生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年9月

ニュース


イメージ魚油はリンパ腫を遅らせる

さまざまな魚油で見つけられるそれらのようなPolyunsaturated n-3脂肪酸は、腫瘍および転移の開発を減速する機能を示した。 さらに、研究者は最近これらの脂肪酸がまた悪液質(無駄になり、適切な栄養の取入口に関係なく何人かの癌患者に起こる)筋肉を減量助けるかもしれないことが分ってしまった防ぐのを。 制御の悪液質は続いて薬剤癌療法の効力を、生活環境基準を改善するために高めるかもしれ、患者のための赦免の期間を拡張するために、ペットか人間であって下さい。 過去の研究は既に悪液質が無食欲症、疲労、免疫の妥協および減量をもたらす炭水化物、蛋白質および脂質新陳代謝の極度な変更と関連付けられること文書化してしまった。 悪液質は患者の、生存期間生活環境基準を妥協すると、また処置への彼らの応答を限ると信じられる。

コロラド州の州立大学で研究者が 導いた新しい調査(蟹座88:1916-28、2000年)は大豆油と補われたmenhadenの魚油およびアルギニンから成っていた、または制御食事療法置くリンパ腫の32匹の犬を検査した実験食事療法にそれらを; 食事療法は栄養価で別の方法で同一だった。 免疫反応を高めるためにアルギニンは知られていたがn-3タイプの脂肪酸が高い血の乳酸の正常化を助けることを信じた。 この専門にされた食事療法の後でdoxorubicin (Adriamycin)として知られていた有毒な癌治療の3週毎に受け入れに加えてあった。 犬は彼らの癌治療の最中および後で1日に2回与えられた。 研究者はブドウ糖および食事療法の許容テストに応じてそれから血糖レベル、乳酸およびインシュリンを含むいくつかの要因を、測定した; アルファ1の酸の糖蛋白質、腫瘍壊死要因; interleukin6; 体重; アミノ酸のプロフィール; 静止エネルギーの支出; 病気の自由な間隔、生存期間および臨床性能のスコアと同様。

研究者が見つけたものは魚油およびアルギニン食事療法を食べている犬が2つの脂肪酸、制御グループと比較された即ちdocosahexaenoic酸(DHA)およびeicosapentaenoic酸(EPA)のより高い血清のレベルを示したことだった。 これらの上げられたレベルは血、癌患者の混乱の新陳代謝に応じて他では起こる増加の乳酸の蓄積と逆に関連していた。 さらに、より高いDHAおよびEPAのレベルは赦免の長期および段階IIIのリンパ腫と犬のための生存期間にかなりつながった。 ジャーナル蟹座(88:1916-28、2000年)で報告される調査結果は魚油に於いての癌細胞の拡散を停止させ、抗癌性の薬剤を、より有効なdoxorubicinのような、作ると栄養療法の一部として見つけられる脂肪酸の肯定的な役割に下線を引く。 —アンジェラPirisi

イメージルテインは視野を改善するかもしれない

いくつかの調査は深緑色の葉菜、他の果物と野菜で見つけられるルテインのカロチノイドの利点を示し卵は卵黄に年齢関連の黄斑の退化(AMD)から目を保護する。 今度は、ジョーンズ・ホプキンス大学の医科大学院の研究者からの最も最近の調査結果に従って、ルテインの補足の毎日の養生法を取ることはretinitisのpigmentosa (RP)と呼ばれる遺伝の眼疾患に苦しんでいる人々の視野を取り除くのを助けるかもしれない。 これは網膜の退化を引き起こす夜間視界および周辺視野の損失を含む視野問題の多くを、もたらす病気のグループである。 被害者は通常三十年の間に彼らの視力のほとんどを非常に次第に失う。 網膜の顔料を形作るために寿命に集まるルテイン、特にmacula、phototoxic損傷に対して保護を提供すると信じられる。

6ヵ月のインターネットのパイロット・スタディの結果はOptometryの3月問題で 示した: アメリカのOptometric連合(2000年 のジャーナル; 71:147-64)調査およびフォローアップによって行なわれるRPの16人追跡される。 研究は科学的にルテインの取入口による視野の改善の経験の逸話的な記述を査定するために意味された。 関係者は調査の間中彼らの自身の視野を要求に応じて測定しなければならなかった。 調査前の2週、16の主題はこれのための研究者が調査を設計しているMicrosoft Wordのフォーマットの6つの特に作成された手紙の図表を使用して視力を測定した。 それらはまた方法の指示を壁を図表にならせる中央視野区域をテストするために受け取った。 彼らはそれから2か月間朝食、40 mg日刊新聞でルテインを取るためにおよび残りの4か月の1日あたりの20mg頼まれた。 グループの半分はまたDHA、Vitamin B Complexおよび消化酵素を取った。 調査結果はRPの被害者がルテインの補足の開始のちょうど3から4週以内の彼らの視力そして視野区域両方の重要な改善を経験したことを提案する。

興味深いことにその上にビタミンA/ベータ カロチンを取っている人々は視力の改善の点では他より多くに寄与したが青い目の人々はルテインの補足からの視力の点では暗目の個人より劇的なプラスの結果を報告したことが、研究者がまた分ったけれども。 Gislin Dagnelie、Ph.D、主執筆者は。、Johns Hopkinsの眼科学の助教授、暗目の人々が補足の使用から彼らのmaculaの顔料を増加ようではないことが前の調査が分ったことを説明する。 これは多分それらがその位必要としないことそれを提案し、青い目の人々がルテインの彼らの取入口に関連して色素形成の増加を示す一方多分吸収のより高い条件か率を示す。 ビタミンA/ベータ カロチンの利点に関しては、Dagnelieは網膜の退化に起因する鳥目に対して保護役割があると酸化防止剤は信じられることを提案する。 研究者はこの調査で例証される結果を確認するためにルテインの取入口の長期利点を正確に測るために短期利点がまたより大きい管理された調査のフォーマットで更に検査される必要があること、けれども主張する。 — AP


雑誌のフォーラムに戻る