生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年8月

イメージ

4の3ページ

副腎のhypofunctionの取り替え

Addisonの病気はそのもう一つの慢性の状態adrenalsの機能障害からの結果である。 Addisonの患者はこれらの重大なホルモンの低い副腎の生産を補う副腎皮質ホルモンおよびミネラルコルチコイドを与えられるがこれまでのところ異常に低いDHEAのレベルを上げる必要性は主流の医学の確立によって対応されなかった。 大いに必要な二重盲目の、偽薬制御の調査は最終的にAddisonの病気に苦しんでいるオスおよびメスの患者に対する口頭DHEAの50 mgの効果を調査した。 DHEAの取り替えの結果として、DHEAのレベルおよびアンドロステンジオンは両方の性の生理学的なレベルに達した。 女性では、DHEAの効果は血清の性のホルモン結合のグロブリンの低正常なレベルそして減少含めた(これはに総テストステロンに上昇をすべての性ホルモンのより大きい生物学的利用能をもたらす)。 性は両方ともより少ない疲労の自尊心そして全面的な福利で改善を、示した。 著者は頭脳のDHEAの行為がテストステロンのレベルの独立者であるかもしれないことを男性のAddisonの患者の心理的な改善が示すことを指摘する。

DHEAの助けによってはHIVを含む細菌そしてウイルスが、戦う

HIVウイルス(HIV-1)との伝染は潜伏の期間後にを除く満開のエイズで普通起因しない。 ある特定の要因はウイルスを活動化させなければならない。 これらの要因は腫瘍壊死要因アルファ(TNFアルファ)のような抗原、mitogensおよびcytokinesを含んでいる。 何人かの専門家は発火の状態が満開のエイズへのHIVそして進行の活発化に実際に要求されると考える。 DHEAに有効な炎症抑制の特性があれば、DHEAのハイ レベルがウイルスの活発化を防ぐのを助けるかもしれないのでHIV感染させた患者に大きい興味であるべきである。 部分的な証拠だけに基づいて、HIV患者が維持するべきであること助言は彼らのDHEAできるだけ高く音のようでも。

実際にDHEAおよび総合的なアナログがHIVの写しの部分的な阻止を作り出せることが、示されていた。 1つの調査はHIVの写しに対して、価格でDHEA、IM28のその1の特定のアナログを、持っていたDHEAより幾分高い活動を発見した: それはDHEAより有毒だった。 DHEAの抗ウィルス性の行為のメカニズムは十分に理解されなくが、酸化防止特性(estrogenic代謝物質から多分得る)および新陳代謝の酵素の影響はおそらく説明の一部分である。

別の重要な面はcytokinesのDHEA、コルチソルおよび作り出されるタイプ間の親密な関係を含む。 エイズが進歩すると同時に、私達はタイプIのcytokines (を含むインターフェロンのガンマおよびinterleukin2)およびinterleukin6 (IL-6)を含むタイプIIのcytokinesの超過分の不足を、見る。 これはコルチソルの上昇およびDHEAのレベルの低下と一緒に伴われる。 プロテアーゼ抑制剤との有効な療法はDHEAのレベルを増加するために示されていた。

HIVはDHEAによって禁じることができる唯一のウイルスではない。 アリゾナのチューソンの大学で行なわれた興味深い調査はネズミ科の(マウス)得られた免疫があ不足シンドローム(エイズ)をもたらす白血病のレトロウイルス科に感染した健康なマウスおよびマウスの免疫機能およびティッシュのビタミンEのレベルに対するDHEAおよびmelatoninの効果を調査した。 レトロウイルス科によりティッシュのビタミンEの損失、Tの助手2の(Th2) cytokinesのTの助手1の(Th1) cytokinesそして増加の減少、またBおよびT細胞の計算の減少を引き起こす。 DHEAおよびmelatoninは両方BおよびT細胞拡散の低下、およびTh2 cytokinesの増加を防いだ。 しかしmelatoninおよびDHEAが一緒に使用されたときにより有効だった。 同時に管理されたとき、DHEAおよびmelatoninはビタミンEの損失を防ぎ、レバーの脂質の過酸化反応を減らせたまた。 これら二つのホルモンを補うことはまた健康なマウスのティッシュのビタミンEのレベルを増加した。 結果はDHEAおよびmelatoninとの結合された処置がレトロウイルスの伝染に対して付加物療法として使用であるかもしれないことを提案する。

イメージ
さらに、ボディ戦いの伝染および伝染もたらされた発火を助けるDHEAの能力はcardioprotectiveメカニズムの部分であるかもしれない。

DHEAおよびmelatoninの結合された使用を探検する別の興味深い調査は韓国で行われた。 それは炭疽の細菌によって作り出される炭疽の毒素の前でマウスの大食細胞によってDHEAおよびmelatoninのDHEA、melatoninおよび腫瘍壊死要因アルファ(TNFアルファ)の解放に対する組合せの効果を調査した。 炎症性cytokinesの解放、そのようなTNFアルファは、炭疽の開発の中心的役割を担うために知られている。 著者はDHEAが著しくTNFアルファの炭疽の毒素誘発の生産を禁じたことが分った; melatoninはまた有効だった。 しかしmelatoninとDHEAを結合することはよくより単一療法を働かせなかった。

別のものは置く細菌の敗血症(条件)の損傷に対してエッセン、ドイツの大学で傷が感染されるようになると同時にDHEAの保護効果を調査することをされた調査する。 敗血症の未処理のマウスは48時間後に53%の残存率があった; DHEAを受け取ったマウスのグループに87%の残存率があった。 著者はDHEAのimmunoenhancing効果がT細胞のTNFアルファそしてより大きい活動のより低い解放と関連付けられることが分った。 前の動物実験はまたDHEAがかなり熱傷害と関連付けられる敗血症による細菌の殺害を改善することを示した。 続く敗血症の外傷は若者達の一流の死因である; DHEAがオスの外傷の患者のための有用な付加物療法であるかもしれないという可能性は調査されている。

DHEAは長く免疫機能を後押しすると知られてしまった。 それはある特定の成長した免疫細胞の開発と高められた抗体の生産のために重大である。 新しい調査はインターフェロン ガンマを分泌する細胞の数が人の血清DHEAのレベルに関連したことが、そしてこれらの細胞の活動がpremenopausal女性のDHEAのレベルと関連付けられたことを分った。 従って、DHEAは調整のcytokineの生産にかかわるようである。 同じは代謝物質の1、齧歯動物の放射への露出の後で伝染への骨髄の機能そして抵抗をDHEAよりさらにもっと効果的に保護するために示されていたandrostenediolの本当である。 AndrostenediolはまたインフルエンザAのウイルスとの致命的な伝染から保護するために示されていた。 伝染はそれから免疫組織を抑制するコルチソルの上昇を作り出すので、counterregulateにDHEAのようなantiglucocorticoidsとのこのimmunosuppressionを試みることは論理的である。

HIV患者では、インターフェロンのガンマのレベルはかなり肯定的にDHEAのレベルに関連するためにあった。 低いDHEAは、一方では、ウイルスの負荷に関連し、悪い予想の予言者である。 1番の興味深い見つけることはプロテアーゼ抑制剤療法がよりずっと高いDHEAのレベルを元通りにするのを助けるかもしれないことである。

コルチソルおよび部分的のDHEA制御新陳代謝および免疫反応両方以来、1つの最近の調査は異なったタイプの療法を受け取っているHIV感染させた患者で見つけられたそれと健康な制御のcortisol/DHEAの比率を比較した。 調査結果は劇的だった。 最初に、それは非常に積極的な抗レトロ ウイルス療法を受け取っているエイズ患者の驚かす63%がlipodystrophyを開発すること示される必要がある。 Lipodystrophyは実際の糖尿病の腹部の脂肪の蓄積によっておよび首および背部(dorsocervical脂肪)特徴付けられる、apolipoproteinおよびトリグリセリド コレストロールが高い、脂質の無秩序高められた危険、心循環器疾患、壊れやすい骨および筋肉損失である。 これらの患者はDHEAおよび低いDHEA/cortisolの比率の低水準を示した。

lipodystrophyの病理学変更は余分なコルチソルによって引き起こされるそれらの典型的である。 最近の調査はHIV患者のコルチソルのレベルが正常範囲の内に実際にあることを示した; それは相対的なhypercortisolismで起因するDHEAの不足である。 lipodystrophyに一方では、屈しないそれらの幸運な患者は、かなりより高いDHEAのレベルおよび正常化されたDHEA/cortisolの比率があるためにあった。 正常なDHEA/cortisolの比率の患者にまた大いによりよいT細胞の計算がある。 明らかに、DHEA/cortisolの比率はこの病気で重大である; 正常なDHEA/cortisolの比率の復帰そして維持はあらゆるエイズの処置の重要な目的の1つべきである。 正常なDHEA/cortisolの比率の維持はあらゆる反老化の養生法の重大な部分べきであること)レトロウイルスの薬剤によって引き起こされたそれそれより穏やかよく論争できるのに、またlipodystrophyに示しなさいか年配何を考えると(。

幸いにも、私達に今HIV患者のlipodystrophyを戦うためにDHEAの補足を使用した小さい調査の調査結果がある。 糖尿病を開発した誰がlipodystrophyの7人の患者、3はの、DHEAおよび炎症抑制薬剤の100つから200のmg /dayを与えられた(indomethacinかnaprosyn)。 単独でDHEAは血糖をよくし、血清の脂質を下げるために導いた。 血糖のそれ以上の改善およびdorsocervical脂肪の目に見える減少に導かれる炎症抑制の付加。

老化することと関連している免疫の機能障害を高めることのマーカーの1つは胸腺の進歩的な萎縮である。 7alphaヒドロキシDHEA DHEAおよび代謝物質はストレス・ホルモン(glucocorticoids)によって引き起こされる萎縮から胸腺を保護するために示されていた。 フランスの調査はDHEAか7alphaヒドロキシ代謝物質がdexamethasone (総合的なコルチソルそっくりのホルモン)の処置の前のthymocytesの生体外の文化に加えられたら、大いにthymic上皮細胞のより少ないapoptosis (プログラムされた細胞死)があったことが分った。 胸腺の萎縮は何人かの科学者が老化を運転する最も有害なメカニズムの1つと考慮する一般的なimmunosenescenceの役割を果す。 胸腺のDHEAのantiapoptotic行為は免疫の能力の保存のための主な重要性をこうしてもつ。

さらに、ボディ戦いの伝染および伝染もたらされた発火を助けるDHEAの能力はcardioprotectiveメカニズムの部分であるかもしれない。 多くの全体専門家は伝染が発火を高めるので伝染がアテローム性動脈硬化の重要な原因となる要素であることを信じる。 従ってDHEAのcardioprotective役割の部分は遊離基の世代別およびNFのΚ Bの活発化の禁止によってウイルスを妨害する機能から生じるかもしれ発火およびウイルスの写しを減らす。 従って、DHEAはボディを病原体の負荷より低く助け、健康な循環系を含む健康なティッシュを、維持するのに資源を使用する。


4の ページの 4参照


雑誌のフォーラムに戻る