イメージ
乾燥した赤ワインは糖尿病患者のために今推薦され、他のヨーロッパ人と比較されるフランス人のより大きいslendernessの1つの理由であると考えられる。

私達がこれらの利点のいくつかを見る前に、頻繁に複雑な現在の専門用語の速いノート。 異なった著者は異なった言葉を使用する。 Proanthocyanidinsは、カテキンの亜単位の短い鎖で、またoligomeric凝縮させたタンニンと呼ばれ、「oligomeric proanthocyanidinの複合体」、かOPCsと時折言われる。 より大きい分子であるアントシアニンは時々重合体の凝縮させたタンニンと呼ばれる。 頻繁にポリフェノール、polyphenolics、またはフラボノイドのような一般用語によって、また更に単に「植物顔料参照される」、の両タイプの混合物は、皮、種、花および吠え声を含む植物で広く、配られる。 さまざまな果実、暗いブドウおよびマツ吠え声はproanthocyanidinsおよびアントシアニンの特に豊富な源である。 植物は通常簡単なフェノールの酸、ケルセチン、カテキン、エピカテキン、proanthocyanidinsおよびアントシアニンを含むフェノール混合物の複雑な混合物を、含んでいる。 ワインはproanthocyanidinsは主要なbioactiveポリフェノールであることが知られているけれども200のフェノール混合物に含むために推定される。

私は最も便利であると上位概念語のポリフェノールが見つける。 ポリフェノールの医療補助の範囲は非常に広い。 anticarcinogenic、antiangiogenic、炎症抑制および抗アレルギーであるために主に有効な酸化防止剤として知られている、それらはまたショーの抗菌および抗ウィルス性の行為に報告された。 さまざまなポリフェノールは血小板の集合および脂質の過酸化反応を禁じるために示され、またvasodilationを促進し、そしてmicrocirculationを改善する。 彼らはまた金属のキレート環を作ってもいい。 ポリフェノールの高い取入口の他の利点は少数のキャビティ(反虫歯の行為)、毛の成長の改善された腎臓機能、より若く見える皮および昇進を含むかもしれない。

心血管の利点


ブラジルでできていた最近の調査はアルコールのない赤ワイン、またワインのポリフェノールがアテローム性動脈硬化に対してマーク付きの保護を提供できることを示した。 ウサギはLDLのコレステロールのマーク付きの増加を作り出すコレストロールが高い食事療法に与えられた。 ウサギの1つグループは食事療法の赤ワインを受け取った、もう一人のグループは非アルコール ワイン プロダクトを与えられ、第3グループは制御として役立った。 すべての動物はLDLのコレステロールおよび幹線プラクの形成の増加を示した。 しかし赤ワインを受け取っているウサギは最もよくやっていいた: 平均で、幹線表面の38%だけはプラクでカバーされた(あるワイン与えられた動物、29%だけで)。 非アルコール ワイン プロダクトは47%と、二番目に置いた。 対照動物は彼らの幹線表面の69%でプラクを示した。 従って高いLDLのコレステロールの前で幹線プラクの形成を禁じるために、赤ワインおよび非アルコールしかしポリフェノールが豊富なワイン プロダクトは示されていた。

さらに、著者は内部の幹線ライニング、いわゆる「intima」の層の厚さを点検した。 intimaの厚化は余分な平滑筋拡散、アテローム性動脈硬化にかかわる多くの病理学プロセスの1を示す。 中間の層へのintimaの比率の点では、制御グループは最も大きい厚化を示した(.60)。 ワイン与えられたグループは最も少なく厚化を示した(.14)。 アルコールしかし与えられた赤ワインのポリフェノールを消費していないグループはまた制御(.39)よりかなりより少なく厚化を示した。 (ワインによって提供される保護のすばらしい程度はおそらくワインのポリフェノールとエタノール間の共同作用が原因である。 適当な線量の範囲の内で消費されたときエタノール、ワインで見つけられるアルコールはあるcardioprotective特性があるために示されていた。)

同じような日本人はブドウの種からのproanthocyanidinが豊富なエキスがかなりコレステロール与えられたウサギのアテローム性動脈硬化の厳格を減らしたことが分られて調査する。 コレステロールでいっぱいの食事療法のブドウの種のエキスを受け取るウサギは泡の細胞(プラクの部品)でより少ないアテローム性動脈硬化およびより少ない酸化させたLDLのコレステロールを一般に示した。

心臓発作が起これば、ずっと沢山のポリフェノールを消費しているそれらの患者がそれらの強力な酸化防止剤の助けを持っていない人よりよくすると考える理由がある。 最近のアメリカの調査はブドウの種のエキスに与えられたラットの中心が収縮を再開するより大きい機能で立証されるようにreperfusion (酸素の剥奪の期間の後ティッシュへの血のリターン)によって引き起こされた傷害に対してはるかに抵抗力があったことを示した。 同様に不整脈および心室細動の発生そして持続期間を減らしたことを虚血reperfusionの傷害を引き起こす前のresveratrolとの前処理がことが、resveratrolのcardioprotective効果にとりわけ焦点を合わせた分られるラットの調査。 著者はresveratrolが有効なantiarrhythmic代理店であることを結論を出した。

反atherosclerotic利点は紫色のグレープ ジュースのために同様に報告された。 LDLのコレステロールは酸化へのより少ない感受性を示したが、冠状患者が14日間たくさんの紫色のグレープ ジュースを消費した時、流れ仲介されたvasodilationはかなり改良したことを、示されているマディソン ウィスコンシン大学でできている調査。 但し、それは赤ワインの1つのガラスのそれらと同じ利点を提供するために多くのジュースを取り、-多くのジュースは多くの砂糖を意味する。 proanthocyanidinsおよび他のフェノール混合物の豊富な組合せを提供するブドウの種のエキスはワインのアルコールかグレープ ジュースの砂糖を避けたい人のための実用的な代わりである。

フランスの調査は赤ワインの両方proanthocyanidinsおよびある特定のアントシアニンがラットの大動脈の弛緩を作り出せたことがさまざまなphenolicsの機能が原因で効果一酸化窒素の生産を促進する多分分った。 Proanthocyanidinsはふつうは効果があるなった。 但し、デルフィニジン テストされた、アントシアニンの1つは例外的な有効性を示した。 房大学でできていた最近のアメリカの調査はニワトコのエキスで見つけられた4アントシアニンが酸化圧力に対する高められた保護を提供する血管を並べる細胞の膜によってとられたことを示した。 別の房はブルーベリーのアントシアニンが過酸化水素によって酸化圧力から赤血球を生体外でそして生体内で保護したことが分られて調査する。

ポリフェノールがアテローム性動脈硬化を防ぐのを助ける更に別の方法は回転でビタミンEのレベルを増加するビタミンCの活動の後押しによって行う。 この共同作用は酸化圧力への全面的な抵抗を高める。 それは酸化させたLDLのコレステロールであり、単独でないコレステロールは、それ有害である。 従ってLDLのコレステロールを下げるための努力は心循環器疾患の防止の部分だけである; コレステロールの酸化を減らすことは重要ように少なくともある。

LDLのコレステロールの酸化を最小にする必要性のほかに1つは幹線病気で血小板の集合の役割を考慮する必要がある。 血小板の集合は心臓発作か脳卒中をもたらすかもしれない血塊の形成の第一歩である。 心臓発作を防ぐことのアスピリンの有効性の一部分は血塊の血小板の集合そしてこうして形成を禁じる機能にある。 Lester Packer先生はそのPycnogenolの吠え声が制御の血小板の集合の点では、「アスピリンよりよく働かせるブドウの種のエキスに構成で類似しているマツからの、アスピリンと関連付けられた不必要な副作用のないエキスを示した。 Pycnogenolはアスピリンのより5時間高い線量と同じ範囲に人間の煙ら誘発の血小板の集合を」減らした(p. 127)。 これは非常に劇的な見つけること、心臓患者が特に予防の目的のためのPycnogenolかブドウの種のエキスを取ることを考慮するべきであることを提案するであり。

別の調査はアルコール(エタノール)ことが分ったおよびワインのポリフェノールは禁止の血小板の集合で生体外でそして生体内で相乗作用を与える。 アルコール自体は幾分高い血しょうの集中(.2の血中アルコールの内容かより高い)で血小板の集合を、禁じることができる。 犬を使用して調査では、有利な効果がポリフェノールが豊富な赤ワインとの大いにより低い集中(.028の血中アルコールの内容)で検出できることが分られた。

何がブドウの種のエキスまたはマツ吠え声のエキスのある特定のポリフェノールが血小板の集合を禁じるメカニズムであるかもしれないか。 ここに私達はさまざまなフェノール混合物の有効な酸化防止特性に戻る。 少数の遊離基があれば、細胞膜からのアラキドン酸の解放から始まり、血小板のより大きい動員で最終的に起因する中心の攻撃引き起こす血塊の危険を作成するより少なく炎症性滝がある。

それは最近だけ心臓病が実際のところ主として炎症性であることを私達が学んだことである。 発火は幹線プラクを不安定にする。 ここに再度ポリフェノールは炎症抑制の行為があると知られているので関連するなる。 主要なメカニズムはアラキドン酸の新陳代謝の阻止のようである。 調査は示し従ってさまざまなフェノール混合物がcyclooxygenaseおよびlipoxygenaseの炎症性細道を両方禁じることができることを炎症性プロスタグランジンおよびleukotrienesの生産を減らす。 さらに従って、あるポリフェノールに(を含むresveratrol)核要因ΚBの活発化を禁じる機能があり炎症性cytokinesの生産を禁じる。 Proanthocyanidinsはまた窒素ベースの遊離基、peroxynitrite、発火の仲介人の分子の1から保護するためにあった。 従って更に別の炎症抑制のメカニズムは細胞接着分子蛋白質の阻止を含むかもしれ免疫細胞の過剰募集を湿らせる。

既に述べられてしまったように、幹線ライニングの平滑筋細胞の余分な拡散はまたアテローム性動脈硬化の進行の重要な役割を担う。 ここに再度ワインのポリフェノールはずっと反atherosclerotic効果をもたらすために示されている。 日本の科学者は赤ワインから得られたポリフェノールがラットの大動脈で平滑筋拡散に対する強力で抑制的な効果をもたらしたことを示した。 最近の日本人はresveratrolの効果に焦点を合わせられて調査し、この有効なフェノールの酸化防止剤が(赤ワイン、ブドウの皮と、より低い集中で、ピーナツで主に見つけられる)血しょうの年齢のハイ レベルによって引き起こされた平滑筋拡散を禁じられたことが分った。 年齢は簡単な砂糖によって蛋白質の架橋結合に起因する高度のglycationの最終製品のための略称である。 これは、再度、ブドウの種のエキスが糖尿病患者にとっての特別な重要性をもつことができることを提案する。

最後に、ポリフェノールは一酸化窒素の生産の規則の役割を担う。 従って一酸化窒素の正しい量は血管の平滑筋を緩めるために重大であり、vasodilationを作り出す。 赤ワインおよびブドウの種のエキスで、resveratrolを含んで見つけられるポリフェノールは健康な幹線内皮(血管の内部の表面を並べる細胞)によってupregulateの一酸化窒素の生産に示されていた。 しかし大食細胞(タイプの免疫細胞)による一酸化窒素の超過生産は関節炎およびアテローム性動脈硬化を含む発火そしてさまざまな炎症性病気と、関連付けられる。 管の壁に引かれる大食細胞がたくさんの窒素酸化物を作り出せば、結果は血管のライニングへの損傷である。 余分な一酸化窒素は蛋白質を傷つけ、グルタチオンを破壊するperoxynitriteのような危ない窒素ベースの遊離基をもたらす。 一酸化窒素の生産の調整を、まただけでなく、保護を助けるのを助けるポリフェノールの機能の包装業者の場所の大きい重点酸化、しかしまた硝化から。 新しい調査結果はアルコールが大食細胞がことを余分な一酸化窒素の生産の禁止の赤ワインで見つけるフェノール混合物と相乗作用を与えることができることを示す。

多くの研究はケルセチンおよびresveratrolのような単一のフェノール混合物に集中する間、さまざまなポリフェノールの豊富な混合物があらゆる単一の混合物ことをより心血管の保護の提供で有効であることは本当らしい。 先生が指摘するようにPacker、「ほとんどあらゆる状況、酸化防止剤の組合せで単一の酸化防止剤より有効」であると証明された(p. 118)。

有効なanticarcinogens

疫学の研究は沢山のポリフェノールが豊富な食糧および飲料を消費する人に癌のより危険度が低いのがあることを確認する。 私達はより多くの果物と野菜を食べるように常にせき立てられている。 しかし果物と野菜が特に強調されるべきである少し指導がずっとある。 果実がリストで非常に高いべきであると考える理由がある。

イメージ
発癌物質のbioactivationを禁じるためにフラボノイドが一般に知られているどんなに、ラズベリーおよびいちごはよくとり上げられるellagic酸と呼ばれる有効な反発癌性の混合物を含んでいる。

ブルーベリーおよび他の果実の特にラズベリーおよびいちごは、ellagic酸と呼ばれる有効なanticarcinogenic混合物を含んでいる。 ellagic酸のanticarcinogenic特性が特によくとり上げられている間、発癌物質のbioactivationを禁じるために、ポリフェノールは一般に知られている。 彼らはまた腫瘍の細胞で特に発音されるantiproliferative (反mitotic)効果を出す。 これにフェノール混合物のあるクラスが、アントシアニンおよびproanthocyanidinsを含んで、反angiogenic効果(すなわち、新しい血管の開発を防ぐ)をもたらすという成長する証拠を加えなさい。

赤ワインおよびブドウの種のエキスはまた癌の防止で大きい約束を示す。 Resveratrolはanticarcinogenic特性のために特に広く調査された。 腫瘍の細胞のその行為は線量依存するために確認されている。 非常に低い線量は拡散を高めたようである; 大量服用は拡散を減らし、apoptosis (プログラムされた細胞死)を引き起こした。 resveratrolへの結腸癌の細胞の露出は細胞周期の阻止によって成長の阻止および重大な酵素の阻止によってポリアミンの統合の阻止で、外見上、オルニチンのカルボキシル基分解酵素起因した。 Resveratrolはまた強くレバー癌の細胞の拡散を禁じた。 興味深いことに、エタノール(ワインで現在のアルコール)は再度アルコールがポリフェノールの行為を高めることができることを示すresveratrolの有効性のための境界を、下げた。 Resveratrolおよびケルセチンはまた白血病に対するあるeffectivessに示されていた。

ブドウの種のエキスはビタミンC、Eおよびベータ カロチンよりDNAの損傷に対して大きい保護を提供するためにあった。 さらに、ブドウの種のエキスは人間の乳癌、肺および胃のadonocarcinomaの成長の阻止の有効生体外で証明した。 動物実験では皮膚癌に対して優秀な保護を提供するために、ブドウの種のエキスの項目適用は示されていた。 特別な興味の最近はブドウの種のエキスがまた前立腺癌に対して働くかもしれないことが分るあり。 98%まで成長の阻止は線量および時間依存の方法で得られた。 従って別の調査はことがresveratrolのdownregulatesの男性ホルモンupregulatedの遺伝子分り、男性ホルモン刺激された細胞の成長を禁じる。 resveratrolが頻繁にphytoestrogenと言われる間、女性的になる副作用をもたらさないことが重点を置かれるべきである。

ポリフェノールの昇給のグルタチオンのレベルが癌防止の大きい重要性をまたもつという事実。 グルタチオンはDNAの防衛の主な要因の1つである。 実際、グルタチオンによって行われる多くの仕事の1つは傷つけられたDNAを修理する酵素を活動化させている。 私達が絶えずさらされる他の毒素またおよびレバーはグルタチオンの巨大な量が無限の発癌物質を解毒することを必要とする。 後押しによってグルタチオンはさまざまなポリフェノールと、私達高める有害な化学物質を解毒する私達の機能を水平になる。

老化の遅い率および癌ことをへの抵抗示す人々は(「百歳以上の遺伝子」が原因である思考両方の)彼らの年代の同等者よりグルタチオンのハイ レベルがありがちである。 逆に、年齢関連の病気に苦しんでいる人々はグルタチオンが不十分である。 同様に、動物実験はグルタチオンのレベルを上げることが寿命を伸ばすことができることを示した。 従って、私達が年齢との低下からの私達のグルタチオンのレベルを保ってもいければ私達がもっとゆっくり老化し、癌に対してより抵抗力があることは本当らしい。 Packer先生は、1人のために、私達がグルタチオンの若々しいレベルを維持してもいい限りそれを100つに達することが困難な業績べきではないことを考える。 Packer先生は、当然、酸化防止が豊富な食事療法を消費し、いろいろな酸化防止剤との補足を意味するポリフェノールの組合せを含む全酸化防止ネットワークの後押しを支持する。

口頭グルタチオンとの補足は減らされた州の吸収に関して不確実性のために論争の的になる。 但しグルタチオンがbilberryのエキスの十分な量とともに取られれば、減らされた(酸化防止剤の)州で吸収することができると考える理由がある。 しかしそれはまだ多くのポリフェノールが豊富な食糧を単に消費するためにおよび/または、グルタチオンのレベルの上昇で非常に有効であるためにまた知られているlipoic酸と共に、さまざまなフェノール混合物の混合物を含んでいる補足を取るためにより費用効果が大きいかもしれない。

包装業者はまたPycnogenolがInterleukin 2および刺激的なNK細胞の活動の生産を高める免疫機能を高めること調査結果を報告する。 健康な免疫組織は1つと癌への抵抗の重大な要因みなされる。


ページで 2続けられる

 

    

雑誌のフォーラムに戻る



  • ページ
  • 1
  • 2