生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2001年4月
イメージ



4の1ページ

ペット健康

ビタミンEの不足の犬からの血清の犬のリンパ球のproliferative応答に対する酸化防止剤の効果。

ビタミンEおよび3の生体外の効果は犬のリンパ球の拡散酸の他の酸化防止剤ethoxyquin、2 mercaptoethanol、およびアスコルビン検査された。 ビタミンのE不十分な食事療法があるか、または雌犬から子を産んだ犬からの血清の分かち合われたサンプルと犬の2グループからのリンパ球はそのような食事療法に培養された与えるか、ビタミンにE不十分な食事療法にまたは雌犬から子を産んだ与えたそのような食事療法、か正常な犬の血清に、およびphytohemagglutininと刺激されて与えた。 加えられたビタミンEはビタミンEの不足の犬からの血清の、ない正常な犬の血清の敏感さを高めた。 同じような効果は加えられたethoxyquinおよび2 mercaptoethanolと注意された。 アスコルビン酸はどちらの血清のプールでも拡散に対する効果をもたらさなかった。 これらの結果はビタミンのE不十分な犬からの血清と見られる落ち込んだリンパ球の敏感さが一部には、少なくとも、この血清の酸化防止活動の損失が原因であるためにかもしれないことを示した。

AM Jの獣医Res 1月1983日; 44(1): 5-7

一酸化窒素はネコ科の小腸の上皮性の透磁率を調整する。

この調査の目的は一酸化窒素の生産の阻止がネコ科の小腸の高められた上皮性の透磁率をもたらすかどうか査定することだった。 一酸化窒素の統合の抑制剤のNGニトロLアルギニン メチルのエステル(L-NAMEのローカル内部幹線注入; 0.025 mumol.ml-1.min-1は90 min.の猫の回腸のautoperfused区分で)行われた。 一酸化窒素、ナトリウムのニトロプルシド(SNP)の外因性の源は90分L-NAMEの注入の最後の30分の間(0.025 mumol.ml-1.min-1)注ぎこまれた。 上皮性の透磁率は実験中の51Cr分類されたエチレンジアミン四酢酸の血に内腔の整理の測定によって量的に表わされた。 粘膜の透磁率のおよそ六倍の増加はL-NAMEの注入の30分の内に観察され、この効果はSNPまたはLアルギニン(0.125 mumol.ml-1.min-1)の注入によって完全に逆転した。 NGニトロDアルギニン メチルのエステル(D-NAME)は粘膜の透磁率に対する効果をもたらさなかった。 上皮性の透磁率の増加はinterstitiumからの内腔へのローダミン デキストラン(重量molの= 17,200)の整理が高められたこと十分大きかった。 IB4の前処理は、白血球の付着力の糖蛋白質の複合体(CD11/CD18)に対して指示されたモノクローナル抗体上皮性の透磁率のL名前誘発の増加を防がなかった。 これらのデータは一酸化窒素の生産の阻止が上皮性の透磁率の白血球独立した増加を循環するリバーシブルに導くことを提案する。

AM J Physiol 6月1992日; 262 (6つのPt 1): G1138-42

飼い猫の血しょうそして白血球による食餌療法のベータ カロチンの吸収。

3つの実験は血しょうによって口頭ベータ カロチンおよび飼い猫の白血球の通風管を調査するために行なわれた。 実験1では、成長したメスのトラ猫(12 mo古い)はベータ カロチンおよび血の0、10、20か50投薬の後で0時、12時、24、30、36、42、48および72 hで取られたmgを一度口頭で与えられた。 血しょうベータ カロチンの集中は線量依存した方法で増加した。 ピーク集中は12-24 hで観察され、その後次第に低下した。 血しょうベータ カロチンの半減期は12-30 h.だった。 実験2では、猫は0、1、2、5か10 mgのベータ カロチンとの6つの連続した日間毎日投薬された。 血は与えるそれぞれの後で12時hで一度毎日見本抽出された。 6 dのためのベータ カロチンを持つ猫の毎日投薬は循環のベータ カロチンの線量依存した増加で起因した。 実験3は血の白血球によってベータ カロチンの通風管を調査するように設計されていた。 猫は14 D.のためのベータ カロチンの0、5か10 mgに毎日与えられた。 血の白血球はd 7および14で全リンパ球と細胞レベル下の一部分のベータ カロチンの内容を定めるために得られた。 血のリンパ球は供給のd 7によって多量のベータ カロチンをとた。 なお、ベータ カロチンは微粒体(20-35%)、cytosol (15-34%)、および核心(1.5-6%)で集まっていてより低い量がmitochondria (40-52%)で主に、集まった。 従って、飼い猫は容易に腸の粘膜を渡るベータ カロチンを吸収し、周辺血の白血球および彼らの細胞レベル下の細胞器官にベータ カロチンを移す。 ベータ カロチンの通風管の動力学は猫のベータ カロチンの吸収そして新陳代謝のある面が人間のそれらに類似していることを示す。

J Nutr 9月2000日; 130(9): 2322-5

独特の膨張させた心筋症を用いる犬の酸化圧力そして酸化防止集中のある程度の査定。

目的: 独特の膨張させた心筋症(IDCM)を用いる犬の酸化圧力そして酸化防止集中のある程度を査定するため。 設計: 前向き研究。 動物: IDCMの18匹の犬および16匹の健康な制御犬。 プロシージャ: malondialdehyde (酸化圧力の表示器)の集中; ビタミンA、CおよびE; グルタチオンの過酸化酵素; そしてスーパーオキシドのディスムターゼは測定された。 結果: グルタチオンの過酸化酵素の集中は制御犬と比較されたIDCMの犬でかなり高められた。 ビタミンAおよびスーパーオキシドのディスムターゼの集中はグループ間でかなり違わなかった。 否定的な相関関係は病気の厳格と血しょうビタミンEの集中の間で見つけられた。 病気の厳格は他の酸化防止剤の集中に関連しなかった。 薬物はかなりオキシダントか酸化防止集中に影響を与えなかった。 結論および臨床関連性: オキシダント酸化防止システムがIDCMの開発の役割を担うかもしれないことをグルタチオンの過酸化酵素の集中の変更およびビタミンEの集中と病気の厳格間の相関関係は提案する。

J AMの獣医Med Assoc 9月1999日1日; 215(5): 644-6

食餌療法のルテインはイヌ科動物の免疫反応を刺激する。

犬の食餌療法のルテインの可能な免疫調節の行為は知られない。 メスのビーグル犬犬(古い17 18月; 11.4+/-0.4kg体重は12週間0、5、10または20mgルテインと)毎日補われた。 塩、phytohemagglutinin (PHA)および多価ワクチンへの遅らせタイプのhypersensitivity (DTH)の応答は週0、6および12に査定された。 血は週0、2に、4、8見本抽出され、(1) PHAへのリンパ球のproliferative応答を査定する12 concanavalin A (詐欺A)、およびヤマゴボウ属のmitogen (PWM)、(2)は周辺血の単核の細胞(PBMCの)人口で、(3) interleukin2 (IL-2の)生産および(4) IgGおよびIgMの生産変わる。 12週の調査の完了の後で、私達は17週まで第1に免疫グロブリンの生産の変更および週13および15の二番目に抗原的な挑戦を評価するために血ウィークリーを集め続けた。 血しょうlutein+zeaxanthinはunsupplemented犬で検出不可能だったが、集中は(P<0.05)急速に増加したルテイン補われた犬の週2に。 その後、集中は一般に大いにより遅い率で線量依存した方法で、とはいえ増加し続けた。 犬はルテインに高めたPHAへのDTHの応答を与え、週6.の食餌療法のルテインによるワクチンは(すべての3つのmitogensへのP<0.05)リンパ球のproliferative応答を高め、CD5、CD4、CD8および主要な組織適合性の複雑なクラスを表現する細胞のパーセントをII (MHC II)の分子増加した。 IgGの生産は(P<0.05)増加した第2抗原的な挑戦の後でルテイン与えられた犬で。 ルテインはCD21リンパ球のマーカー、血しょうIgMまたはIL-2生産の表現に影響を及ぼさなかった。 従って、食餌療法のルテインは国内イヌ科動物の細胞仲介され、humoral免疫反応刺激した。

Immunol Immunopathol 5月2000日獣医23日; 74 (3-4): 315-27

維持の大人犬のリボフラビンの条件は前の見積もりより大きい。

調査は維持で大人犬のリボフラビンの条件を定めるために行なわれた。 20匹の大人の混合された品種犬は5つのリボフラビンの集中の1つのsemipurified食事に与えられた: 食事療法1、1.7 mg/kg; 食事療法2、2.7 mg/kg; 食事療法3、3.7 mg/kg; 食事療法4、4.7 mg/kg; そして食事療法5、5.7 mg/kg。 赤血球のグルタチオンの還元酵素の活量係数(EGRAC)が生化学的なリボフラビンの不足を定めるのに使用された。 食事療法1に与えられた犬は食事療法1.に与えられた犬で食事療法5 (1.11)に与えられた犬のそれと比較された試験のd 56のより大きい(P < 0.05) EGRAC (1.24)があり最底限のリボフラビンの不足を示す。 食事療法1 (1.36)に与えられた犬のための中間EGRACが犬でのために得られたEGRACと異なっていたd 84他の食事療法(1.19、P < 0.05)に与えた。 中間EGRACの相違はd 112 (1.27のまだ対1.59あった; P< 0.01)。 食事療法2、3、4および5に与えられた犬のためのd 112中間EGRACに相違がなかった(P < 0.05)。 維持の大人犬のための破線条件の見積もりは生化学的なリボフラビンの不足を査定するための基礎としてd 112 EGRACを使用して66.8のマイクログラムのリボフラビンX kgの体重(- 1) x d (- 1)であるために定められた。

J Nutr 4月1996日; 126(4): 984-8

低酸素症やhalothaneのanaesthesiaの間の犬のレバーそして血しょうの遊離基に対する防衛の変更。

遊離基に対する防衛は換気の異なった条件の下の犬で評価された。 8%の酸素および92%窒素の酸素と、halothaneおよび酸素、低酸素のガスの混合物または低酸素の条件の下のhalothane換気された犬からの連続レバー バイオプシーの減らされたグルタチオン(GSH)のレベルの変更は、アルファ トコフェロール(ビタミンE)、アスコルビン酸(ビタミンC)およびmalondialdehyde (MDA)としておよびスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)の活動推定された脂質の過酸化反応の最終製品調査された。 GSHの同時決定、ビタミンEおよびMDAは血しょうで遂行された。 結果はレバーでレバーでGSHの時間依存の枯渇およびビタミンEおよび血しょうおよびビタミンC示した。 これはMDAのレベルの同時増加と一緒に伴われた。 変更の大きさは以下の順にあった: halothaneおよび低酸素症>低酸素症> halothaneおよび酸素>酸素。 最も大きい枯渇はビタミンEのためにビタミンCのために最も少なく観察され。 血しょうのMDAのレベルの上昇はレバー ティッシュでより大いに高かった。 低酸素症はレバー芝地の活動の阻止で起因した。 それは低酸素の条件の下の遊離基の高められた生産がレバーの酸化防止防衛を圧倒するかもしれないことにようである。 さらに、血しょうのMDAの多くの高レベルは、レバー ティッシュと比べて、MDAがレバー以外ティッシュか器官に起き、可能な損傷を示す血に他の位置でボディで漏ったかもしれないことを示すかもしれない。

毒物学6月1998日26日; 128(1): 25-34

ページで 2続けられる


雑誌のフォーラムに戻る