生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年10月


ニュース


最高の酸化防止効果のためのアルファそしてガンマ トコフェロールの結合

イメージ研究の成長するボディは脂質の過酸化反応を防ぐことに関してビタミンEの酸化防止能力を、とりわけ、心臓病、癌およびアルツハイマー病を含む多くの退化的なdosordersに、つながるプロセス称賛した。 但し、最近の研究は今異なったビタミンEの形態、即ちアルファ トコフェロールおよびガンマ トコフェロールの独特な機能の輪郭を描いたり、またまたは互いに対していかに協力するかもしれないか説明している。 例えば、調査はガンマ トコフェロールの形態と結合しなかったらアルファ トコフェロールが冠状心臓病の大いに意味された医療補助(すなわち防止)をもたらさないかもしれないことを提案した。 さらに、研究はたくさんのアルファ トコフェロールがそれのことを転置によってガンマ トコフェロールの酸化防止効果に反対することを示した。 ガンマ トコフェロールの酸化防止機能に関する他の出現の調査結果と結合される新しい研究は 後者が 常に組み合わせられるべきであるまたはアルファ トコフェロールの補足と共にビタミンEの補足の約20%を構成するべきであることアルファ トコフェロールがガンマ トコフェロールと取られなさいという生命延長の自身のレポートに下線を引き。

例えば、イタリアの研究者(Pharmacol Res 1月2000日からの 最も最近の研究; 41 [1]: 65-72)明らかにするちょうど2週間アルファ トコフェロール(脂蛋白質の脂肪質溶ける酸化防止剤の配分を検査したビタミンEの約600-800のIU)の600 mgとの補足が重要な22%によってガンマ トコフェロールを減らしたことを。 その間、アルファ トコフェロールの血しょう集中はほぼ96%によって上がり、リコピンおよびベータ カロチンのレベルは主として変化しなく残った。 (Vol. 94、PP 国家科学院の進行で出版される 調査のような前の研究。 ガンマ トコフェロールの酸化防止役割がアルファ トコフェロールのそれの上でそしてを越えて効果的にわなに掛け、mutagenicオキシダントを取除き、そして種をことを硝化することによって行くこと3217-3222、1997年4月)、理論を支えなさい。 その間、スウェーデンの調査(J AM Coll Cardiol 10月1999日; 34 [4]: 1208-15は)ビタミンEの形態は両方とも血小板の集合を減らしたが、それを示されている増加する内生芝地の活動、ガンマ トコフェロールがこれらの効果すべてではるかに有効な間、血栓の形成、禁じられた幹線脂質の過酸化反応およびLDLの酸化を遅らせた。

同様に、生体外の調査(Semin Urol Oncol5月1999日 ミシガン州立大学; 17 [2]: 85-90)、ガンマの形態が禁止の癌細胞の成長のために優秀だったことが前立腺癌に対するアルファおよびガンマ トコフェロールの補足の効果を比較した、分られる。 ガンマ トコフェロールがビタミンEおよび主として利用できる直通の食事療法の最も豊富な形態の間、研究はそれの多くがレバー(Jの脂質Res 4月ことを1999日によって新陳代謝の後で尿を通って排泄されて得る ことが分った; 40 [4]: 665-71)。 さらに、レバーの特別な蛋白質のメカニズムは、アルファ トコフェロールの移動蛋白質を、示すアルファ トコフェロールのための優遇措置を呼んだ。 従って蛋白質はビタミンEの他の形態上のアルファ トコフェロールを信じられ、ボディ中の脂質識別し、選択式に選ぶと、血およびティッシュのアルファ形態の大いにより大きい集中を配る。 要因は両方とも基本的にボディおよびより少ないガンマ トコフェロールにより多くのアルファ トコフェロールがあることを意味する。 残念ながら、遊離基を解散させ、服従に強制するようであるのはガンマ形態である。 アルファ トコフェロールの重大な役割は遊離基の生産を禁じることの間、ある遊離基を隔離し、効果的に取除く取る人がまたビタミンEの補足ガンマのトコフェロールを取るべきであることを意味するガンマ トコフェロールである。 —アンジェラPirisi

アーティチョークのエキスはコレステロールを安全に下げる

アーティチョークは自然で消化が良い援助として効果のための尊重で長く握られてしまった。 そのずっと知られていた機能から生じて、研究はアーティチョークの混合物が胃腸システム点とにまたレバーおよび中心にだけでなく、行うことができる他のいくつかの重大な利点を発掘した。 関係はアーティチョークがある強力な混合物、反脂質およびcholereticの(増加する胆汁の生産および流れ)効果のためにますます確認されているcaffeoylquinic酸含んでいることである、およびフラボノイドの組合せを。 そのように、これらの重要な副産物から得られるアーティチョークのエキスにレバーの内でと胆汁酸に、二次に、コレステロールの転換を高めることによってコレステロールの新陳代謝のための二重利点が、最初に出力される減少したコレステロールある。 後の行為は基本的に胆汁のより有効な排泄物を通してレバーから毒素およびコレステロールの動員を助ける。

コレステロールを(Arzneimittelforschung 3月2000日下げるために乾燥されたアーティチョークのエキスの効果を見る最新の調査 1つ; 50 [3]: 260-5)植物の自然な混合物の1つ、cynarinの重要な潜在的能力確認される。 Cynarinはタイプのcaffeoylquinic酸である。 研究者は高いコレステロール値を持つ143人の患者に乾燥したアーティチョークのエキス(450 mgタブレットを使用して)または6週間偽薬の1800のmgを、取るように頼んだ。 調査の始めに、関係者は7.3 mmol/lにあった総コレステロール値があった(280のmg/dlに)。 調査の期間の終りまでに、アーティチョークのエキスを取る主題は偽薬のグループの8.6%と比較された18.5%によって落ちた総コレステロールの重要な低下を示した。 LDLのコレステロールは制御のための6.3%と比較された扱われたグループのための22.9%減った。 その間LDL/HDLの比率はエキスのグループで20.2%および非扱われた個人のための7.2%の減少を示した。 著者はアーティチョークのエキスが有効アテローム性動脈硬化および冠状心臓病の防止のためのコレストロールが高くの処置のために続いて有用そして、かもしれないことを結論を出す。

他の研究は有効で消化が良い援助として利点に加えてコレステロールの減少のためのアジェバント療法としてアーティチョークのエキスのための潜在的な役割を既に、指してしまった。 さまざまな慢性の消化が良い無秩序と553人の患者を含む調査は主題にアーティチョークのエキスの320のmgのカプセルに6週(J GEN Med 1996年間1日あたりの1-2回を取って もらった; 2:3-19)。 結果は70.5%によって88.3%嘔吐している間、82.4%減った悪心、腹部の7.2%苦痛、食欲72.3%の損失、71.0%便秘、68.2%鼓腸および脂肪質の58.8%を不寛容徴候の減少に一般に示した。 さらにもっと興味深かった何がアーティチョークのエキスにより血のコレステロール値はかなり減ったことを結果がまた示したことだった。 主題の平均血清コレステロールは約264のmg/dLまで233のmg/dLから落ちた。 同様に、トリグリセリドのレベルはまたそれの終りまでに調査の始めに214.97 mg/dLからの188.07 mg/dLに12.5%によって落ちた。

押売りした利点に加えて、研究者はアーティチョークのエキスが非常に低毒性のプロフィールを自慢することが分った。 実際、1つの調査は100つの主題からの1つだけが穏やかな副作用(例えば高められた鼓腸) (Curr Ther Res 1993年を報告したことを明らかにした ; 53 [1]: 98-102)。 多くの現在利用できる脂質低下薬剤はさらにもっと好ましいライトのアーティチョークのエキスを投げるhepatotoxicityの脅威を運ぶ。 —AP

COX-2抑制剤および癌治療

新しい調査は臨床調査 (のジャーナルで 2000年出版した[6月]; 105 [11]: 1589-1599は)アスピリンそっくりの薬剤のクラスが癌治療に有効なadjunctiveアプローチを表すかもしれないこと既に揺るぎない主張をささえる。 ヴァンダービルト大学で行なわれたこの新しい動物実験ではコックス2禁止の薬剤は劇的に癌性肺腫瘍の成長を遅らせた。 見つけるこれはCOX-2抑制剤は首尾よくコロン、膵臓、胸、前立腺、ぼうこう、頭部および首の癌を扱うかもしれないことを提案する証拠の印象的なボディを特に支える。 COX-2ブロック悪性腫瘍の開発で関係する酵素。 cyclooxygenease-2 (COX-2)と呼ばれるこの酵素は複数のメカニズムによって腫瘍の成長を、そのうちの一つ腫瘍に血管の開発を促進することである促進する。 腫瘍は拡大の管の(血管)ネットワークによって滋養物を受け取ると同時に、悪性の病気を特徴付ける制御できない方法で育つ。

研究者はそれをCOX-2酵素の行為を妨げることが重大な変数癌療法のであることを信じる。 この特定の調査では、有効なCOX-2阻止が複数の方法でいかにあったかRaymond DuBois、MD、示されているPhD。 最初に、彼はCOX-2酵素を作り出す遺伝子を除去するために変わった細胞を植え付けた。 試験動物のこの人口では、「腫瘍成長著しく減少した」、は先生を言ったDuBois。 実際、コックス2なしのマウスは約30%を活動的なCOX-2遺伝子があった動物より少数の血管開発した。 それから、DuBoisは固体腫瘍に急速に育つルイスの肺癌腫(LLC)の細胞とのそれらを植え付けることによって実験室のマウスの癌の成長を引き起こした。 DuBoisの意思は比較的新しい関節炎の薬剤Celebrexと動物を扱うことだった。 この薬剤は選択式にCOX-2酵素を目標とする。 「選択的なCOX-2抑制剤が付いているLLCの腫瘍にCelecoxib (銘柄耐えている野生タイプC57BL/6マウスの処置: Celebrexの)減らされた腫瘍の成長」、先生を言ったDuBois。 具体的には、Celebrexは確立された腫瘍のための血液の供給の上で乾燥した。 その結果、それらは育ち、未処理動物によりもっとゆっくり小さく残った。 DuBois先生はまたCelebrexそれと活動的なCOX-2遺伝子を所有している動物を再度著しく抑制し、酵素のレベルを、それから、発育を妨げた腫瘍の成長を扱った。 「腫瘍の成長の阻止が腫瘍準のangiogenesis (血管の形成)の欠乏が原因である」、言ったDuBois先生をようである。 「私達は今それが管理されている」。いかにか検査している このリンクについてとても陰謀的である何が腫瘍に血液の供給を破壊することができるあらゆる物質腫瘍の成長を防ぐ方法として途方もない価値を持つことができ、既に扱うために少数の不利な副作用の癌を確立したことを提案することである。

カンザスの、カンザス シティで、そして大阪の大阪大学の大学の研究者と共同して、日本はDuBois先生また別の主観察をした。 チームはCOX-2のレベルが処置によって落ちたと同時に、そう余りにVEGFのレベルをした、または要因この管のendothelial成長はまたその腫瘍の細胞によって蛋白質解放した誘発する新しい血管の形成をであることを定めた。 実際、VEGFの減少は劇的だった。 連携して働くとき、侵略的な腫瘍の成長のための道を開くCOX-2およびVEGFはダブルパンチを表す。 それらは肺の腫瘍を可能にするか、または他の所で新しい血管を形作るのに使用される正常なボディ メカニズムを引き継ぐために結合する。 「それはそれらが存続させる必要がある右の血液の供給を」DuBois得ることを確かめるためにのように[腫瘍]引き継いだこの機械類をようである加えられた先生。

科学者はずっとこの狂暴な機械類を不具にする方法を捜している。 腫瘍が血管を作り出すボディの機能を捕獲するとき悪性供給にそれを覆す成長および、いら立たしい経験が示したので、それは停止するべき非常に困難なプロセスである。 鮫の軟骨は直通前に十年にわたる希望をangiogenesisを妨げる機能上げた。 しかし研究はこの混合物の実用的な価値を確認しなかった。 イブプロフェンのようなアスピリンそして他のアスピリンそっくりの非ステロイドの炎症抑制薬剤(NSAIDS)はCOX-2酵素をノックアウトする。 しかし同時に、それらは密接に関連COX-1酵素を抑制し、それはよい事ではない。 消化管はCOX-1が適切な構造および機能を維持することを必要としそれにふたを置くにより厳しい胃腸混乱を引き起こすことができる。

アスピリンそっくりのCOX-2抑制剤は最も有望な選択としてまだ形づいている。 Celebrexは、特に、よく見ている。 出て来る各々の新しい調査はこの療法へ粉れもなく実用的な価値があるかもしれないことを示す。 「私は重要[Celebrexおよび他のCOX-2抑制剤の効果]いかに長い目で見れば展開するか知らない。 しかしそれはあらゆる固体腫瘍に対する効果をもたらすことができる」数年前にCOX-2の上昇値とコロンの腫瘍の開発間の重要なリンクを観察したDuBoisを言った。 CelebrexおよびVioxxのようなNSAIDの薬剤は主に増加するのに癌細胞が使用するCOX-2に影響を与える。 Celebrexの元の目的はまたプロスタグランジンE2として知られているボディの発火もたらす化学薬品を抑制するので関節炎を扱うことだった。 生命延長 雑誌はadjunctive癌療法としてCOX-2抑制剤の使用で長年にわたり広く報告した。 このトピックの基礎的な情報の広い範囲はwww.lef.orgで利用できる。 —ジムO'Brien


雑誌のフォーラムに戻る