生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年1月

イメージ

3の3ページ

ページから 2続けられる

考えることおよび行動の改善

イメージ
よい栄養物によってよりよい学術の性能を食糧が頭脳に燃料を供給するという事実に促進する学校の朝食プログラムの出現は証人に耐える。

病気の防止のほかに、適切な栄養素の十分な取入口はまた精神衛生、行動および認識機能に対する肯定的な効果をもたらすことができる。 よい栄養物によってよりよい学術の性能を食糧が頭脳に燃料を供給するという事実に促進する学校の朝食プログラムの出現は証人に耐える。 アメリカの食用連合に従って、朝食を食べる子供はよりよく学んだり、クラスでより注意深く、注意深く、活動に参加してが本当らしい。 改善された食事療法がいかに学術の性能が毎日のビタミン ミネラル補足は学術の性能と密接に関連している子供のI.Q.および非言語的な知性を上げたことが分るのを助けるかもしれないか分析した調査。(36)

実験では、245人の子供、年齢6に12は、3か月間米国の毎日推薦された手当(RDA)の50%に会った、または偽薬を与えられた補足。 結果は介在と偽薬のグループ間の2.5 I.Q.ポイントの重要な相違を明らかにした。 研究者はそれを結論を出したである、「学術の性能が標準以下学童の親よく可能な病因学として彼らの子供の栄養の状態の査定のための栄養上方向づけられた医者を追求するように助言される」。は その間multivitaminの補足の潜在性調査されて知能が遅れた子供を助ける5%から4ヶ月の期間に9.6%によって制御の僅かな変更と比較された補足扱われた子供の平均I.Q.の増加を示したこと、研究しなさい; 補われたグループはそれに続く4ヶ月の期間の間にI.Q.で付加的な利益を示した。(37)

感情および行動に余りに影響を与えることができること、そして不利に考えおよび行動に影響を与えるにはある特定の低い栄養予備ができることを食糧はまたホルモンの影響があることができるという事実セロトニンのレベルおよび他の神経化学物質は提案する。 注意欠陥の活発性過度の無秩序(ADHD遺伝および環境要因は確かに病気の開発の役割を担うが)では、例えば、栄養不足は共通であるも。 例えば、116人の子供の調査はマグネシウムの不足が血血清、赤血球および毛のサンプルで測定されるように注意欠陥の活発性過度の無秩序(ADHD)の主題の95%で明白、だったことを示した。(38) 6月の1日あたりのマグネシウムの200ミリグラムの口頭補足は、一方では、注意欠陥の活発性過度の無秩序(ADHD)の診断の子供間の活発性過度の重要な減少を示した。(39) 同様に、研究は生化学的で、電気生理学的な変更を引き出すことによって自閉症の子供の行動を、改善するためにマグネシウムおよびビタミンB6の結合された養生法の成功を示した。(40)

イメージ
「学術の性能が標準以下である学童の親よく可能な病因学として彼らの子供の栄養の状態の査定のための栄養上方向づけられた医者を」は追求するように助言される。

神経伝達物質、脂肪酸、プロスタグランジン、melatoninおよびドーパミンの中の新陳代謝のために重大である亜鉛はまた多分に助ける注意欠陥の活発性過度の無秩序を示されていた。(41) さらに、他の研究はBのビタミン、必要な脂肪酸、フラボノイドおよび必要なリン脂質のphosphatidylserine (PS)との補足がとき統合的な治療上のアプローチのなされた部分活発性過度の徴候を改善できることを提案した。(42) 必要な脂肪酸は、特に、行動の重大な役割を担うようである。 研究は行動示し、および注意欠陥の活発性過度の無秩序(ADHD)に一貫した健康上の問題のより高い頻度にある男の子、年齢6に12、相互的関係でことをオメガ3酸の不足学ぶ。(43) オメガ3の脂肪酸は行動に対する効果を説明するかもしれない神経系の適切な作用に必要である。

私達を今日苦しめるさまざまな健康状態の防止そして処置の多くの個々の栄養素の役割そしてメカニズムは明瞭になることを残る。 土台の科学的な証拠からこれまでに既に明白である何が、十分な栄養取入口と典型的な北アメリカの食事療法が現在の私達の子供および未来の健康のか保護で欠けるかもしれない区域を査定するための明らかな必要性があることであるかけれども。 私達がこれまでのところ知っているものを加えて、私達は指導を提供し、老齢期に幼年期の権利からのいくつかの病気からの人々の保護を提供するために生命の右の食餌療法、生活様式の習慣を前もって促進してもいい。

参照

1. AM J Epidemiol 5月2000日1日; 151(9): 878-884

2. アーチのPediatr Adolesc Med 7月1999日; 153(7): 695-704

3. J AM Coll Nutr 8月1992日; 11(4): 441-444

4. J Pediatr 8月2000日; 137(2): 153-157

5. J Nutr 5月2000日; 130 (5S Suppl): 1367S-1373S

6. アメルJ Clin Nutr 6月1997日; 65:1803-1809

7. Int Jの食糧Sci Nutr 3月2000日; 51(2): 85-90

8. Eur J Clin Nutr 5月1995日; 49(5): 379-384

9. アクタPaediatr 3月2000日; 89(3): 272-278

10. AM J Clin Nutr 9月2000日; 72(3): 762-769

11. 小児科3月1998日; 101(3): e5

12. 小児科6月1999日; 103(6): 1175-1182

13. 小児科3月2000日; 105:671-680

14. 自由なRadic Res 1月1998日; 28(1): 81-86

15. J AM Coll Nutr 12月1999日; 18(6): 628-637

16. AM J Clin Nutr 12月1991日; 54 (6つのSuppl): 1310S-1314S

17. AM J Epidemiol 8月1997日1日; 146(3): 231-243

18. 蟹座Epidemiol Biomark Prev 1997年; 6:769-774

19. JのNat.蟹座Inst 10月1997日; 89(20): 1481-1482

20. NEJM 8月1993日19日; 329(8): 536-541

21. JはDisを9月2000日感染させる; 182のSuppl 1: S5-S10

22. 尖頭アーチ11月1992日7日; 340(8828): 1124-1127

23. BMJ 1987年; 294:294-296

24. NEJM 323:160-164

25. 胸郭4月2000日; 55(4): 283-288

26. AJCN 1998年; 68:447S-463S

27. AJCN 1998年; 68:2-S

28.Circulation 7月2000日; 102:374

29. 3月4月CardiolのRev. 1999日; 7(2): 101-107

30. 循環1月1999日; 99:178-182

31. アーチのPediatr Adolesc Med 9月2000日; 154(9): 918-922

32. 尖頭アーチ1996年; 347:781-786

33. J Pediatr 1998年; 133:35-40

34. AMの中心J 2月2000日; 139 (2つのPt 3): S63-69

35. J Trop Pediatr 6月1999日; 45(3): 168-169

36. J Alternの補足物Med 2月2000日; 6(1): 19-29

37. Proc国民のAcad Sci米国1月1981日; 78(1): 574-578

38. Magnes Res 6月1997日; 10(2): 143-148

39. Magnes Res 6月1997日; 10(2): 149-156

40. Biol精神医学5月1985日; 20(5): 467-478

41. Jの子供Adolesc Psychopharmacol 2000夏; 10(2):111-117

42. Altern MedのRev. 10月2000日; 5(5): 402-428

43. 生理学及び行動1996年; 59:915-920



1のページを捲る リターン

雑誌のフォーラムに戻る