生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

2000年3月


関節炎を使用して薬剤を入れる
蟹座を扱うため

ほとんどの腫瘍学者は癌の処置のコックス2禁止の薬剤の価値を見落とし続ける。 COX-2 (cyclooxygenase-2)は多くの転移させるのにタイプの癌細胞が広がり、使用する酵素である。 これは少数を示すためにコロン、膵臓、胸、前立腺、ぼうこう、肺、頭部および首の癌を、含んでいる。

数年前に、生命延長基礎はヨーロッパの医者がアジェバント癌療法としてコックス2禁止の薬剤を使用していたことを報告した。 COX-2-の禁止の薬剤を使用するための議定書は会員がコックス2抑制剤を使用するために指針を御馳走癌に彼らの腫瘍学者に(LodineかCelebrexのような)与えることができるのは出版されたからである。

新しい調査結果はCOX-2抑制剤が癌細胞の成長を抑制することを示し続ける。 蟹座のイギリス ジャーナルの12月1999日問題はコックス2禁止の薬剤がマウスの肺にかなり結腸癌の細胞の転移を減らしたことを示した。 科学者はコックス2抑制剤が結腸癌がいかに殺すか)である防ぐである結腸癌の転移(治療上の代理店の新しいクラスかもしれないことを結論を出した。

発癌の1月2000日問題で出版される調査は酪酸塩がコックス2禁止の薬剤と結合されるとき人間の大腸の癌細胞が酪酸塩(ヨーロッパ癌療法)により敏感に作ることができることを示す。 酪酸塩は大腸の腫瘍の細胞の微分そして死(apoptosis)を引き起こすのを助けるが米国ですぐに利用できない。 この調査を行なっている医者はコックス2禁止の薬剤と共に食餌療法の修正が(酪酸塩のような療法を使用して)結腸癌の処置で考慮できることを示した。

免疫学、人間の肺癌の細胞のCOX-2阻止のジャーナルの1月1日、2000は腫瘍のマーク付きの免疫細胞の浸潤を問題ではもたらし、腫瘍の成長を減らした。 COX-2阻止は免疫抑制のcytokine IL-10の重要な減少およびより有利なIL-12の復帰と一緒に伴われた。 この調査を行なっている医者はCOX-2阻止がIL-10およびIL-12のバランスを生体内でことを元通りにすることによって腫瘍の活動を抑制することを結論を出した。

多くのタイプの癌細胞はCOX-2の超過量を作り出し、生物的燃料として急速な部分を刺激するのにこれを使用する。 COX-2-の抑制剤を使用している癌患者の後ろの理論は癌細胞へCOX-2酵素を否定することである。 Medicine (1999年実際のところ出版される調査; 5:1348-1349は)、医者それをCOX-2酵素を妨げることが新しい血管(angiogenesis)の形成と干渉することを見つけた。 腫瘍は多量の血が成長を支え、metastaticコロニーを確立するように要求するので新しい血管の形成を禁じることは好ましい効果であり、コックス2抑制剤はちょうどそれをするようである。 この調査を行なった医者は新しい血管の成長が治療傷および潰瘍に必要であるおよび表現された心配というCOX-2 -指摘したことを抑制剤は何人かの人々の胃潰瘍の複雑化を作り出すことができる。 こういうわけでそれらが化学療法の養生法とコックス2禁止の薬剤を結合することを計画すれば癌患者が彼らの腫瘍学者と密接に働くことはとても重要である。 他の癌療法のコックス2抑制剤を使用するための理論的根拠は分裂周期の複数のポイントで腫瘍の攻撃によって治療のチャンスを高めることである。

癌を「statin "の薬剤と共に扱う最も刺激的で新しい療法の1つはコックス2禁止の薬剤の結合された使用である。 薬剤の「statin」のクラスがコレステロールを下げるのに使用されているがそれらはまたある特定の癌細胞の伝播を抑制する。 一緒に使用されたとき、これら二つの薬剤は(statinおよびコックス2抑制剤)敵意を制御するか、または根絶するのに必要とされる必要なone-twoの穿孔器を提供するかもしれない。

彼らの医者をこれらの薬剤を規定するように確信させるように癌とのそれらを助けるためには私達は癌患者が考察のための彼らの腫瘍学者に示すことができる更新済手紙を提供した。 この手紙は腫瘍学者が癌患者にこれらの可能性としては人命救助の薬剤を今規定することができるように科学的な基礎を提供する! この更新済手紙にアクセスするためには、 ここにかちりと鳴らしなさい

生命延長雑誌の各問題では、私達は約他の場所学ばなかろう極めて重要な情報に読者を啓発するように努力する。 私達は何人かのメンバーがこの情報を技術的に挑戦することを見つけることがわかる。 この問題を解決するためには、生命延長基礎は2000年の米国の診療所を開けると期待する。 医院が確立されれば、会員は他の国に旅しないで認可された療法科学的に近づくことを許される。


生命延長基礎の結合についての情報のため ここにかちりと鳴らしなさい


蟹座の更新

生命延長基礎は練習の腫瘍学者の科学文献そして臨床経験からの調査結果に基づいて更新済癌治療の議定書の広範な配列を出版した。 次の更新済癌の議定書は今利用できる:

  1. 膵臓癌
  2. 乳癌
  3. 蟹座のアジェバント療法
  4. 蟹座の化学療法
  5. 蟹座の放射線療法
  6. 蟹座の外科
  7. 白血病、リンパ腫、Hodgkinの病気
  8. 前立腺癌: 概観
  9. 前立腺癌: アジェバント療法
  10. 前立腺癌: 早段階
  11. 前立腺癌: 遅段階
  12. 前立腺癌: 化学療法
  13. 前立腺癌: PSAの変数および遺伝
  14. 前立腺の拡大: 温和な前立腺の肥大
蟹座(アジェバント)の処置の概要


雑誌のフォーラムに戻る