生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年10月

イメージ

危険の新しいデータの
ホルモン補充療法

イメージ

規定のホルモンの危険のデータは利点がますます不審になっていると同時に積み重なっている。 加えられたプロゲスチンの有無にかかわらずPremarinの原因癌のような薬剤。 プロゲスチンを加えることは別の器官に癌を単に動かす。

規定のエストロゲンがendometrial癌の非常に危険性を高めることを示すトロント大学からの新しい調査は最新である。 endometrial癌および総合的なエストロゲンの危険度が高いのの最初の調査は1975年に出版された。 続いてプロゲスチンが加えられたら危険が減らすことができることが証明された。 その作戦は倍増するそれをある場合癌の胸の危険性を高めると証明された。


40年間のデータにもかかわらず、研究者はまだホルモンの薬剤の深刻な副作用に没頭する。 これらの薬剤の長期効果のデータベースは巨大である。 数万人の女性はだけ過去の2年に出版されるホルモンの取り替えの調査に加わった。 乳癌に三千女性にかかわる最近のスウェーデン人の調査。 エストロゲンの長期(10年の)使用の後で乳癌を開発するために非肥満の女性が肥満の女性より本当らしかったことが分ったプロゲスチンの有無にかかわらず。

別のものは、乳癌の危険が増加された毎年女性の取得ホルモンの薬剤であることを結論する前に46,000+関係者のデータベースから2000人の女性に分析される乳癌の検出のデモンストレーション・プロジェクト調査する。 5年間endometrial癌の危険がある状態に8,000人の女性上の乳癌のプラスの危険がある状態に10,000人の女性に追跡される別の調査。 少なくとも6年間プロゲスチンなしでエストロゲンの薬剤を取る女性は侵略的なendometrial癌の4時間によって高められる危険があることを、結論した乳癌の増加無しで。 しかしプロゲスチンの薬剤が付いているエストロゲンの薬剤を取る女性は人上の乳癌の約50%高められた危険がある。 これらのサイズそして一貫性はと論争しにくい調査する。

乳癌/薬剤の調査から最近現れてしまった事の1つはエストロゲンおよびプロゲスチンの組合せが劇的に胸密度を増加することである。 これはマンモグラムの結果を混同するかもしれない。 けれども薬剤のホルモンを取る女性は医者に定期的に会っているのでマンモグラムを得、早期発見を持つために本当らしいので死亡率を減らすかもしれない。 答えは、当然、医者に規則的に会う女性のためそれらが処方薬を取っているかどうかである。

大きい「進歩」の調査は周期的にホルモンの薬剤が癌の危険性を高めることわかっているように医者およびずっと患者をしている。 規定は公衆の意識のこれらのエピソードの後で落ちる。 それに答えて、製薬業は新しいマーケティング戦略を開発する。 最新はホルモンの薬剤が中心および骨を保護すること要求を含んでいる。 中心の保護に科学文献で決して多くのサポートがなかった、けれどもこの事実は数百万のドルの広告キャンペーンによって覆われた。 1998年に、疑いは「Prempro」の大きい調査の結果が(プロゲスチンとPremarin)解放されたときに確認された。 薬剤は、減らされなくて、心臓発作の危険増加した。 与えられる致命的な凝血をもたらすエストロゲンの薬剤の傾向がずっと60年代以来よくとり上げられることこれは意外なべきではない。

イメージ
プロゲスチンの薬剤が付いているエストロゲンの薬剤を取る女性は人上の乳癌の約50%高められた危険がある。

凝血は骨粗しょう症のための規定のホルモンを取らないもっともな理由である。 危険はずっと減らされた動物蛋白質の食事療法およびphytoestrogensのような安全な代わりが広く利用可能、安価であると考慮する利点特別を上回る。 実行可能な代案があるときなぜ死ぬことに賭けてみなさいか。

ホルモンの薬剤の長期を取る女性の予想を与えられて、それは悪影響が少数の月内の女性半分のほとんど運転することおそらく幸運である。 そしてよいニュースは彼女が停止すれば女性が取っても、乳癌の危険低下するホルモンは幾年もの間薬剤を入れることである。 しかしEndometrial癌は異なるかもしれない。 オックスフォードからの調査はまったく薬剤によって引き起こされるendometrial癌のための高い危険が非常にゆっくりなくなることを示す。

検討が適用に薬剤を入れる食品医薬品局は薬剤が市場で行くべきであるかどうか考慮するとき危険/利点分析を適用するために仮定される。 薬剤が生命にかかわる状態のために設計されていれば、癌のような深刻で不利な反作用および凝血は受諾可能考慮される。 但し、非生命脅す条件を扱うように薬剤が設計され、より少なく有毒な代わりが利用できれば、危険/利点分析は失敗する。 ホルモン補充療法の薬剤の場合には、これらの薬剤が市場に残るにもかかわらず危険/利点分析は失敗する。


参照

Beral V、等1999年。 HRTの使用および癌のそれに続く危険。 J Epidemiol Biostat 4:191-210。

Gajdos C、等2000年。 ホルモン補充療法の間に診断される乳癌。 Obstet Gynecol 95:513-18。

丘DA、等2000年。 最初の規定の後の年の間のpostmenopausalホルモン療法への付着: 人口ベースの調査。 AM J Obstet Gynecol 182:270-6。

Hulley S、等1998年。 postmenopausal女性の冠状心臓病の二次防止のためのプロゲスチンとエストロゲンのランダム化された試験。 JAMA 280:605-13。

Lundström E、等1999年。 ホルモン補充療法の間のMammographic胸密度: 処置に従う相違。 AM J Obstet Gynecol 181:348-52。

Magnusson C、等1999年。 長期oestrogenおよびoestrogenプロゲスチンの取り替え療法に続く乳癌の危険。 Int Jの蟹座81:339-44。

Persson I、等1999年。 エストロゲンおよびエストロゲン プロゲスチンの取り替えの後の胸そしてendometrial癌の危険。 Cancにより制御10:253-60を引き起こす。

ロスRK、等2000年。 乳癌の危険に対するホルモン補充療法の効果: エストロゲン対プロゲスチンとエストロゲン。 Jの国民の蟹座Inst 92:328-32。

Schairer C、等2000年。 Menopausalエストロゲンおよびエストロゲン プロゲスチンの取り替えの療法および乳癌の危険。 JAMA 283:485-91。

Weiderpass E、等1999年。 プロゲスチンの有無にかかわらずエストロゲンの取り替えの後のendometrial癌の危険。 Jの国民の蟹座Inst 91:1131-7。

  

雑誌のフォーラムに戻る