生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年4月

イメージ

生命延長
あなたのペットのため


リチャードE. Palmquist、DVMおよびTerri Mitchell著

2の1ページ

ペットは多くの人々に家族のメンバーのようである。 ペットの死は親類の損失破壊的である場合もある(ある人々はより悪い言う)。 ペットが病気になる場合、私達はそれらを助けることをほとんど何でもする。 残念ながら動物は気づくには私達のために十分に病気であるまでにそれらを助けるには余りにも遅いかもしれない。 私達のペットの長寿を保護するためには、私達は成長から深刻な病気を防ぐようにステップを踏まなければならない。 生命にかかわる病気は人間のより動物で大いにすぐに成長する。

なんとの猫か犬食べるべきであるか理解はそれらを健康および重大保つために重要である。 動物の供給の報酬は努力のきちんと甲斐がある、けれども彼らのペットが重病になるまで数人は実際にこれを理解する。 しかし人一倍の努力を作ることは今日明日完済する。


ほとんどの商業ペット フード(プロダクト袋か缶入って来)は食用に不適当である肉からなされる。 例えば、鶏のくちばしおよび羽は商業ペット フードの蛋白質として数えられる。 「栄養上完全であるためには」、この種類のペット フードはビタミンおよび鉱物と強化される。 場合によっては、これは決してなかったものが元通りにする; 他の場合、それは調理された何が戻す(上記の図表を見なさい)。 乾燥したペット フードは人間が強化された穀物で存続できるので動物がそれで大いに存続できることCheerios®に類似している。 しかし実際に繁栄するために、動物は多くを必要とする。 病気の自由で、活力、それはの完全な住む猫か犬のために充実した生活のスパンよりよい栄養物を必要とする。

イメージ

猫はおよび犬に栄養の必要性で重大な相違がある。 猫は、犬とは違って、純粋肉食獣それら肉を食べなければならないである。 良質動物蛋白質は猫の健康のために重大である。 猫は炭水化物を非常によく扱わない。 エネルギーに炭水化物を変える機能は非常に限られている。 猫のための最もよい食事療法は未加工肉から始まる。 未加工肉は利用猫が容易にできる蛋白質の集中された形態を提供する。 あなたの猫が未加工肉から病気になること心配してはいけない。 、猫ではない人間覚えなさい! それらは人間sick.*を作る細菌を破壊する非常に強い胃酸を展開させた
* (例外はポークである。 ポークは動物の病人を作る寄生虫を含むかもしれない。)

肉は猫が持たなければならないアミノ酸の多量を含んでいる。 タウリンは猫のために重大である。 それの欠乏は中心問題(心筋症)、目問題、握りおよび腎臓問題として出て来る。 220匹の猫の1つの調査では、膨張させた心筋症とのそれらに物38%だけが同様に多くのタウリン外にあった。 それらの同じ猫はビタミンEの20%の低レベル、および(ビタミンAは利用されていなかったことを)示すかもしれないの40%のハイ レベルがビタミンAあった。

アルギニン、肉蛋白質で見つけられる別のアミノ酸は猫のためにまた重要である。 アルギニンのない単一の食事が(猫を殺すことができるほど実際、重要なアルギニンは猫の腎臓のアンモナルを解毒する)。 アルギニンは中心機能、膵臓と腸を、解毒の役割に加えて健康保つために重要である。

指定食糧のタウリンの内容
(Mg/Kgのぬれた重量)
項目
生の平均
沸かされた平均
ビーフ筋肉
362
60
ビーフのレバー
192
73
ビーフの腎臓
225
76
子ヒツジ筋肉
473
126
子ヒツジの腎臓
239
51
ポーク筋肉
496
118
ポーク レバー
169
43
鶏筋肉
337
82
タラ
314
161
カキ
698
89
ハマグリ
2400
446
源: RL Wysongによる動物栄養物のための理論的根拠。

猫はまた動物性脂肪を必要とする。 私達がより)行く「傾き」は猫のために健康ではない(、動物持っている異なった栄養の必要性を覚えなさい。 猫は動物性脂肪が必要な脂肪酸、ボディであらゆる細胞によって使用されるアラキドン酸(AA)を作ることを必要とする。 猫は同じ酵素犬を所有しないし、人間はAAにオメガ6のような植物オイルを変えるためにする。 人間とは違って、それらは脂肪酸の源として動物性脂肪がなければならない。 アラキドン酸はネコ科の免除のために特に重要である。 ネコ科の白血病のウイルス(FeLv)の伝染を用いる猫がAAのレベルを減らしたことが示されていた。 この重要な脂肪酸を元通りにすることはFeLv感染させた猫の長寿を高めるかもしれない。

ビタミンAは彼らの食事療法からもう一つの栄養猫得なければならないである。 猫はビタミンAにベータ カロチンを変えることができない: それらはビタミンA自体を得なければならない。 しかしそれらはベータ カロチンを使用する。 ベータ カロチンがネコ科の(およびイヌ科動物)免除のために重要であるようである。 最近猫(および犬)のリンパ球そして血しょうが多量のカロチノイドをとることが示されていた。 それとしていることをの質問は今でも空気である。 但し、研究はベータ カロチンが放射からリンパ球を保護し、自然な酸化防止剤を維持することを、グルタチオン示す。 人間の癌患者では、ベータ カロチンは免疫細胞をジャンプスタートさせる。 猫および犬で免除を保護し、高めるのにベータ カロチンがまた使用されていることは可能性が高い。 しかし、ベータ カロチン猫のビタミンAの代わりになることができない覚えなさい。 それらはビタミンAを、たいそう食べなければならない。 このビタミンは多量で有毒である。 猫はたくさんのレバーに与えたまたは魚は生命にかかわるビタミンAの毒性を開発する。

猫は犬よりより多くのビタミンB1 (チアミン)、B6 (ピリドキシン)、葉酸およびB3 (ナイアシン)を要求する。 ビタミンB6はウイルスを停止するために重要かもしれない。 パデュー大学の研究者はFeLvへビタミンB6および文化のlymphosarcomaの細胞を加えることが劇的に成長を禁じることを示した。


猫および犬の一流の死因

すべての癌の90%多くが環境の化学薬品によって引き起こされると推定されていた。 彼の本のJ.ロバートHatherillに従って蟹座を打つために600の化学薬品今環境にあるために今知られている70,000+化学薬品から人間でボディそれ600検出することができる食べなさい。 私達は私達のペットにその位または多くがあると仮定してもいい。 化学薬品は私達の食糧、水および空気にある。 70,000の化学薬品の、それはそれを約2%が安全のために広くテストされたことを推定した。 私達が定期的に食べるおよび飲み物の原因癌はずっと科学的な調査で決して演説していない化学薬品の組合せかどうか質問の。 彼らの小型のために、私達の動物は化学暴露に特に敏感である。

マットは動物ベースの食事療法を食べる。 残念ながら、環境の最も有毒な化学薬品のいくつかは動物性脂肪で終わる。 乳製品および肉は私達の体の殺虫剤の根本資料、また私達の動物である。 おそらくこれらの毒素のの前ダイオキシン、PCBsのDDT、atrazineの名前を聞いた。 これらはあなたが洗濯の漂白剤で見つける同じ化学薬品から化学薬品作られる塩素であることを起こる。 これらの塩素ベースの化学薬品の百77は人間のティッシュで検出することができる。 1995年に、ニューヨークの州立大学の研究者は塩素の化学薬品のためにMacDonaldの大きいMacs®および他のファースト・フードをテストした。 DDE (DDTの主要な代謝物質)はHäagen-Daz®のアイス クリームおよび大きいMacs®のハイ レベルで見つけられた。 それおよび他の化学薬品はケンタッキーで揚げたChicken®およびピザハットの個人的な鍋ピザSupreme®をまた検出された。 研究者は彼らの小さいサイズの子供が、相当数の塩素の化学薬品を摂取していることを警告した。 人間が彼らの食事療法のこれを得れば、動物は何に彼等の物で得ているか。

同時にすべての癌の三番目が適切な食事療法によって防ぐことができると化学薬品によりほとんどの癌を引き起こすことがまた、それ推定されている推定された。 それは私達を作ることができるおよび化学薬品の効果に対して抵抗力がある私達の動物あることを食糧に何か意味する。

厳密な肉食獣の猫とは違って、犬は雑食である。 それらは植物ベースの食糧を容認する。 但し、犬はまた彼らの食事療法で良質肉蛋白質を必要とする。 カルニチン、肉のアミノ酸は、犬のために特に重要である。 カルニチンはmitochondriaの中のエネルギー生産、細胞の発電所を制御する。 このような理由で、カルニチンは中心および脈管系のための重要な栄養素である。 調査はカルニチンが中心機能を助けることができる示し犬のエネルギー生産をことを高める。 カルニチンの不足によりトリグリセリドは細胞で集まることができる。

アミノ酸に加えて、犬はビタミンB1 (チアミン)、B2 (リボフラビン)、B5 (パントテン酸)、ビタミンB6 (ピリドキシン)、食事療法からのビオチン、葉酸およびビタミンB12 (コバラミン)を要求する。 動物が古ければ、圧力、の下の病人またはビタミンCおよびE.を含むこれらそして他の栄養素のすばらしい量を、要求する。 彼または彼女が外傷を経たら、または病気の一続きを忘れてはいけないあなたの犬の栄養物後押しすることを。

ビタミンEは中心および免疫反応のために特に重要である。 アメリカの獣医の医学 連合のジャーナルからの調査は 独特の膨張させた心筋症を用いる犬が十分なビタミンEを食べないことが、そして水平になれば分ったことをより低くビタミンEが、より厳しい病気。 彼らはその遊離基の演劇をこの条件に於いての大きな役割完了した。

ビタミンEおよびCのような酸化防止剤は私達のためであると私達の動物のために同じように重要である。 猫は彼らの自身のCを作る、環境および他の圧力は動物の予備を減らすことができる。 あなたのペットの酸化防止供給を維持することは生命を救うのを助ける1日かもしれない。 調査は酸化防止剤が外傷性の傷害、心不全および打撃によって与えられる損害を減すことができることを示す。 しかし酸化防止剤は動物のボディに既にあるなる。

麻酔があなたの動物の酸化防止剤を減らすことができる事の1つであることわかっていてであって下さい。 麻酔に使用する薬剤は多量の遊離基を発生させる。 あなたの動物が外科を経なければならなければ彼/彼女の酸化防止剤を前後に後押ししたいと思う場合もある。 あなたの犬の免除はビタミンEの欠乏によって影響されることができる。 獣医の研究の アメリカ ジャーナルからの調査は ビタミンEの不足の犬が免疫細胞拡散を弱めたことが分る。

マットの病気

イメージ友達動物は私達が同じ病気の多数に苦しむ。 蟹座、中心のレバーおよび腎臓病は私達のペットの主要な死因である。 私達の動物が私達の生活様式を共有し、私達の自身の食事療法の版を食べること与えられて、それは意外得る同じ病気をではない。 1978年に、国立癌研究所の研究者は犬の癌、猫および人間間の流行そして類似の調査を出版した。 だけでなく、類似したある特定のタイプの癌の流行だった彼は癌自身類似していた見つけた。


ページで 2続けられる

 

雑誌のフォーラムに戻る



  • ページ
  • 1
  • 2