生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年6月

イメージ

FDAの浅ましい薬剤の承認審査方式の内部の一見

イメージFDAが危ない薬剤から公衆を保護することを何人かの人々まだ考える。

しかし余りに頻繁にFDAは薬品会社とアメリカの市場に不審な薬剤を可能にするには手に手をとって働く。

ロサンゼルス タイムズからの次の重版はアメリカ人に致命的な薬剤を販売することを大きい製薬会社が高レベルFDAの役人といかにで共謀したか内部の一見を提供する。

毎年125,000人のアメリカ人上のFDA公認の薬剤の殺害。 ロサンゼルス タイムズのこのexposéは危ない薬剤が安全第1を置くために仮定される規定するプロセスによってそれをいかに作るか明らかにする。

危険はFDAによって承諾された致命的な薬剤として知られていた

下記によって: デイヴィッドWillmanのLAは編集委員を時間を計る

調査: 新しい文書は連邦政府の認可を追求している間糖尿病の丸薬Rezulinのワーナー ランベルトによって平凡にされるレバー毒性を示す。 年長の調整装置からの中の助けは会社のメモでトランペットを吹かれる。

ワーナー ランベルトCo.のエグゼクティブは今は疑われた糖尿病の丸薬Rezulin 90年代半ばの政府の承認の方に行進したと同時に自信をもって溢れた。 それもそのはず、最近得られた会社および官庁出版物に従って。

記録で描写されるように、食品医薬品局の役人はRezulinの開発そしてマーケティング中の重大な時に内部情報および好意をワーナー ランベルトに与えた。 少なくとも1人の上級管理者は薬剤の安全および有効性に質問したFDAの診療所員が会社を喜ばさなかったら、彼は「」。あることを信じた 十分にすぐに、彼はあり、「ハードル」がRezulinのために取り除かれたことを内部的に報告するにはもう一人のエグゼクティブを促す。

記録はまたRezulinの潜在的な危険のワーナー ランベルト内の知識の状態の新しいライトを取除いた: エグゼクティブは臨床調査の薬剤を取った患者が危険はとるに足らなかったこと会社がFDAのパネルを保証した生命にかかわるレバー損傷まだに苦しんだことを知っていた。

助けられる会社の保証はRezulinのための速い承認にFDAからの前に4年勝つ。 薬剤は引用の後の去年の3月に肝不全を含んだ63を含む391の死の容疑者として、撤回された。 Rezulinは$2.1十億の販売を発生させた。

規定するドアの開始

判決またはFDAによって公共の眺めから保たれた新しい文書はロサンゼルス タイムズによって 得られた。 ビッグヒットの薬剤を追求している会社が薬は証明された安全および有効であることを保障するために責任がある公衆衛生代理店といかにの密接に協力したか内部メモおよび電子メールは親密な眺めを提供する。

ワーナー ランベルトとのFDAの共同の役割は代理店が議会およびホワイト ハウスによって敵ともっと$100-billionの製薬産業の「パートナー」としてより少なく作用するようにせき立てられていたと同時に始まった。

実験エイズの薬剤の合理化された承認で明白なFDAのこの変形は、最初に規定するドアを開けた。 薬品会社は治療の広い範囲の同様に急速な考察のためにプロダクトが人命救助の利点を提供したかどうか、にもかかわらず押した。

Rezulinでは、FDAは生命を救うか、または大人手始めの糖尿病の深刻な複雑化を減らすと証明されなかった薬剤に直面された。

それは糖尿病の研究のためのワーナー ランベルトの副大統領、Randall W. Whitcomb先生が、FDAに1996年12月11日言ったこの背景幕に対してRezulinの患者間のレバー傷害の発生が「臨床調査の偽薬と対等」だったこと、に諮問委員会にあった。 実際、薬剤を取った患者間の発生はそれらのある特定の偽薬の丸薬よりをはるかに越えて3倍高くあった。

Rezulinを取ったそれらの患者の間、2.2%偽薬を取った人のための0.6%と比較されるベテランのレバー傷害。

テキサスからの原告が、ミズーリおよびウェストヴァージニア持って来た、訴訟のための最近の誓われた沈殿ではWhitcombは彼のより早い性格描写を守った。

「「対等」、知っていたり、である興味深い単語あったり、ある」、Whitcombは証明した。 「0.6%と2.2%はあるか。 …私は2.2および0.6を、知っている見、これを今見るときそれらが同じような数であると言うことができることを考える。 私は、「類似した」である非常に上位概念語会計情報システム意味する。 …私はこれらの数があると、である別」。すべて考えない

レバー監視のラベルは断念される

しかし最近得られた文書は会社が患者が「3か月に」。そして6ヶ月毎に監視されるべきであることを推薦する1996年に薬剤のためにラベルを準備したことワーナー ランベルト内のレバー毒性についての心配がそのような物だったことを明らかにする

会社は1996年12月のFDAの諮問委員会の裏書を追求する前にレバー監視のための推薦を断念した。 そのような条件は指摘する医者に従って徹底的に少なくとも9つの他のより少なく危険な糖尿病の薬剤は利用できたことをRezulinの販売見込み高を、減らそう。

ワーナー ランベルトは公に第1が薬剤規定された人の中のレバー失敗の死を報告した後やっと10月末頃までのRezulinの患者のためのレバー監視を1997およびそして推薦しなかった。

ワーナー ランベルト エグゼクティブは監視のための必要性をので元の臨床調査の忍耐強い苦しまれた肝不全先に見なかったと以前言った。

今ではワーナー ランベルトの1993年から2000年までRezulinの主な医学の支持者だったWhitcomb、46は合併のワーナー ランベルトを昨年得たファイザー株式会社へパートタイムのコンサルタントである。 ボブFauteux、ファイザーのスポークスマンは会社はWhitcombの行ないについて提起された質問に応じてコメントがなかったことを言った。 Whitcombは彼の家に置かれた電話を折返しかけなかった。

最近の誓われた証明では、Whitcombは監視が必要その時にプロダクト進水した」。だったことを会社の彼そして他が「信じなかったと言った

但し可能性としては生命にかかわるレバー毒性、記録ショーがあると、調査の少なくともRezulinの12人の患者は見つけられた。 患者全員は持っていたレバー毒性のマーカーを「常態の上限上の10から30回」。

1993年6月30日に、会社のメモは最も早い場合、400ミリグラムを取った後投薬する5週間日刊新聞にレバー酵素の「突然の高度」を経験した63歳の人を記述した。 人ははずされたRezulinしかし彼のレバーへの損傷はメモに従って、主張した。

記録はまた薬剤が1997年1月29日に公認だった前に、臨床調査の少なくともRezulinの4人の患者はによって知られていたことを示す
会社かコンサルタント苦しむため黄疸、10%の致死率を運ぶ複雑化に。 黄疸の例か生命にかかわるレバー毒性の他の印は偽薬患者間で行われなかった。

1995年6月29日日本の患者が黄疸と3か月ことを間薬剤を取った後入院したこと、Whitcombに米国のRezulinをテストしている会社支払済の医者を知らせた。 「この肝臓の機能障害がおそらくと[Rezulin]」、はWhitcomb書いた関連していることを日本の調査官信じた。 しかし彼は、ワーナー ランベルトの意見に、「因果関係indeterminable」。がであることを結論を出した

1996年12月では、Whitcombはワーナー ランベルトが臨床調査からの結果を世界的に集めた、けれども彼はRezulinの患者間に起こる黄疸の1つの場合だけ引用したことFDAの内分泌および新陳代謝の薬剤の諮問委員会を保証した。

「私達にまたヨーロッパからの629人の患者からの安全データすべてがある」とWhitcombは言った。 「私達にあり、日本からのもう一人の1,000人の患者が…. 私達にあるそれから利用できる安全データすべてが」。

遅れて公共の発表

それは1998-nearly 3月26日、までWhitcombが公に臨床調査で観察された厳しいレバー毒性の例を認めた死こと最初のレバー失敗の後の6か月なかった。 Whitcombは固まり郵送された手紙でニューイングランドの医療ジャーナルによって出版された7パラグラフの手紙で医者 にないそうした

この遅れて発表はワーナー ランベルトの日本パートナー、Sankyo Co.を驚かしたようである。 1998年3月31日に、SankyoエグゼクティブはWhitcombによって記述されている「極度な」場合が「時機を得た」基礎の会社そして日本の権限になぜ報告されなかったか尋ねているワーナー ランベルトの副大統領に書いた。

後で2か月、コンサルタントはワーナー ランベルトによって会社は死の数を控えめに述べたことを所定のRezulin不平を言っただった患者間のレバー傷害の目録を準備するために雇った。 目録はワーナー ランベルトのParkeデービスの薬剤の単位によってFDAに堤出されるべきだった。

「私達にワーナー ランベルトの副大統領に1998年5月5日に私達についてのParkeデービスによって」、アーリントン発生する、場合ファイルについての大きな関心がVAのDeggeのグループ株式会社のコンサルタント リンダMiwa。、書いた、ある。 「…例えば、でき事のテーブルは5つの死をリストしたものだ。 私達の査定によって、単独で14のレバー死がある。 私達は何かが偽りなくここにおかしい」。ことを感じる

文書はより多くの不信が肝不全そして死に、1998年5月17日病気に、東のセントルイスの続いたことを。、ワーナー ランベルトおよび国立衛生研究所によって糖尿病防止の調査のRezulinを後援した取った高等学校教師示す。

死がNIHの役人を進行中の調査からRezulinを追放するために促す間、FDAの診療所員はロバートI. Misbin先生1998年7月22日の電子メールの同僚を言った: 「Parkeデービスは[sic]起こったかどれが臨床試験の間にはっきり大きく高いレバー酵素についての医者を知らせて不本意である。 これは諮問委員会を」。知らせなかったので意外ではない[sic] Misbinは会社に医者に「親愛なる医者」の手紙の場合を全国的に認めるように頼んだ。

調査の行ない2を助けたワーナー ランベルトへのコンサルタントは会社が「慎重にレバー毒性のレポートを省略し、臨床調査の患者が経験した深刻で不利なでき事を」。誤って伝えた上院議員にエドワードM.ケネディ(地区- Mass.)前に1年手紙主張した 場合の1つは黄疸と入院した患者を含んだ。 会社は先生がジャネットB. McGillなした告発セントルイスのendocrinologistを否定した。

精巧に作られたパートナーシップ

イメージ
ジョンL. Gueriguianの記録先生は1994年1月には早くもワーナー ランベルトに、Rezulinの「潜在的な毒性」についての表明された心配示す。

写真: 時のチャック ケネディ、

新しい文書は、Rezulinの上昇および落下中、年長のFDAの役人がワーナー ランベルトと静かに協力したことを明らかにする。 会社に舞台裏の助けを提供した人はFDA長官として任命のために考慮されている人々の中に今あるおよびヘンリーG. Bone III、FDAの諮問委員会の議長デトロイトの先生を含んでいたマレーM. 「Mac」Lumpkin先生。

会社で最も早い心配の1つは先生のジョンL. Gueriguian、薬剤のRezulinそして化学クラスを検査するために1990年代初頭に割り当てられたFDAの診療所員役割だった。 Gueriguianは1994年1月には早くもワーナー ランベルトに、最近得られた記録示す、Rezulinの「潜在的な毒性についての表明された心配」。

迫った臨床試験のRezulinを調査するためのワーナー ランベルトの提言された構想が薬剤の実用性の正当な評価を提供するかどうか翌年、Gueriguianは挑戦した。 1995年8月7日問題を解決するためにFDAの役人が内部的に会うべきだった前日にに、Gueriguianの主任、先生G.アレクサンダー・フレミングはワーナー ランベルト、メリーE.テイラーで、上級管理者に電話をかけた。

FDAは投げられる統率する

テイラーのメモに従って、「先生。 Flemingは先生を電話するようにGueriguian頼んだ私に…. 彼はまた私達の議論がうまくいかなかったら、彼は先生を」。楽にするGueriguianこと提供した テイラーは6人の会社の管理職へのこのメモを配った。

それらのエグゼクティブの1つは1994年6月22日に会社の電子メールに彼およびFlemingがGueriguianとちょうど会社の「相互作用」を論議したこと、書いた。 電子メールに従って、Flemingは「先生は今のところ[医学の]評論家に残るがGueriguian」、彼は「多分」取り替えられることを意味した。

Flemingは彼女が不快にされるようになったらRezulinの検討からGueriguianを取除くために彼がテイラーに「責任」を作ることをリコールしなかったと今週言った。

ワーナー ランベルトの後でRezulinを記述するのにGueriguianが冒涜を使用したことFDAは1996年10月に薬剤とのあらゆるそれ以上の役割の除去した彼を不平を言った。 Gueriguianに従って、彼はテイラーを言った、「単語のたわごとを照らすことができない」。 その頃までには、ベテランの診療所員はレバーおよび中心に害を与える潜在性の文書による検討の丸薬警告の拒絶を推薦していた。 彼はまた血砂糖低下代理店として価値に質問した。

FDAのGueriguianの追放ははっきり規定する出来事のためのワーナー ランベルトの副総裁を1996年10月16日電子メールを送ったIrwin G.マーティンに同僚に、言喜ばした、「私達はJGのハードルにある」。 マーティンは「ジョン[Gueriguian]映像から「が」。あることをそのFlemingを保証した彼を書いた 彼の検討はである完全…. それは諮問委員会に行かない」。

Gueriguianは1996年11月4日にRezulinの検討から形式的に取除かれた。

12月2日に、Rezulinの承認Flemingをマーティンに電子メールを送られたと考慮するためにFDAの諮問委員会がGueriguianの医学の検討の暗号化されたコピー会う1996-nine幾日前に。 Lumpkinは彼にGueriguianの検討を「告げたことを同じ日、Flemingは同僚に別の電子メールに書いたことではないFOIable」。 これによって、Flemingは消費者、マスコミまたは他が行為情報公開の下でそれを得ることができなかったので文書が公共の眺めから差し控えられることを提案した。

FDAは諮問委員会のメンバーから差し控えたGueriguianの検討の存在を職員を置く。 Lumpkinは、時代理店の薬剤の検討の中心の第2役人、呼出しを先週戻さなかった。
1996年12月9日に、諮問委員会の会合の前の2日、Flemingはマーティンに電子メールを送った: 「それのように薬剤の見えは市場であるべきである。 ゆるめ、よい提示を置きなさい。 助けを」。必要としたら呼びなさい

年長代理店の役人は常に土台の肝不全および死に直面して米国の市場保つために会社がおよび英本国からのプロダクトの回収のRezulinを押したと同時に有用に残った。

1998年6月6日NIHが調査からRezulinを追放したちょうど幾日後、2つが薬物工業の同業集団の収集に出席する間、彼がLumpkinと「現在のRezulin出る」を論議したことをマーティンに会社のメモで書いた。 マーティンのメモに従って、Lumpkinの部下、ジェームスBilstad先生は、その当時薬剤に破壊的な打撃を対処したかもしれないRezulinの分類の変更を考慮していた: A
月に二度すべての患者のレバー テストのための推薦。

イメージ事実にもかかわらず、保証されるRezulinの安全


肝不全の危険が非常にまれで、使用の最初の半年の間月に一度監視と管理できること公に、会社およびFDAはまだ医者を保証していた。 マーティンは彼およびLumpkinが「二度月例監視の賦課に代わり」を論議したことを書いた。

「彼はまた[Lumpkin] NIHが」。ので私達がおよび単に機能するためにこれらの[レバー失敗の]場合を評価する必要があることを同意した FDAはRezulinが安全に使用できること二度月例監視を推薦する考えを断念し、医者を保証し続けた。

同じメモでは、マーティンは彼がLumpkinにFDAのMisbinについての「心配」を表現したと言った。 前の月、Misbinは彼の主任によってワシントン州区域で公共の会議でRezulinおよびレバー毒性を論議するために彼の責任を取り消すように指示された。

「私はRezulinのhepatotoxについて公に話したいと思うMisbinの最後の問題の彼の助けにMacに感謝し取り消されたことを」Misbinの出現がMacによって「」。マーティンはそれに続く電子メールに書き、加える

Rezulinの幸せな患者のハイライトの逸話へのLumpkinもっと力強くまた励まされたワーナー ランベルトは彼の1998年6月6日の電子メールに、マーティンを書いた。 「それらの物語が」。は出て来る必要があることをMac提案した

ワーナー ランベルトのための別の重大な時はばね1999年Rezulinを再査定するためにFDAが内分泌の薬剤の諮問委員会を集めたときに、入って来た。 代理店の流行病学者による薬剤の危険の手厳しい提示にもかかわらず、委員会はRezulinが市場に残るべきであること満場一致で投票した。

FDAのリンボー界の薬剤の状態とまだ、マーティン「個人的に相談することをリコールした代理店のスタッフを委員会の推薦に続くように説得するための作戦に関する委員会の議長の骨によって約1時間」本部に置く。 会合はデトロイトに起こった。

「彼は[骨]私達が先月の会合の結果と非常に嬉しいべきであることを考えた; 現実的に、私達は1999年4月24日に」マーティン書いたよりよくしたにちがいない。 「… Rezulinは」。取除かれるべきであることに感じる代理店に多数あり、ある (骨はFDAからの利益相反の「放棄と」加わった; 彼は放棄の発行を促した状況を識別することを断った。) 骨はこの記事のための彼のコメントを追求する呼出しを戻さなかった。

マーティンはまた諮問委員会が公平であるために仮定され、糖尿病の薬剤の範囲で推薦をする骨がワーナー ランベルトに「他のプロダクトがはっきり私達に開始を」。与えた比較安全問題に私達の競争の努力を焦点を合わせるように助言したことを書いた

マーティンの骨を搭載する彼の会合の記述はワーナー ランベルトの販売幹部からのJ.ライトWitcher、この電子メールの応答を二日後に引き出した: 「どんなで珍しく有益な議論のように…これを鳴るかお祝いIrwin、である私達に有用」。は

安全取引委員会への去年の秋財務諸表のファイザーは、10月中旬現在に国家および連邦政府裁判所でファイルされた383のRezulin関連の訴訟に対して守っていたと言った。

民事訴訟に加えて、緑地帯、Mdの米国の代理人のオフィスの遂行者は。、Rezulinの承認を囲む状況についてのFDAの役人に昨年質問し始めた。

ロスアンジェルスのジャネットLundblad時の研究者はこの物語に貢献した。

版権2001年、 ロサンゼルス タイムズ。 3月11日、2001問題で出版される。
許可と再版される。



雑誌のフォーラムに戻る