生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年4月


報告書

メチル化の最新
価値があのノートのトピックの最近の調査の抄録
クレイグCooney著、Ph.D。

ホモシステインは敵意および怒りと関連付けた

ジャーナル生命科学、Stoney及びEngebretsonショー ホモシステインのハイ レベルが人および女性のより大きい敵意と関連付けられること。 人では、ホモシステインのハイ レベルはまたすばらしい程度のびん詰めにされた怒りと関連付けられる。 ホモシステインであるように、敵意および怒りは心循環器疾患のための危険率である。 従ってホモシステインのレベルのメチル化そして減少は敵意および怒りの低下の付加的な利益があるかもしれない。

Stoney及びEngebretson (2000年)。 血しょうホモシステインの集中は敵意と肯定的に関連付けられ、怒る。 生命科学 66、p2267-2275。

不況のための葉酸の補足

11月2000日の調査は葉酸の補足がフルオキセチンの抗鬱剤の行為を非常に改善する単純な方法およびおそらく他の抗鬱剤であることを示す。 (フルオキセチンはプロザックの有効成分である)。 フルオキセチンの有効性の改善に加えて、葉酸の補足はまたフルオキセチンの副作用を非常に減らした。 この調査は使用される葉酸のレベルが血しょうホモシステインを減らして十分なべきであること、そして人は女性がことを葉酸の大量服用がよりこれを達成するように要求することを結論する。

Coppen及びベイリー(2000年)。 葉酸によるフルオキセチンの抗鬱剤の行為の強化: ランダム化されるの偽薬によって制御される試験。 情緒的な無秩序60、 p121-130のジャーナル。

癌を防ぐセレニウムの補足

セレニウムがDNAのメチル化を維持して必要であること2000のショーで出版される調査。 セレニウム、L selenomethionineの形態は、この点で最も有用だった。 同じグループはまた高いセレニウムのブロッコリーからのセレニウムが結腸癌からラットを保護することを示した。

より早い調査はセレニウムの補足がかなり人間の総癌の死そして総癌の発生を減らすことを示す。 特に、補足のセレニウムは肺の、大腸および前立腺癌の発生を減らした。 セレニウム富ませたイースト(セレニウム200マイクログラムの/日)はこれらの調査で使用された。

これらの調査は1日あたりのセレニウムの200マイクログラムを得る必要性に下線を引く。

最もよいすぐに利用できる形態はL selenomethionineやセレニウム富ませたイーストである。 ブロッコリーは優秀な食糧である、ブロッコリーがとりわけ富むセレニウムでなければすべてのあなたのセレニウムのためのそれに頼るべきではない。 これは時々(しかし)セレニウムの金持ち常にの他の食糧およびニンニクのまた本当である。

皮の癌腫の患者の癌防止のためのセレニウムの補足のクラーク等(1996年の)効果。 ランダム化された管理された試験。 蟹座の研究グループの栄養の防止。 276、 p1957-1963米国医師会医学総合誌。

デービスの等(ラットのレバーおよびコロンの2000年の)食餌療法のセレニウムおよびヒ素caco-2細胞のDNAのメチル化におよび生体内は生体外で影響を与える。 栄養物130、 p2903-2909のジャーナル。

高いセレニウムのブロッコリーからのFinleyの等(2000年の)セレニウムは結腸癌からラットを保護する。 栄養物130、 p2384-2389のジャーナル。


雑誌のフォーラムに戻る