生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年6月

イメージ

自然な反コレステロールのサプリメント

POLICOSANOL

心臓発作および打撃は低密度脂蛋白質(LDL) (「悪い」コレステロール)として知られているタイプのコレステロールのハイ レベルおよび高密度脂蛋白質(HDL)の低水準と(「よい」コレステロール)関連付けられた。 これらの傾向を逆転させることはこれらおよび他の動脈関連の病気のための危険を下げることができる。

イメージPolicosanolは副作用なしにコレステロールを同様に正常化するか、または薬剤よりよくすることができる補足である。(1) 効力および安全は多数の臨床試験で証明され、他の国で何百万の人々使用された。 Policosanolは20%大いにLDLのコレステロールを下げ、10%によって保護HDLのコレステロールを上げることができる。 これはレバー機能障害および筋肉萎縮のような副作用の欠点があるコレステロール低下薬剤と好意的に比較する。 Policosanolはこれらの副作用がない。

Policosanolはコレステロールの統合の妨害によって働く。 それは薬剤をコレステロール下げる「statin」のようなHMG CoA酵素を禁じない別の酵素を禁じるかもしれない。 その厳密なメカニズムは知られていない。

作る何が刺激するpolicosanolはコレステロールの低下に加えて心臓病に対して他の行為があることである。 statinの薬剤のように、policosanolの助けは動脈の損害の形成を停止する。(2) これはウサギの調査で与えたコレストロールが高い作成するように設計されている食事療法に証明された:

「ほとんどのpolicosanol扱われた動物に、atherosclerotic損害はなかったし、他で、脂肪質の縞の厚さにあった制御のよりより少ない泡の細胞の層が」。(3)

policosanolの重要な行為の1つはLDLの酸化を禁じることである。(4) 酸化させたLDLは危ない。 それは慢性の炎症性応答の作成によって血管の破壊を促進する。 酸化させたLDLはまたmetalloproteinaseの酵素を誘発できる。(5) これらの酵素はHDLの保護効果との干渉によって血管の破壊を、部分的に促進する。 調査はラットがpolicosanolと持っているより少ない血管の破壊を引き起こすより少なく炎症性応答により反映する少数の泡の細胞を扱ったことを示す。(6,7)

policosanolのもう一つの行為は細胞の拡散を減らすことである。 健康な動脈は細胞の滑らかな層と血が抵抗無しで競争できるように並ぶ。 病気にかかった動脈の特徴の1つはこの層が細胞が厚く、大きくなりすぎるようになることである。
動脈が狭くなると同時に、血の流れは完全に減速するか、または妨げられる。 Policosanolはこれらの細胞の拡散を停止する機能のためにテストされた。(8) 結果に従って、細胞の繁茂を「停止するpolicosanolの能力はstatinsのほとんどのような他の脂質低下薬剤のために、報告されるantiproliferative効果に一致してある」。(9)

イメージ
Policosanolは砂糖きびからなされる自然な補足である。

Policosanolはまた血塊の形成を禁じ、アスピリンをこの点で共働作用して使用するかもしれない。 アスピリンおよびpolicosanolの比較では、アスピリンは1つのタイプの血小板の集合の(血球の一緒に群生している)減少でよりよかった。 しかしpolicosanolは別のタイプの禁止でよりよかった。 ともに、policosanolおよびアスピリンはどちらかより単独でよく働いた。(10,11) 関連の効果はトロンボキサンのレベルの重要な減少がpolicosanolの2週後に人間で行われることである。(12) トロンボキサンは血小板によって作り出される血の容器圧迫のeicosanoidである。 (ノート: eicosanoidsは伝染を殺すために拡大させる肺の血管を作成するのような事を熱をすることができる従って呼吸でき発火を減らす細胞で作成される強力な化学薬品である。 ボディはeicosanoidsなしで作用できなかった。 問題はeicosanoidの反作用が薬剤によって破壊されるとき、病気起こる、貧乏人は自然なバランスと干渉する)他の要因食事療法し。

薬剤相互作用

他の中心の薬物との干渉に関しては、policosanolは問題を起こさないようではない。 不利な反作用は血のシンナーかベータ遮断薬と起こらない、但し例外としてはpolicosanolはプロプラノロールの血の圧力低下効果を高めるかもしれない。(13) 他の薬剤とpolicosanolを結合する直接調査は行われなかった。 但し、臨床試験の間にpolicosanolはカルシウム反対者、diuretics、血管拡張神経、NSAIDs、meprobamate、甲状腺ホルモン、digoxin、抗凝固薬、潰瘍の薬剤、neuroleptics、抗鬱剤およびanxiolytics (反心配の薬剤)を問題なく取っている人々に与えられた。(14)

臨床試験のハイライト

Policosanolはほとんどの薬剤同様に多くの臨床試験を経た。 心臓病の危険度が高いのコレストロールが高いの人々の調査では、policosanolは10のmg /dayで6から12週に付きLDLのコレステロール20%を下げた。 総コレステロールは15%減り、HDLは7%-28%を増加した。 20のmg /dayを取ることは28%についてのLDL、20%についての総コレステロールを減らし、HDL 7%-10%を上げた。 トリグリセリドはpolicosanolに答えない。

10 mgの線量は報告される悪影響無しで長期テストを(2+年)、経た。 20 mgの線量(およびより高いのまだ)長期試験を経ている。 (ノート: コレステロール低下薬剤のほとんどの試験でように、policosanolは低コレステロールの食事療法と共にテストされた)。

Policosanolはstatinの薬剤に専有物を押しつける。 LDLおよび総コレステロールの低下はHDLの上昇でよりよく行っていてpolicosanolが類似している。 チリからの隣り合わせの比較調査では、policosanolの例えば、10 mg 20 mgでlovastatin (Mevacor)のための22%と、および10 mgでsimvastatin (Zocor)のための15%は比較されたLDL 24%を減らした。 これは他の調査の調査結果に類似している。(15)

policosanolおよびgemfibrozil (Lopid)の組合せは1つの調査に従ってどちらかより単独でよく、働く。(16) 別の調査はbezafibrate、コレステロールとpolicosanolをフィブリノゲン低下薬剤結合し。 Policosanolは劇的にbezafibrateの機能をLDLおよび総コレステロールを下げる高めた。

policosanolを取っている3000人に含む調査では26だけは副作用のために脱落した。 副作用はの最も頻繁にだった減量不平を言った。 (調査の平均時間2.5年)。
短期の、偽薬制御の試験、偽薬からの副作用の不平では(両方で均等に報告された)を除くあらゆる部門のpolicosanolのためのそれらを腹部の苦痛超過した。 Policosanolは物悪い状態よりもむしろよい副作用をもたらすようである。 上記の大きい調査の注目される副作用の1つはpolicosanolを取っている人々は特別な注意の単位で入院のかなりより低い率があったことだった。 深刻な冠状でき事は偽薬と比較されたpolicosanolを取っている人々で減った。

無毒

Policosanolの利点

生命にかかわる副作用なしでコレステロールを下げる
HDLをほとんどのstatinの薬剤よりよく上げる
動脈の損害の形成を禁じる
酸化からのLDLを保つ
練習の利点を高める
動脈の病気の人々の複雑化を減らす
発火を促進するトロンボキサンを減らす
性生活と干渉しない

Policosanolは砂糖きびからなされる自然な補足である。 主要な原料はoctacosanolである。 Octacosanolは植物が葉およびフルーツに持っていることろうのフィルムで見つけられるアルコールである。 柑橘類の葉そして皮はoctacosanolを、含み従って麦芽オイルをする。 伝えられるところによれば医療補助があるキャビアはoctacosanolの多量を含んでいる。

Octacosanolは「長い鎖の脂肪質アルコール」である(またアルコールである)コレステロールと同じような。 Policosanolはoctacosanolおよび他の複数の長い鎖の脂肪質アルコール—それ故に名前「poli」-の組合せcosanolである。 他の自然発生する脂肪質アルコールとともにoctacosanolを保つことはそれをより安定したようにする。 他の脂肪質アルコールと結合したらoctacosanolがまたよりよく働くという証拠がある。

脂肪質アルコールは脂肪酸に、また逆も同様変えられる。 魚の有利な脂肪酸は、例えば、octacosanolおよび他の長い鎖の脂肪質アルコールからなされる。 脂肪質アルコールは髄鞘の統合、神経のまわりの絶縁材、またボディの他の重要な生物物質に要求される。

Policosanolは非常に安全である。 人間が取る何をラットが1724回を与えられたときに、毒性は起こらなかった。(17) 猿および犬はまた毒性なしでpolicosanolの長期の大量服用を与えられた。(18) 癌は長期またはずっと時間のための多くがある齧歯動物で起因していないpolicosanolは薬剤の新陳代謝(レバーのチトクロームp450に影響を与えない)と干渉するようである。

練習の強化

60年代に遡る調査ではoctacosanolは練習の間に持久力および酸素の利用を高める機能を示した。 研究はoctacosanolが筋肉によってとられることを示す。(19) 筋肉がoctacosanolを貯え、エネルギー源に変えるようである。 エネルギー動員および新陳代謝はoctacosanolによって高められる。 octacosanolが最初与えられてのとき、ほとんどはレバーに行くが、3日の処置後に、筋肉で集まり始める。(20)

日本からの調査では、octocasanolによりラットは活発ですためにそしてもっと運動した。 それはまた持久力を高めた。 心臓病の人々が与えられるときpolicosanolの10のmg /dayは、好気性容量および酸素通風管の増加および虚血減る。 トレッドミルの練習ECGテストの改善はpolicosanolの処置の後で行われる。 心臓病患者のこれらの結果はoctacosanolの点爆時間そして強さを高められたまた練習プログラムを経ている健康な人々の調査を確認する。

リビドーの強化(多分)

impotencyを引き起こすことができるコレステロール低下薬剤とは違ってpolicosanolはリビドー高める効果をもたらすかもしれない。 オスのラットの調査はpolicosanolが増加するテストステロンなしで性的行為を高めることを示す。 同じ結果は猿にあてはまるようであるが調査は限定的である不十分である。 残念ながら、policosanolの非常に多量はこれらの効果を得るために取られなければならなかった。 但し、明るい面はpolicosanolが推薦された線量で取られるとき、それに多くのコレステロール低下薬剤上の利点を与える人の性生活と干渉しないことである。

他の条件はpolicosanolに答える

甲状腺剤、コレステロールおよび大豆蛋白

頑固なコレステロールがあれば、低い甲状腺剤があるかもしれない。 調査は穏やかに減らされた甲状腺剤によりコレステロールでT4の処置に答える高度を引き起こすことができることを示す。 高いホモシステインはまた低い甲状腺剤によって関連付けられる。 甲状腺のない人々の調査では、甲状腺剤療法を停止することはコレステロールの100%の増加およびホモシステインの27%の増加で起因した。 復帰療法の後の4から6週以内に、両方とも常態に戻った。 動物蛋白質(カゼイン)に基づく食事療法は植物ベースの食事療法(大豆蛋白)と比較される動物実検のコレステロールそしてより低いチロキシンを上げる。 隔離された大豆蛋白は動物蛋白質の食事療法に加えられたときコレステロールを下げ、甲状腺剤を上げることができる。

Balmir F、等1996年。 大豆小麦粉のエキスはラットおよびハムスターの血清コレステロールそして甲状腺ホルモンに影響を及ぼす。 J Nutr 126:3046-53。

留置権EA、等2000年。 血しょう総ホモシステインは短期の間に水平になる
医原性の甲状腺機能低下症。 J Clin Endocrinol Metab 85:1049-53。

Nedrebo BG、等1998年。 血しょう総ホモシステインはhyperthyroidおよびhypothyroid患者で水平になる。 新陳代謝の47:89 - 93。

陶工SM、等1996年。 ハムスターの大豆蛋白の濃縮物そして隔離された大豆蛋白の同様により低い血の血清コレステロールしかし別様に影響のthroidのホルモン。 J Nutr 126:2007-11。

Policosanolは心臓病の危険がある状態にpostmenopausal女性、60歳にわたる人々、および断続的なclaudication (より低い先端の動脈の妨害、通常)の人々でテストされた。 すべての示されていたよい結果。 postmenopausal女性の調査では、policosanol (10のmg /day)は25% 17%およびLDLによって伝えられるところによれば総コレステロールを減らした。 HDLは28%を増加した。 これらの結果はだれがpolicosanolの10のmg /dayを取ったか60上の人々で報告されるそれらに類似している。 断続的なclaudicationの人々の調査では、policosanol (20のmg /day)はlamenessを減らし、人が歩かせることができる間隔を増加した。 policosanolのグループの深刻な複雑化のパーセントは偽薬を得ているグループの38.7%と比較された9.7%だった。 断続的なclaudiction誘発の複雑化のこの重要な減少はpolicosanolがコレステロール調節を越える有利な効果を出したことを示す。(21)

総コレステロール値は血のdeciliterごとの200 mgの下で保たれるべきである。 240の上のコレステロール値は特に危ない。 policosanolのための適量は5-20のmg /dayである。 それは他の薬剤と取ることができアスピリンと共にstatinの薬剤の効果を、特に高めるようである。 深刻な副作用はずっとこのコレステロールの変更の補足のために報告されていない。 それがコレステロール、LDLおよびHDLのための利点を示すが、policosanolはトリグリセリドに影響を与えないようではない。 血清トリグリセリドのレベルは魚油のような他の補足によって下がるかもしれない。 policosanolの非常に顕著な利点の1つは、それ保つ酸化からのそれをだけでなく、LDLを下げることである。 この天然産物のこれそして他の行為はそれを防ぎたいと思う人病気または動脈を持つ人々のための数1選択としてそれに潜在性を与える。(22-23)

LEFからの購入POLICOSANOL

参照

1. Mas R、等1999年。 タイプIIのhypercholetserolemiaおよび付加的な冠状危険率を持つ患者のpolicosanolの効果。 Clin Pharmacol Ther 65:439-47。

2. Noa M、等1995年。 ラットのlipofundin誘発のatherosclerotic損害に対するpolicosanolの効果。 J Pharm Pharmacol 47:289-91。

3. Arruzazabala ML、等2000年。 外因性の高脂血症のウサギのatherosclerotic損害に対するpolicosanolの保護効果。 Braz J Med Biol Res 33:835-40。

4. メネンデスR、等1999年。 policosanolの経口投与は生体外の銅のイオン誘発のラットの脂蛋白質の過酸化反応を禁じる。 Physiol Behav 67:1-7。

5. Xu XP、等1999年。 酸化させた低密度脂蛋白質はマトリックスのmetalloproteinase9を調整し、人間のティッシュの抑制剤は大食細胞をmonocyte得る。 循環 99:993-8。

6. Noa M、等1996年。 ラットのカラギーナン誘発の肉芽腫の泡細胞の形成に対するpolicosanolの効果。 J Pharm Pharmacol 48:282-5。

7. Lindstedt Lの等1999年の。マトリックスのmetalloproteinases3、-7、および-12、しかし-9はapolipoprotein A-Iのcarboxyl終点の切り捨てによって、人間の大食細胞の泡の細胞からの高密度脂蛋白質誘発のコレステロールの流出を減らさない。 流出の前ベータ粒子そして高い類縁の部品の平行損失。 J Biol Chem 274:22627-34。

8. Noa M、等1998年。 ウサギの鉗子によって引き起こされる傷つけられた幹線壁に対するolicosanolの効果。 Jの電子Microsc 4:629-30。

9. Negre-Aminou P、等1996年。 培養されたヒト細胞の6つのvastatinsのAntiproliferative潜在的能力: ras仲介された信号を送る細道の介入。 第66 Cong Eur Atheroscler Soc (フィレンツェ7月13-17日、): 120.

10. Arruzazabala ML、等1997年。 健康なボランティアの血小板の集合のpolicosanol、アスピリンおよび組合せ療法のpolicosanolアスピリンの比較研究。 Pharmacol Res 36:293-7。

11. Stusser R、等1998年。 policosanolの長期療法は冠状心臓病患者のトレッドミルの練習ECGのテストの性能を改善する。 Int J Clin Pharmacol Ther 36:469-73。

12. Carbajal D、等1998年。 健康なボランティアのアラキドン酸の代謝物質の血小板の集合および血清のレベルに対するpolicosanolの効果。 Prost Leukエッセンの脂肪酸の 58:61 - 4。

13. Molina V、等1998年。 ラットの動脈血圧力に対するpolicosanolの効果。 nifedipineおよびプロプラノロールとの病理学の相互作用の調査。 アーチMed Resの 29:21 - 4。

14. Carbajal D. 1998年。 ラットの出血の時間そして血栓症の相互作用のpolicosanolワルファリン。 Pharmacol Resの 38:89 - 91。

15. Prat H、等1999年。 [タイプIIの高脂血症に対するpolicosanolおよび2つのHMG CoA還元酵素の抑制剤の比較効果]。 スペイン語で出版される。 Rev. Medチリ 127:286-94。

16. Castaño G、等1998年。 タイプIIの高脂血症の処置のpolicosanol、gemfibrozilおよびpolicosanol-gemfibrozilの組合せ療法の比較研究。 CENIC Cien Rev. Biolの 29:17 - 23。

17. AlemanのCL、等1994年。 Sprague Dawleyのラットのpolicosanolの口頭毒性の12ヶ月の調査。 Toxicol Lettの 70:77 - 87。

18. ロドリゲスechenique C、等1994年。 慢性的にオス猿(Macacaのarctoides)で管理されるpolicosanolの効果。 食糧Chem Toxicol 32:565-75。

19. Kabir Y、等1994年。 ラットの練習に応じての放射性octacosanolの配分。 Nahrung 38:373-7。

20. Kabir Y、等1995年。 ティッシュの配分の(8 14C) -連続管理の後のラットのレバーそして筋肉のoctacosanol。 アンNutr Metab 39:279-84。

21. Castano G、等1999年。断続的なclaudicationの患者のpolicosanolの効果の二重盲目の、偽薬制御の調査。 Angiology 50:123-30。

22. policosanolのMas Rの等1999.Pharmacoepidemiologic調査。 Curr Ther Res 60:458-67。

23. Mas R. 2000年。 Policosanol。 未来の25:569-86の薬剤。

LEFからの購入POLICOSANOL



雑誌のフォーラムに戻る