生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年1月

イメージ

5の2ページ

 

2つの日本の調査は培養された繊維芽細胞を安定させ、保護するcarnosineの能力を示す。 最初の調査はcarnosineが培養された繊維芽細胞(等Ikeda D、1999年)の強さを促進するvimentinと呼ばれる要因を刺激することを示す。 Vimentinは繊維芽細胞およびendothelial細胞に強さおよび安定性を与える構造蛋白質である。

第2日本人はcarnosineが栄養上不十分な培養基(等Kantha SS、1996年)のラットの繊維芽細胞の完全性を維持することを示されていて調査する。 この培養基で育った繊維芽細胞は1週後に補われるcarnosineで育つそれらは保った彼らの健康な出現を培養するが、彼らの独特の形態を失った。 4週後でcarnosine媒体で育ったそれらの繊維芽細胞は他はもはや実行可能ではなかったが、細胞完全性を保った。

イメージ
科学者がcarnosineを含んでいる培養基に遅道の繊維芽細胞を移したときに分かれる活性化させた出現および頻繁に高められた容量を表わした。

調査はまたcarnosineの有無にかかわらず8-hydroxydeoxyguanosine (8オハイオ州dG)のレベル、繊維芽細胞文化のDNAへの酸化損傷のマーカーを、検査した。 彼らはcarnosineが連続的な文化の4週後にかなり繊維芽細胞の8-hydroxydeoxyguanosineレベルを減らしたことが分った。 DNAの酸化は細胞老衰にとって、また発癌にとってだけでなく、重大に貢献すると考えられが全く8-hydroxydeoxyguanosineは癌の危険性(Kasai H 1997年)のためのマーカーとして提案された。

培養された繊維芽細胞に対するCarnosineの生き返らせる効果はそれが直る後外科傷をなぜ改良するか説明するかもしれない。 別の日本の調査はcarnosineが粒状化を高めることを、増殖の繊維芽細胞および血管が一時的にティッシュの欠陥(等Nagai K、1986年)を満たす回復過程示した。 ブラジルの調査は粒状化ティッシュが成長した示し、carnosineによって扱われたラット(等Vizioliの氏、1983年)のコラーゲンの生合成の高レベルと、ことをより速く成熟した。 日本の調査はまたcarnosineが普通薬によって抑制されるボディの再生潜在性を元通りにするという証拠を示した。

延長有機体の寿命

細胞に対するcarnosineの活性化の効果全体の有機体に伸ばしなさいか。 同じような反老衰の効果はマウスで今示されてしまった。 新しいロシアの調査は寿命に対するcarnosineおよび老衰加速されたマウス(等Yuneva MO、1999年の老衰の表示器の効果をテストした; 等Boldyrev AA、 1999年)。 マウス半分は生後2か月に始まる彼らの飲料水のcarnosineを与えられた。 Carnosineは20%によってマウスと与えられなかったcarnosineを比較された扱われたマウスの寿命を平均すると伸ばした。

Carnosineは老衰加速されたマウスの15か月の最高の寿命をこす変えなかったが、かなり老齢期に存続しているマウスの数を上げた。 carnosineがあったマウスは二度約同様に本当らしかった未処理のマウスとして12か月の「熟した老齢期」に達するために。 それはまた10か月の「老齢期で」測定された老衰の表示器を改良した。

Carnosineは明瞭にコート十分および色が若い動物のそれに近い方の多くに残った老化させたマウスの出現を改善した。 かなり多くのcarnosine扱われたマウスはかなり少数に皮の潰瘍(36%対14%)があったが、光沢のあるコート(5%対44%)があった。 但し、carnosineは毛の損失か質に影響を与えなかった。 Carnosineはかなり背骨のlordokyphosis (脊柱湾曲)およびperiopthalmic損害の率を減らしたが、corneal opacitiesに影響を与えなかった。

扱われた未処理のマウス間の最も鋭い対照は彼らの行動で見られた。 未処理のマウスの9%だけはcarnosineによって扱われたマウスの58%と比較された正常な行動の反応を表示した。

研究者はまた頭脳の老化と関連付けられた生化学的な表示器を測定した。 carnosineの頭脳の膜はマウスをかなり持っていたMDA (malondialdehyde)の低レベル、膜の脂質の酸化の非常に有毒なプロダクトを扱った。 MAO-B (モノアミン酸化酵素のB)はドーパミンの新陳代謝の維持を示しているcarnosine扱われたマウスに活動より低く44%だった。 ほぼcarnosineで倍増した細胞受容器に結合するグルタミン酸塩はグループを扱った。 グルタミン酸塩が主要なexcitatory神経伝達物質であるので、これはcarnosine与えられたマウスのより正常な行動の反応を説明するかもしれない。

この調査はcarnosineが老衰加速されたマウス スパンの延長生命として健康生物化学ようにかなり出現、生理学的な健康、行動および頭脳のほとんどの手段を改善したことを示した。 従って研究者は「carnosine扱われた動物老化の特徴の開発に対して」がより抵抗力があるように特徴付けることができることを結論を出す(等Boldyrev AA、1999年)。

蛋白質のcarbonylation

別のより若い物と古い人々および動物一見ボディの蛋白質の変更となぜしなければならないか理由。 蛋白質は蛋白質の悪化にボディの機能および出現の劇的な影響を与える生きている有機体の毎日の作用に最も責任がある物質である。 研究の多くのラインは老化することおよび退化的な病気のための主要な細道として蛋白質の修正で過去10年間で一点に集中する。 これらの修正は酸化(遊離基によってように)および蛋白質砂糖の反作用(glycation)のような関連付けられたプロセスに起因する。

変更された蛋白質はcarnosineのレベルは低下しているが私達が老化すると同時に集まる。 蛋白質が変更されれば普通作用する機能を失いボディの蛋白質の重要な部分がこのポイントに達したら、ボディは退化的な病気に傾向があるようになる。

有害な蛋白質の修正の指数器の印は蛋白質のカルボニル グループである。 カルボニル グループが付いている蛋白質の蓄積は細胞の老化の分子表示器である。 蛋白質のカルボニルのレベルはいろいろ動物種およびティッシュの年齢とほとんど指数関数的に上がる寿命の最後の三番目で著しく増加する。 人間では、蛋白質の約三番目は生命に後でcarbonylatedなる。 そのレベルで、これらの異常な蛋白質は2000年)のほとんどの面に対する有害な効果を細胞機能(等Stadtman ERもたらすと多分考慮される。

蛋白質の修正の多くの細道はアルデヒドおよび脂質の過酸化反応プロダクト(等Berlett BS、1997年とのアミノ酸の側鎖、glycationおよび反作用の酸化を含むカルボニル グループを、作り出す; 等Stadtman ER、2000年、 1992年)。 蛋白質の修正の後ろのメカニズムの多様性は簡単な酸化防止剤の範囲を超えてこの問題を置く。 生化学的なプロフィールがメカニズムのこの配列に一致させるpluripotent代理人は必要である。 Carnosineは蛋白質の修正に対して最も有望で広いスペクトルの盾として現れる。

Carnosineは脂質の過酸化反応に対して反応アルデヒドを癒やす蛋白質が酸化防止および反glycation行為、機能およびキレート化合物の金属を通ってcarbonylatedなる、および有効性に演説する主要な細道。 Carnosineの特性は蛋白質のcarbonylationのメカニズムにそうよくに関して誘うcarbonylationおよび他の有害な修正から蛋白質を保護するように進化がcarnosineを「設計した」推測を合った。

蛋白質の修正に対するcarnosineの広スペクトルの防衛の優秀な例はMDA (malondialdehyde)によって提供される。 脂質の過酸化反応のこの有害なプロダクトにより蛋白質のcarbonylation、(等BurchamのPC交差連結、glycationおよび年齢の形成、1997年)を引き起こす。

Carnosineはcarbonylatingアルブミン(主要な血清蛋白質)および集中依存した方法のcrystallin (アイ レンズ蛋白質)からMDAを禁じる。 これらの変更がcarnosineによって余りに防がれたどんなに高度のglycationの最終製品(年齢)の交差連結および生産をもたらすMDAのglycatesのアルブミン。 表1はcarnosineが多様な蛋白質の有害な代理店から蛋白質を保護することを示す多くの実験室調査のいくつかを要約したものだ。

調査
テスト物質
蛋白質の有害な代理店
禁じられたか、または逆転させたCarbonylationか。
禁じられた交差つながるか、または年齢の形成か。
Hipkissプレストン、
等、1998年
アルブミン(主要な血しょう蛋白質)
MDA
(脂質の酸化プロダクト)
X
X
アルブミン(主要な血しょう蛋白質)
次亜塩素酸塩イオン
(炎症性応答プロダクト)
X
X
DNA及びヒストン
(DNA蛋白質)
ホルムアルデヒドかアセトアルデヒド
NA
X
Hipkissプレストン、
等、1997年
Crystallin
(アイ レンズ蛋白質)
MDA
(脂質の酸化プロダクト)
X
X
Hipkiss及びChana 1998年;
Hipkiss及びBrownson 2000年
オヴァルブミン
(卵白からのアルブミン)
Methylglyoxal
(年齢の形成を促進する)
X
X
、Mayer食べなさい、
等、1997年
ベータ アミロイド
架橋結合された場合(形態の老年性のプラク)
フルクトース
NA
X
Hipkiss、Michaelis、Syrris 1995年
芝地
(主細胞間酸化防止剤)
Dihydroxyacetone
NA
X
カタラーゼ
(過酸化水素の故障に触媒作用を及ぼす酵素)
フルクトース
NA
X
Hipkiss、Michaelisのsyrris、等、1995年
反トロンビンIII
(抗凝固薬の血蛋白質)、アルブミン、かcrystallin
フルクトース
NA
X

蛋白質のcarbonylation、交差連結および年齢の形成に対するcarnosineの表1.の保護効果。 NA =適当(調査で測定されなくて)

 

ページで 3続けられる
ページの 5参照


雑誌のフォーラムに戻る