生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年9月

ウィリアムFaloon
ウィリアムFaloon

私達がそれを見るように


生命延長は上下両院で勝つ

FDAおよび薬剤のカルテルへの衝撃的な後退では、アメリカ人が法的に得ることを可能にする手形は他の国からの低価格の処方薬2000年6月29日に衆議院を渡した。 これはFDAが不適当に他の国からの比較的安価の薬剤の輸入を妨げたので薬物のずっと膨脹させた価格を支払っている消費者のためのすばらしいニュースである。

製薬産業のパニックに陥った応答はメキシコおよびカナダからの処方薬がどうかして「偽造」で、信頼することができないことを示すずっと全面の新聞広告を動かすことである。 これはカナダおよびメキシコからの低価格の薬剤は頻繁にこれらによって同じ薬品会社非常に製造されると1つが考慮するとき偽りなく驚くべき主張である。

製薬業は近づくことを許されることからの低価格の規定の薬物にアメリカ人を妨げる基礎が実際ないFDAは心をこめて製薬会社を支える恐怖の作戦を使用して。 アメリカの市民は、一方では、非道に高い薬剤の価格に対して不快である。

家のこの巧妙な健康の自由の立法をもたらしたGil Gutknecht国会議員は個人的に手形を支えるために生命延長に感謝するために私を電話した。 満足生命延長雑誌で今年初めに出版された私達の薬剤の価格の比較表がこの手形についての討論の間に家の床に拡大し、置かれたことを学ぶためにだった。 この図表はアメリカ人が他の国の市民と比較される薬剤の支払う非道に高い値段を露出した。 Gutknecht国会議員は私達の図表がこの法案を可決されてことを得ることで器械であるように私に言った。

2000年7月20日薬剤師および卸し業者を低価格で利用できる私達公認の薬剤を海外に輸入することを許可する74 21ことの投票手形によって類似したのの渡される上院に。 社内手形は、一方では、個人が薬剤を外国に買うことを可能にする従って妥協の測定は今制作されている。

会員は私達がこの問題で勝つことをできる見込みなかったことを皆についてのそれがちょうど私達に告げたことを知るべきである。 多数は製薬会社の影響のために議会を何とかやることができなかった言った何かの資源を浪費するための私達を批判した。 この場合、私達の忍耐は勝ち、私達は前例のない方法の製薬会社を打った。

生命延長基礎で、私達はずっと昔に議会は決して法律のサプリメントの割り当てる健康の要求を渡さないと、そして人命のスパンは根本的に延長であることができなかったことと私達は連邦政府を法廷で打つことができなかった言った厭世家に慣れた。 勝利の私達の20年の一連はこれらの平凡な思想家を間違って証明し、会員は無情に強固な確立に挑戦する組織に属して自慢しているべきである。

慣習的な薬はほとんどのアメリカ人を失敗する

、薬の質によってが費用と相応であるそれ米国以来市民が世界の最も高いヘルスケアの価格を支払うと考えるかもしれない。 世界保健機構に従って、これは事実ではない。 世界保健機構からの最近解放された調査は米国が36ヶ国が市民を健康保つことで米国よりよい仕事をしていることを意味する全面的なヘルスケアの質の第37にランク付けしたことを示した。 基本的に現在によってFDA保護されるヘルスケアの独占について台なしにされる何かがあることを米国の支払に先んじてかなりある国がヘルスケアの費用のより少し示すという事実。 プリンストン大学の健康の経済学者に従って、米国は英雄的で高いプロシージャを低料金で用いること、他の国の市民をより健康保つ貧乏人の予防の心配で非常によいが。 これは1つが予防医学にかかわるそれらに対してFDAの80年の恐怖時代を見るとき意外ではない。

ニューイングランドの医療ジャーナルは製薬産業を攻撃する

この出版物が処方薬の 広告から 広告収入ほとんどすべてを得ることがニューイングランドの医療ジャーナルを読むだれでもわかっている。 それは鈍い社説をそう確実にさせるものが製薬産業に対してである。

この編集は、先生によってMarcia Angell書かれ、の「マントの後ろに隠れることの2000年6月22日に出版されて版、製薬産業を過大視した訴えるまたは」誤解は高い薬剤の価格を正当化するように要求する。 製薬会社は彼らは高い値段が新しい治療およびよりよい処置を開発することを必要とすることを示す。 しかしAngellはことを会社の農産物が費用および混乱を除く治療上の革新に少しを加える新しい薬剤の多数論争する。 このポイントは過去の30年に病気のためにあっていて基本的な議論が生命延長雑誌のページで繰り返し、何「治る」発見してもらう製薬産業をなされたか。 答えは非常に少数である。 何人かの人々どれも言わない。

社説ニューイングランドの 医療ジャーナルは上の会社が巨大な利益で掻き集めたり、不審なマーケティングおよび広告の練習に巨大な量を使い、政府認可された独占の結果として膨脹させた価格を満たして自由である1つとして企業を描写する。 「製薬産業は非常に特権である。 それはパテントおよび大きい税額控除を政府許可される公に資金を供給された研究から非常に寄与し物惜しみしない利益を収獲する」、先生を言うAngell。

Angell先生はそれが消費者のための実際の問題になっているほど薬剤の価格が上がっている従って薬剤の速く、使用大きいので彼女がはっきり言っていると言った。 彼女はまただれがに薬剤の価格の代りに適用範囲の幅自身支払うか医療保障の処方薬の利点の進行中の議会の討論が主として焦点を合わせたこと心配し。

それは製薬会社を代表するアメリカの薬剤の研究そして製造業者が「事実の完全なゆがみとして用意された声明の発破先生のAngell's視点を」。出したこと意外なはずではない

ウォールストリート・ジャーナルは製薬会社の宣伝を露出する

ウォールストリート・ジャーナルの2000 7月6日 、問題は また研究に資金を供給するために高い薬剤の価格が必要であること製薬業の要求の重大な記事を特色にした。 この記事に従って、製薬産業は一度約束された一種の進歩を提供していない。 ウォールストリート・ジャーナルは こと科学者でする、そしてことをオーバーオールより製薬業がまだセールスマンにずっと多くを使う、企業のマーケティング指摘し、遺産管財費は一般に研究開発のそれらより二度多くである。 例えばファイザーで販売および管理は費用より39%を、R & Dのための17%と比較されて構成する。

これらの残虐行為がなぜ続くか

アメリカ人は標準以下の医療の世界の最高価格を支払う。 製薬会社で指を指すことは容易であるがそれらがアメリカの消費者の健康および金入れを強姦することを可能にする不道徳な独占を巨大製薬会社に与えるFDAである。 FDAが廃止されたら、製薬会社はFDAによって官僚的躊躇されているバイオテクノロジーの小さい会社と競うこと積極的な研究に戻り、価格を劇的に切らなければならない。

遠いFDAによって大きく、小会社はであるFDA 「承認に数億のドルを使わないで新しい療法を提供して自由」。 FDAの障害物を通して方法を戦っている小さい薬品会社の例はCell Pathways Inc.の公に交換された会社である。 Cell Pathways、Inc.は処置で目標とされるプロダクトの開発そして商業化に焦点を合わせる薬品会社および前癌性の損害および癌の防止である。 これまでに、会社はいくつかがFDA認可された臨床試験のさまざまな段階にある500の潜在性癌の混合物上のの図書館を開発した。 これまでのところ、非常によい試験結果はmetastatic前立腺癌のための危険度が高いの人のより低いPSAのレベルおよびこの病気にし向けられる患者の減らされたコロンのポリプのレベルを含んで、解放された。 問題はこの会社の第一次薬剤が前に4年に発見された、2,000,000人のアメリカの癌患者はFDAのブラック ホールを通って動くために薬剤の塗布を待っていることを死んだことであり。 率でこれらの薬剤は規定するプロセス、より多くの癌犠牲者が死ぬことができる何百万によって公式の「承認」が許可される前に引張っている。 FDAが進行中の臨床試験からデータを発表しないので、生命延長の私達は細胞の細道の薬剤の効力を評価できない。 薬剤は安全ようである。 癌患者は米国のまわりで行なわれる臨床調査を書き入れる方法をこれらの薬剤についての詳しい話を読むために会社のウェブサイト(www.cellpathways.com)を点検したいと思い。

新しい薬剤の効力を定める問題への生命延長基礎の解決は最初にFDAの承認を得ないで有志の末期症状の患者の薬剤をテストするように民間組織がすることである。 細胞の細道によって開発された薬剤の場合には医者は前に人間で安全、有能だったかどうか年知っていたかもしれない。 今日の重く調整された気候では、一方では、末期症状の患者はFDAによって置かれる堅い規準を満たさなければ有望な療法へのアクセスを否定される。 この官僚的な障害は頻繁に失敗に目新しい取り組み方を試みるために代理店が割り当てられる前に最初に有毒で慣習的な療法の患者の失敗の厳しい円形を要求するので薬剤を運命づける。

FDAが危ない薬剤から私達を保護することを何人かの人々まだ考える。 今月の問題を読取るので、人道主義のFDAの従業員が危ない薬剤についての公衆に警告することを試みたときにFDAは国内事情の調査を進水させ、投獄とこれらの立派な人々を脅した。 この衝撃的な事実はロサンゼルス タイムズによって 露出され、 私達は完全に再版した資格を与えられる物語「キラー 薬剤Rezulinの上昇および落下のこのレポートを」。

このそれ以上すべてはFDAの第一次焦点が大きい製薬会社のそしてない危ない薬剤ことをに対して消費者を保護することの利益の保護にあること生命延長基礎の長年の位置を立証する。 会員として、増加する裁判官、国会議員および媒体がFDAによってアメリカの公衆に対して行われる健康の欺瞞を確認している励まされるべきである。

イメージ
ウィリアムFaloonの副大統領、生命延長基礎
  

雑誌のフォーラムに戻る