生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年11月

イメージ

ある何が
逃すこと
複数のビタミンの補足からか。

5の1ページ

イメージ人々がサプリメントを取るという主な理由は果物と野菜にある有利な栄養素の集中された線量を得ることである。

果物と野菜の多くを消費することは劇的に退化的な病気の危険を下げる。 この事実は人々がより健康であることを示す疫学の研究で食事療法に右の一種の植物の多くを組み込めば文書化された。

疫学的なデータに加えて、研究者は果物と野菜が細胞損傷に対して保護で所有している分子効果を評価した。 これらの調査結果は植物が豊富な食事療法を食べる人に慢性疾患のそのような低い発生がなぜあるか説明するために生物的メカニズムを提供する。

問題は数人が打撃、癌、黄斑の退化および心臓発作のような老化関連の病気から保護するために一貫して十分な果物と野菜を食べることである。(1) これはビタミンの補足が米国でとても普及するようになぜなっているか1つの理由である。 しかし複数のビタミンの方式についての心配はそれらが健康を維持するのに必要とされるすべての重大な植物の部品を提供しないことである。

1985年に、生命延長基礎は含まれた病気防ぐことが植物から得る最初の複数の栄養素の方式をもたらした。 最後の15年にわたって、巨大な量の研究データはこれらのタイプの植物のエキスの医療補助を確認した。

科学者は老化の有害な効果から細胞を保護する新しい果物と野菜のエキスを識別した。 これらの調査結果に応じて植物からのこれらの新しい病気防ぐ代理店を提供するために、生命延長組合せの複数の栄養素の方式は改善された。

ビタミンを越えて移動

ビタミンC、カロチノイドおよび葉酸はサプリメントの形で効率的に消費することができる植物ベースの栄養素の例である。 研究者は彼らの探求の従来の栄養素を越えて今病気に対して保護する付加的な方法を発見するために動いている。 途方もない潜在性を提供する1つの植物のエキスはD-glucarateと呼ばれる。 このエキスは酸化防止剤より異なったメカニズムによって癌および他の病気から保護するようである。

D-glucarateはグレープフルーツ、りんご、オレンジ、ブロッコリーおよび芽キャベツにある。(2-3) これらのタイプの果物と野菜保護効果の消費は癌に対して相談し、D-glucarateは興奮する科学者が非常にあるこれらの食糧の部品である。

ボディは発癌物質と毎日衝撃される。 これらの癌もたらす代理店は殺虫剤、調理し過ぎられた食糧、アルコール、食品添加物、タバコ、菌類の突然変異原および産業汚染物質を含んでいる。 発癌物質を避けることは困難な間、ボディからのこれらの危ない物質の解毒そして取り外しを促進するphyto栄養素(植物のエキス)をボディに与えることによって致命的な効果を軽減することは可能かもしれない。

D-glucarateは別および酸化防止剤(ビタミンC、E、システイン、等、)および代理店(葉酸、ビタミンB12およびTMG)をメチル化高める有利な効果から離れてである方法で癌もたらす代理店から保護するこれらのphyto栄養素の1つである。 D-glucarateは危ない化学薬品の解毒そして取り外しをとこれらの発癌物質が細胞DNAで引き起こす変異の効果に対するまた保護によって支えること働く。(3)

ボディがそれ自身を解毒する複数のメカニズムがある。 有毒な積み過ぎから保護する1つの方法は酸化防止剤の使用を遊離基の有害な効果を禁じる含む。 自由な遊離基の反作用はほとんどの人間の病気の州の原因となるか貢献の要因として識別された。 酸化防止剤(ビタミンE、nアセチル システイン、セレニウム、カロチノイド、等)の消費は有毒な遊離基の反作用から保護してが必要である。 しかし遊離基を中和することは解毒プロセスのたった1部である。 十分に癌および他の病気を引き起こすことができるDNA有害な毒素のそれ自身を除くことならボディが使用しなければならない付加的な細道がある。

従って解毒の別の細道は毒素か発癌物質が水溶性の物質と結合されるとき起こり、より容易にボディから取除かれるそれらを作る。 このプロセスはglucuronidationと呼ばれる。 phytoエキスD-glucarateはこの重要な解毒のメカニズムを支えるために示されていた。 次の知られていた発癌物質はglucuronidationプロセスによってボディから取除かれる:

-多環式の芳香族炭化水素
-変異する性のステロイド ホルモン
-ニトロサミン
-複素環式のアミン
-菌類の毒素
-芳香のアミン

注: 与えるためには危ないheterocylicアミンがいかにについてのあるか考えを、「Barbequerと資格を与えられるこの問題の記事を用心する参照しなさい!

D-Glucarateはいかに働くか。

ちょうど論議されるように、glucuronidationはボディが自然にそれ自身を解毒するプロセスである。 人々がより古く育ち、毒素に過度に露出されるようになると同時に、危ない酵素は呼ばれるベータglucuronidaseとボディで形作る。 余りに高くなるベータglucuronidaseのレベルがそれglucuronidationプロセスを逆転させ、血流に再び毒素か発癌物質を解放する時。 これはボディから取除かれるべき不活性の分子に普通結合する有害な混合物が自由になり、細胞を損なうことは可能になることを意味する。

イメージ従ってD-glucurateは危ないベータglucuronidase酵素の禁止によって作用し、重大な「glucuronidation」の解毒のメカニズムを保護する。 glucuronidationの重要性の1つの例は乳癌については危険率で見ることができる。 自由なエストロゲンおよびベータglucuronidase酵素の余分なレベルは乳癌の高められた発生と関連付けられる。(4,5) ベータglucuronidase酵素はエストロゲンの受容器の数の増加と関連付けられる。 D-glucarateはより低いエストロゲンの受容器に腫瘍の成長を減らしている間示されていた。(6) 胸の細胞が余分なエストロゲンの刺激に応じて超増殖するとき、乳癌の危険は増加する。 人では、前立腺の余分なエストロゲンの刺激は温和な拡大で起因できる。 従ってD-glucurateはベータglucuronidase 「悪い」酵素を抑制しエストロゲンの発癌性の効果から保護を助ける。 この発見はある特定のタイプの野菜およびフルーツを食べる人に癌の比較的低い率がなぜのあるか説明を助ける。

M.D.アンダーソン蟹座の中心テキサス州立大学で、繰り返された生体外および動物実験はD-glucarateの有効性を示した。 D-glucarateの口頭摂取は肯定的に危ないベータglucuronidase酵素を禁じるために示されていた。 これはボディが発癌物質および有毒廃棄物プロダクトを取り払えるよりよくことを意味する。 1つの動物実験では、D-glucarateの単一の線量は血の57%、レバーの44%、腸の39%および肺の37%によってベータglucuronidase活動を抑制できた。(3)

ラットの調査では、5か月間D-glucarateの管理はラットが知られていた発癌物質--に計画的にさらされた後肝臓癌の開始の段階を禁じた。 研究者はD-glucarateが発癌物質によって引き起こされるように試みられた肝臓癌diethylnitrosamineをことを防ぐことで直接的な効果をもたらすことを結論を出した。(4)

研究の調査はD-glucarateが乳房の腫瘍の発生を禁じることを示した。(7-10) 既に乳癌を経験したラットの1つの調査はD-glucurateの口頭管理が昇進の段階の間に乳房の腫瘍の成長の30%の減少および腫瘍の絶対数の四倍の減少に終ってベータglucuronidaseの50%の阻止で起因したことを示した。(11)

ヨーロッパで行なわれた調査ではラットはD-glucarateに与え、ビタミンAのアナログの薬剤は乳房の腫瘍の容積の20%の減少を示した。(12) 別の調査はまた管理されたD-glucarateだった発癌物質--にさらされたラットで乳房の腫瘍の開発の70%以上減少を示した。(13) まだ別の調査は乳房癌の開始そして昇進の段階に対するD-glucarateの効果を見た。 結果は開始の段階の間に細胞の写しは昇進の段階の間に42%減ったが、28%の減少を示した。(14) 開始の段階の阻止は癌が始める危険を減すのでD-glucarateの行為の非常に重要な部分である。

D-glucarateは成長の乳癌のために危険度が高いで女性の記念のSloan-Ketteringの蟹座の中心で段階Iの人間の試験で使用されている。 この調査は国立癌研究所および国立衛生研究所と共同してある。

マウスがタバコ煙で見つけられた知られていた発癌物質--にさらされたときに肺癌の開発を禁じるためにD-glucarateは示されていた。(6,15) 分子的機序でマウスの両方レバーおよび肺のDNAに発癌物質のベンゾピレンの結合の70%の減少を引き起こすために、D-glucarateにより示されていた。(6) ベンゾピレンがタバコの煙で見つけられる有効な発癌物質であるのでD-glucarateは喫煙者に特定の利点であることができ、それらは環境の空輸の発癌物質に露出した。(6,16)

腸癌を引き起こすために知られていた発癌物質がラットに与えられたときに腺癌の形成を禁じるために開始の段階で与えられたとき、D-glucarateは示されていた。 腫瘍の開発の後で管理されたとき、D-glucarateはかなり腸および結腸癌のサイズそしてmetastatic潜在性を禁じた。(17) D-glucurateがによって癌の防止そして処置で有効化学発癌物質ことをことをによって引き起こされる癌細胞拡散を禁じることベータglucuronidase酵素を禁じることとかもしれないことを提案している研究者はコメントをした。

1つの調査はD-glucarateは皮膚癌に対して保護効果をもたらすかもしれないことを2つの調査は示すがD-glucurateのための潜在性を膀胱癌を防ぐ示す。(18-21,145,146) 予備の調査は口頭で管理されたD-glucarateが移植されたラットの前立腺の腫瘍の成長を禁じた示し、前立腺癌のための腫瘍のマーカーのレベルをことを減らした。(21,147)

D-glucarateのさまざまな動物実験の結果はこの植物のエキスが開始、昇進および進行段階の間に禁止癌で有効かもしれないことを示す。 人間の調査はちょうど今動物で見られた結果がまた人々で見つけられるかどうか定め始めている。 適当な線量で摂取されたとき、および強力な癌の予防の利点を示した果物と野菜の部品はD-glucarateは知られていた副作用をもたらさないので、次の癌の危険を下げることを設計されている全面的なプログラムの一部としてこの植物要素を加えることは適切だったようであろう:

-乳癌
-膀胱癌
-肺癌
-皮膚癌
-結腸癌
-前立腺癌
-肝臓癌

新しい生命延長組合せは方式に含まれている新しいブロッコリーの濃縮物で見つけられる自然発生するD-glucarateに加えて毎日の線量ごとの標準化されたD-glucarateの200 mgを(カルシウムD GLUCARATEの形で)、提供する。

ellagic酸のDNAの保護の効果

Ellagic酸は赤いラズベリー、いちごおよび他のフルーツで見つけられる混合物を防ぐ癌である。(22-29) Ellagic酸は解毒の代理人として発癌物質に不良部分およびそれらを不活性にすることによって機能する。(30-33) 分子調査はellagic酸がDNAに発癌物質の不良部分を防ぐこと、(23,34を)示す 発癌物質--にさらされる培養されたヒト細胞の癌の発生を減らしたり(35)四塩化炭素の毒性およびそれに続く線維症を避けるかもしれなく、 反mutagenic特性を持っている。(25,36-39) 疫学の研究はellagic酸のフルーツを大いに消費する人々は癌および心臓病のより低い率があることを示す。 また染色体の損傷に対して保護を提供することを示し、DNAの繊維は動物の放射によって、作り出されるリンパ球で壊れる。(40)

ヨーロッパの医学研究はまたellagic酸が直る傷を促進する示しことを化学的に引き起こされたレバー線維症を減らすか、または逆転させるかもしれない。(35,144)

サウスカロライナ(MUSC)の医科大学で行なわれる臨床テストはellagic酸が癌を防ぎ、癌細胞の成長を禁じ、病気のための遺伝の性質の人の癌の成長の阻止を助けるかもしれないことを示す。 これらの調査はapoptosis (正常な細胞死)を経るためにellagic酸が子宮頸癌・の細胞を引き起こすことを示す。(24) テストは胸、膵臓、食道のための同じような結果を、皮、コロンおよび前立腺癌の細胞明らかにする。(31,33,37,41-46) 研究者は示し、従ってellagic酸が癌細胞のG1阻止をもたらすことを癌細胞部を禁じ、停止する。 Ellagic酸はまた癌細胞のP53遺伝子の破壊を防ぐために示されていた。(24) P53は細胞が普通分かれることを可能にする調整の遺伝子である。 付加的な調査は提案し、従ってellagic酸がDNAことをが付いているアダクトの形成によって突然変異誘発および発癌を禁じることを突然変異原か発癌物質によって占められる細胞の結合場所を妨げる。(22,36,43,47-50) 別の調査でellagic酸は実験レバー傷害で保護だった。(51) Ellagic酸はまた放射によって作り出される染色体の損傷に対して保護を提供するために示されていたり、また放射線誘発の脂質の過酸化反応から保護する。(40,52) 動物実験でembryoprotectiveであることを示した。(53)

新しい生命延長組合せの毎日の線量は38.5% ellagic酸を提供するラズベリーのエキスの130 mgを含んでいる。 ellagic酸が他のフルーツから得られるとき、集中は大いにより低い。

ページで 2続けられる
ページの 5参照

出版された調査
ellagic酸

「Ellagic酸NメチルN NITROSOUREAのembryotoxic効果から保護する文化のラットの胚を」。は 奇形学 1992年、8月(2)日: 109-15.

「G1阻止に於いての表現および可能な役割およびellagic酸のapoptosisは扱った癌細胞を」。 蟹座は3月に 1999日1日文字を入れる; 136(2):215-21.

「放射線誘発のgenotoxocityに対するクルクミン、ellagic酸およびビキシンの保護効果」。 実験癌研究のジャーナル; 12月1998日; 17(4);431-4.

「サルモネラのmicrosuspensionの試金のアフラトキシンB1の直動式突然変異誘発性に対するellagic酸の抑制的な効果」。 突然変異の研究; 2月1998日26日; 398 (1-2); 183-7.

「肺および食道癌の抑制剤としてIsothiocyanatesそして植物のポリフェノール」。 蟹座の手紙; 3月1997日19日; 114 (1-2): 113-9。

「食餌療法のanticarcinogenのellagic酸の構造機能関係」。 発癌; 2月1996日; 17(2): 265-9。

「食餌療法の抗癌性の代理店のellagic酸であるDNAのtopoisomerasesの生体外で有効な抑制剤」。は 栄養物および蟹座; 1995;23(2):121-30.
「ellagic酸によるレバー線維症の阻止」。 生理学および薬理学のインド ジャーナル; 10月1996日; 40(4): 363-6.

「antimutagenicおよびanticarcinogenic行為のための可能なメカニズムとしてDNAに結合するEllagic酸」。 蟹座の手紙; 3月1986日; 30:339-36。

「Ellagic酸はNAD (P) Hを引き起こす: ラットNAD (p)の酸化防止敏感な要素の活発化によるキノン還元酵素H: キノンreducaseの遺伝子」。 Carcinogensis; 9月1994日; 15(9):2065-8.

「癌のchemopreventionの代理店としてポリフェノール」。 補足細胞生化学のジャーナル; 1995;22:169-80.

「食餌療法のpolyphenolic混合物による肺の発癌そして防止」。 ニューヨークの科学アカデミーの史料; 5月1993日28日; 686:177-85.

「緊張Aのマウスの肺腫瘍: 癌のchemopreventionの調査のための適用」。 補足細胞生化学のジャーナル; 1993; 7F: 95-103。

購入生命延長組合せ

 

雑誌のフォーラムに戻る