生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年6月

イメージ

それは決してあなたの頭脳を再生するには余りにも遅くない

頭脳の長寿、 Dharma SinghKhalsa著、カメロンStauthとのM.D.の検討。

2の1ページ

イメージ

頭脳の長寿
1997

Dharma Singh Khalsa、カメロンStauthとのM.D.著、
ワーナーは予約する
紙表紙、454ページ

それは恐い場合もある。 それは昨日あなただけのように50にほとんどないけれどもことができるあなたがむしろ忘れている、今、各種各様の重要な細部を忘れるようである細事を覚えるようで。 ある何が「-彼の名前」のような句はあなたの毎日の用語の一部分になる。 それはアルツハイマー病の人生の始めに早くあるそうでしようか。

多分、Khalsa先生は彼の読者を安心させる。 それはであるおそらく余分なコルチソルへの長い露出によって引き起こされる焼損私達の主要な「ストレス・ホルモン」。 この優秀で、多面的な本のおそらく主要な貢献はKhalsaの中央説の提示である: 私達の50年代の間に置くような、60年代が老化の避けられない一部分の精神低下は、慢性のコルチソルの積み過ぎが非常に主として原因であるが。 あなたの圧力を下げなさい、あなたのコルチソルのレベルを下げればあなたの頭脳が学び、覚える力を再生できることは本当らしい。

致命的な下りの螺線形

かかったKhalsaに「コルチソル関係を発見するために多くの年」。の 彼は彼が彼の患者で観察した認識機能障害と圧力間の強い関係によって(慢性の苦痛のような)困惑した。 「彼らの圧力が取付けたと同時に非常に理性的な人々彼著しくより少なく説得力があるように」、は注意するなる(p. 34)。 彼はまた現代世界が神経学的な圧力の前例のないレベルを作成することを指摘する。 私達はすべての種類ないの騒音現代都市生活の騒音だけ、また情報過負荷によって絶えず連打される。 これに」存続し、成功する無情な「苦闘を加えなさい(p. 84)。 私達は同時に余りにも多くの事を、時々すべてすることを単に試み(頭脳破壊の圧力よりもむしろ得意気にそれを「多重タスク処理」と呼ぶ)。 例えば慢性的に上げられたコルチソルがあるために当然その働く母親はあった。

最終的にKhalsa先生はスタンフォードのロバートSapolsky、ハーバードのハーバートBensonおよび何人かの他の調査が全くコルチソルのハイ レベル(または圧力のハイ レベル)およびメモリ損失のような徴候間の強い相関関係を明らかにしたことを発見した。 慢性の圧力は全く精神低下の非常に重要な原因であることをなった。 逆に、コルチソルのレベルの低速を保つことは外見上頭脳の健康および認識技術を維持する。 4年の期間にわたる年配の患者の最近のカナダの調査は低いコルチソルを持つ患者がさまざまな認識テストの行われた、また若者達を水平にすることを示した。 一方では、調査の間に増加したコルチソルのレベルを記憶および全面的な認識機能で低下に示した患者。

これは私達が高いコルチソルのneurotoxic効果をいつ見てみるかつかんで容易である。 最初に、それは海馬、私達の主記憶操置中心によってブドウ糖の通風管を禁じる。 hippocampalニューロンに作用する十分なエネルギーがないとき記憶は形作ることができない。 2番目に、たくさんのコルチソルはさまざまな神経伝達物質の行為を禁じる。 神経伝達物質が働かなければ、神経細胞は互いに伝達し合うことができない。 そういうわけで重い圧力の下の人々ははっきり集中し、考えることは難しいと思う。 最後に、余分なコルチソルは実際にニューロンを殺す。 それにより細胞にたくさんのカルシウム流入を引き起こす(アルツハイマー病の患者の頭脳の死体解剖は普通カルシウムの集結を示す)。 長年にわたって、コルチソルはニューロンの十億を殺すことができる。

Khalsaは圧力のneurotoxicityにかかわる「致命的な下りの螺線形について」話す。 海馬の普通助けはストレス・ホルモンの解放を禁じる。 海馬がより傷つくストレス・ホルモンなれば、粗末圧力ホルモンの生産の阻止およびより多くのメモリ損失に終ってより大きいによって頭脳への損傷。 Khalsaがそれを置くので、「人が苦しんだ頭脳へのより多くの損傷は、より堅いそれは彼または彼女のため「消す」圧力をである。 従ってこれが起こるとき、人はにより強く反応したり圧力および切断のメカニズムへのさらに損傷に」苦しむ(p. 52)。 実際、ロバートSapolskyに従って、最もよく海馬の神経の死の率および認識減損のある程度を予測するストレス・ホルモン(glucocorticoids)へののは総一生涯の被曝量である。 認識減損のある程度は次々と死亡率の信頼できる予言者である。

私達の多数はこの悲惨な状態の先生の概要とKhalsa's識別できる: 「長年にわたり別のものの後の1つの緊張に満ちた日にあなた自身を押通すかもしれこれはおそらく物理的に損なったあなたの記憶およびあなたの「流動知性を両方」。 圧力に定期的に耐える時、慢性的にoversecreteの頭脳破壊のコルチソル。 これが起こるとき、頭脳機能は悪化する。 残念ながら認識機能が低下するとき、人々は低下を補うために彼ら自身をより懸命に押しがちである。 従って退化的な周期は」作成される(p. 91)。 当然中年の専門家は頻繁に焼損にそう苦しむ。 それはであるコルチソルで揚がる「頭脳の古典的な箱」。

イメージ

厳しいstessが続けば、結果はメモリ損失および全面的な認識低下を含む頭脳のための散々な結果のコルチソルの慢性のハイ レベル、である。

コルチソル誘発の損傷に最も傷つきやすいようである頭脳の部分はだけでなく、海馬、より広く辺縁系でありではない。 辺縁系は視床下部、thalamus、海馬、扁桃体および脳下垂体から成っている; それは感情、空腹、渇き、体温、睡眠、性別および記憶を支配する。 辺縁系は呼ばれた私達の「感情的な頭脳と」。 圧力への長期暴露が頻繁に、私達感情的に無感覚に感じた後。 圧力が終わる時でさえ、私達はほとんど喜びを感じることができない。 私達は「燃える」。

たくさんの圧力が深く頭脳を傷つけたら、もたらす精神低下を、1つはさまざまな技術によって圧力を下げることによってこの低下を遅らせてもよいか。 1つは損傷の少なくとも一部それ以上および逆に行くでしようか。 1つは多分アルツハイマー病を防ぎおよび/または阻止するでしようか。 彼の臨床経験に基づいて、Khalsaは答えが肯定であること確信されるようになった。 私達は私達がと衝撃されること)神経学的な圧力の前例のないレベルと混合する老化プロセスの犠牲者になる必要がない(ちょうどすべての騒音および絶え間ない情報について考えなさい。 そしていいえのそれは私達だけ随分長く住んでいれば、私達は気違いじみるようになり、療養所で生長する私達の最後の年を過ごして確実であること本当ではない。

老化プロセスおよび記憶および学習能力の低下が情報との積み過ぎからの私達を保つ性質の方法である「性質の知恵」の要求のための何人かの弁明者。 結局、私達の「ハード・ドライブ」はそれほど握るただことができる。 これは血圧の年齢関連の上昇についての古い議論を思い浮ばせる: 高血圧は減らされた腎臓機能の点から見て適応性がある仮定された。 幸いにもKhalsa先生はこのナンセンスのうちのどれも買わない。 彼によっては私達がおよび向こう50、60、80で精神的に敏捷、創造的でもいいことが確信している。 この最適を保障するために私達が必要がある何をする作用の嬉しいレベルは私達の頭脳をよい大事にすることである。 実際、反対の時代遅れの確信にもかかわらず、私達は頭脳を活性化させてもいい。 そしてそれ圧力減少によってそして、二次に、コルチソル低下ホルモンおよび補足の取得によってコルチソル第一次を下げることを用いるすべての開始。

「ほとんどの現代人々に、リラックスした精神状態を持っていることは異常に」、Khalsaの状態(p. 271)感じる。 先生句ではハーバートBenson、十分にリラックスした心はである「魔法の心」。 Khalsaはこの種類の弛緩を達成する重要性について強固である。 「間違えてはいけない: 最適の認識機能はリラックスした精神状態を」要求する(p. 272)。 より大きい弛緩はまた高められた認識をもたらす; 私達がリラックスしているとき、私達は」世界の多くで取れる「。 「認識のドアを」清潔にすることについてのブレイクの有名な格言は生化学的な言葉に実際に翻訳することができる: 圧力の化学薬品の頭脳を清潔にすれば楽しむ「拡大された意識」。を

しかし非常に穏やかな程度の圧力は頭脳、Khalsaのために有利指摘するである。 それにより陽性を作成したり気分およびまた長期保管に短期記憶を動かすexcitatory神経伝達物質のノルアドレナリンの解放を引き起こす。 従って、対処する私達の機能の内で感じる挑戦に返答は完全に私達のためによい。 圧力のこの穏やかで、非圧倒的なレベルはまた新しい樹枝状結晶を育て、新しいシナプスの細道を作成するために頭脳を助ける。

興味深いことに、適当な程度の圧力はまた私達を爽快にさせる。 それらは作成する習慣性の「アドレナリン最高を」。の 従って、それは多くの人々が圧力に熱中されること言うことができる: それはそれらが「十分に生きている」。感じるときである それのためのもう一つの言葉はである「アドレナリンの突進」。 それはそう多数が家にオフィスをなぜ好むか1つの理由である: オフィスは興奮があるところである制御のあることのちょうど足りるだけの感覚とともに。 但し、ここの危険は延長されたら、「不安な」ベータ頭脳波穏健派の圧力によりコルチソルで長続きがする上昇を、速いのの慢性的に高い血圧そして望ましくない支配のようなすべての有害な結果と、引き起こすことである。 アドレナリンの突進に、または「ファースト レーンの生命熱中される最終的に自滅的であることを理解する」、はそれらべきである。 「非刺激的」のための頻繁な休みをとることは有効な治療である。

明らかに、楽しみの挑戦はクロスワード・パズル、また更にデマンドが高いので動作することを好むが、楽しい仕事は、私達が圧力は一般に何を意味するではない。 有害な一種の圧力は圧倒され、対処してないの感じを含む。 はっきり集中し、考える不十分および無力感の生じる過敏症、不況、無力および感じはさらにもっと重点を置くために導く。 そのような厳しい圧力が続けば、結果はメモリ損失および全面的な認識低下を含む頭脳のための散々な結果のコルチソルの慢性のハイ レベル、である。

従って、比較的穏やかなレベルへ圧力を下げることはあらゆる有効な頭脳の長寿プログラムの第一次基礎であり、(当然頭脳の長寿は長寿、痴呆を深める状態の療養所の生命の余分十年によってが生命延長の目的ではない)期間に翻訳する。 ストレッサーの制御を圧力取ることを下げるのにが使用できる社会的なサポートのために達し、身体活動やことばによるガス抜きKhalsaによって圧力を解放することを学ぶ3つの第一次対処の技術のほかに教えるBensonの「弛緩応答の非常に有効な技術を」。の

イメージ

規則的な黙想が反老化の効果をもたらすことが今では文書化される。

弛緩の応答は圧力の応答の非常に反対である。 私達はと延長されたため息簡単な技術によってそれを達成することを学んでもいい。 筋肉張力および血圧は減る; 頭脳波はアルファに遅れ、移る; コルチソルは減る; 酸素の消費は低下する; 血の乳酸塩は低下を水平にする; 免疫反応は増加する; 頭脳への血の流れは25%多くを増加する; 警報および記憶は増強される。 黙想は老化プロセスを遅らせるために示されていたhypometabolic状態である。

黙想は、詠唱を含んで、弛緩の応答を引き出す強力な方法である。 しかしKhalsaはアルファにそれを「心ない」方法で監視TV頭脳波を移し、黙想の形態としてこうして役立つことができる指摘する。 私達は黙想がコルチソルを下げ、DHEAを上げる非常に効果的な方法のようである毎日ので私達がそれをし楽しみ、始める黙想のタイプを見つける必要がある。 規則的な黙想が反老化の効果をもたらすことが今では文書化される。

神秘的な一組の心は要求されない。 まだ「平和」ことができる(またはどんな単語のベストが静める)単に「1のような信念の助けの有無にかかわらず約20分の間日黙想することによってかなりの利点を、単に得る」または。 Khalsaが指摘するように、「できあなた自身に圧力からの壊れ目を与えるより神秘的な何ものために冥想的な州を使用あなたのコルチソルを下げることは」水平になる(p. 305)。

愛の受け入れをもたらさなくても、愛を表現してまた圧力を下げるためにあった。 それはどうしても気分が良い愛を受け取っていない; 愛を与えることはさらにもっと満足である場合もあり、ちょうどあり直るように。 先生の本のKhalsa's 1つの顕著な特徴は彼が薬剤および補足に彼の議論を限らないことである。 彼は肯定的な感情の反老化力に非常に興味がある。

Khalsaのアプローチ適合老化の「glucocorticoid滝」理論と。 彼の特別な強調はコルチソルの低下によって頭脳の老化を防いでいる。 しかし彼はコルチソルの減少のより広い反老化の含意があること完全にわかっている。 老化とコルチソルによってが、インシュリンのような、上がるのは公理である。 これは増加する頭脳の機能障害の、また筋肉および骨の萎縮、腹部の肥満および免疫の機能障害(余分なコルチソルは免疫組織を抑制する)の主要な原因となる要素の1つにだけでなく、現われるが。

不況対喜び: 「態度および生物化学は作成する互いを」

「不況はそれ自体だけでなく、感情的に苦痛ですが、また記憶に非常に有害である。 メモリ損失のコモン・コーズの1時」である(p. 55)。 彼はまた老化および不況についての不安なclichésの存在を指摘する: 「気難しい老人」および「crotchety老女」。 1回の調査はそれをより古いアメリカ人の半分老化の「自然な」一部分と不況と考慮しなさいよりもっと示した。 けれどもこの不況の根は基本的に神経伝達物質不足(それはセロトニンだけ低いと考える間違いである)、ストレス・ホルモンへの長期暴露および頭脳への悪い血の流れである; これらの要因すべては修正可能である。

Khalsa先生は生物化学および感情の円の性質を見る洞察力がある。 明らかに起こるものは何でも頭脳で、エレクトロ生化学的なでき事である; 不況および絶望の生物化学および喜びおよび希望の生物化学がある。 積極性は常に最初に来なければならないことをしかし多くの臨床医が、何人かの主流の臨床医を含んで、主張する間、Khalsaは時々それが回り道であること認める: 右の処置は右の生物化学を元通りにすることができ生物化学はそれから積極性を元通りにする。

Khalsaの州として、「頻繁に新しい、改善された態度は新しい、改善された生物化学」を要求する(p. 76)。 何人かの人々は刺激されるか、または動機を与えられて感じることの生化学的にできない。 これらの個人は肯定的な感情を経験する機能を取り戻してもいい前に最初に右の薬剤および補足(例えばdeprenyl、アセチルlカルニチンおよび緑の飲み物)をしばらく取る必要がある場合もある。 「物理的にあなたの頭脳を改良することによって」Khalsa主張するあなたの生命を改善できる(p. 97)。 ない「ボディと心間に単に分離が」。

「樹木状の花火」: あなたの頭脳を活性化させ始める方法

運動が私達が認識機能を維持するのを助けることを余りにも多くの人々が意識しない。 頭脳のための練習の利点の最も明らかなメカニズムは頭脳への一般的な循環そして血の流れの改善である。 「ボディのすべての血の約4分の1が頭脳によって使用されるので、血の流れを高めるほとんどどの練習でも頭脳」を助ける(p. 55)。 高められた血の流れは酸素および栄養素のより大きい流入、また新陳代謝の無駄のよりよい取り外しを意味する; これは精神的エネルギーを含むエネルギーのサージにそれから、導く。

練習はまたよくとり上げられる抗鬱剤の効果をもたらす。 それはノルアドレナリンおよびエンドルフィンのレベルを上げる。 私達のほとんどは聞いた「ランナーの最高を」。 しかし気分のこの改善が高められた血の流れの少なくとも部分的に結果であることが指摘されるべきである。

興味深いことに、またもたらす落ち着く効果を運動させなさい; それは4時間まで圧力への応答を減少する。 Khalsaは言うその練習、特に楽しい、遊び半分の練習を、作成する「弛緩の心理的なオアシス」。を それはまた血糖を安定させ、インシュリンを下げる。 そして余りに精力的、延長される限り、練習はコルチソルの分泌を下げる。 「練習の結果として低い休息心拍数が、あるとき、あなたの副腎がストレッサーおよびoversecretingコルチソルに」過剰反応することを防ぐ(p. 333)。

イメージ

練習はまたよくとり上げられる抗鬱剤の効果をもたらす。 それはノルアドレナリンおよびエンドルフィンのレベルを上げる。 私達のほとんどは「ランナーの最高」を聞いた。

多くがある。 「練習頭脳へ天の恵みであり、ボディは」、はKhalsa主張する。 彼は高齢者達が練習をさらにもっと必要とすること彼の要求をより若者達する長々と認可する。 実際、彼は坐った若者達よりよい認識機能を持つために運動し続けるその高齢者達を主張する。 これは改善された大脳の血の流れおよびよりよい神経の新陳代謝から、2つの成長因子の練習誘発解放から多分尚更だけでなく、生じる: 頭脳得られた成長因子および神経の成長因子。 これらの成長因子は損傷ニューロンを救助し、アセチルコリンおよびドーパミンの生産を高め、ドーパミンの受容器の密度を増加し、自由根本的な清掃動物の活動を高めることができる。

Khalsaは彼の患者のほとんどが運動を無視している間キャリアに彼らの時間およびエネルギーを入れたより古い専門家であることに注意する。 皮肉にも、これらの人々は規則的な練習で持っていた彼らを従事した彼らのキャリアでさらにもっと成功するかもしれない。 それらは認識減損の内部の中年に苦しんでがまずない。 毎日活発な歩くことの30分は頭脳のための利点を持つ十分であるかもしれない。 高齢者達が規則的な練習の養生法に置かれるとき調査がことを示した後調査は、彼らの記憶改良し、さまざまな認識テストのスコアは上がる。

しかし精神練習は重要ように少なくともある。 「それを使用するか、または」である頭脳機能に特に適当失いなさい。 先生を引用することはMarian Diamond、Khalsa、著名な頭脳の研究者それをより優雅に置く: 「頭脳決定する自身の運命を」。は すなわち、私達の頭脳」選べば「多くが、よを使用するために私達が私達の頭脳は私達の生命中作用する; 「もっと私達が、年齢にもかかわらず、考え私達の頭脳がより大きくなれば、よりよく」作用する(p. 347)。

私達の頭脳が実際に精神活動の結果としてより大きく育つことを意味するか。 ある意味では、はい。 先生の研究を引用してDiamond's、Khalsaは神経系がもっと効率的に働くことを拡大がグリア細胞の増加が原因であることを、ニューロンの新陳代謝を支える可能にする家計の細胞説明する。 例えばアインシュタインの頭脳は」。と緩く「より高い知性名づけることができる他の機能および抽象的なイメージの重要な役割を担うと知られていた区域でかなりより大きい多量のgliaを示した 私達にまた挑戦へのその露出を示すある刺激的な動物データが「富ませた」環境高めるgliaの数をある。 これは年配動物で起こる。

精神的に活動的に残ることは精神活動を支えられるへ古い人がなってもいかにこうしてキーである。 これが「常態」、自体弱めて、親老化であること学び、ことができれば、およびより古くなればという確信、より少しを覚える。 当然私達はすべて月経閉止期が重要要因の内部の中年の精神低下である場合もあった後)彼らの50年代または60年代の実際に顕著な方法で既に精神的に悪化し始めた人々を知っている(女性、ホルモンの取り替えの欠乏で。 そしてうまく行けば私達はまた心が「鋭く」。とどまった何人かの80歳を知っている(または向こう) 不変の知性の秘密は何であるか。 「活発な精神練習」、Khalsa先生は答える、(p. 347)。 そのような練習は(新しい事の学習によって新しい樹木状の枝の成長によって、例えば提供される)神経伝達物質の解放、また新しい神経の細道の形成を刺激する。 (それは知性を定める、関係の数。)ではない頭脳のサイズ

Khalsaは精神練習は「樹木状の花火を」。引き起こしたことに先生を引用するアーノルドScheibel、気づいたUCLAの頭脳の研究所の著名な神経解剖学者、 新しい仕事の従事は頭脳のために特に有利である。 彼が説教するものを練習することを試みて、Scheibel先生は彼の4年生の彫刻をとた。 それは古いニューロンに新しいトリックを教えることができることなる; 実際、絶えず最適の頭脳機能を維持するためにそうしなければならない。

I.Q.と平均余命間に強い相関関係があることは興味深い。 百歳の調査は精神的に活動的にとどまることが豪華に健康な百歳の印であることを、110住むにまたは向こうかもしれない人示す。 それは専門分野ではたらくか、または絵画のような新しい趣味をと続けることはそれらにしては珍しくない。 彼らは直観的にあきらめることが生命自体に学習であきらめることであることを知るようである。

最後に、私達はまた喜びおよび肯定的な感情の私達の頭脳を養うべきである。 この本の最も刺激的な特徴の1つはKhalsaの頭脳の健康および全面的な長寿に於いての喜びの役割の深遠な理解である。 「あなたの完全で知的な力を再生するためにあなたがすることができる最もよい事の1つ」は生命から可能ように同様に多くの喜びを取ることをもう一度学ぶことである(p. 90)。 喜びは私達の神経化学のバランスをとり、補充する(逆に、不況は認識機能を損なう)。 さらにより多くの喜び感じれば、「、より少なく圧力に物理的に反応させる。 圧力に反応させればより少なく、より少なく傷つけるコルチソルが付いているあなたの頭脳を」(p. 93)。



2の ページで 2続けられる



雑誌のフォーラムに戻る


  • ページ
  • 1
  • 2