生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年10月

イメージ

Lactoferrin:

病気を戦うBioactiveペプチッド

意志の縁によって

生命延長雑誌の 読者が ご承知の通り、乳しよう蛋白質は癌、HIVに対して自然な食糧として作用するようで病理学の運動選手そして多くのシンドロームをovertraining。 特に、グルタチオンのレベルに対する乳しようの効果および免除は動物との結果を確認する増加する人間の調査の多くの動物実験でよくとり上げられる。 乳しようはミルク(他のカゼインであること)で見つけられる2つの主要な蛋白質の1つである。 私達が乳しよう述べているとき私達は実際にベータ ラクトグロブリン、アルファ ラクトアルブミン、免疫グロブリン(IgGs)、glycomacropeptides、牛のようなアルブミン(BSA)、およびlactoperoxidases、リゾチームおよびlactoferrinのようなマイナーなペプチッドを含む多くのより小さい蛋白質のsubfractions (ペプチッド)から、成っている複雑な蛋白質を参照している。 乳しようで見つけられるsubfractionsのそれぞれに自身の独特な生物的特性がある。 かなり最近までの上で、これらのsubfractionsを分けることは大規模に不可能または非常に高かった。 現代ろ過の技術は劇的にlactoferrinのような乳しようから非常にbioactiveペプチッドのいくつかを、分ける過去数年間に少数の会社を割り当てることを改善した。 これらのsubfractionsの多数は牛乳の非常に微量だけに、普通の1%以下ある。 例えば、lactoferrinは牛乳から得られる乳しよう蛋白質より(人間の母乳として15%までlactoferrinを含んでいるかところで)およそ0.5% - 1%以下を構成する。 Lactoferrinは効果を高めるの乳しようのsubfraction文書化された抗ウィルス性、抗菌の、抗癌性および免疫の調整/ようである。 lactoferrinが人間の疾患の多くの処置そして防止の選択の自然な混合物になることができるということには疑わしい点ある。 続くことはlactoferrinが提供しなければかもしれないものをの概要ならないである。

イメージ
人間の母乳で見つけられて、lactoferrinは生物系のいろいろ使用があるようで、人体の最初のライン免疫の防衛として考慮される。

免除

乳しよう、lactoferrinのマイナーな一部分は生物系のいろいろ使用があるようで、人体の最初のライン免疫の防衛として考慮される。 牛および人間の母乳のlactoferrinのしかし自然な部品は人体中あり、唾液、破損の、気管支および鼻の分泌、肝臓の胆汁、膵臓の液体のような粘膜を浸し、免疫反応の必要な要因であるすべての分泌に起こる。 Lactoferrinは病原体(すなわちウイルス、細菌、等)および殺害の直接接触非常に入って来たりまたはいろいろ異なったメカニズムを通してこれらの病原体を抑制する口腔に集中される。 丁度lactoferrinがいかに免疫の調整すべてを出すかまたは免疫の高める機能が完全に明確ではないか、しかしそれ免疫の挑戦の広い範囲に応じて免疫反応を両方(受動的に)直接および間接的に高めると知られている。 lactoferrinのための特定の受容器は多数にリンパ球、monocytesおよび大食細胞のようなキーの免疫細胞あり、直接自然なキラー(NK)細胞の活動のupregulationにかかわるために知られている。 ほとんどの研究は指し免疫の変調器の多く簡単な免疫の興奮剤よりもむしろであるとしてlactoferrinを。

ずっと免除に対する補足そして効果としてlactoferrinの使用を検査した出版された調査はかなり有望である。 さまざまな動物モデル(すなわち、ラット、ヒツジ、ブタおよび猫、また他)を使用して研究は免疫組織の規則そして調節に対する直接保護効果をもたらすとlactoferrinの摂取が見つけた。

例えば、厳しい腐敗性の衝撃を引き起こすために知られていた内毒素(lipopolysaccharide)への免疫反応を検査した1つの調査は免疫反応変数を改善している間それマウスへの供給がlactoferrin劇的にこの内毒素の致死率を減らしたことを見つけた。(1) 赤ん坊のブタとの別の調査はブタの17%だけがときに与えられたlactoferrin lactoferrinなしで死んだブタの74%に対して内毒素エシェリヒア属大腸菌と注入されて死んだことを見つけ、!(2) これは腐敗性の衝撃が集中治療の患者のための最も頻繁な死因および米国の第13一流の死因であるので主要な見つけることであることができる。 健康な人間のボランティアを使用して2つの調査は牛乳から得られたlactoferrinの摂取が個人に特定だった肯定的なimmunoregulatory効果をもたらしたことを見つけた。 すなわち、各人の免疫組織の最初のプロフィールによって、lactoferrinの摂取は「完了するために研究者を導く免疫反応を増加した。 .theデータは患者の免疫の状態を改善するために牛のような(牛) lactoferrinが医院で」。加えられるかもしれないことを提案する(3) 「完了されたlactoferrinを摂取した10人を使用して同じような人間の調査はこれらの結果lactoferrinの管理が」。ホストの防衛システムの第一次活発化に影響を及ぼすかもしれないことを提案する(4)

Lactoferrinは腸地域の健康そして機能で特に重要ようで、炎症性腸疾患そして他のような条件の全身および腸の発火を非常に減らすためにあり。 全身および腸の発火および損傷ショーの大いにより大きい抵抗をもたらすために知られていたいろいろな病原体に服従した動物はおよび発火を時与えられたlactoferrin減らした。 消化器はよく、悪い細菌の植物相(マイクロ植物相)間のバランスがある生態学的なシステムとして見られなければならない。 腸地域の悪い細菌の繁茂により広い範囲をの引き起こすと断絶する親炎症性仲介人の無数を解放する全体のボディ中の中断を引き起こす問題により知られている。

大人動物および人間の幼児に与えられたとき、lactoferrinはとして植物相そのようなよいマイクロの劇的増加bifidusおよびエシェリヒア属大腸菌、連鎖球菌、クロストリジウムおよび他のような悪い細菌の減少を、示した。 結果は病気への最適の健康、免除および抵抗のために必要のために知られている好ましい腸の植物相だった。 発火に於いてのlactoferrinの役割を検査した腸地域の健康が示した広範な検討は限るという、「lactoferrinがautodestructive炎症性応答を可能性示し、全身の発火の未来の管理のための新しい代わりを」。(5) 研究はまた腸の「よい」microfloraの成長を高める機能に加えて消化が良い機能をよくするためにlactoferrinが腸の細胞の成長を刺激でき、導くかもしれないことを提案する。 immunomodulating効果に加えて、乳しようから得られるこの自然なペプチッドに強力な親生命の特性があるということには疑わしい点ある。

Lactoferrinを得る方法

Lactoferrinはミルクで見つけられる乳しよう蛋白質の自然な要素である。 良質の乳しよう蛋白質の補足は約0.5% lactoferrinを含んでいる。 それは良質の乳しよう蛋白質の隔離集団の20グラムのスコップがlactoferrinの100mgについて提供することを意味する。

病気のadjunctive処置のためのlactoferrinの十分で、費用効果が大きい線量は300 mgであるために日推定される。 乳しようから得られるlactoferrinの有効な線量を提供するサプリメントがある。 これらの補足を使用するとき、鉄の減るlactoferrinによって呼ばれる「apolactoferrin」の形態を使用することは重要である。 apolactoferrinの形態は調査で酸化防止剤としてlactoferrinの利点を提供するために示され調査ショーは「apo」の形態lactoferrinの他の形態のそれ上の付加的な利益があるかもしれない。

抗ウィルス性の効果

Lactoferrinは両方に直接および間接的に禁じる人間で病気を引き起こす複数のウイルスをあった。 従ってそれはウイルスの受容器の場所に不良部分によって直接ウイルスを、ウイルスが健康な細胞を感染させることを防ぐ禁じ。 例えば、生体外の調査はlactoferrinがウイルス細胞の融合の阻止およびcells.10にウイルスの記入項目に終ってHIV-1およびHIV-2のgp120受容器のV3ループに強くさらに、結合することが、間接的にlactoferrinの殺害分ったりまたはウイルスの侵入への全身の免疫反応の増加によってウイルスを禁じる。 HIV感染を用いる人々のlactoferrinの全身の不足があることに注意することは興味深い。 「血しょうlactoferrinのレベル病気の進行に関連してHIV-1によって感染させる患者で」。が減ることが22 asymptomatic検査したおよび30の健康な制御と比較されたHIVを持つ45人の徴候の患者は分った1つの調査(6) 別の調査はHIVを持つ人々の口腔で見つけられたlactoferrin (および分泌のIga)の欠乏が頻繁にエイズを持つ患者と見られたそれらの区域の頻繁な伝染に強く関連したことが分った。健康な 細胞に対するcytopathic効果無しで複数の生体外の調査の人間HIVそしてサイトメガロウイルスの(CMV)ウイルス両方の写しに対して「有効な」抗ウィルス性の効果をもたらすと(11) Lactoferrinはまた見つけられた。

HIVおよびCMVに加えて、付加的な調査はlactoferrinが健康な細胞の単純ヘルペスのタイプ1の伝染を禁じることが分った。 後の本当らしいの起こり、ウイルス蛋白質の妨害によって健康な細胞にウイルスの付属品を防ぐことによってNK細胞、リンパ球および食細胞との免疫の相互作用を指示する。(7,8,9,10)

ウイルス感染のlactoferrinの重要性は臨床医によって大量のそれ以上の研究および使用を保証する。 lactoferrinがウイルスおよび他の微生物に対する戦いのボディそして免疫組織のための主分子であるあり、ウイルス感染を用いる人々のための有効な補足があることができること少し疑いが。

抗癌性の効果

lactoferrinのための最も有望な使用の多分1つは無毒なアジェバント癌治療の代理店として潜在性にあるかもしれない。 動物との広範な生体外の(試験管)および生体内の研究は強力な抗癌性の代理店であるためにlactoferrinを示した。

健康な人間のボランティアを使用して2つの調査は牛乳から得られたlactoferrinの摂取が肯定的なimmunoregulatory効果をもたらしたことを見つけた。

腸のポリプの開発の大きい減少を示されているlactoferrinと付随して管理される消化器中の腫瘍をもたらすために知られている有毒な化学薬品-- (azoxymethane)にさらされる両方のラットおよびマウスを使用して倍数の調査。(12,13) ちょうど重要ように、毒作用は腸の上皮性のティッシュへなかった。 別の調査は化学薬品を引き起こす癌によりに服従した癌の傾向があるマウスへのlactoferrinの付加が腫瘍の数を減らし、腫瘍は存続することを必要とするangiogenesis (新しい血管の生産)を抑制したことを見つけた。 この調査はまたこれらの動物の癌細胞のlactoferrinの「かなり禁じられた」レバーそして肺転移を見つけた。(14) lactoferrinの直接癌の禁止の特性のようであるものがに加えて付加的な調査は低い集中で複数の癌細胞ラインにそれを高められた自然なキラー(NK)細胞の毒性見つけた。 これは癌細胞にlactoferrinの演劇免疫細胞の有効性の改善に於いての全身の役割を、また現時点で十分に明確ではないメカニズムを通して直接的な効果に示す。

更に別の調査は人間の膵臓癌の細胞の成長の抑制で非常に有効であるとlactoferrinが見つけた。 それほどそう研究者はlactoferrinが「膵臓癌に対して…」。アジェバント療法のための選択の新しい薬剤の1つになるかもしれないことを結論を出した(15) 付加的な出版された調査は化学薬品によって引き起こされる癌が付いているlactoferrinを与えられる動物のlactoferrin、また全身の免疫の改善の活動を抑制する癌を指示すると両方とも見つけた。 化学的に引き起こされた結腸癌に対するlactoferrinの効果を検査した1つの調査はほとんどすべての処置で「毒性を表した効果注意されなかったことが分ったが[lactoferrinの使用から]、大きい腸の腺癌(腫瘍)の発生そして数両方の重要な減少観察された」。が(12)

抗菌効果

lactoferrinで最も最もよく知られた役割は鉄結合蛋白質としておそらくある。 それは鉄の縛られた形態のhololactoferrinおよび鉄のapolactoferrinが形態を減らしたように参照した。 調査は抗菌代理店として最も強力な効果をもたらすのはapolactoferrinの形態であることを見つけた。 腸のある特定の健康の低下の細菌を抑制するlactoferrinの前に述べられた機能に直接関連していてlactoferrinは病原性のある細菌および他の微生物の広い範囲を禁じる強力な抗菌である。 メカニズムはこの金属のための非常に高い類縁があることを知っているので鉄を結合するlactoferrinの能力とあるようである。 多くの病原性のある細菌はlactoferrinの存在増加のに自由な鉄の供給を必要とする、強く禁じられるか、または殺される。

イメージ
動物との広範な生体外の(試験管)および生体内の研究は強力な抗癌性の代理店であるためにlactoferrinを示した。

1つの調査は「自然な抗生物質」としてlactoferrinを見、ことがlactoferrin生体外でそして生体内で強く有毒な細菌のhelicobacterの幽門禁じられて分った。 彼らは牛のような(牛) lactoferrinにhelicobacter種に対して重要な抗菌活動が」。生体外でそして生体内であることが「完了されることを示した(16) 生体外および生体内の方法を使用して別の調査はマウスの飲料水にlactoferrinを加え、staphylococcal有毒な微生物にそれらを服従させた。 調査はカロリーの2%としてlactoferrinを得ているマウスが40%から60%腎臓の伝染を減らした分り、- 12折目に…細菌計算5をことが減らした。 彼らは細菌感染を防ぐための自然な抗菌性蛋白質として完了した「結果提案するlactoferrinの使用のための潜在性を」。を(17) 興味深く、ある調査は抗菌性の特性のための人間からのlactoferrinより人間の母乳は大量の保護は多くの要因が 新生の原因でに相談すること有効であると牛からのlactoferrinが(18)見つけた(それが確立しているけれども、高いlactoferrinの内容を含んで)。 複数の調査はグラム陽性およびグラム陰性の細菌、イーストおよびある特定の腸の寄生虫の広い範囲を禁じるとlactoferrinが見つけた。 コレラ、エシェリヒア属大腸菌、赤痢菌のflexneri、ぶどう状球菌のepidermidi、緑膿菌、カンジダalbicansおよび他はすべてlactoferrinの前で強くまたは部分的に禁じるためにあった。(19,20) (それは微生物lactoferrinによって人間に病原性のある抑制される)あらゆる注意されるべきではない。

多分最も有望および興味深いです、病原性のある微生物に対する戦いの抗生の処置の効率を改善できるlactoferrinへ研究がそのポイントある。 抗生物質の制御使用および「悪い虫の抗生の抵抗力がある緊張の上昇から」、これが非常によいニュースであることを考えると。 lactoferrinおよび抗生物質の組合せは単独で抗生の処置によって殺されていないある特定の細菌へノックアウト パンチであるか。 より多くの研究は必要であるが、証拠は非常に強制的である。

酸化防止剤としてLactoferrin


最後に従って、lactoferrinは自由な鉄を掃除する自由な鉄によって基づく遊離基の反作用を防ぐのを助ける酸化防止剤であり過酸化反応からある特定の細胞を保護する。 lactoferrinは鉄の清掃動物および提供者両方(細胞環境によって)であるけれどもボディが反作用を必要としてある適切な時に鉄を掃除するか、または寄付することを、によってあった。 正常な生理学的なPHで、lactoferrinはこうしてティッシュに酸化圧力を減少する鉄を堅く結合する(鉄の遊離基の生産から)。 期待されるように脂質の過酸化反応を防ぐために、apolactoferrin、ないhololactoferrinは、示されていたが。 但し鉄が殺害の微生物にある特定の免疫細胞によって管理された酸素根本的な発生システムの一部として必要なとき、実際時がある。 Lactoferrinは鉄であるために減らされたPHの条件の下でこのシステムに供給確認されている。

複数の調査はlactoferrinが酸化圧力を減らすことを提案する。 癌のような病気、心臓病およびエイズは原因となる要因または病気の進行の要因としてすべての密接に関連酸化圧力である。 酸化圧力に於いての乳しよう蛋白質、multifermented乳しよう蛋白質およびlactoferrinの役割を検査した1つの調査は大胆な声明を、「私達乳しよう蛋白質、lactoferrinおよびmultifermented乳しようが酸化圧力の食餌療法の抑制剤としてよい候補者であるさまざまな病理学の潜在的な薬効がある食糧としてHIV感染および癌として考慮されるべきである」。したことを結論でき、(21) 私達は私達自身はそれをよりよく言ったにちがいない!

結論

lactoferrinが人間の疾患の配列の自然で無毒な処置として主要な発見および潜在的な進歩であるということには疑わしい点ある。 少数の会社が現時点でlactoferrinを作り出せるけれどもたった1つの会社がありapolactoferrin (減る鉄)の形態をたくさん作り出す。 調査はと補うべき優秀な形態がapolactoferrinであることを提案する。

ウィリアムD. Brinkはいろいろな出版物のための有名な医学、適性および健康の作家である。 彼は自然科学の程度のハーバード大学を卒業し、さまざまな大会に米国のまわりに全国ラジオ ショーの規則的なゲストおよびスピーカーである。


深い読み

Arao S、Matsuura S、Nonomura M、Miki K、Kabasawa K、尿路感染症のマーカーとして尿のlactoferrinのNakanishi H. Measurement。 J Clin Microbiol 3月1999日; 37(3): 553-7。

Damiens E、Mazurier J、el Yazidi I、Masson M、Duthille I、Spik G、haematopoieticおよび上皮性の腫瘍の細胞に対するNKの細胞の細胞毒性に対する人間のlactoferrinのBoilly-Marer Y. Effects。 Biochim Biophysのアクタ4月1998日24日; 1402(3): 277-87。

Fillebeen C、Descamps L、Dehouck MP、Fenart L、Benaissa M、Spik G、Cecchelli R、ピアースA.は血頭脳の障壁を通してlactoferrinのtranscytosisを受容器仲介した。 J Biol Chem 3月1999日12日; 274(11): 7011-7。

Hammerschmidt S、Bethe G、H Remane P、Chhatwal GS。 連鎖球菌pneumoniaeのlactoferrin結合蛋白質として肺炎球菌の表面蛋白質Aの同一証明。 Immunを4月1999日感染させなさい; 67(4): 1683-7。

Manev V、Maneva A、自己免疫疾患および黄色ブドウ球菌のアレルギーの患者の血から隔離される多形核球のleucocytesのphagocytic活動に対するlactoferrinのSirakov L. Effect。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:321-30。

Marchetti M、Longhi C、Conte MP、Pisani S、バレンティP、Seganti L. LactoferrinはVeroの細胞に単純ヘルペス ウイルスのタイプ1の吸着を禁じる。 抗ウィルス性Res 3月1996日; 29 (2-3): 221-31。

Portelli J、ゴードンAは、JTよろしいです。 呼吸のsyncytialウイルスおよびサイトメガロウイルスに対する人間のミルクの抗菌性の活動の混合物の効果生体外で。 J Med Microbiol 11月1998日; 47 (11): 1015-8。

Roozendaal C、Horst G、Pogany Kのvan Milligen deのウィットAW、Kleibeuker JH、Haagsma EBのリンブルフのPC、Kallenberg CG。 炎症性腸疾患および第一次sclerosing胆管炎の反lactoferrinの自動抗体の流行そして臨床重大さ。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:313-9。

浅黒いPJ、Kuipers私、Smit C、Pauwels R、deBethune MP、de Clercq E、Meijer DK、Huisman JG。 ミルク蛋白質の抗ウィルス性の効果: アシル化はHIVウイルスのタイプ1および生体外の2に対して有効な活動のpolyanionic混合物で起因する。 エイズResのハム雑音のレトロウイルス科6月1996日10日; 12(9): 769-75。

Yoo YC、渡辺S、渡辺R、Hata K、Shimazaki K、Azuma I. BovineののlactoferrinおよびLactoferricinはマウスの腫瘍の転移を禁じる。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:285-91。

参照

1. チャンGH、マンDM、Tsai CM。 人間による内毒素の中和は生体外でそして生体内でペプチッドをlactoferrin得た。 Immunを3月1999日感染させなさい; 67(3): 1353-8。

2. リーWJの農夫JL、Hilty M、金YB。 無菌のコブタの内毒素の致命的な衝撃に対して与えるLactoferrinの保護効果。 Immun 1999年4月を感染させなさい: Vol. 66 4無し1421-1426。

3. Zimecki M、Wlaszczyk A、Cheneau P、Brunelように、Mazurier J、Spik Gの健康な個人が口頭で取る牛のようなlactoferrinを含んでいる栄養の準備のKubler A. Immunoregulatoryの効果。 アーチImmunol Ther Exp. (Warsz) 1998年; 46(4): 231-40。

4. 山内町K、Wakabayashi H、橋本S、Teraguchi S、Hayasawa H、健康なボランティアの免疫組織に対する口頭で管理された牛のようなlactoferrinのTomita M. Effects。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:261-5。

5. Kruzel ML、Harari Y、陳CY、Castro GA。 腸。 マウスの実験全身の発火の間にlactoferrinによって保護される主新陳代謝器官。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:167-73。

6. MC、Dugas B、Picard O、HIV-1伝染の循環のlactoferrinのDamais C. Impairmentを延期しなさい。 細胞Biol Molの(騒々しle壮大な) 5月1995日; 41(3): 417-21。

7. Puddu P、Borghi P、Gessani S、バレンティP、Belardelli Fの金属イオンと飽和するHIVウイルスのタイプ1の伝染の早いステップに対する牛のようなlactoferrinのSeganti L. Antiviralの効果。 Int J Biochemの細胞Biol 9月1998日; 30(9): 1055-62。

8. Superti F、Ammendolia MG、バレンティPのミルク蛋白質のSeganti L. Antirotaviralの活動: lactoferrinはenterocyteそっくりの細胞ラインHT-29のrotavirusの伝染を防ぐ。 Med Microbiol Immunol (Berl) 10月1997日; 186 (2-3): 83-91。

9. Harmsen MC、浅黒いPJ、de Bethune MP、Pauwels R、De Clercq EのTH、Meijer DK。 血しょうおよびミルク蛋白質の抗ウィルス性の効果: lactoferrinはHIVウイルスおよび人間のサイトメガロウイルスの写し両方に対して有効な活動を生体外で示す。 JはDisを8月1995日感染させる; 172(2): 380-8。

10. 浅黒いPJ、Kuipers EM、Smit C、ヴァンDer Strate BW、Harmsen MC、Meijer DK。 Lactoferrin。 lactoferrinの抗ウィルス性の活動。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:205-13。

11. 紛砕機F、Holberg-Petersen M、Rollag H、Degre M、Brandtzaeg P、Froland SS。 HIV感染を用いる個人の無指定の口頭免除。 J Acquir免疫のDefic Syndr 1992年; 5(1): 46-51。

12. Tsuda H、Sekine K、Nakamura J、Ushida Y、Kuhara T、Takasuka N、金DJ、Asamoto MのババToriyama H、ムーアMA、Nishino H、azoxymethaneのKakizoe T. InhibitionはF344ラットの牛のようなlactoferrinの管理によってコロンの腫瘍および異常なクリプトの焦点の開発を始めた。 ADV Exp. Med Biol 1998年; 443:273-84。

13. Ushida Y、Sekine K、Kuhara T、Takasuka N、Iigo MのApc (分)のマウスの腸のpolyposisに対するTsuda H.の牛のようなlactoferrinの抑制的な効果。 蟹座Lett 12月1998日25日; 134(2): 141-5。

14. Yoo YC、渡辺S、渡辺R、Hata K、Shimazaki K、Azuma I. Bovineののlactoferrinおよびlactoferricinの牛のようなlactoferrinから得られるペプチッドはマウスの腫瘍の転移を禁じる。 Jpn Jの蟹座Res 2月1997日; 88(2): 184-90。

15. 最近確立された人間の膵臓癌の細胞ライン鉱泉に対する人間のlactoferrinのSakamoto N. Antitumorの効果。 Kagaku Ryoho 8月1998日へのGan; 25(10): 1557-63。

16. ダイヤルEJ、ホールLR、Serna H、Romero JJ、Fox JG、Lichtenberger LM。 Helicobacterの幽門の牛のようなlactoferrinの抗生の特性。 発掘Dis Sci 12月1998日; 43(12): 2750-6。

17. Bhimani RS、マウスの全身のstaphylococcal伝染に対しておよび注入与えているVendrov Y、lactoferrinのFurmanski P. Influence。 J Appl Microbiol 1月1999日; 86(1): 135-44。

18. Vorland LH、Ulvatne H、Andersen J、Haukland H、Rekdal O、Svendsen JS、Gutteberg TJ。 牛のような起源のLactoferricinは人間の、ネズミ科およびヤギの起源のlactoferricinsより活発である。 Scand JはDis 1998年を感染させる; 30(5): 513-7。

19. パーシバルM. Intestinal Health。 Clin。 Nutri。 洞察力。 1997年、Vol. 5。 5無し、1-6。

20. Kuwata Hは、TT、Tomita M、Hutchens TW甲高い声で話す。 摂取されたlactoferrinからの抗菌ペプチッド範囲(lactoferricin)の人間の胃の生成の直接証拠。 Biochim Biophysのアクタ12月1998日8日; 1429(1): 129-41。

21. ステラV、ラットの繰り返された適量を用いるmultifermentedミルク血清のantiradical保護装置の効果のPostaire E. Evaluation。 C RのSeances Soc Biol Fil 1995年; 189(6): 1191-7。



Lactoferrin
そして他のchemopreventiveミルクの混合物

東京の国民の蟹座の中心の研究所からの最も最近のレポートは、日本はその乳しよう蛋白質提案する、特に主要コンポーネントの牛のようなlactoferrin (bLF)を、結腸癌を[Mutat Res4月2000日 禁じるかもしれない; 462 (2-3): 227-33]。 それらがモデルがbLF与えられた動物で腺癌のより低い発生そして数を示したラットで行なったより早い研究からの結果。 3週間に管理した後発癌物質の注入と共の36週間bLFのさまざまな線量を、結果は2%そして0.2%のbLFを受け取っているラットの腺癌の発生が15%および25%だったことを、それぞれ示した。 それに対して、制御ラットは57.5%の傷病率があった。 これらの結果は基本的に約50%結腸癌を減らすbLFの能力を示す。

同じ中心からの別の調査はbLFがまた食道および肺[Jpn Jの蟹座Res 3月1999日の癌を戦うかもしれない ことを示した; 90(3): 262-67]。 研究者は2%、0.2%、0.02%、か複数の器官癌を持つラットに0.002%の線量でbLFを管理した。 0.2%の線量で、それらはpapillomasの開発および食道内の大型のpapillomasの抑制の減少に注意した。 その間、0.02%の線量は制御と比較された肺腫瘍の数を減らすことを足りた。 結果はchemopreventive容量のbLFの約束がコロンを越えて伸びるかもしれないことを提案する。

bLFのほかに、いくつかの酪農場の部品は潜在的な反発癌性の特性のために検査された。 例えば、研究は活用されたリノール酸(ずっとCLA)、スフィンゴミエリン、酪酸および他の乳脂肪[J Nutr 1997年に関して癌戦いの結果を 報告している; 127(6):1055-60]. すなわち、CLAについての最近のニュースの見出しは自然な脂肪酸が乳癌の危険を減らすことを発表した。 コーネル大学の研究者が[J Nutr 12月1999日先頭に立つ調査から生じる レポート; 129(12): 2135-42]、牛乳からのチーズそしてバターのような源からのCLAのハイ レベルは胸の腫瘍の発生そして数を減らしたことを示した。 動物実検では、標準的な食事療法のラットの93%は癌の成長を開発したが、CLAのバターで与えているラットの50%だけは乳房の腫瘍を時発癌物質の管理された大量服用開発した。 CLAはまた、30%によって、発癌物質によって攻撃のための主目標および30%によってTEBの細胞増殖行う末端の端の芽(TEB)の細胞の数を減らすために示されていた。

同様に、カルシウムはずっと最近の人間の試験の結腸癌の危険を切る潜在性を示した後関心を引いている。 それはコロンの脂肪酸そして胆汁酸の両方結合を助け、との相互に作用し、苛立っていることからのそれらを保つことによって反発癌性の活動を多分出すとコロンのライニング信じた。 1年間結腸癌の危険がある状態に70人の患者を追跡した最近の調査は低脂肪の乳製品から1日[JAMA 9月1998日高めるように残りの半分に頼んでいる間23-30日あたりの約1500のmgに彼らのカルシウム取入口を関係者の半分を彼らの正常な食事療法を 消費してもらった; 280(12): 1074-79]。 調査官は高カルシウムの食事療法に続いた人のための危険のbiomarkersの重要な改善を報告する。

ミルクおよび乳製品のさまざまな部品についてのデータが育つと同時に、そう私達が消費するほとんどの食糧でよく、悪いがあるという理解をする。 しかし有利な部品の隔離で、私達はよりもむしろ促進するそれを病気を避けるのに食糧のある特定の部品を使用してもいい。

雑誌のフォーラムに戻る