生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年8月

イメージ

蟹座療法への革新的なアプローチ:
1つの医者の見通し

ジョアン フリートリッヒ著、PhD

イメージ

癌治療の差し迫った変更のこの時代では、代替的アプローチは深刻な主流の認識を得ている。 、ニコラスGonzalezニューヨーク シティの免疫学者によって成長して、MDのそれは生化学的な特性の使用および膵臓の酵素、栄養物、解毒および自律神経システムのバランスの結合に焦点を合わせる。 熱心な癌患者を努力の先生のGonzalez使用の年後で今大きい国立癌研究所/国立衛生研究所(NCI/NIH)で資金を供給したニューヨークのコロンビア大学を通して行なわれる臨床試験に査定されている。

ヴァンダービルト大学の大学院の訓練のコルネルの医科大学の卒業生は、Gonzalez従来の医学の訓練で十分に根拠のあるですが、頻繁に従来とは違う治療の別の理論に爽快に開く。 代替的アプローチのこの興味の多くは衛生学校の彼の第2年に彼がウィリアム ドナルドKelleyが使用した癌治療のアプローチに導入されたときに、DDS、60年代からの80年代による癌の地下の従業者始まった。 Kelleyは彼が首尾よく膵臓癌のための彼自身を扱った後、癌治療のために酵素および栄養物を使用する巧妙な方法を開拓した。

酵素の重要性

GonzalezはKelleyの開拓の仕事に負債があり続けるが酵素療法の彼の現在の働きの多くの起源はスコットランドの生物学者、ジョンのひげの早い1900年代そして理論に遡る。 のひげエディンバラ大学の教師は消化が良い機能および膵臓の酵素が癌に対するボディの主な防御を表すことを提案した。

ひげの仕事は細胞の胎盤および細胞の特定性の微分(独特な同一証明)に集中した。 非常に、彼は胎盤の細胞が癌細胞のように見え、することが分った。 但し、胎盤は胎児の膵臓が活動化されるようになったときに侵入の腫瘍そっくりのティッシュのように育ち、機能することを止めた。 彼は胎盤の成長を制御するために胎児が酵素を作り出したこと、そしてこの生産なしで胎盤自体が最終的に母および赤ん坊を殺すことができることを仮定した。

イメージ
Matthewのペース
イメージ
Matthewのペース

発生学的な研究は今胎児の膵臓が開発の消化酵素を早く製造し、分泌し始めることを確認する。 それが生れの日になるまで胚は活動化させた膵臓または膵臓の酵素のための必要性がないが、これらの分泌は別の理由のために始まるようである。

ひげはすべての腫瘍が適切な制御の奪い取られた置き違えられた胎盤の細胞から起こったことを信じる更に別のレベルにこの仕事を持って行った。 これらの細胞は早い萌芽期の段階から残っていると考えられ、制御の下で膵臓の酵素の循環によって保たれた。 但し、これらの細胞は制御からもし膵臓の失敗が蛋白質分解酵素の十分な量を製造すればか、または解放すればすぐに育つことができる。

1911年に、ひげは蟹座の酵素療法と資格を与えられた彼の仕事 のモノグラフを出版した。 彼の同等者が冷やかしとの彼に会ったが、彼の仕事は時代を先取りしてecognized 100年であるとして今。 今日histologistsおよび分子生物学者はあらゆる器官のひげの置き違えられた胎盤がある細胞を識別した。 今日しかし彼らは幹細胞と呼ばれる。

1923年にひげの死の後で、酵素療法は何人かの代わりとなる従業者によって使用を除いて主として忘れられていた。 ひげは注射可能な酵素を使用したが、酵素のこの形態が必要ではない今ようである。 Gonzalez先生は口頭で摂取された膵臓の酵素が酸の馬小屋であることが分った。 それらは小腸に、血の流れに入る渡り、腸の粘膜を通って吸収しことができる。 膵臓の蛋白質分解酵素が深遠な抗腫瘍性の効果をもたらすことは今明確である。 従ってGonzalezは彼のプログラムにそれらに主要部分をした。

自治バランスおよび新陳代謝のタイプ

Gonzalezのプログラムの第2の面は自治バランスおよび新陳代謝のタイプである。 自律神経システムは意識不明か自動ボディ機能を制御する神経系の部分である。 このシステムは免疫機能、循環系、内分泌系および消化系を含む私達の生理学のすべての面を、支配する。

共鳴した、副交感神経の枝に分けられて、それぞれに反対の行為がある。 例えば、共鳴したシステムは副交感神経システムはGIの運動性を高め、収縮の心拍数そして力を減らすが、GIの運動性を減らし、収縮の心拍数そして力を高める。 交感神経系は副交感神経系はレバー、膵臓および消化管を刺激するが、adrenalsおよび甲状腺剤を刺激する。

そこにまた自治バランスを反映する気質および独特な人格のようである。 共鳴したdominantsは積極的で、意欲的で、精力的なタイプA人格である。 それらは高圧環境で繁栄する。 Parasympatheticsはかなり異なっている。 それらはより少ない構造、圧力および圧力を使用することを好むかもしれない反射およびより創造的なタイプでありがちである。

私達が遺伝的に1つのタイプまたは別のものでありがちであるかもしれないがGonzalezは環境、不良な食事療法および他の要因の化学薬品がバランスを移し、個人の先天的な性質を破壊できることが分っている。

20年代および30年代の先生には早くもフランシス島自律神経システムの不均衡が病気の主因であることをPottenger提案した。 Gonzalezに従って、釣り合った自治システムを維持することは処置の健康そして成功に重大である。 従って彼は彼の患者の神経系のバランスをとることに彼の処置の大部分を置く。 これは食事療法および補足によって主にされる。

Gonzalezプログラムはさまざまな面解毒、食事療法、補足および蛋白質分解酵素で療法各患者の治療上のプログラムの全面的な成功にとっての重要性を持っていること分けられる。

解毒

サンプル解毒方法

イメージ

塩およびソーダ浴室助けの菜食主義者および釣り合ったタイプ患者は強い毒性の時の間に皮から毒素を動員する。 暖かい浴室では、重曹(重炭酸ナトリウム)の1個のコップおよび規則的なテーブル(か海)塩の1のコップを加えなさい。 浴室のうそ20から30分。 明白な水が付いている洗浄場合の塩があなたの皮を乾燥することを防ぐべき終了する浸ること。 浴室は徴候が減少するまで繰り返されるべきである。

酢の浴室適当な肉食獣の(肉食の)個人のため酢の浴室少なくとも二度毎週。 暖かい浴室では、有機性アップル サイダーの1個のコップを加えなさい。 浴室のうそ20から30分。 酢は皮からの毒素を引き出すのを助ける。 強い毒性の時の間に、酢の浴室は毎日することができる。

皮のブラシをかけること刺激し、リンパ系を清潔にし、そして皮を解毒する。 健康食品の店で利用できる柄が長く自然な野菜毛ブラシまたはloofahのスポンジを使用しなさい。 ブラシかスポンジを乾燥させておきなさい。 ボディは乾燥するブラシはきれいで広範な動きないの皮をあちこちに渡されるべきである。 腹部の方に腕の上の足に、ブラシをかけ、首およびトランクをおろしなさい。 表面にブラシをかけてはいけない。 何回か皮のブラシ強い毒性の時毎日毎日そして4回まで。

マスタードのフィートは浸る および「goopy」有毒な徴候、筋肉痛みおよび苦痛および水保持足首そして他の体の部位の有毒な頭痛のために有用。 暖かい水の洗面器では、乾燥したマスタードの1本のテーブルスプーンおよびカイエンヌペパーの1のテーブルスプーンを加えなさい。 快適な椅子に坐らせ、フィート20から30分の洗面器で浸しなさい。 マスタードは強い毒性の期間の間に2から3回、および毎日繰り返すことができる浸る。

Gonzalezプログラムの主要部分はコーヒー浣腸を含んでいる。 一般に今日確認されてが、正統の医学文献は20世紀のほとんどのための医学の文献および看護マニュアルのこれらの方法を特色にした。 メルク マニュアルはすべての付加1897から1977年からのそれを、一方ではスペースの欠乏によるそれ落とされて支持した。 20年代および30年代のコーヒーの間に浣腸は空ける胆嚢を刺激し、レバー機能を高めるのを助けるのでいろいろな条件のために所定だった。

ボディ プロセスを腫瘍として破壊する作り出すことができる有毒な残骸の助けるのにGonzalez癌プログラム コーヒーの中では浣腸が巨大な量使用されている。 個人の根本的な問題、雇う人々が彼らの解毒プログラムへのコーヒー浣腸最も一般に低級の熱、筋肉痛み、苦痛および発疹のような「インフルエンザそっくりの」徴候を経験するものは何でも、ボディ ティッシュから解放される廃物への応答として。

Gonzalezに従って、ボディがきちんと解毒されなければ最適のレベルで働くか、または効率的に使用されるさまざまな療法を処理できない。

食事療法の選択

Gonzalezは生化学的をしっかりと最もよい食事療法はであり、1人の個人のための処置が別のもののためプログラム全く間違ってであるかもしれないか特性何信じる。 これは個人の全体の健康および遺伝性のプロフィールを見ることを含まなければなり頻繁に理想的な健康食の定義の典型的な現状の標準からの転換を含んでいる。

彼が指摘するように、人々の最も健康なグループの1つの支柱の食事療法は飽和脂肪の最も高いのの1エスキモーである。 主要な健康代理店によって支持される確かにない食べるプログラム。 エスキモー族はの近く80%の飽和脂肪から成っている高蛋白食事療法を食べ、一般にフルーツか野菜を食べない。 しかし、40%の脂肪に食事療法を減らすとき退化的な病気を開発し始める。 理由は生化学的な特性に戻る。 エスキモー族は彼らの独特な構造の複雑な炭水化物の面を消化するのに必要とされる酵素に欠けている。 同様に私達のそれぞれは相続財産および生物化学に基づいて独特で生化学的な必要性がある。

イメージ

Gonzalezはまた個人を栄養プログラムのタイプの決定の共鳴したか副交感神経の自律神経システムの優勢続く個人の必要性考慮する。 食事療法は赤身を日1から2回要求する食事療法までほぼすべての菜食主義者から、及ぶ変数である。 菜食主義者共鳴した食事療法の3つのサブタイプがある、釣り合ったのの4つのレベルは肉共鳴した食事療法の食事療法そして3つのサブタイプを新陳代謝させる。

通常、共鳴したdominantsは酸でありがちである; 副交感神経のdominantsは釣り合った人々は中間にどこかにあるが余りにアルカリでありがちである。 従って、共鳴したdominantsは果物と野菜のようなアルカリ化の食糧で、間副交感神経必要とする赤身のような食糧を形作る酸をよくする。

各患者は先生からGonzalez個性化された食事療法の推薦を受け取り、すべては無農薬食品を食べ、白い小麦粉のプロダクトおよび砂糖を含むすべての合成物質そして精製された食糧を避けるように要求される。

栄養の補足および蛋白質分解酵素療法

イメージ
Matthewのペース

ちょうど食事療法として補足プログラム個性化されたり、そう余りにである。 癌患者は一般に栄養素(ビタミン、鉱物、アミノ酸、酸化防止剤)および膵臓の酵素の組合せの所定の130から160のカプセルの日刊新聞である。

癌患者のために主要な抗癌性の補足は膵臓の酵素である。 各患者は凍結乾燥させていた膵臓のブタの酵素の45グラムに毎日とる。 すべての線量は食事からのカプセルの形態で、取られ、均等に終日配られる。 公式は厳密な有機性条件の下で特に準備され、高められた潜在的能力でなされる。 それぞれは汚染の自由と1ミリグラムあたりlipolytic活動の15から40の単位との1ミリグラムあたり30から80のUSPの単位または蛋白質分解活動の潜在的能力テストのためにテストされる。

臨床研究: NCIおよびNIHの資金

Gonzalezの仕事は最後の10年の間に彼を成長する認識得た。 これは代わりとなるコミュニティから、主流の薬から同様にだけでなく、来る。

彼の仕事の1993国立癌研究所の試験プログラムの巧妙な調査結果の結果として、Gonzalezは国立衛生研究所からの主要な$1.4百万ドルの補助金の承認を得た。

この大規模な5年の国立癌研究所/国立衛生研究所プログラムは腫瘍学の部門およびニューヨークのコロンビアの長老派の医療センターの外科腫瘍学の部門の下で行なわれている。 それは主な調査官ジョンCabot、M.D.のコロンビアの外科腫瘍学の責任者である。 この調査は高度の膵臓癌(腺癌)と患者のGonzalezの栄養のアプローチの有効性を比較する。

現在それらはだれがの薬剤のgemcitabineの化学療法を受け取る、半分が栄養の処置プログラムと扱われか72をに90人の患者、半分登録している。

読者は先生に連絡するジョンChabotかミケーレGabay、(この調査に関するより詳しい情報の取得に興味がある212人の) 305-9467のRNまたはwww.dr-gonzalez.comに 先生 Gonzalezおよび彼の練習についての詳細を学ぶことを行くべきである。


 


雑誌のフォーラムに戻る