生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年10月

Q及びA


支払うものの得る
試金に依存は品質保証のために報告する

Q 私は補足が含んでいる原料/栄養素の量について懐疑的である。 最近媒体は明白なそのある特定の条件を改善するためにあった栄養素を常にではないラベルの要求を補う量で現在作ってしまった。 基礎はいかに良質の補足を提供すること、そしてリストされた量が実際に供給されることを保障できるか。

にせの 補足についてのあなたの心配は正当化される。 補足の消費者使用中の増加はこの巨大な市場で現金に換えることを試みる不謹慎な会社を産んだ。 その結果びんでリストされている何が含まれているものがプロダクトでではないので、ある補足にゼロ効力がある。

_に20年前に、基礎は始め出版時事通信を含教育情報をの栄養素および自然療法ことができ助け防病気を、改善生活環境基準をof lifeおよび伸ばのをlife寿命を。 、基礎が補足工業にかかわらなかった時。 当然、基礎はすぐにことが分った同じが科学的な調査で使用された補足の質となかったか市場で利用できた何が。 そういうわけで基礎は補足を作り出し始め化学者がプロダクトの革新的な試金を行なう最新式の実験室へのアクセスがある。 基礎は1999年の4月に国民の報道雑誌によって同じの7つのブランドを分析することを頼んだ品質管理の標準のための非常に固体評判を得た。 質を保障し、消費者を知らせるため、品質管理の試金のレポートはあらゆる補足のメンバーに要望に応じて利用できる。

Q 基礎の提案された補足プログラム、即ち生命延長組合せの、生命延長ブスターおよびChronoforte検討で、私は結合されたパッケージのセレニウムの総計について心配するようになった。 基礎はなぜそのような量のセレニウムが安全であること、すなわち500 mcgを信じるか。 当面、後の問題はブスターおよびChronoforteの取得からの私を保った。 あなたの推薦の後ろの理由で詳しく説明するでしようか。

生命延長基礎は最もよくとり上げられる病気防ぐ栄養素およびホルモンを組み込む議定書を設計した。 セレニウムはグルタチオンの過酸化酵素の必要な補足因子で、重要な酸化防止剤である。 それは重金属のヨウ素新陳代謝、膵臓機能、DNA修理、免除および解毒にかかわる。 最新の調査はセレニウムが心臓機能を改善し、かなり心臓機能回復を改善し、そしてpostischemic心筋の傷害を減らすことを示す。

農業化学の部門、「動物のセレニウムのsubtonicレベルの新陳代謝のオレゴンの州立大学の調査およびアンClin、1996年3月4月による人間に従って」、「食餌療法の(中間LOAEL)セレニウムの低い悪影響のレベル日(または28 micrograms/kgの体重)ごとの約1540 +/- 653マイクログラムであるために計算され、最高の安全な食餌療法の(中間NOAEL)セレニウムは日(または15 micrograms/kgの体重)ごとの819の+/- 126マイクログラムはであるために計算された」。は 一般人のために、この調査は日セレニウムの1000mcgのまわりで安全であることを示す。 従って、セレニウムの500 mcgの結合された量はあなたのための問題を提起しないべきである。

Q 私はCLAで教育モノグラフを書いて、私は私が把握できない問題に走った。 私はリノール酸とCLA間の関係を説明したあなたの構成からの一致に出くわした。 2つの二重結合がカーボン鎖の酸の(右の)端からの第9そして第12カーボンにあるところで、標準的なリノール酸がまたシス形の9呼ばれることを、シス形12-octadecadienoic酸示した。

最も活動的なCLAの異性体はシス形の9、TRANS11 CLAである。 しかしここに困惑する私があるものがである: リノール酸はなぜ2つの二重結合がに第9および第12に左端から#6炭素原子にカーボン時リノール酸のオメガ6の、最初の二重結合起こるあるか酸ところ呼ばれるシス形の9、シス形12-octadecadienoicであるか。 それはそこにのようにである左端からの#6カーボンによって示される不一致ここオメガ6ようであるけれどもシス形の9は、シス形12-octadecadienoic酸の名前分子の酸の(右の)端からのカーボン位置の示すことに関係するようである。 明白になるでしようか。

脂肪酸の専門語、についてのこの質問に答えるA脂肪酸を示すための2つのシステムがあることを知らなければならない。 第1は脂肪酸のデルタ(酸)の端から数え、化学概要およびメルクの索引によって使用されるデルタ システムである。 このシステムは置く二重結合が最初に始まりところに、それは前に「シス形」または「TRANS」の結束それであるかどうか識別するカーボン数を酸の端に炭素原子を数え始める。 「酸」がちょうど炭素原子(この場合18の炭素原子)を数え、構造(ディディミアム)に二重結合があることを示す前に単語。 リノール酸は(シス形、シス形) 9の12-octadecadienoic酸である。

第2システムは脂肪酸のオメガの(メチルの)端から数える。 オメガ(w)はギリシャ文字の最後の手紙である。 リノール酸は(シス形、シス形) w 6の9-octadecadienoic酸である。 これらのシステムを数えれば、デルタ システムのシス形の12がオメガ システム(全体18のカーボン)のシス形の6と結ばれることを見る。 すべてにオメガの同じ価値があること私達の細胞の中の脂肪酸を変える酵素によって時々オメガ システムがその端として脂肪酸の系列を、示すのに影響されない使用されている。




雑誌のフォーラムに戻る