生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌


LE Magazine 2001年8月

イメージ

4の2ページ

DHEAおよびDHEA-Sの最近の研究の調査結果の詳しい概要は次ある

DHEAは循環系を保護する

疫学の研究は心循環器疾患の危険の人のDHEAのレベル間の相関関係を確認し続ける。 ごく最近、マサチューセッツ男性の老化の調査は9年間40そして70の年齢の間で1700人に続いた。 著者はベースラインの血清DHEAの最も低い四分位数の人が本当らしい60%才虚血性心疾患を開発することだったことが分った。 低い血清DHEAはまた重要な予言者だった。 同様に、調査はインシュリンとDHEA間の「近い反対の相関関係」のより高いインシュリンのレベルと、結合される心臓患者のより低いDHEAの価値を確認し続ける。 これはDHEAがhyperinsulinemiaおよびアテローム性動脈硬化の「ミッシング リンク」であるかどうかについて質問を上げる。

イメージ

非常に重要なカナダの調査は部分的にアテローム性動脈硬化から血管を保護するためにDHEAが働く方法を明瞭にした。 著者は年配の患者のビタミンEのそれが青年で見つけられるレベルに戻って酸化にLDLの抵抗を元通りにしてないことを見つけた。 DHEAは、一方では、線量依存した方法の酸化にLDLの抵抗を高めた。 この調査は証拠をDHEAがLDLおよびHDLの両方コレステロールの分子に実際に組み込まれ、酸化防止剤として機能することを示すことを見つけた。 しかし老化の間にコレステロール行きのDHEAは事実上消える。 年配者では、コレステロール行きのDHEAのレベルは事実上nondetectableであり、LDLのコレステロールは酸化損傷に非常に敏感になる。 (エストロゲンのエステルは酸化からLDLを保護する同じような方法で外見上作用する。)

DHEAはまたウサギのatheroscleroticプラクの量を減らすために与えたコレストロールが高い食事療法に示されていた。 DHEAのcardioprotectiveメカニズムについての1つの糸口はからaromataseの抑制剤とともにDHEAがあった動物とDHEAがあった動物を比較した最近の日本人の調査、エストロゲンへのDHEAの転換を防ぐ混合物来る。 プラクの量はDHEAおよびaromataseの抑制剤を受け取っている動物の30%によるだけ単独でDHEAを、受け取っている動物の60%によって減少した。 著者はDHEAのantiatherosclerotic効果のおよそ半分がエストロゲンへの転換および一酸化窒素の高められた解放が原因であることを結論を出す。

男性を使用して別の調査はアテローム性動脈硬化の動物モデルが注入、口頭総合的なテストステロンおよび偽薬によって与えられたテストステロンのenanthateのそれらに対して口頭DHEAの効果を比較したと同時にコレステロール与えられたウサギを去勢した。 にせ物作動させた非去勢されたウサギはまた制御グループとして役立った。 大動脈のアテローム性動脈硬化は偽薬のグループで最も高く、テストステロンの注入を受け取っているグループで最も低かった。 アテローム性動脈硬化の程度は口頭テストステロンのグループよりよくした、自身のテストステロンの利点があったnoncastratedウサギよりわずかによくするためにでありDHEAのグループで中間。 調査はテストステロンおよびDHEAの助けが両方アテローム性動脈硬化を防ぐことを示した。 利点は血清の脂質の影響の点ではしか部分的に説明できない。

最後にDHEAがウサギの血清の脂質の過酸化物のレベルを減らしたことが、Wroclaw、分られたポーランドの大学でできていた調査は引き起こされた厳しい高脂血症のウサギの正常な食事療法に、ない与えた。 但し、非常にコレストロールが高いの健康なウサギ両方ともそしてウサギは血小板のスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)の活動、重大な酸化防止酵素の増加を示した。 再度正常な食事療法に重点を置かれる観察されたべきで、通常減らされた芝地の活動を示すウサギでatherogenic食事療法に与えたことをウサギの芝地の活動のこの増加が与えたことが。 芝地の活動の増加は部分的にDHEAの酸化防止効果を説明するかもしれない。

DHEAは女性でcardioprotectiveではないかもしれないが全体的にみて、そこに心臓発作のより大きい危険にDHEAの低水準を持つ人ある一致のようである。 老人のために、心血管の健康はDHEAの補足を取るための更に別の優秀な理由のようである。

頭脳の保護

DHEAは人間の脳で特に豊富である。 先に多数は老化の精神機能の悪化に対して報告したDHEAの保護効果、およびAlzheimerのようなDHEAのレベルとneurodegerative病気間の反対の相関関係を調査する。 最近のカナダの調査は打撃が引き起こされた後DHEAの大量服用と植え付けられたラットがより少ないhippocampal損傷をかなり示したことが分った(偽薬のための88%と比べる60%傷つけられたニューロン)。

従って別の調査では、DHEAは大脳皮質の鋭い傷の場合に余分な反応astrogliaの形成を機能でテストされたすべてのステロイドの最も有効であると証明し、傷の近くに別の方法で健康なニューロンを傷つけるかもしれない免疫反応をdownregulating禁じる。 DHEAが著しく腫瘍壊死要因アルファ(TNFアルファ)およびグリア細胞のIL-6を禁じることが示された。 これらの炎症性仲介人のレベルを下げる機能はDHEAのneuroprotectiveメカニズムの重要な部分であるかもしれない。

さらに、DHEAはアミロイド ベータ蛋白質および超過分グルタミン酸塩の毒性から保護するために示されていた。 グルタミン酸塩との処置は神経のglucocorticoid受容器のおびただしい増加を作り出した。 DHEAの処置はDHEAの反glucocorticoid行為を再度示すこの増加を逆転させた。

イメージ
DHEAは頻繁に不況のための治療として広告される。 この時点で私達は不況が神経伝達物質のちょうど不足より多くであることがわかる; 驚くべき面が神経のティッシュの老化そっくりの損失ののは全身の退化的な病気である。

DHEAは頻繁に不況のための治療として広告される。 この時点で私達は不況が神経伝達物質のちょうど不足より多くであることがわかる; 驚くべき面が神経のティッシュの老化そっくりの損失ののは全身の退化的な病気である。 抗鬱剤としてDHEAに安定した興味がずっとある。 最初にしかし不況が低いDHEAと全く関連付けられるかどうか確かめられるべきである。 不況および健康な制御から寛解する患者の一致させたグループを持つ臨床的に弱められた患者のケンブリッジ、イギリス、比較されたDHEAおよびコルチソルのレベルで(「主要なdepressivesとして」分類される)できている調査。 DHEAの朝および夕方の両方レベルは不況の朝DHEAのレベルと厳格間の反対の相関関係の落ち込んだ患者で最も低かった。 夕方のコルチソルのレベルは落ち込んだグループで最も高かった。 低いDHEA/cortisolの比率は(老化で見られる転位と同じような)また落ち込んだグループを特徴付けた。 著者はDHEAがだけでなく、余分なコルチソルの悪影響に反対する指摘したり、またことを特性を改良する気分を持つかもしれない。 これは不況の処置のための「重要な含意」があるかもしれない。

不況に於いてのDHEAの不足の役割の別の調査はアルコール中毒患者、不況に、再発に飲むことにそれ故に敏感なグループの特に回復に焦点を合わせ。 著者はabstinentのアルコール中毒患者がコルチソルの比率に圧力を取扱うより低い機能を示すnoradrenalineの不足および低いDHEAを示したことが分った。 仮説的に、DHEAはアルコール中毒患者を回復するための有用な付加物療法を証明するかもしれない。

DHEAが人間の認識強化を作り出すかどうか今でも論争がある。 そのような強化が心理圧力のある程度によって決まるかもしれないことをDiamond (1999年)は提案した。 ラットの彼の調査では非緊張に満ちた条件の下でだけhippocampal活動を、高めると、DHEAは見つけられた。 圧力はDHEA誘発の強化を妨げるようである。

DHEAの機能は海馬を保護し、活動を高めるアルツハイマー病に関して重要である。 調査は一般に増加されたコルチソルを見つけ、低いDHEA/cortisolの比率とともにアルツハイマー病の患者のDHEAを、下げる。 私達は余分なコルチソルが海馬を傷つけ、ベータ アミロイドの毒性を増強することがわかる。 DHEAは余分なコルチソルの有害な効果に反対できると信じられる。 最近の調査の著者は痴呆が高いコルチソルとのよりもっとそう低いDHEAに関連することを結論を出した。 別の調査はまた老化するプロセスがDHEA/cortisolの比率を減らす間、痴呆の犠牲者にかなりより低い比率が健康な年配者むしろあることを示した。 、特にコルチソルの反対の効果およびhippocampal地域の頭脳のDHEAに基づいて、著者はストレス・ホルモンとDHEA間のこの病理学の不均衡が損傷の多くを説明することは可能であることを提案する。

また認識強化に対するアンドロステンジオン、DHEAの主要な代謝物質の効果に研究が、ずっとある。 アンドロステンジオンの硫酸塩は既にDHEAのために見つけられるそれらに類似した記憶強化および抗鬱剤の行為のために含意を用いるラットの頭脳のある特定のセクションの神経作用を、高めるために示されていた。

慢性の炎症性病気に於いてのDHEAの役割

慢性の発火によって作り出されたレーゲンスブルク、ドイツの大学の研究者のチームによって損傷の減少に於いてのDHEAの役割の重要な概観は最近出版された。 著者は慢性関節リウマチのような慢性の炎症性病気の患者が副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)に応じてコルチソルの不十分なレベルおよびDHEAの低水準のそれ自身を両方明示する副腎の機能障害を示すことを指摘する。 余りに低くてコルチソルおよびDHEAが両方発火は有害な結果を進歩し、もたらす。

現在の練習は慢性の発火を戦うのにprednisoloneのような総合的な副腎皮質ホルモンを使用することである。 慢性の炎症性病気に苦しんでいる患者の低いDHEAのレベルの繰り返された調査結果にもかかわらず、無視されるDHEAの残物。 しかしDHEAはまた発火を防ぐことの重要な役割を担う。 それはそれから免疫組織に信号を送り、それ以上の細胞破壊を誘発する親炎症性cytokines (ホルモンそっくりの免疫の化学薬品)の有効な抑制剤である。

特別な興味のinterleukin 6 (IL-6)および腫瘍壊死要因(TNF)を禁じるDHEAの能力はある。 これらの親炎症性cytokinesは年齢と上がり、炎症性病気の患者で特に高い。 IL-6は骨の損失の促進の役割を担い、多分また破壊を接合すると知られている。 さらに、IL-6は慢性関節リウマチのような自己免疫の条件のボディの自身のティッシュを攻撃するある特定の免疫細胞の生産を促進する。 例えば高い血清IL-6は、慢性関節リウマチに見られるように発火の信頼できるbiomarkerとみなされる。 DHEAの補足が下がることができることが分るIL-6はそれにかなり高いIL-6によって特徴付けられる慢性無秩序のための非常に有望な炎症抑制の代理店を、特にする。 慢性関節リウマチのほかに、異常に高いIL-6と関連付けられる条件はアテローム性動脈硬化、骨粗しょう症、アルツハイマー病およびある特定の癌を含んでいる。

DHEAとIL-6間の反対関係は月経の調査によって確認された。 血清IL-6はluteal (後排卵)段階の間にマーク付きの上昇を示した。 この親炎症性cytokineはDHEAのレベルが最も低かったときに逆の場合も同じ最も高かった。

DHEAの第一次代謝物質、アンドロステンジオンはまた、IL-6の生産を禁じるためにあった。 同様に、pregnenoloneおよびプロゲステロンはまたTNFの生産を禁じる。

炎症性病気のDHEAの不足はまたDHEAが前駆物質として役立つさまざまな性のステロイドの周辺ティッシュの不足を意味する。 estrogenicおよびandrogenicこれらのステロイドは、筋肉、骨、血管に対する有利な効果をもたらすために等知られている。 副腎皮質ホルモンとの主流療法自体は男性ホルモンのレベルを下げると知られている。 その結果、著者は慢性の炎症性病気の患者のためのホルモンの取り替えが副腎皮質ホルモンをだけでなく、含むべきであるまたDHEAことを論争する。

他の調査はまた副腎のホルモンが、DHEAを含んで慢性関節リウマチの処置の特別な重要性を、もつことが分った。 血清DHEAのレベルが低い(慢性関節リウマチの犠牲者の圧倒的な過半数を構成し、オスの慢性関節リウマチの患者低い血しょうおよびsynovial液体テストステロンを示す)メスの患者の慢性関節リウマチの手始めの前に副腎のhypofunctionを、特に指す証拠がある。 男性ホルモンは一般に自己免疫疾患の開発に対して保護のようでDHEAはさまざまな男性ホルモンの重要な前駆物質である。 DHEAの取り替えはメスの慢性関節リウマチの患者のために特に重要ようである。

ループスはDHEAが(通常200までmgの大量服用で)有用な付加物療法であると証明したもう一つの自己免疫の炎症性病気である。 1人の著者はこれまでにできているすべての調査の結果を見直しDHEAがglucocorticoidステロイド療法のための条件を減らすようで、幾分徴候を改善することを結論を出した。 より重要、多分、保護(osteopeniaおよび骨粗しょう症)、また改善された精神機能は骨の損失に対してである。 副作用はLDLのコレステロールがDHEAの取り替えがまた下げられた原因であるので) HDLのコレステロールのアクネそして低下が含まれている(しかし総コレステロールへのHDLの比率は変わりがちである。

通常の痛みおよび苦痛はまた低いDHEAと関連しているかもしれない。 腰痛か首および肩の苦痛の人および女性の不平を言うことがテストされたときに、女性のために一貫した見つけることは低いDHEAおよび低いベータ エンドルフィンだった。


4の ページで 3続けられる
ページの 4参照



雑誌のフォーラムに戻る