生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年2月

Q及びA


同じまたはDHEA: 不況を軽減してよいどれがと…

Q 私は同じおよびDHEAに非常に興味があるが、抗鬱剤の効果が自分自身のような高血圧の人々の血圧を上げることができることかかわっている。 何に助言するか。 そして、ほとんどはどれを有効あるか。

イメージ不況 のための同じそしてDHEAに関するあなたの照会に感謝。 どちらのプロダクトも高血圧とのそれらのために禁忌とされない。 までよりよく働くどれが、これは個人に依存する。 同じは不況のためにとりわけDHEAが不況からの救助を含む多くの機能の一般的なホルモンである一方、示される。 人のDHEAのレベルが低いとき低い免除、疲労、不況、等老化する頭脳に苦しむかもしれない。 このホルモンは通常あなたの1930年代初期に落ち始める。 あなたのDHEAのレベルの確実でなければ、それらは標準的な血液検査を通して測定することができる。 多くの人々は不況の軽減を助けるのに両方の同じおよびDHEAを使用する。

Q 私は蛋白質の「カルボニル グループ」の蓄積によって形作られる「carbonylation」と呼ばれる病理学プロセスについてのあなたのcarnosineの記事ではじめて読む。 「カルボニル」は何であるか。

Aのカルボニル グループは二重結合によって酸素原子に付す炭素原子である。 蛋白質はアミノ酸から成っている。 カルボニル グループは蛋白質でアミノ酸の側鎖がglycating代理店または脂質の酸化によって作り出されるアルデヒドと反応するおよび経るときある特定のアミノ酸の要素が他の酸化反作用の酸化をとき形作る。 生じるカルボニル グループは破壊ボディができない形態蛋白質の架橋結合にそれから更に反応できる。 Carbonylationはこうしてボディの蛋白質の年齢関連の低下の病理学のステップである。 Carnosineは最も有効な反carbonylation代理店のようであるけれども発見した。

Q 何をGymnema Sylvestreについての私に言うことができるか。

主に ブドウ糖の吸収を禁じるのでGymnema Sylvestreは血糖レベルを下げるのを助ける。 Gymnemaがまた内生インシュリンの生産の強化をもたらす膵臓のインシュリン産出のベータ細胞を再生できることがそれ以上の制御の血糖示されていた。

Q 私は複素環式のアミン(HCAs)についてのあなたの記事を読むことを楽しんだがそれらがボディで働くために新陳代謝しなければならないのでHCAsの減少によりマリネによって植物のphenolicsの行為が原因だったにちがいない引き起こしたことを指摘することを望む。 引用された研究ではHCAsの減少はマリネし、調理の後で直接検出された。 研究者はマリネの各部品を別にテストし、水で分解した塩がHCAsのいくつかを禁じたことが分った。 説明できる何がそれを考えか。

良い点である。 植物の物質が人の胃のHCAsの癌の潜在性を減らすのを助ける間、塩水がHCAsの形成を減らすことができることLivermoreの研究者の調査結果を説明できない。 私達は彼はこの混乱させる見つけることに新しい洞察力があったら、先生に尋ねたジムFelton、元の研究者の者。

Feltonに従って、さまざまなマリネの原料によりある種のHCAsは減少していた同時に他を増加した。 それは冷却効果を肉とマリネの間で化学反応よりもむしろ、彼は言う、指す。 しかし彼はこれがこの時点でちょうど推量であること付け加えて速い。 その間私達はフェノールの酸化防止剤(緑茶、ルテオリン、caffeic酸およびケルセチン)がHCAsの形成を直接抑制することを日本の研究者が示したことを指摘することを望む; 新陳代謝は必要としなかった。

参照

Oguri A、等1998年。 複素環式のアミンの形成に対する酸化防止剤の抑制的な効果。 Mutat Res 402:237-45。

サケCP、等1997年。 焼かれた鶏の複素環式のアミン発癌物質の形成に対するマリネの効果。 食糧Chemの毒物学35:433-41。

Q 最近私はビタミンKについてボディでいかにはたらくかずいぶん読み。 しかし、私は可能な毒性について好奇心が強い。 最適の効果のために、ビタミンKの十分でけれども安全な毎日の線量は何であるか。

ビタミンKはボディで貯えられないし、多量で無毒である。 実際、1つの骨粗しょう症の調査で、1日あたりの45ミリグラムまで不幸な結果なしで使用された。 研究に基づいて、基礎は10ミリグラムを大亜の安全で、有効な毎日の線量推薦する。 2月2000日問題はもし多くを学びたければ、ビタミンKを特色にし、調査の参照を含んでいた。


 


雑誌のフォーラムに戻る