生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年7月

イメージ

ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

持つことができないことをFDAに言う薬剤を入れる

アメリカ人は病気を扱う有効な薬剤が他の国で承認されるのに苦しみ、死ぬ。 公衆は新しい薬剤がヨーロッパおよび日本で販売されるが、製薬産業によって強い説得運動はこれらのよりよい薬物の大規模な供給を妨げたこと一般にわかっている。

製薬会社はアメリカ人に世界より有効な療法の買物をしてほしくない。 それらは大きい会社がアメリカの市場上の事実上の独占を楽しむ流れによってFDA保護されるシステムを好む。 この初期システムはFDAがそれらがする薬物の膨脹させた価格を支払う米国の市民を犠牲にして製薬会社のための記録的な利益を得る。

FDAは」、他の国で承認される薬剤がどうかして「危ないこれを支える証拠を持っていないことにもかかわらずことを信じることに公衆および議会を欺く。 FDAが便利に無視するものは言う薬剤が106,000人のアメリカ人上の毎年「安全な」殺害であるという事実である。(1-3)

まだサリドマイドの殺害

イメージ今日の薬剤の承認システムの支持者は深刻な副作用を引き起こす沖合いの薬剤によりの例を見つけるサリドマイドの大失敗に行かなければならない41年。 他の国の保健省によって承認される人命救助の薬剤の輸出禁止を命じるのにFDAがこの古い問題をので弁解使用しているのでまだサリドマイドの殺害。 なお、これらの薬剤は深刻な副作用なしで幾年もの間他の国で使用された。

数人はのはサリドマイド問題を発見したFDAではなかったことを覚えている。 妊娠の初期の肢の開発を停止させるサリドマイドの恐ろしい力を識別したのはドイツの科学者だった。 米国のこの問題の回避へのFDAの唯一の貢献は元の適用の検討の後輩のFDAの役人によって遅れ行った。

サリドマイドの元帳の反対側に悲劇が、余りにある。 サリドマイドは血管の拡散、ある特定の癌を飢えさせ、ぬれた黄斑の退化によって引き起こされる盲目から保護を助けるかもしれない効果を停止させるために示されていた。 1998年に、FDAは最終的にハンセン病と関連していた複雑化を扱うためにサリドマイドを承認した。 それは医者が他の病気の患者に法的にサリドマイドを規定できることをそのことを意味する。 しかしFDAは少数の医者か患者が官僚的を戦って喜んでである以外ラベルの使用にそう多くの制限を設置した。(4)

まれな病気は約50人のアメリカ人だけに扱うべきFDAによって承認されるサリドマイド毎年起こる。 しかしFDAは会社が作るサリドマイド癌および黄斑の退化のことを処理の使用を促進できない言う。 FDAが裁判所で苦しんだ最近の米国憲法修正第一項の損失はサリドマイドが広告されることを可能にするかもしれない 薬剤を作っている会社がFDAの憤りを負い、公認に得たいと思うかもしれない他の薬剤に対する報復に服従することを(5)それは意味したが。

FDAの報復の恐れ

FDAは薬の練習から科学を取り、無能な、偏りのある官僚主義と取り替えた。 新しい薬剤のFDAの承認に勝つためには、それは多くの政治的影響力を取る。

イメージ
FDAはその以外ラベルの使用にそう多くの制限を少数の医者設置したまたは患者は官僚的を戦って喜んでである

新しい薬剤を承認するために個人でFDAにかどうか主として巨大製薬会社に恩義を受けている構成される助言する委員会。(6) これらの諮問委員会に彼らの自身の人々を置くことをできることができないバイオテクノロジーの小さい会社は重要な不利な点にある。 大きい製薬会社に珍しく友好的なようであるがあったり、小会社からの新しい薬剤の承認を遅らせるとあらゆる弁解が想像がつく見つけるFDA職員が。(7-12)

FDAは計画的にこの抗ウィルス性の薬剤が地球でちょうど約あらゆる文明化された国の生命を救っている間長年に渡るribavirinの承認を遅らせた。 ribavirinを作った会社はFDAの前にこの薬剤の美徳を称賛するために記者会見を開くことのひどい「罪」を承認したそれを託した。 FDAの報復のもう一つの犠牲者は免疫があ高める薬剤のisoprinosineだった。 isoprinosineがほぼ二十年の間医者によって世界中で規定される間、FDAは決してそれをのでアメリカ人が彼らの自身の個人的な使用のための他の国からそれを輸入できるという事実を促進するのを助けられた製造業者ここに承認しない。 悲しい事実は有効な薬剤がFDAの報復のために公認のとき、アメリカの市民は死ぬことである。(13,14)

沖合いの水難救助は薬剤を入れる

米国で決して承認されるかもしれない薬剤の例はthymosinのアルファ1である。 1981年に、生命延長基礎は胸腺に作り出されたこの免疫の後押しの代理店の多数の利点についての見出しの記事を書いた。不運にも (15)、薬剤を作っている小会社はFDAの承認に勝つために資源に欠けていた。 Thymosinのアルファ1はヨーロッパの承認を得た。 出版された調査は癌の化学療法を伴って使用されたとき、骨髄の毒性の軽減を助けることを示す。(16,17) thymosinのアルファ1はinterleukin2かアルファのインターフェロンと結合されるとき、癌細胞および肝炎のウイルスに対して免疫反応を高める。(18-23) Thymosinのアルファ1はアメリカ人に利用できるべきであるがとFDAは断る!

肝炎およびある特定の癌患者に利点であることができるもう一つの薬剤はpolaprezincである。 この超安全な日本の薬剤はインターフェロンと結合されたとき)ウイルスの負荷を減らし、タイプ1bの肝炎の完全な応答を引き起こすために示されていた(。(24) またベータ核要因Κと呼ばれる成長因子を調整する癌細胞のアジェバント療法として有効かもしれない。 日本に住まなければ、carnosineのpolaprezinc、独特な混合物および亜鉛を得ることは非常に困難である。

AlzheimerのようなNeurodegenerativeの病気に有効な処置がない。 memantineと呼ばれる薬剤はAlzheimerおよびパーキンソン病の進行を遅らせるかもしれない。 MemantineはAriceptおよびTacrineのような現在のFDA公認の薬剤より別のメカニズムによって働く。 Memantineは最後の10年の間ドイツで使用されたが、FDA統治を委任された臨床試験で動きが取れなくなって残る。 4,000,000人のアメリカ人のアルツハイマー病の患者は切に待つ。(25-33)

FDAによって前に年承認されるべきである薬剤の最もよい例はnimesulidと呼ばれるCOX-2抑制剤である。 アメリカ人は関節炎の苦痛および軟骨の退化にnimesulidが他の国でずっと昔に承認される間、苦しんだ。 アメリカ人はFDA公認COX-2抑制剤の今高い値段を非道に支払い、癌を扱うために薬剤のこのクラスがまだ承認されていないのでアメリカの癌患者は死んでいる。 Nimesulidは1971年に特許を取られた方法背部だった、しかしアメリカ人は1999年12月に承認されるべきCelebrexと呼ばれた別のCOX-2抑制剤を待たなければならなかった。 ある調査はnimesulidがCelebrexかVioxxより安全であることを示す。 NimesulidはまたCelebrexかVioxxより癌のアジェバント処置で有効かもしれない。 それはCelebrexまたはVioxxのための約$125.00を要する月、けれどもnimesulidは1ヶ月あたりの$22.00だけのためのヨーロッパで得ることができる。 それは米国の市民がCOX-2抑制剤へのアクセスを今ならない薬物のこのクラスのための5倍多くの平均に支払わなければ長い間否定されたこと非良心的であり。

それは反抗する時間である

薬剤の承認の今日の傷が付いたシステムは主要な分解検査を必要とするまたは有効な療法が他の国にある間、アメリカ人は死に続ける。 生命延長基礎のメンバーとして、ずっと二十年のための強固な医学の確立を戦っている組織を支えている。

今月の問題では、私達は安全、有効であるために示されていたが出版したりアメリカ人にFDAによって否定される薬剤の詳細な研究のレポートを。 これらのレポートの出版の私達の目的は、科学的な精密と、FDAによってアメリカの庶民で加えられる大虐殺を記録することである。

科学が提供しなければならないベストを得ていないことをより多くのアメリカ人が学ぶと同時に、患者の福利上の彼らの独占的な利益を前方に置く私達は庶民が医学の確立に対して反逆することを信じる。

世界は急速に変わって、非FDAによって承認される療法についての情報はインターネットで容易に見つけることができる。 消費者のための問題は深刻な健康上の問題のための解決を追求している人々で犠牲にするペテン師から実質科学を分けている。 そういうわけでそう多くの健康に敏感な人々は生命延長基礎を結合している。 私達が慣習的な薬の前に 老化関連の病気を防ぎ、扱うための多くの年確実な方法を識別したこと私達の21年の実績文書。 私達はまた鮫の軟骨のような非効果的な療法を取り除いた従って私達のメンバーは無益なプロダクトの彼らのお金を無駄にしない。

有望な開発

FDAが多くの生命を救う時間に改良することができるという新しい希望がある。

メリーRuwart先生は次のFDA長官である候補者である。 この問題では、私達は彼女についての物語を印刷した。 私は代理店と間違っている ものをのすべてのメンバーに 多くを除去するFDA内の変更のタイプをするために先生の計画についてRuwart's読むために頼む。 すべての読者は私達が次のFDA長官として先生を選ぶようにRuwart彼を励ましているにブッシュ大統領提供する形態手紙を郵送するべきである。

長い生命のため、

イメージ

ウィリアムFaloon


最もよい薬剤はどこにあるか。

世界の最先端の薬剤は米国に正しくここにであるが、FDAの承認のぬかるみで動きが取れなくなって残る。 アメリカの市場の利益の潜在性はに使用した程に製薬会社が他の国の速い承認を大いに追求していないほど大きい。

私達が前に出版してしまったので、管理された実験薬剤を得る臨床試験を書き入れることは賢い選択常にではない。 これらの臨床試験の問題は患者が他の互いに作用し合う療法を使用することは許されないし、実験薬剤の最適の線量を得ないかもしれないことである。

薬品会社は臨床試験に薬剤の販売のペニーを得てもいい前に壮大な金額を使う。 FDAによって作成される法外な遅れにより絶望的な必要性でだけでなく、それらの不必要な死を引き起こすが、それらが最終的に公認に得れば薬剤の費用を天文にする。

生命延長基礎はよりよいアプローチが公式に「公認」。である前に新しい薬剤を販売することを薬品会社を許可することであることを信じる この変更はずっと低価格で利用できるようになる新しい薬物のルネサンスで起因する。 FDAを考える個人は余りにも遅い動かすがFDAの保護を望む人々およびそれらの医者はそれらを助けることができる信じる薬物への即時アクセスを得るにはことができるFDA公認の薬剤だけ使用できる。 それは公平提供するために非営利グループが生命を救うことができる承認されていない薬剤について助言すれば競ったらすばらしくないか。 この自由主義的な概念に対して論争する人は科学的な民主主義上のFDAの独裁制に裏書きしている。

ある人々はFDAが速い新しい薬剤を余りにも承認し、より厳しいテストの統治を委任するにはべきであることを論争する。 事実はFDAが承認する危ない薬剤が頻繁に既に傷が付いた承認審査方式の製薬会社の処理の結果であることである。 私達は前の月のこの雑誌の問題のFDAで不適当な製薬会社の影響でとりわけ報告した。(34)

考える人は弁護士のずっと前にFDAを必要とすることを科学者がワクチンの効力を確立したことを、防腐剤および抗生物質着いた彼らの仕事を指示するために忘れている。 医学は連邦政府の規則か承認が薬剤が働くかどうかわかるように要求しない。 私達はずっと研究の検討の重ねられた政治層が科学者は余りに長く新人を苦しめてしまった病気のための実質の治療を見つけることを防ぐ主要な障害物であると考える。

何人かの厭世家は非倫理的な会社が調節されていない環境の危ない薬剤を販売する、けれども民間会社は法廷弁護士が富む時代に殺すか、不具になるか、または傷つく長い販売プロダクトのために繁栄しないことかかわっている。

次は「FDA資格を与えられる社説 ウォールストリート・ジャーナルからの抄録警告する致命的である場合もある余りに」とである:

「通常、最も健康な人々はまだおそらく勤勉で、一般に有能な、善意の連邦政府局が彼らの常備薬戸棚の内容を監視している思考の慰めを取る。 しかし私達は医学の非常に急速な進歩の年齢に住んでいる。 遺伝科学によって促されて、私達はより多くの個性化された、カスタマイズされた療法の方に進歩している。 ある療法は患者の自身のボディ、または近親者から細胞、ティッシュまたは器官を得、変更し、そして培うことによって既に決まる。 あなたの薬の一般的問題の合うことはうまくすべての統計的な中間で平手で打てば立つことを起こればが、少数の実質の人々が起こればである。 そして最もものすごい状況に、最もよい療法は頻繁にワシントン州で十分に」。証明された真実の限界の外で健康な科学の端の物である(35)
FDAのパイプラインで付いた薬剤に近づくことを許されることは無数の生命を毎年救う。 生命延長基礎バイヤー クラブは私達がである米国の不能そして死の重要な原因信じる今日の古めかしい薬剤の承認システムを変えることに努力している。


350の癌治療はFDAの承認を待つ

アメリカの癌協会に従って、552,000人以上のアメリカ人は癌で今年死ぬことになっている。 生命延長基礎はFDAが実験薬剤がFDAの承認を待つ時間がない人に販売されるようにしたらこれらの癌患者の多数が救うことができることを信じる。

臨床試験の関係者の欠乏により多くの新しい癌療法の承認で遅れを引き起こした。 前任者よりより少なく有毒有効、で、新しい癌治療がまだ試験のボランティアの欠乏による承認審査方式を完了するために持っている間。 癌患者の3%から5%以下試験に加わることが、存在の意識の欠乏が大抵原因で推定される。

ロバートL. Comis MDは国民の蟹座の協力的なグループの連合、癌の臨床試験専門家のネットワークの大統領である。 発表されるComis先生「今はテストされること準備ができたそこに350の新しい処置がある。 私達が臨床試験に加わっていれば大人の患者の3%から4%でスタックしていればそれは有効」。であることをこれらの新しい処置がだけでなく、テストされるが、私達利用できるように一度なる示しなさい年前にである

Comis先生は制癌剤の臨床試験が患者に特定癌のための最も最もよく知られた処置を与えることを含むまたはことを論争し癌患者に新しいものを試みる機会を与える。 Comis先生は患者が調査の間に先端の心配を受け取り、薬剤が安全のために既に選別されてしまったと言う。

生命延長基礎はそれを臨床試験を書き入れることが最もよい選択ほとんどの癌患者のためのであることを一致しない。 例えば、それが段階私、第一次目的薬剤の低い線量の安全をテストし、癌を治さないことである調査しなさい。 逸れないべき統計量のために頻繁に段階2および3の試験の癌患者が他の互いに作用し合う療法を使用することは許されない。 臨床試験は頻繁にまだ慣習的な療法を失敗していない臨床調査を書き入れる資格があるためにそれを意味している癌患者を癌患者最初にある特定のタイプの癌のために履歴データに基づいて働くことの事実上チャンスがない残酷に有毒な療法を試みたにちがいない除く。 これらの慣習的な療法は、しかし実験療法の働きの確率が非常に減少するほど、免疫組織をひどく損なうために。

生命延長基礎は癌患者は彼らの病気プロセスのこの350の潜在的な癌療法へのアクセスが先にあるべきであること、そしてこれらの実験療法が初期の病気を根絶するために一緒に共働作用して働かせるかもしれない他の薬剤と結合されるべきであることを信じる。

癌患者今はへの アクセスがある べきであることを私達が考えること特定の互いに作用し合う癌療法を見直すために生命延長雑誌の前の問題を参照しなさい。 雑誌のアーカイブを点検することによって 生命延長 雑誌のこれらの過去問題を 見ることができる

臨床調査を書き入れることについて尋ねたいと思うそれらの癌患者のために私達はwww.cancertrialshelp.orgで先生のグループのウェブサイトにComis'sログオンすることを 提案する


尖頭アーチ の編集者は 言う…
FDAは製薬業との遠い余りに居心地のよい

尖頭アーチ、過敏性腸症候群のための論争の的になる 新しい薬剤を取っている患者で出版される5月19日の、2001は社説に従ってFDAが「(薬剤の)企業の使用人に」。似合ったので死ぬかもしれない

この破壊的な社説はGlaxo-SmithKlineが5人の患者の死の後で自発的にアメリカ市場からの薬剤Lotronexをこの前の11月撤回したが、年長のFDAの役人は今それを再導入するように努めていることを明らかにする。

この社説は言うことを続く:

「この物語単一の薬剤の承認および検討プロセスのだけでなく、危ない失敗を明らかにするが、また範囲は薬剤の評価のためのFDA、中心および特に研究する(CDER)、似合った企業の使用人に」。は

この2ページの社説は「LotronexおよびFDAと資格を与えられる: 完全性の致命的な腐食」。 それは企業から資金の数億のドルを受け取ることのFDAを訴える。

社説はFDAの役人によって薬剤についての安全質問を退去させた上げたことこれらの科学者は薬剤の未来についてのそれ以上の議論から除かれたFDAの科学者の意見を要求し。 それは、1人の役人および透明、非公式な、秘密1を未来の薬剤のFDAとGlaxo間の交渉が「斜行運動プロセスを含んだこと主張することを続く」。

FDAは2000年2月のLotronexを承認したが、ヨーロッパ薬評価代理店によって決して承認されなかった。 会社は妨げられ、破裂させた腸の例を含む厳しい便秘のischaemic結腸炎の49の場合の後の11月2000年および21日の米国のプロダクトを、撤回した。 5つの死に加えて、34人の患者は病院に入場を要求し、10は外科を必要とした。

尖頭アーチは 7人の患者が深刻な複雑化を開発したことが2000年7月には早くも、知られていたと言う。 臨床データは確認した「実質的な物および可能性としては生命にかかわる危険を」。 Lotronexを撤回するかわりに、FDAは薬物ガイドを出した。 「この決定尖頭アーチに従って致命的」、は 証明することだった

社説は「感じたらLotronexを取ることを止めるために患者に助言する警告が増加する腹部の不快」実際的でなかったことをFDAの科学者が知っていたことを示す。 理由は腹部の苦痛が過敏な腸の古典的な徴候として混同することができることである。

FDAの科学者は患者か医者がこのタイプの苦痛が多分致命的なischaemic結腸炎の早期警報だったかどうか知ると期待することは不合理だったことを論争した。 意見はFDAの役人によって退去させた。 尖頭アーチに従って除かれた、「年長の同僚が脅かしたこれらの問題のフェルトを上げ、Lotronexの未来についてのそれ以上の議論から」。科学者

2000年11月16日のFDAの科学者日付を記入されたメモでは言った、「この薬剤のものすごい副作用の早期警報はっきり実行可能」はでし、「計画が」。巧妙である場合もないリスク管理を加えなかった FDAの役人はこの警告を無視することを選ぶ。

主2000年11月28日Glaxoの間で会っておよびFDAの役人の、よりもむしろLotronexを撤回するために会社の提案をFDA提供した自発的な回収の未決のそれ以上の議論を含む複数の懐柔的な選択を拒絶しなさいまでに。

尖頭アーチは 「FDAのリーダーシップの内の多数を今Lotronexを思い出させたいと思う要求する。 そうするべき諮問委員会の会合の組み立ては6月か7月の間計画されている」。

FDAに対するこの非常に重要な社説が出版された理由は尖頭アーチが 前にそれが 薬剤を承認するFDAに導いた試験データの一部を出版したのである。 悪影響の増加するレポートが知られるようになったと同時に、尖頭アーチの 編集者は 問題に科学がFDAによってをいかに取扱われる、そしていかにの、企業の資金のために、致命的に独立を」。妥協したか何が起こったかについて「もっと興味をそそられるように、それ開発したなった

尖頭アーチの 編集者はそれを「FDA内の科学者が不利な薬剤反作用を分析し、解釈する薬剤が公認、販売した後主として無視された言うことを続いた。 それは」。かこの薬剤の安全の評価にひどい失敗がずっとあるところである

生命延長基礎は同時に否定は実験療法を試みることが失う少しがある末期症状のアメリカ人に薬剤を入れるが記録しFDAが危ない薬剤からアメリカ人をいかにの保護していないか例を続ける。


参照

1. 入院させた患者の不利な薬剤反作用のLazarou Jの等発生: 前向き研究のメタ分析。 JAMA 4月1998日15日; 279(15): 1200-5。

2. 怒りDW。 薬剤および不利な薬剤反作用: 私達はいかに心配されていてあるべきであるか。 JAMA 4月1998日15日; 279(15): 1216-7。

3. Cimons M. 「FDA動く偶然の薬剤の死を減らすために」。は LAは1999年を 5月10日時間を計る。 家の版セクション: パートAページ: A-1.

4. サリドマイド情報。 「配分」はhttp://www.fda.gov/cder/news/thalinfo/thalidomide.htmを制限するためにHansenの病気(ハンセン病)の側面のための薬剤の承認が前例のない権限を効果課すことをFDA発表する。

5. Faloon W.は「何FDAと間違っているか。— FDAは苦しむ大きい敗北に」。 5月2001日問題の 生命延長 雑誌。

6. Cauchonデニス。 「FDA顧問企業に結んだ」。は USAトゥディ; アーリントン、VA。; 2000年9月25日。

7. ウィリアム デイヴィッド。 「丸薬安全を判断した科学者受け取った料金を」。は LAの時間、1999年10月29日。 パートAセクション。

8. ウィリアム デイヴィッド。 「対立の調査の部分になる第2 NIHの研究者」。 LAの時間、1999年9月4日。 家の版パートAセクション。

9. ウィリアム デイヴィッド。 「研究者料金NIHで他の潜在的な対立を指す」。は

10. トマスJ.ムーア著「致命的な薬」。

11. Roderic Dale、Ph.Dからの手紙。 5月2000日問題の 生命延長 雑誌。

12. Driscoll J.P.の「薬剤POLICY-FDA 「注意」の見通しは人々を殺している; 重大な薬剤および医療機器のための承認の不必要な遅れはサリドマイドより危ない」。 LAの時間、1995年6月4日。 家の版セクション: 意見の部分のページ: M-5.

13. FDA対ICNの医薬品、薬剤: Ribavirin。

14. FDA対ニューポートの医薬品、薬剤: Isoprinsoine。

15. 1981年反老化の ニュースVol. 1 NO Thymosin 11月11日「: 免除のホルモン」。

16. Ohta Yの等Thymosinのアルファ1は5-FUによって引き起こされる骨髄の毒性に対して保護効果を出す。 Int J Immunopharmacol 1985年; 7(5): 761-8。

17. Ohta Yの等thymosinの一部分5のImmunomodulating活動およびimmunosuppressedマウスのthymosinのアルファ1。 蟹座Immunol Immunother 1983年; 15(2): 108-13。

18. Moscarella Sの等インターフェロンそして慢性の肝炎の純真な患者のthymosinの組合せ療法: 予備の結果。 レバー 10月1998日; 18(5): 366-9。

19. シャーマンKEの等組合せ療法および慢性の肝炎の伝染の処置のためのthymosin alpha1のインターフェロン: ランダム化された、偽薬制御の二重盲目の試験。 Hepatology 4月1998日; 27(4): 1128-35。

20. Garaci Eの等癌の処置のThymosinのアルファ1: 基礎研究から臨床応用への。 Int J Immunopharmacol 12月2000日; 22(12): 1067-76。

21. Beuth Jの等Thymosinのアルファ(1)適用は免疫反応を増加し、BALB/cマウスの腫瘍の重量そして器官の植民地化を調整する。 蟹座Lett 10月2000日16日; 159(1): 9-13。

22. 不機嫌なTW、等Thymosinalpha1はA/Jのマウスの肺アデノーマの形成のためにchemopreventiveである。 蟹座Lett 7月2000日31日; 155(2): 121-7。

23. パイカ活字Fは、等Thymosinのアルファ1の大量服用ネズミ科B16メラノーマのための組合せのchemo免疫療法の反腫瘍の効力を高める。 抗癌性Res 1998日9月10月; 18 (5A): 3571-8。

24. Nagamine Tの等インターフェロン アルファとの組合せ療法の予備の調査および遺伝子型1bの慢性の肝炎の患者の亜鉛。 Biolの跡Elem Res 2000夏; 75 (1-3): 53-63。

25. Winblad B、等厳しい痴呆のMemantine: 最も9Mよい調査の結果(memantineの処置の間のひどく気違いじみた患者の利点そして効力)。 Int J Geriatrの精神医学 2月1999日; 14(2): 135-46。

26. シュナイダーE、等[パーキンソンの徴候に対する口頭memantineの管理の効果。 偽薬制御の多中心の調査の結果]。 Dtsch Med Wochenschr 6月1984日22日; 109(25): 987-90。

27. Fischer PA、等[parkinsonian患者(著者のtransl)]のmemantineの静脈内の管理の効果。 Arzneimittelforschung 7月1977日; 27(7): 1487-9。

28. ジャイナ教KK。 痴呆のneuroprotectionのためのmemantineの評価。 専門家Opin Investigは6月に 2000日薬剤を入れる; 9(6): 1397-406。

29. Androsova LV、等[アルツハイマー病のAkatinolのmemantin: clinico免疫学の相互的関係]。 Zh Nevrol Psikhiatr Im S S Korsakova 2000年; 100(9): 36-8。

30. Wenk GL、等。 acetylcholinesteraseの抑制剤とのmemantineの相互作用は臨床使用のために承認しなかった。 生命Sci 2月2000日11日; 66(12): 1079-83。

31. Mobius HJ。 慢性の大脳のhypoperfusion、特に管の痴呆のmemantineのためのPharmacologic理論的根拠。 Alzheimer Dis Assoc Disord 1999日10月12月; 13のSuppl 3: S172-8.

32. 聖職者CG、等Memantineはpreclinicalデータの臨床的に健康な容認されたNメチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の受容器の反対者の検討である。 神経薬理学 6月1999日; 38(6): 735-67。

33. 痴呆シンドロームの患者のmemantineのDitzler K. Efficacyおよび許容範囲。 二重盲目はの偽薬試験を制御した。 Arzneimittelforschung 8月1991日; 41(8): 773-80。

34. Faloon W.は「何FDAと間違っているか。—乱用、無視および堕落」、5月2001日問題の 生命延長 雑誌。

35. Huberピーター、「FDA警告する致命的である場合もある余りに」。は ウォールストリート・ジャーナル 07/24/1998のページA14。



雑誌のフォーラムに戻る